YouTubeでの動画視聴体験を高める「YouTube Premium(プレミアム)」。広告なしでの動画再生や、オフラインでの動画再生、バックグラウンド再生などが可能になるこのサービスを利用している方は多いことでしょう。

しかし、中には「一度使ってみたけれど、やはり無料のままでもいいか」と、解約を検討している方もいると思います。

本記事では、YouTubeプレミアムの解約方法をわかりやすく解説します。あわせて、解約後の確認方法や「解約と一時停止」の違い、「解約したはずなのにトラブルが起きてしまった」場合にチェックすべき点についても紹介します。

  • YouTubeプレミアムを解約するには? 登録状況の確認方法も紹介

    YouTubeプレミアムを解約するには? 登録状況の確認方法も紹介

YouTubeプレミアムの解約方法

YouTubeプレミアムの解約手順は、以下の通り。

  1. 「有料メンバーシップ」のページを開く
  2. 「メンバーの管理」または「無効にする」をタップ
  3. 「解約する」をタップ
  4. 「解約する理由」を選択

以下、順に説明します。

まずは、YouTubeアプリの右上にあるアイコンをクリックしてアカウントページを開き、「有料メンバーシップ」のページを開きます。

  • 「有料メンバーシップ」のページへ

    「有料メンバーシップ」のページへ

「有料メンバーシップ」の画面からYouTubeプレミアムの管理画面に移動し、スマホアプリなら「メンバーの管理」を、ブラウザなら「無効にする」をタップします。

  • 「無効にする」をクリック

    「有料メンバーシップ」画面から「無効にする」をクリック

その後、「解約する」をタップします。この時、複数のYouTubeアカウントを保有している方は、解約したいアカウントを開いているかどうか確認しておくとよいでしょう。

「解約する理由」を尋ねられるため、該当するものを選択し「次へ」をタップ、最後に「解約」をタップしたら解約の手続きは完了です。

  • YouTubeプレミアムの解約方法

    YouTubeプレミアムの解約方法

YouTubeプレミアム解約後に登録状況を確認するには?

上記の操作を終えたら、念のために、以下の方法で無事に手続きが終えたかを確認しましょう。

  1. 登録しているアドレスに「解約手続き完了」を知らせるメールが届いているか
  2. 公式サイトに「終了日」が表示されているか

解約手続き完了後は、YouTubeで登録していたメールアドレス宛にメールが届きます。メールが届いていない場合には、迷惑メールボックスに入っていないか確認してみましょう。それでもメールが届いていない場合は、まだ解約手続きが完了していない可能性があります。

また、解約手続きが完了すると、YouTubeプレミアムのサイトで「ご利用終了日」が表示されます。解約してからしばらく経っても「終了日」が表示されない場合、解約が完了していない可能性があります。

YouTubeプレミアムの解約後に請求が届いたときの注意点

「YouTubeプレミアムを解約したはずなのに、なぜか請求が届いた」という場合には、以下の確認を行いましょう。

  1. 複数のアカウントでメンバーシップ登録をしていないか?
  2. 有料メンバーシップを誤って「有効化」していないか?

まず考えられることとして、「複数のYouTubeアカウントを持っていて、解約したアカウント以外でもYouTubeプレミアムに入会している」というケースです。すべてのYouTubeアカウントでの入会状況と、解約手続きの状況を確認してください。

また、解約手続き完了後に誤って有料メンバーシップを再度有効にしてしまった可能性もあります。再度、YouTubeプレミアムの「有料メンバーシップ」から登録状況を確認してください。

上記の方法でも確認できないようであれば、iTunesやGoogle Play Storeで毎月自動でサブスクリプションを購入できる「定期購入」を行っている可能性があります。

スマホの「設定」画面から自身が入っているサブスクリプションサービスを確認し、有効になっているようでしたら定期購入の解約手続きを行う必要があります。実際の手続きの流れは以下の通り。

iTunesで定期購入を解約する方法

  • iPhoneの「設定」を開き、上部に表示されている「アカウント(ユーザー名が表示されている箇所)」をタップして「サブスクリプション」の設定画面に進む
  • 有効なサブスクリプションの中に「YouTube Premium」があるかを確認
  • (「YouTube Premium」があった場合)「サブスクリプションをキャンセル」をタップ

Google Play Storeで定期購入を解約する方法

  • Google Play Storeアプリを開く
  • メニューから「定期購入」を選ぶ
  • 定期購入中のサービスに「YouTube Premium」があるかを確認
  • (「YouTube Premium」があった場合)「定期購入を解約」をタップ

※使っているデバイスやOSバージョンによって項目の表示内容や表示箇所が異なるケースがあります。お使いの端末に合わせた「定期購入の解約方法」を検索してみてください

YouTubeプレミアムの「解約」と「一時停止」の違い

YouTubeプレミアムを解約しようとすると、「メンバーシップを一時停止できることはご存知ですか? 」と表示されます。

  • 「解約」か「一時停止」か、ニーズに合わせて選択しましょう

    「解約」か「一時停止」か、ニーズに合わせて選択しましょう

ここで「解約」をすると、YouTubeプレミアムで利用可能な機能がすべて使えなくなります。ただし、請求対象期間中は加入期間と同じ機能が利用可能です。当月の請求対象期間が終わると、すべてのYouTubeプレミアムの機能が使えなくなります。

一方、「一時停止」にすると、1~6カ月のなかから指定した期間中を請求の対象外にすることができます。「解約」との大きな違いは、YouTubeプレミアムを自動的に再開できる点と保存した動画は保持されるという点にあります。なお、保存した動画は有料プランを再開するまで再生することはできません。指定した期間が終了すると、自動的に請求が再開されて、YouTubeプレミアムの機能を使えるようになります。もちろん、指定した「一時停止」期間の終了を待たずにYouTubeプレミアムを再開することも可能です。

正しい解約手順と確認方法を理解しよう

以上、YouTubeプレミアムの解約方法について紹介しました。

「YouTubeプレミアムの無料トライアルを試してみたけれど、やはり解約したい」「解約手続きをしたのに請求が届いてしまった」といった場合に参考にしてみてください。