Webサイト構築の解説/事例記事

Webサイト構築の解説/事例記事

ピックアップ記事

Google I/O 2018で発表されたMaterial Designのアップデート

【連載】Web、モバイルのデザイン新基準「マテリアルデザイン」を学ぼう [6] Google I/O 2018で発表されたMaterial Designのアップデート

今年も5月8-10日にかけて、米国で年次開発者会議『Google I/O 2018』を開催しました。毎年、その年の新しい技術やサービスの発表を行っていますが、今年はMaterial Design関連のアップデートも発表しました。最終回となる今回は、 Material Designに関しての発表をまとめてご紹介します。

Webサイト構築 新着情報

Google I/O 2018で発表されたMaterial Designのアップデート

【連載】Web、モバイルのデザイン新基準「マテリアルデザイン」を学ぼう [6] Google I/O 2018で発表されたMaterial Designのアップデート

今年も5月8-10日にかけて、米国で年次開発者会議『Google I/O 2018』を開催しました。毎年、その年の新しい技術やサービスの発表を行っていますが、今年はMaterial Design関連のアップデートも発表しました。最終回となる今回は、 Material Designに関しての発表をまとめてご紹介します。

日本トイザらス、AI型ECサイト内検索の「goo Search Solution」を導入 [事例]

日本トイザらス、AI型ECサイト内検索の「goo Search Solution」を導入 [事例]

NTTレゾナントは7月18日、同社の提供するAI型ECサイト内検索ソリューション「goo Search Solution」が、日本トイザらスが運営する「トイザらス・ベビーザらス オンラインストア」に導入されたと発表した。

DDoS攻撃/WAF対策、グローバル実績豊富な高速かつ安定したデジタルコンテンツ配信とは

【特別企画】DDoS攻撃/WAF対策、グローバル実績豊富な高速かつ安定したデジタルコンテンツ配信とは

現在のデジタルコンテンツは、Webサイト、動画、音楽、画像、ゲームなどが、さまざまな場所において、さまざまなデバイスで利用されている。そのためコンテンツ配信側には、高速で安定的に配信するのはもちろん、強固なセキュリティ対策も不可欠だ。U-Cloud CDNサービスは、U-Cloud IaaSなどのクラウド環境やオンプレミス基盤に、デジタルコンテンツ配信機能、およびWebアプリケーションへの攻撃を防御するWAFやDDoS攻撃対策などのクラウドセキュリティソリューションを提供している。

AOKIの社内ベンチャー「suitsbox」が超短期でスタートできた理由

AOKIの社内ベンチャー「suitsbox」が超短期でスタートできた理由

AOKIが、男性用ビジネスウェアをサブスクリプションモデルで提供するサービスを2018年4月末より開始した。その名も「suitsbox」。アイデア出しからわずか1年でサービス開始までに至った背景について、責任者らに伺った。

パーソルキャリア、アカマイのCDNと「Image Manager」でサイト速度を改善 [事例]

パーソルキャリア、アカマイのCDNと「Image Manager」でサイト速度を改善 [事例]

アカマイ・テクノロジーズは6月11日、パーソルキャリアがアカマイのCDNと、画像最適化ソリューション「Image Manager」を導入したと発表した。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

「焼きそば明朝と呼ばれたくない」 - 日中韓共通フォント「源ノ明朝」制作の舞台裏

「焼きそば明朝と呼ばれたくない」 - 日中韓共通フォント「源ノ明朝」制作の舞台裏

アドビは4月4日、Pan-CJK書体「源ノ明朝(げんのみんちょう、英名はSource Han Serif)」を公開した。オープンソースとして公開されており、無償で利用できる。アドビが提供するフォントライブラリ「Adobe Typekit」、ソースコード管理サービス「GitHub」からダウンロード可能となる。

AOKIの社内ベンチャー「suitsbox」が超短期でスタートできた理由

AOKIの社内ベンチャー「suitsbox」が超短期でスタートできた理由

AOKIが、男性用ビジネスウェアをサブスクリプションモデルで提供するサービスを2018年4月末より開始した。その名も「suitsbox」。アイデア出しからわずか1年でサービス開始までに至った背景について、責任者らに伺った。

【連載】Web、モバイルのデザイン新基準「マテリアルデザイン」を学ぼう [1] そもそもMaterial Designって?

【連載】Web、モバイルのデザイン新基準「マテリアルデザイン」を学ぼう [1] そもそもMaterial Designって?

Googleのデザイナーを集めて、異なるデバイス間でも統合されたUIを提供するプロジェクト、それが「Material Design」です。

4
AI人材に必要なもの[5] リクルートテクノロジーズ 石川氏 - 「失敗前提でも経験させる」

AI人材に必要なもの[5] リクルートテクノロジーズ 石川氏 - 「失敗前提でも経験させる」

多種多様な事業/サービスを展開するリクルートグループ。その中で活用されているAIの開発/運用を一手に引き受けているのが、リクルートテクノロジーズのITソリューション統括部 データテクノロジーラボ部でシニアマネジャーを務める石川 信行氏だ。

多種多様な事業/サービスを展開するリクルートグループ。その中で活用されているAIの開発/運用を一手に引き受けているのが、リクルートテクノロジーズのITソリューション統括部 データテクノロジーラボ部でシニアマネジャーを務める石川 信行氏だ。

5
【連載】フォントにそれで大丈夫? イチから学ぶWebフォント講座 [5] 実際にWebフォントを導入しているWebサイトを見てみよう(前編)

【連載】フォントにそれで大丈夫? イチから学ぶWebフォント講座 [5] 実際にWebフォントを導入しているWebサイトを見てみよう(前編)

第4回は「Webフォントを導入してみよう!」というテーマで、簡単なサンプルを使ってWebフォントの導入方法を学びました。日本語Webフォントサービスを活用することで、初心者でもHTMLとCSSの基礎知識さえあれば、誰もが簡単にWebフォントを実装できることが理解できたのではないでしょうか。

第4回は「Webフォントを導入してみよう!」というテーマで、簡単なサンプルを使ってWebフォントの導入方法を学びました。日本語Webフォントサービスを活用することで、初心者でもHTMLとCSSの基礎知識さえあれば、誰もが簡単にWebフォントを実装できることが理解できたのではないでしょうか。

記事ランキング

「焼きそば明朝と呼ばれたくない」 - 日中韓共通フォント「源ノ明朝」制作の舞台裏

アドビは4月4日、Pan-CJK書体「源ノ明朝(げんのみんちょう、英名はSource Han Serif)」を公開した。オープンソースとして公開されており、無償で利用できる。アドビが提供するフォントライブラリ「Adobe Typekit」、ソースコード管理サービス「GitHub」からダウンロード可能となる。

AOKIの社内ベンチャー「suitsbox」が超短期でスタートできた理由

AOKIが、男性用ビジネスウェアをサブスクリプションモデルで提供するサービスを2018年4月末より開始した。その名も「suitsbox」。アイデア出しからわずか1年でサービス開始までに至った背景について、責任者らに伺った。

【連載】Web、モバイルのデザイン新基準「マテリアルデザイン」を学ぼう [1] そもそもMaterial Designって?

Googleのデザイナーを集めて、異なるデバイス間でも統合されたUIを提供するプロジェクト、それが「Material Design」です。

AI人材に必要なもの[5] リクルートテクノロジーズ 石川氏 - 「失敗前提でも経験させる」

多種多様な事業/サービスを展開するリクルートグループ。その中で活用されているAIの開発/運用を一手に引き受けているのが、リクルートテクノロジーズのITソリューション統括部 データテクノロジーラボ部でシニアマネジャーを務める石川 信行氏だ。

【連載】フォントにそれで大丈夫? イチから学ぶWebフォント講座 [5] 実際にWebフォントを導入しているWebサイトを見てみよう(前編)

第4回は「Webフォントを導入してみよう!」というテーマで、簡単なサンプルを使ってWebフォントの導入方法を学びました。日本語Webフォントサービスを活用することで、初心者でもHTMLとCSSの基礎知識さえあれば、誰もが簡単にWebフォントを実装できることが理解できたのではないでしょうか。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る