検索する名前は、アカウント名それともユーザー名?

Twitterの名前にはアカウント名とユーザー名の2種類がありますが、「名前を検索する」といえば、一般的には「検索キーワードを含むアカウント名を検索する」ことを意味します。

  • Twitter、アカウント名とユーザー名の違い

    太字で書かれた「MN-ツイッター研究班A」がアカウント名、その下にある「@MNA61745180」がユーザー名です。アカウント名とユーザー名の違いについて詳しくは下記の関連記事をご参照ください

【関連記事】
Twitterの名前(アカウント名やユーザー名)を変更する方法

Twitterアカウントを名前で検索する方法

名前検索の基本形として、Twitterの検索窓にキーワードを入力して、その言葉が含まれるアカウントを見つける方法を説明します。検索結果の「ユーザー」タブを開いて確認するのがポイントです。

  • Twitterアカウントを名前で検索する方法-手順1

    【1】Twitterアプリの検索タブを開き、検索窓にキーワードを入力します。入力途中の段階でも、キーワードを含むアカウントがどんどんサジェストされます

  • Twitterアカウントを名前で検索する方法-手順2

    検索結果の「話題」タブです。上部のカルーセルにキーワードを含むアカウントが並びます。フリックして右方向に進むと次の候補を確認できます

  • Twitterアカウントを名前で検索する方法-手順3

    【3】「ユーザー」タブを開くと、キーワードを含むアカウントが一覧表示されます。ちなみに、PCブラウザ版のTwitterでは「アカウント」タブと表記されています

  • Twitterアカウントを名前で検索する方法-手順4

    【4】検索窓の右にあるフィルターボタンをタップすると、「フォロー中のユーザーのみ」に検索対象を絞り込むことができます

名前検索と検索コマンドを組み合わせる方法

名前検索でもキーワード検索と同じように下表の検索コマンドを利用できます。複数のキーワードを指定したり、特定のキーワードを除外したり、キーワードへの完全一致を求めるなど、アカウントを検索する条件をさらに絞り込めます。

検索方法 入力方法
複数のキーワードをすべて含む(AND検索) スペースでキーワードを区切る
【例】マイナビ 仙台
複数のキーワードのいずれかを含む(OR検索) 大文字の「OR」とスペースでキーワード区切る
【例】マイナビ OR 仙台
特定のキーワードを含まない(除外検索) 半角の「-」を除外するキーワードの前に付ける
【例】仙台 -マイナビ
キーワードと同一(完全一致検索) ダブルクオーテーションでキーワードを挟み込む
【例】"sendai"

  • 名前検索と検索コマンドを組み合わせる方法、AND検索

    【AND検索】「マイナビ 仙台」と入力して、両方のキーワードを含むアカウントを検索した例です。女子サッカーのプロチーム「マイナビ仙台レディース」に関連するアカウントが表示されました

  • 名前検索と検索コマンドを組み合わせる方法、OR検索

    【OR検索】「マイナビ OR 仙台」と入力した例です。「マイナビ」だけを含むマイナビニュース、「仙台」だけを含むベガルタ仙台もピックアップされました

  • 名前検索と検索コマンドを組み合わせる方法、除外検索

    【除外検索】「仙台 -マイナビ」と入力して、「マイナビ」を含まず「仙台」を含むアカウントを検索した例です。仙台89ERSや仙台放送などが並びました

  • 名前検索と検索コマンドを組み合わせる方法、完全一致検索

    【完全一致検索】「"sendai"」と入力して、英字の表記だけに検索対象を絞り込んだ例です。一部「sendai」の記述を含まないアカウントも混ざりましたが、狙い通りの検索結果が得られています

プロフィール文も検索対象になる

検索窓に入力したキーワードは、アカウント名だけでなくアカウントのプロフィールに記載された自己紹介文も対象となります。プロフィールの検索に特化した「ツイプロ」のような外部サービスもあります。

  • Twitterの名前検索でプロフィール文が対象になった例

    「マイナビ 仙台」で名前検索をすると、マイナビ仙台レディースの選手やスタッフが多くヒットします。アカウント名には各個人の氏名が使われていますが、プロフィール文の記述が検索対象となって抽出されたことがわかります

  • ツイプロのトップ画面

    ツイプロは、Twitterのプロフィール文に書かれた情報をもとにした検索サービスです。地域・年齢・職業・趣味といったカテゴリによる絞り込みも行えます。詳しくは下記の関連記事をご参照ください

【関連記事】
Twitterでプロフィール検索する方法、「ツイプロ」の絞り込みが便利

名前検索をしても出てこないアカウント

検索キーワードに合致するはずのアカウントが検索結果に現れない場合は次の理由が考えられます。逆に、特定のユーザーに自分のアカウントを検索されたくない場合は、相手をブロックすることで対処できます。

  • 相手のアカウント名が変更された
  • 相手のアカウントから自分がブロックされている
  • 相手のアカウントが凍結されている
  • 相手のアカウントが長期間稼働していない

Twitterでキーワード検索と名前検索を組み合わせる方法

Twitterで検索を行うと、キーワードを含むツイートが多くヒットしすぎて、さらなる絞り込みが必要になることがあります。ここでは、キーワード検索に名前検索の条件を追加する方法を紹介します。

特定アカウントのツイートに絞り込む検索コマンド「from:@ユーザー名」

検索キーワードに続けて、検索コマンド「from:@ユーザー名」を追加することで、特定のユーザーが投稿したツイートだけに検索結果を絞り込むことが可能です。「from:」の後に入力するのは、アカウント名ではなく@付きのユーザー名であることに留意しましょう。

逆に、「from:@ユーザー名」の前にマイナス「-」を付ければ、指定したユーザーのツイートを検索対象から除外することが可能です。キーワード検索をした結果、特定のユーザーの投稿が多すぎたときなどに有効な手法です。

  • Twitterでキーワード検索と名前検索「from:@ユーザー名」を組み合わせ

    「WEリーグ from:@mynavisendai」と検索窓に入力したことで、「WEリーグ」に関するツイートの検索結果がマイナビ仙台レディース公式アカウントの投稿だけに限定されました

  • Twitterでキーワード検索と名前検索「-from:@ユーザー名」を組み合わせ

    こちらは「WEリーグ -from:@mynavisendai」と検索窓に入力してマイナビ仙台レディース公式アカウントの投稿が抽出されないように検索した結果です


次のページでは、Twitterの名前検索で自分のアカウントが表示されないように設定する方法を考察します。