Twitterの名前、「アカウント名」と「ユーザー名」の違い

Twitterで「名前」といえば、一般的に「アカウント名(表示名)」のことを指します。そのほか、Twitterアカウントには固有の「ユーザー名」も存在します。この記事では、Twitterのアカウント名やユーザー名を変更する方法を紹介していきますが、まず両者の違いを理解するところからはじめましょう。

  • アカウント名とユーザー名の違い

    太字で書かれた「MN-ツイッター研究班A」がアカウント名、その下にある「@MNA61745180」がユーザー名です

Twitterの「アカウント名」とは

Twitterアカウントの名前は、Twitterの公式ヘルプでは「表示名」と記載されていますが、一般的には「アカウント名」と呼ぶほうが伝わるでしょう。アカウント名は最大50文字以内で、ひらがなやカタカナ、漢字、英数字のほか、絵文字も使えます。唯一無二の名前である必要はなく、他のアカウントとまったく同じ名前をつけることも可能です。アカウント名はいつでも変更できます。

Twitterの「ユーザー名」とは

ユーザー名は「@」から始まる、アカウント固有の識別名です。長さは4文字以上15文字以内。@以下に使える文字は半角英数字とアンダースコア「_」のみです。ユーザー名はいつでも変更できますが、他のアカウントと同じものは設定できません。ユーザー名を変更しても、フォロワーや過去のDM(ダイレクトメッセージ)、返信などは引き継がれます。

「ユーザー名」と「ユーザーID」は別もの

「ユーザーID」という呼び方を見かけることがありますが、Twitterにおいては「ユーザー名」と「ユーザーID」はまったく異なるものです。ユーザーIDはTwitterから自動的に割り振られた記号で変更は不可。普通にTwitterを使っている分には、まず目にする機会はないので混同するのも無理はありません。また、単に「ID」といった場合は「ユーザー名」を意味すると捉えるのが無難です。

  • TwitterのユーザーIDを確認する方法

    ユーザーIDを確認するには、PCのWebブラウザでTwitterにアクセスし、ホーム画面を右クリックして「ページのソースを表示」を選びます。「id_str」を検索して、その後ろに表示された数字列がユーザーIDです

Twitterの「アカウント名」を変更する方法

ではこの記事の本題、Twitterの「アカウント名」を変更する方法を説明します。今回はiPhone版のTwitter公式アプリを使用していますが、AndroidスマホやPC(ブラウザ版のTwitter)でも手順は同じです。

  • Twitterの「アカウント名」を変更する方法1

    【1】画面左上にある自分のアイコンをタップしてメニューを開き、「プロフィール」をタップします

  • Twitterの「アカウント名」を変更する方法2

    【2】「変更」をタップします。Androidスマホやブラウザ版では「プロフィールを編集」と表記されています

  • Twitterの「アカウント名」を変更する方法3

    【3】①「名前」を変更して、②「保存」をタップすると完了です

Twitterの「ユーザー名」を変更する方法

Twitterのユーザー名を変更する方法を説明します。はじめに、画面左上にある自分のアイコンからメニューを開きます。

  • Twitterの「ユーザー名」を変更する方法1

    【1】Twitterのメニューを開き、「設定とプライバシー」をタップします

  • Twitterの「ユーザー名」を変更する方法2

    【2】「アカウント」をタップします

  • Twitterの「ユーザー名」を変更する方法3

    【3】「ユーザー名」をタップします。ブラウザ版では「アカウント情報」→「ユーザー名」の順にクリックします

  • Twitterの「ユーザー名」を変更する方法4

    【4】①「新規」(Androidスマホでは「新しいユーザー」)欄に新しいユーザー名を入力し、②「完了」をタップすると変更されます

次のページでは、Twitterの名前が変更できない場合の理由など、Twitterの名前変更に関する疑問にお答えします。