マイナビニュースマイナビ

Webサイト構築の解説/事例記事

Webサイト構築の解説/事例記事

ピックアップ記事

[対談]デジタル時代に在るべき、自社サイト運用の組織体制

【特別企画】[対談]デジタル時代に在るべき、自社サイト運用の組織体制

自社サイトの持つ役割としては、大きく次の2つが考えられる。広報部門による全ステークホルダーに向けた「Brand Building(ブランド構築)」と、事業部門による未来も含む顧客へ向けた「Customer Relationship Building(顧客関係構築)」である。オンラインシフトが世界的な潮流となるなか、広報部門と事業部門は、これまで以上に連携して自社サイトを運用しなくてはならない。ただ、残念なことに、"役割の相違" を理由に今述べた連携がうまく進まないケースが多い。広報部門と事業部門の双方にとって "良し" とされる自社サイトはどんな姿なのか。

Webサイト構築 新着情報

日本電産マシンツール、ウェブサイト多言語化ソリューション「WOVN.io」を導入 [事例]

日本電産マシンツール、ウェブサイト多言語化ソリューション「WOVN.io」を導入 [事例]

Wovn Technologiesは9月21日、日本電産マシンツールがウェブサイトを多言語化する「WOVN.io(ウォーブン・ドットアイオー)」を導入したと発表した。

[対談]デジタル時代に在るべき、自社サイト運用の組織体制

【特別企画】[対談]デジタル時代に在るべき、自社サイト運用の組織体制

自社サイトの持つ役割としては、大きく次の2つが考えられる。広報部門による全ステークホルダーに向けた「Brand Building(ブランド構築)」と、事業部門による未来も含む顧客へ向けた「Customer Relationship Building(顧客関係構築)」である。オンラインシフトが世界的な潮流となるなか、広報部門と事業部門は、これまで以上に連携して自社サイトを運用しなくてはならない。ただ、残念なことに、"役割の相違" を理由に今述べた連携がうまく進まないケースが多い。広報部門と事業部門の双方にとって "良し" とされる自社サイトはどんな姿なのか。

自社サイトを多言語化する上で押さえておくべき「品質」の在り方

自社サイトを多言語化する上で押さえておくべき「品質」の在り方

ビジネスのグローバル化が進む今、自社Webサイトの多言語化は企業の至上命題とも言える時代です。しかし、多言語Webサイトの品質について"あるべき姿"を策定できている企業は多くないのではないでしょうか。本稿では、多言語Webサイトの品質および品質の作り込みについて解説していきます。

変化に対応できるEC基盤へ――全国に店舗を構える大手ホームセンターは、どのようにしてECパッケージの限界を乗り越えたのか?

【特別企画】変化に対応できるEC基盤へ――全国に店舗を構える大手ホームセンターは、どのようにしてECパッケージの限界を乗り越えたのか?

デジタルシフトが進む今日、小売業界はECを重要な "顧客との接点" と捉え、消費者の変化に合わせて日々これを変えていかなくてはならない。柔軟な仕組みを持ったEC基盤が不可欠となるわけだが、ここにあたって独自開発したECシステムや現在利用しているECパッケージに限界を感じている方は多いだろう。本稿ではaPaaSを駆使してEC基盤の柔軟性を高めた大手ホームセンター企業の取り組みを紹介したい。

[講演資料] 一休のクラウド移行/SRE、6領域の具体策

[講演資料] 一休のクラウド移行/SRE、6領域の具体策

システムの安定性と俊敏性(アジリティ)を高めるために、インフラやソフトウェア、運用方法について常に検討を重ねていく――「SRE(Site Reliability Engineering)」という名の下に、先進企業のエンジニアが取り組んでいる活動だ。

記事ランキング

表示するデータがありません。

記事ランキング

表示するデータがありません。

ページの先頭に戻る