Google Workspaceには「Gmail」「Googleドライブ」など多くの機能やサービスが提供されており、各機能それぞれに、Google譲りの強力な検索機能が搭載されています。→過去の回はこちらを参照。

しかし、検索できるのはそれぞれの機能の中にあるデータのみで、例えばGmailであれば送られてきたメールやチャット、スペースでのやり取りなどが検索対象となり、「Googleドキュメント」で作成したファイルまで検索対象にできるわけではありません。

【関連記事】
≪Gmailの「スペース」で「ファイル」と「タスク」のタブを活用する≫
≪刷新したGmail、「チャットルーム」が「スペース」になって追加された機能≫

横断的に検索が可能なGoogle Cloud Search

Google Workspaceを利用し続けているとデータの量が膨大になり、例えば以前○○に関連した文書を作成したけれど、それがGoogleドキュメントだったのか「Googleスライド」だったのか覚えていない……というケースも出てくるかと思います。

そんな時に、Google Workspaceにあるデータを横断して検索出来ればと思う人も多いかと思いますが、それを実現するツールが実はしっかり用意されているのです。

それは「Google Cloud Search」というもので、これを使うことによりGmailやGoogleドライブなどに保存されているデータを横断的に検索可能になります。

もちろんファイル名だけでなくファイルの中身検索してくれるので、先のように○○について記述したファイルを探したい、という場合も有効活用することができるでしょう。

この記事は
Members+会員限定記事です。

ログイン/会員登録する