[PR]

太陽光発電はやばい?後悔した理由や後悔しないための対策を徹底解説

問題・トラブル
本ページはプロモーションが含まれています。

電気代の値上がりが続くなかで、太陽光発電に注目している人も多いでしょう。しかし「太陽光発電で後悔をした」「太陽光発電はやばいのでやめたほうがいい」などネガティブな意見を聞いて、導入を迷う人もいるかもしれません。

太陽光発電は適切な使用ができれば電気代の節約停電時の対策になります。しかし、自家発電や売電によるメリットにばかり目を向けて見切り発車で設置すると維持費用や住民トラブルなど、導入時には予想しなかったデメリットが降りかかるケースもあります。

後悔しないためにも導入前によくあるトラブル例を把握しておきましょう。

本記事では太陽光発電でよくある後悔の理由を挙げ、後悔する人・後悔しなかった人の特徴もあわせて解説します。導入前の確認事項もわかりやすく紹介するので、導入に不安を感じている人はぜひ参考にしてください。

\太陽光発電を検討するなら/
  • 太陽光発電に興味があるなら、まずはどれくらいの費用がかかるか調べるのがおすすめ!
  • 費用を調べるときは、必ず1社ではなく複数社から見積りをとって比較しよう!
  • 一括見積もりサイトを利用することで最大100万円も初期費用の節約が可能!

太陽光発電一括見積りサイト利用者が選んだおすすめサービスTOP3

紹介するランキングは、太陽光発電メーカーの利用者に向けておこなったアンケート結果を集計し、マイナビ編集部が独自のロジックで作成したものです。(クラウドワークス調べ 2021/11/18〜2021/12/1 回答者45人)
4位以下のサイトはこちらの記事で紹介しています。
太陽光発電一括見積もりサイトおすすめランキング5選!【2024年最新】口コミや注意点も紹介◆専門家監修
太陽光発電の一括見積もりサイトのおすすめランキングを紹介する記事です。優良業者からの見積もりが簡単に取得でき、実際の利用者の口コミやサイトの利用方法、注意点についても詳しく解説されています。太陽光発電の設置業者選びの際の参考に、ぜひご活用ください。

太陽光発電でよくある後悔

太陽光発電で後悔した人の事例をいくつか紹介します。後悔をまねく原因や背景まで見ていきましょう。

太陽光発電のコスト回収まで時間がかかった

太陽光発電はコスト回収までのペースが遅めで、元を取るまで8~10年かかるのが目安です。これを知らないまま設備を導入してしまい、収支が合わずに後悔したケースは少なくありません。

【コストに関する後悔の例】
・すぐにコスト回収できると考え無理矢理ローンを組み返済が厳しくなった
・育児や介護などライフスタイルの変化で出費がかさみ、コスト回収までの予定が狂った
・コスト回収したが、売電価格が下がっているため思うように利益が出なかった
・製品が寿命を迎えたため、コスト回収後に利益が出る期間が短かった

回収完了した後の発電分は純粋に利益になりますが、寿命が20年の製品と30年の製品では利益に違いが出るのも覚えておきたい点です。

またFIT制度による固定売電価格も年々安くなっており、2012年時点では1kWあたり42円だったのに対し、2023年度は16円(※1)と半分以下に下落しています。そのため、売電収入を大きく期待できるとはいえない状況です。

相場を調べずに売電収入を期待してしまい、利益への期待と現実とのギャップで後悔することも考えられます。

※1)参考:経済産業省資源エネルギー庁固定価格買取制度 過去の買取価格・期間等

近隣住民とのトラブルへ発展してしまった

よかれと思って太陽光発電を導入したのに、近隣への迷惑につながって後悔した例もよくみられます。一見すると、太陽光発電は設置するだけで地球に優しく害のない電力システムに見えるでしょう。しかし、次のように設置時や運用時に近隣から苦情が来るケースもあります。

  • 工事の騒音が激しい
  • 太陽光パネルの反射光が近隣住宅の窓に差しこんでまぶしい
  • 台風で太陽光パネルが落下して民家を損傷した
  • 雪が太陽光パネルをすべり隣の住宅敷地に落ちた
  • パワーコンディショナの駆動音がうるさい

特に台風や雪など、自然災害によってパネルが落下すると賠償問題につながることもあり、トラブルのリスクを認識していないと後悔も多くなります。

メンテナンスの費用を想定していなかった

太陽光発電は、導入費用に加えメンテナンスなどのランニングコストもかかります。「すぐにお得に節約できる!」と安易に考えていると、払い続けるコストの膨大さに足元をすくわれてしまうことも多いです。

例えば太陽光発電の点検は4年に1回が目安とされており、パワーコンディショナも15年程度で買い替え交換が必要です。また屋根などの点検やクリーニングなども必須で、これらもメンテナンス費用としてかかります。

メンテナンス・維持費用の内容 費用目安
定期点検(4年に1回) 1万~2万円/回
パワーコンディショナ交換 10万万~40万円(工事費込)
売電メーター交換(10年に1回) 1~2万円
パネルクリーニング 500~1,000円/枚
火災保険や賠償責任保険など各種保険 1万~4万円/年

ランニングコストを理解していなければ、負担として重くのしかかってしまうでしょう。

太陽光発電の悪徳業者に騙された

太陽光発電を売り込む悪徳業者に騙され、導入を後悔している人も少なくありません。悪徳業者の手口や被害には、例えば次のようなものがあります。

  • 相場の2倍以上の高額な費用を提示する
  • 粗悪品ですぐに故障した
  • 説明された発電量が得られなかった
  • キャンペーンやモニター価格と偽って高額な費用を請求する
  • メンテナンス費用がかからず、利益だけが発生するかのように説明する
  • 独自の補助金があると説明する
  • 工事費無料」で他の項目が高額になっている
  • 太陽光発電を利用した投資話をもちかける
  • 見積もり外の追加料金が大量に発生する
  • メーカーを自由に選べない

特に販売を重視して利用者のことを考えていない悪徳な業者は、訪問販売業者に多い傾向があります。太陽光発電のメリットばかりを売り込まれ、急かされて契約したのち一切連絡が取れなくなるケースもあるので要注意です。

十分な発電量がなかった

想像していた発電量を得られずに後悔する人もいます。太陽光発電を最大限に発電できた場合の期待値だけを見てしまい、当てが外れてしまうためです。

太陽光発電の発電量は地域の日照率や天気、パネルの日当たり具合によって変化します。例えば国内では九州地方や沖縄県のように南へ向かうほど日射量が多く発電効率が上がる傾向にあります。しかし、沖縄県よりも発電効率の良いエリアは埼玉県や群馬県、山梨見や愛知県など数多いです。

気温が高すぎるとかえって発電効率が落ちてしまう製品もあります。また、台風や雨天が多い場合も発電機会が減少します。

このように、発電量は細かな条件で変化することを理解できていなければ、実際の発電量に落胆するでしょう。

太陽光発電で後悔する人・しない人の違い

太陽光発電を導入して後悔する人としない人には明確な違いがあります。次のポイントを参考に、太陽光発電を導入しても後悔しない人になりましょう。

太陽光発電の知識が身についているか

太陽光発電の導入前に、十分な知識があるかどうかで後悔するかどうかが変わります。予備知識や基礎知識がないまま導入すると、次のようなリスクがあります。

  • 良いことだけを伝える媒体や業者の情報を鵜吞みにしてしまう
  • 発電量や相場などの知識がなく、業者の提案や見積もりの良し悪しを判断できない
  • 不確かな情報に振り回され、太陽光発電に対する偏った意見や期待を持ってしまう
太陽光発電を導入して後悔する人は、業者に言われるがままに契約してしまい期待外れになるケースが多いです。一方後悔しない人の多くは、自分で太陽光発電について勉強し、判断力を身につけてから導入しています。

また、後悔しない人は複数の情報先から精査しているケースも多く見られます。太陽光発電について、さまざまな媒体や本などから情報を得ることで、正確な知識や相場の感覚を持てるため、無理のない計画を立てられるのです。

太陽光発電の基礎知識を身につけたいなら、次の記事もぜひ参考にしてください。

費用や発電量などのシミュレーションができているか

太陽光発電を導入してから後悔する人は、かかる費用や発電量の想定が甘いケースも多いです。太陽光発電の導入費用は1kWあたり25万円前後とかなり高額で、5kWとすれば125万円にもなり、決して軽い買い物とはいえません。

さらにコスト回収に時間がかかるだけでなく、定期点検代や清掃費用など年間約1万~2万円のランニングコストもかかります。売電収入もすぐに利益にはつながらないことを知らなければ、期待を裏切られるでしょう。

また、発電量も天候や日当たりに左右されることをシミュレーションできていない人も、後悔しやすいです。

一方、天候や日照率による影響などを踏まえて費用や発電量のシミュレーションができている人は、実際に得られる発電量との差に悩まされることがありません。

太陽光発電の導入費とランニングコストを含めて運用計画を立てているため、想定外の出費が起きて困る事態に陥ることはほぼないでしょう。

太陽光発電の影響やデメリットへの対策ができているか

太陽光発電の影響やデメリットを把握していない人は、予想外のトラブルやデメリットに直面したとき、対処するのが遅れがちで後悔しやすいです。

【想定外になりやすいトラブルの例】
・土砂崩れや台風など自然災害による機器の故障
・地震や大規模停電による売電機会の損失
・工事時に屋根を損傷したことによる雨漏り被害
・野鳥による糞害
・住宅リフォーム時に一時的な取り外しコストがかかる
太陽光発電を導入しても後悔しない人は、上記のように将来起こりうる問題を想定し、なるべくダメージを軽減するよう事前に対策しています。

例えばローンを利用して支出を分散したり、太陽光発電の規模を小さめにしたりするなど、何らかの対策をしている人も少なくありません。また蓄電池の導入や電気料金プランの見直しなどをして、費用や天候差のデメリットを軽減し、お得に電気を活用するために策を練っている人も多いです。

太陽光発電を導入して後悔しないための対策

太陽光発電を導入して後悔する人・しない人の特徴を踏まえ、これから新たにシステムを導入して後悔しないための対策をいくつか紹介します。

セミナーや書籍などで太陽光発電について勉強する

太陽光発電を適切に活用するために、発電する仕組みや必要な設備・コストについて学びましょう。基本的な知識があれば基準を作れるため、必要とする電気量に対し適切な設備を選ぶことができます。

また、太陽光発電のコスト相場も知っておけば、あとで想定以上の費用に頭を悩ます可能性も低くなります。検討するプランや、設備が高いか安いかも判断できるようになるでしょう。

編集部
編集部

まずはネット記事や太陽光発電業者の公式サイトで基礎知識を身につけましょう。その後は書籍の購入や、業者が実施するセミナーへの参加でより知識を深めるのがおすすめです。相見積もりして複数の担当者から話を聞くと、地域に合った実用的な情報を多数得られます。

勉強する際は業者の話だけでなくネットや本など、なるべくさまざまな媒体から情報を得て、偏った知識だけにならないようにするのがポイントです。

太陽光発電の基礎知識を学びたい人は次の記事も参考にしてください。

太陽光発電の最新情報を調べる

基本的なことを学んだら、太陽光発電の最新情報を調べましょう。太陽光発電は、まだまだ日進月歩で新たな機器も開発されているため、より高性能で適切な設備が存在する可能性もあります。

また、売電収入を得るなら市場価格も最新の情報で調べましょう。売電価格は日々変動するため、最新の数値でシミュレーションしなければ正確な計画ができません。

補助金についても最新情報を調べるとお得に導入しやすくなります。国や自治体の補助金を活用すれば数十万円規模の支援を受けられますが、人気があるため募集開始されてから数日で〆切となることもあります。募集のタイミングを逃さないよう、常に最新情報に触れておくことが大切です。

太陽光発電のデメリットやリスクの情報を集める

太陽光発電は良いことばかりではありません。かかるコストが一つひとつ高額なことや、天気の影響を受けやすいことなどさまざまなデメリットやリスクもあるため、情報を集めて事前に対策することが大切です。

デメリットを理解していれば、例えば天候で発電量の差があることを計画に組み込むこともできるでしょう。デメリットやリスクの情報を集めるにはネットの記事や書籍、あるいは口コミなどが役立ちます。

また、費用も余裕をもって想定しておく必要があります。最終的に初期費用を回収できるまでに10年前後かかるので、生活基盤がブレないよう資金に余裕を残しておきましょう。前もって予算を割り振っておけば安心です。

屋根の形状と設置方法の相性を考慮する

太陽光発電でまかないたい電気量があれば、それに合わせた太陽光パネルを選択する必要があります。そのためには、より効率の良い設置方法を考えましょう。特にこれから建てる新築物件に太陽光発電を導入するなら、屋根の形状を慎重に選んでください

太陽光パネルの多くは長方形なので、三角形や台形といった屋根や段差がある屋根には不向きです。新築なら南向きの片流れの屋根にすると太陽光を受けやすく、太陽光パネルを設置したときに効率がよくなります。

また片流れにすることで設置面が広くなり、多くのパネルを段差なく置けます。

屋根の形状と設置方法の最適な組み合わせは、周辺の環境によっても変化します。確実に太陽光発電に向いている屋根と、それにあった設置方法を追求するなら、設計の段階で業者にアドバイスを求めましょう。反射光によるご近所トラブルも、設置前から考慮すれば避けやすくなります。

【専門家の回答!】発電量が確保できるかは事前に確認

太陽光発電-設置-専門家-解説

編集部
編集部

太陽光発電の設置が向いている家、向いていない家の特徴はありますか?

髙島さん
髙島さん

北向き・積雪・塩害地域など発電量があまり確保できないお家はおすすめできません。

 

新築時であれば屋根の種類や向きの調整である程度太陽光に向いた家が作れますが、積雪・塩害地域など発電量があまり確保できない地域の場合はおすすめできません。必ず導入を検討する前に確認しましょう。

 

発電からコスト回収までのシミュレーションをする

太陽光発電はコストが大きいため、入念にシミュレーションしておくことも大切です。太陽光発電のコスト回収までの期間を考えると、長い目で見て計画を立てなければなりません。シミュレーションしてみて、太陽光発電を導入することが自分にとって妥当か、資金繰りに無理がないかも判断できます。

さらに発電量もシミュレーションすることで、具体的に使いたい量・生み出したい量に対し、設備の最低ラインを考えることができるでしょう。売電収入も狙うのなら、あわせて収支で経済効果がどの程度になるかも計算しておきましょう。

収支シミュレーションは簡単なものであればネット上でできます。しかし、個々の屋根の形状や周辺環境など細かい事情を考慮したシミュレーションは難しいため、精度の高いシミュレーションを求めるなら業者に見積もりしてもらうのがおすすめです。

一括見積もりサイトで業者に見積もりしてもらえば、太陽光発電の導入費用だけでなく今後の収支もシミュレーションできます。

\太陽光発電を検討するなら/
  • 太陽光発電に興味があるなら、まずはどれくらいの費用がかかるか調べるのがおすすめ!
  • 費用を調べるときは、必ず1社ではなく複数社から見積りをとって比較しよう!
  • 一括見積もりサイトを利用することで最大100万円も初期費用の節約が可能!

太陽光発電一括見積りサイト利用者が選んだおすすめサービスTOP3

紹介するランキングは、太陽光発電メーカーの利用者に向けておこなったアンケート結果を集計し、マイナビ編集部が独自のロジックで作成したものです。(クラウドワークス調べ 2021/11/18〜2021/12/1 回答者45人)
4位以下のサイトはこちらの記事で紹介しています。
太陽光発電一括見積もりサイトおすすめランキング5選!【2024年最新】口コミや注意点も紹介◆専門家監修
太陽光発電の一括見積もりサイトのおすすめランキングを紹介する記事です。優良業者からの見積もりが簡単に取得でき、実際の利用者の口コミやサイトの利用方法、注意点についても詳しく解説されています。太陽光発電の設置業者選びの際の参考に、ぜひご活用ください。

業者選びでは相見積もりを取る

太陽光発電の業者を選ぶときは、相見積もりを取って複数の業者を比較検討して決めましょう。相見積もりにより、見積もりが極端に高い・安いなど具体的な費用相場がわかるようになります。相場とかけ離れた金額を提示したり、他社との比較を嫌がる悪徳業者を排除できるのもメリットです。

また、業者に見積もりを依頼すると、具体的なコスト回収までのシミュレーションもできます。業者によっては独自のツールを導入しており詳細な予測ができたり、特定のメーカーに特化したシミュレーションができるケースもあるので、より詳細かつ正確に費用を比較できるでしょう。

\太陽光発電を検討するなら/
  • 太陽光発電に興味があるなら、まずはどれくらいの費用がかかるか調べるのがおすすめ!
  • 費用を調べるときは、必ず1社ではなく複数社から見積りをとって比較しよう!
  • 一括見積もりサイトを利用することで最大100万円も初期費用の節約が可能!

太陽光発電一括見積りサイト利用者が選んだおすすめサービスTOP3

紹介するランキングは、太陽光発電メーカーの利用者に向けておこなったアンケート結果を集計し、マイナビ編集部が独自のロジックで作成したものです。(クラウドワークス調べ 2021/11/18〜2021/12/1 回答者45人)
4位以下のサイトはこちらの記事で紹介しています。
太陽光発電一括見積もりサイトおすすめランキング5選!【2024年最新】口コミや注意点も紹介◆専門家監修
太陽光発電の一括見積もりサイトのおすすめランキングを紹介する記事です。優良業者からの見積もりが簡単に取得でき、実際の利用者の口コミやサイトの利用方法、注意点についても詳しく解説されています。太陽光発電の設置業者選びの際の参考に、ぜひご活用ください。

太陽光発電で後悔しないメーカー・機器の選び方

太陽光発電で後悔しないためには、メーカーや機器選びの際も気を付けるべきポイントがあります。項目ごとに選び方の基準をまとめたので、以下を参考にしてください。

メーカー 設備
  • 相場から極端に離れた見積もりではないか
  • 見積もり価格の算出方法に納得できる根拠があるか
  • 瑕疵保証体制が充実しているか
  • 求める発電量を叶えられるか
  • 出力保証があるか
  • 販売実績があるか

以下でそれぞれポイントになる点の理由を解説します。

後悔しないメーカー選びのポイント

メーカーを選ぶ場合は、相場から離れていないかや価格に根拠があるかを見ることで、メーカーや設備の信頼性を測ることができます。例えば根拠なく高い場合は、業者が高く吹っかけている可能性があります。逆に安すぎる場合は、保証がなかったり粗悪品やずさんな工事につながったりする可能性があるため、よく見極めなければなりません。

また、機器の瑕疵保証体制があるかどうかも確認しておきましょう。万が一何らかの欠陥があったとみなされるケースで、機器の交換や修理などが必要になったときにメーカーに負担してもらえるためです。

太陽光パネルのおすすめメーカーは次の記事でも解説しているので参考にしてください。

後悔しない機器・設備選びのポイント

設備選びの際は、まずは求める発電量を叶えられるのかがポイントになります。例えば一般住宅は4〜5kWの発電量が目安です。事前に希望する発電量を定めてから基準にすると選びやすいでしょう

また出力保証もある設備ならより安心できます。出力保証は、メーカーが定めた発電量を経年しても保証するものです。設備や工事に自信があるからこそ保証をつけられるため、ある意味の信頼にもつながるはずです。

さらに設備の販売実績があるかも調べてください。なかには太陽光発電の設備の販売実績はあるものの、蓄電池は実績が少ない業者もいます。もし蓄電池などを活用したいなら、販売実績がある業者がおすすめです。実績が多いほど適切なプランを提案できるため、効率の良い設備を叶えることができるでしょう。

太陽光発電で後悔しないために知っておきたいQ&A

fudousan13234314

太陽光発電は無知の状態で始めるとリスクが高まります。導入を後悔しないためには事前に情報収集することが重要です。最後に太陽光発電について知っておきたい疑問を厳選して紹介します。

太陽光発電で補助金はある?

一般家庭での太陽光発電導入に使える補助金は、現時点ではありません(2023年3月時点)。しかし、今後カーボンニュートラルに向けた動きがあったり電気料金高騰などの影響を受けたりして、補助金制度を再開する可能性はあります。そのため、新情報を都度チェックしておきましょう。

また国ではなく、都道府県や市区町村の自治体では太陽光発電の補助金を出しているケースもあるので、お住まいの自治体の公式サイトで調べてみることをおすすめします。

【東京都民向けの一般住宅に対する補助金例】
・新築住宅向け:1kWあたり12万円(上限36万円)を補助
(3.6kW超の太陽光パネル:1kWあたり10万円)
・既存住宅向け:1kWあたり15万円(上限45万円)を補助
(3.75kW超の太陽光パネル:1kWあたり12万円)
参考:東京都環境局太陽光発電設備の設置に対する東京都の助成事業
また、太陽光発電そのものではなく、蓄電池については国からの補助金があります。例えばDR補助金DER補助金は期間限定で募集しており、予算の上限があることからすぐに満了してしまうため早めに確認をおすすめします。
補助金については次の記事でも詳しく解説しているので参考にしてください。

メンテナンスはしなければいけないの?

太陽光発電の規模やFIT制度の適用によって、メンテナンス義務は変わります

基準は以下のとおりです。

メンテナンス義務がある メンテナンス義務がない
  • 50kW以上の太陽光発電
  • FIT制度を適用している
  • 50kW以下の太陽光発電
  • FIT制度を適用していない

メンテナンスに関しては、改正FIT法と電気事業法で義務化されています。もしメンテナンス義務があるにも関わらずメンテナンスを怠ると、現時点でFIT制度を適用している場合は認定取り消しなどが起きます。

もしFIT制度を適用していないとしても、50kW以上の発電量がある場合はメンテナンス義務があるため注意しましょう。

また、義務がない範囲だったとしてもメンテナンスを怠ることは禁物です。メンテナンスしないと、設備不良による火災や事故が起きる危険があります。太陽光発電業者と相談して、安全に運用できるよう定期的にメンテナンスをおこないましょう。

太陽光発電とあわせて蓄電池も導入すべき?

必ず蓄電池を導入すべきとはいえませんが、太陽光発電を導入する人は蓄電池を同時に購入する人が増えています。なぜなら太陽光発電だけでは、太陽が当たる日中しか発電できないためです

蓄電池を導入することで日中に作った電力を蓄電池に溜め、夜間も使うことができるようになります。また、災害や停電時の保険として蓄電池を導入する人もいます。夜間や災害・停電時に使いたいなら蓄電池の導入も検討してください。

蓄電池に溜め、夜間も使うことができるようになります。また、災害や停電時の保険として蓄電池を導入する人もいます。夜間や災害・停電時に使いたいなら蓄電池の導入も検討してください。

太陽光発電はやめとけと言われる理由は?

太陽光発電は昔と比べて売電価格が下落しており、売電収入による利益のみを重視する人からは評価が下がってきています。また、高額な商品で悪徳業者が多く詐欺に合うリスクもあるため、知識のない人には不向きともいわれます。

天候や環境に影響されやすく、屋根と設備の相性が良くないと元が取りにくい可能性があるのもやめとけと言われる理由です。

太陽光発電の売電価格は下落していますが、一方で導入費用も下がってきています。後悔せずに済むか、元が取れるかを判断するためには、知識を身につけて正確なシミュレーションが必要です。

まとめ

「太陽光発電はやばい?」という噂がある背景には、先駆者が体験したさまざまな後悔があるからです。多くのケースで知識不足や想定の甘さ、またそれによってデメリットや悪徳業者への対策が練れていないことが原因です。

太陽光発電で後悔しないためにも、仕組みやコスト、市場価格や人気のある設備などを十分に下調べして判断材料を蓄えるようにしましょう

また、これから新築で太陽光発電を設置するなら、悪徳業者に騙されないように相見積もりを取ったり、効率的な設置方法を考えたりするなど、設備を最大限に活用できる努力を惜しまないようにしてください。入念な計画を立てて、地球に優しい発電システムをうまく活用していきましょう。

監修者情報

本記事の監修者 
株式会社EX-World 代表取締役     髙島 岳彦 
太陽光や蓄電池等の専門家。2017年より某外資系パネルメーカーに所属し年間1000件以上の太陽光を販売しトップセールスを記録。これまでの知見を活かしたYouTubeが業界NO,1の再生数を誇り、2021年に開業。現在は一般の方向けに自社で販売〜工事を請け負う。Youtubeチャンネルはこちら

※「マイナビニュース太陽光発電」は以下に記載されたリンク先からの情報をもとに、制作・編集しております。
https://www.kankyo.metro.tokyo.lg.jp/index.html
https://kodomo-ecosumai.mlit.go.jp/
https://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/1000062/1023018/1030818.html
https://www.meti.go.jp/shingikai/santeii/pdf/20220204_1.pdf


◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました