YouTube Musicは、YouTubeが展開している音楽サービス。2020年末にサービスを終了するGoogle Play Musicから移行し、利用開始する人も増えています。

同サービスには、無料版で利用できるものに加えて、有料版の「YouTube Music Premium(プレミアム)」も存在します。両サービスにはどのような違いがあるのでしょうか?

本記事では、YouTube Musicの特徴、および有料版のYouTube Musicプレミアムとの違いについて紹介します。

  • YouTube Musicなら無料でもオンデマンド再生可能! 特徴や有料版との違いを紹介します

    無料のYouTube Music、何ができる? 有料版のYouTube Musicプレミアムとの違い

YouTube Musicとは?

YouTube Musicとは、YouTubeで投稿されている動画コンテンツのうち、「音楽コンテンツ」に特化して作られた音楽ストリーミングサービスです。

YouTube Musicは、他社の音楽ストリーミングサービスと比較して、以下の3点に強みを持ちます。

  1. コンテンツの充実
  2. 高い検索機能
  3. 高いレコメンド精度

以下、それぞれの特徴を説明します。

■1. コンテンツの充実

YouTubeには、さまざまなアーティストによるパフォーマンス映像やMVが投稿されています。Youtube Musicは、このような動画の音声を切り出したもの。そのため、豊富なコンテンツの中から、お気に入りの音楽を選んで聴くことができます。

■2. 高い検索機能

YouTube Musicでは、たとえ詳しい情報がわからない曲であっても、断片的な情報や一部の歌詞さえわかっていれば「検索」機能で容易に見つけられます。

多くの音楽ストリーミングサービスでは、曲を検索する際に曲名やアーティスト名、アルバム名などを検索窓に入れる必要がありますが、YouTube Musicの検索機能は精度が高く、例えば「車 CM」と検索するだけで、Suchmosの『STAY TUNE』が候補に出ます(ホンダ「ヴェゼル」テレビCMのタイアップ曲)。

■3. 高いレコメンド精度

音楽ストリーミングサービスにおいて、新しい音楽に出会える「レコメンド」の機能は重要です。

YouTube Musicでは、アプリ内に限らずユーザーが「YouTube」で高く評価した動画や、よく再生されている動画に関連したレコメンドを行うことができるため、より精度の高いレコメンドがされることになります。

YouTube MusicプレミアムとYouTube Musicの違い

有料版のYouTube Musicプレミアムでは、YouTube Musicよりも多くの機能を利用できます。なお、YouTube Musicプレミアムの利用には月額980円(税込)が必要です。

無料のYouTube Musicと有料のYouTube Musicプレミアムの大きな機能面での違いは、以下の3点にあります。

  1. 広告の有無
  2. バックグラウンド再生
  3. オフライン再生

以下、それぞれの違いを説明します。

■1. 広告の有無

まず、もっとも大きな違いは広告の有無です。YouTube Musicプレミアムでは、曲と曲の間に広告が入ることがありません。スムーズに曲が移り変わるため、音楽の世界観に浸り続けることが可能です。

また、アプリ内のバナー広告なども表示されなくなるので、「間違って広告をタップしてページ遷移してしまう」といった小さなストレスを避けることもできます。

■2. バックグラウンド再生

友人にメッセージを送っているときや、SNSを見ているとき、マンガアプリを開いているときにも音楽を聴きたい方は多いでしょう。

YouTube Musicプレミアムであれば、バックグラウンド再生が可能です。つまり、スマホでYouTube Musicとは別のアプリを開いていても音楽を聴くことができます。スマホをスリープモードにしても音楽再生ができるため、バッテリーに優しい所もポイントです。

■3. オフライン再生

YouTube Musicプレミアムでは、曲を一時的にDLすることでオフライン環境でも好きな音楽を再生することができます。一時DLの期間は30日間です。

例えば、曲を事前にDLしておくことで、インターネットが使えない飛行機の中でも音楽を聴くことができます。また、スマホの通信制限がかかりそうになったときは、Wi-Fi環境で曲をDLして移動中はオフライン再生をすることでデータの節約につなげられます。

  • YouTube Musicプレミアムではさまざまな便利機能が利用できます

無料版のYouTube Musicでもできること

有料版のYouTube Musicプレミアムには便利な機能が多く備わっていますが、かといって無料版のYouTube Musicで使える機能がないわけではありません。

無料のYouTube Musicでも使用できる機能として、以下の5点があげられます。

  • オンデマンド再生
  • 音楽のフル再生
  • アルバム・プレイリストでの曲順通りの再生
  • シャッフル再生
  • 公式の曲とアルバムの再生

無料の音楽アプリの中には、シャッフル再生のみ対応のものもありますが、YouTube Musicでは、無料版であってもアルバムやプレイリストに保存した曲を好きな曲順で再生できます。

無料版のYouTube Musicであっても、再生できる曲の種類は豊富にあります。一般の投稿者が作成したオリジナルの楽曲だけや国内外アーティストの公式楽曲、リミックス、カバー曲なども楽しめます。

有料版への入会を検討している方は、まずは無料版をしばらく使ってみて、その使い心地を試してみるとよいでしょう。

  • YouTube Musicの無料版でもできること

    YouTube Musicの無料版でもできることは意外とあります

まとめ

以上、YouTube Musicの特徴と、有料版のYouTube Musicプレミアムとの違いについて紹介しました。

有料版のYouTube Musicプレミアムでは、一時DLによるオフライン再生やバックグラウンド再生などの便利な機能が多く用意されているものの、無料版でもオンデマンド再生や曲順再生など、十分に楽しめるような機能が用意されています。

YouTube Musicを使いこなし、豊富な音楽コンテンツを存分に楽しみましょう。