日本マイクロソフトは11月17日、ハイブリッドワークをテーマとしたイベント「ハイブリッドワーク2022 シーズン2~進化を続けるWindows 11とSurfaceの最新情報~」をハイブリッドで開催した。

当日は5つのセッションにて働き方やリモート会議、セキュリティなど、ハイブリッドワークに関する情報提供が行われた。本記事では、「ゼロトラストで守る! 生産性を落とさないMicrosoft Intuneの魅力」と題した講演の内容を紹介する。

なお、2022年6月には、パンデミックを乗り越えた先の働き方やICTの在り方をテーマにイベントのシーズン1が開催されている。

【関連記事】
≪マイクロソフト、4年ぶりに来日したナデラ氏が語ったAIの可能性≫
≪新製品発表会「UCHIDA FAIR 2023」開催、リニューアルされたオフィスも公開(後編)≫

講演では、「マイクロソフト社員が独断で選ぶ この秋冬ぜったいに押さえたい! おすすめエンドポイント機能ランキング」として、Microsoft Intuneにまつわる注目の話題や機能が紹介された。

  • マイクロソフト社員が選ぶ「Microsoft Intune」の10の注目ポイント

    マイクロソフト社員が選ぶ「Microsoft Intune」の10の注目ポイント

Windows Hello for Businessのキー認証を簡素化

ランキングの10位は、エンドポイント管理製品全般をMicrosoft Intuneに集約したことが挙げられた。同内容はMicrosoft Ignite 2022で発表された。今後はエンドポイント権限管理機能のほか、アプリの自動パッチ適用などの複数の新機能を提供しMicrosoft 365との連携も強化する予定だという。

9位には、Windows 11をインストール済みのデバイスに重要なメッセージを直接送信できる機能が挙げられた。同機能は近日中にパブリックプレビューを開始する予定だという。

同機能でメッセージを設定しておくことで、Windows 11に実装されている「はじめに」アプリ、タスクバーや通知領域にユーザーごとにカスタマイズされたメッセージを表示できる。例えば、新入社員向けに「●●の研修を受講してください」といったメッセージをリンクのURLと併せて通知することも可能だ。

  • 「Microsoft Intune」から各デバイスに重要なメッセージを直接送信できるようになった

    「Microsoft Intune」から各デバイスに重要なメッセージを直接送信できるようになった

8位は「Windows 365アプリ」のパブリックプレビュー開始だ。Windows 365環境を利用する専用のクライアントである同アプリは、Microsoft Intune上でプロビジョニングを行う。

同アプリはAzure ADのMFA(多要素認証)とMicrosoft Authenticatorに対応しており、アプリの自動更新により常に最新バージョンのWindows 365を利用できる。

7位はWindows Hello for Businessに実装された「クラウドkerberos信頼」だ。

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら