今回はグーグルの定額制音楽配信サービス「YouTube Music」を掘り下げてみます。動画配信サービスのYouTubeと一緒に楽しんだり、Google Homeシリーズのスマートスピーカーと上手に組み合わせて活用する方法などを紹介しましょう。

  • YouTube Music

    音楽配信サービス「YouTube Music」「YouTube Music Premium」をレポートします。グーグルの最新スマホ「Google Pixel 3a XL」との相性も抜群

YouTube Musicとは

無料版と有料版の違い

グーグルの音楽配信サービスを振り返ると、YouTube Music前身であるGoogle Play Musicが、2015年9月に日本上陸しました。2018年の11月に、YouTube Musicとして新しいスタートを切っています。グーグルの音楽配信サービスは今後、Google Play MusicからYouTube Musicへと段階的に統一される予定です。

YouTube Musicのサービスには、無料版と有料版があります。無料版は、楽曲再生の合間に広告表示が挟まれたり、利用にいくつかの制限が付きます。一方、有料版の「YouTube Music Premium」は、広告非表示、バックグラウンド再生(他のアプリを立ち上げても音楽再生が止まらない)、音声のみ再生、オフライン再生(端末への一時保存)など、リッチな機能が充実。有料版は月額980円で、プラス500円で最大6人までの家族と一緒に使えるファミリープランのほか、月額480円の学割プランもあります。

  • YouTube Music

    印を付けた矢印のアイコンをタップすると、オフライン再生用として楽曲が端末にキャッシュされます。有料のプレミアム契約ならではの便利機能です

有料版の利用はAndroid端末経由がお得

YouTube MusicはモバイルアプリとPCブラウザで楽しめます。モバイルアプリはAndroid OSとiOSの両方に対応していますが、iPhone/iPadのユーザーがアプリから登録すると、有料サービスの利用料金が1,280円と少し割高になるので要注意です。できれば先にAndroid端末のアプリ、またはWebブラウザから申し込みを済ませ、それからiOSアプリにログインして使うことをおすすめします。

有料版のYouTube Music Premiumを申し込み前に試せる無料体験期間は、通常は1カ月間です。グーグルの最新スマホ「Pixel 3a/3a XL」を買って端末から登録すると、無料期間が3カ月に延長されます。また、ソフトバンク回線のユーザーも、無料体験を3カ月利用できます。さらにグーグルのスマホで上位モデルとなる「Pixel 3/3 XL」を購入すると、最も長い6カ月の無料体験期間が付いてきます。

  • YouTube Music

    PCブラウザ版のYouTube Music。モバイルアプリ版とほぼ同じユーザーインタフェース

YouTube Premiumとは別物

ここで、音楽配信サービスと同時期に始まったYouTubeの有料サービス、「YouTube Premium」についても簡単に触れておきましょう。こちらは広告非表示の動画再生、動画のバックグラウンド再生、オフライン再生、YouTube Originals対応などが含まれています。YouTube Musicは、本家YouTubeのプレミアムサービスに加入しなくても、単体で有料版サービスを申し込めます。互いの位置付けとしては、YouTubeの音楽コンテンツに特化したサービスがYouTube Music、ということになります。

続いて有料版YouTube Music Premiumのサービスをもっと掘り下げてみましょう。

YouTube Music Premium、楽曲数は約4,000万+無限大

YouTube Music Premiumで「聴き放題」になる楽曲の規模は、実に約4,000万曲です。ただ、YouTube Music Premiumの場合は、YouTubeに公開されている数え切れないほどのミュージックビデオを、YouTube Musicでも楽しめることが大きな特長です。

YouTubeには、プロとアマチュアを問わず、ユーザーが制作した動画を投稿できます。グーグルはYouTube Musicのローンチに合わせて、YouTubeにアップロードされているコンテンツの中から、「音楽を聴いてもらう」ことを主目的に作られたコンテンツを判別する専用のAIエンジンを開発。プラットフォームに組み込んでいます。

このいわゆる「AIフィルター」により、アップロードされている動画の中から、音楽系のコンテンツを選んでYouTube Musicに表示します。YouTubeにアップロードされたコンテンツの著作権については、Content IDの仕組みで厳重に管理・監視されています。

YouTubeを活動のプロモーションツールとして、またはファンとの交流の場として積極的に活用するアーティストも少なくありません。アーティスト単位のトップページにある「チャンネル登録」は、本家YouTubeとYouTube Musicが連動しています。登録をタップしてお気に入りとしてフォローすると、アーティストが発信した最新情報がメールなどで届くので便利です。

  • YouTube Music

    YouTubeのチャンネル登録は、YouTube Musicとリンクしています

  • YouTube Music

    「チャンネル登録」をタップすると、お気に入りのアーティストとして登録されます。この情報は、同じアカウントにひも付いているYouTubeのチャンネル登録情報とリンクします

スマホアプリでもパソコンでも、統一されたシンプルなUI

YouTube Musicのサービスは、Androidアプリ、iOSアプリ、PC版とも、ユーザーインタフェースが統一されていて、シンプルで直感的に使いやすいデザインが特長です。作品のカバーアートやアーティストのビジュアルを大きく使っているので、華やかで見栄えもします。ただ、一つひとつの画像が大きいぶん、画面の小さなスマホでは縦スクロールの回数は増えます。

  • YouTube Music

    音楽再生時の画面。カバーアートを大きく使って、各機能への導線はシンプルに配置しています

AndroidアプリとiOSアプリは、画面の下にホーム・ホットリスト・ライブラリの3つがグローバルメニューとして表示されます。検索アイコンは画面の右上です。その隣のアカウントアイコンをタップして中に入ると、「設定」メニューにたどり着きます。

  • YouTube Music

    ホーム画面にはユーザーの再生履歴、お気に入りをマークしたデータベースをもとに、パーソナライゼーションされたアーティストと楽曲のリストが表示されます

ホーム画面のトップには、AIがレコメンドする楽曲やアーティストが表示されます。ユーザーが最近再生した楽曲や、お気に入りとして登録したチャンネルと楽曲の再生履歴を、AIが学習した結果です。レコメンドを下へスクロールしていくと、テーマ別のプレイリストやアーティストの特集も並んでいます。「おすすめのミュージックビデオ」からは、ユーザーの好みを学習しながらピックアップしたYouTubeの関連動画がチェックできます。

  • YouTube Music

    YouTube Musicのホーム画面からも、ユーザーにおすすめのミュージックビデオが表示され、すぐに視聴を楽しめます

ホットリストは、いま勢いがあって多く再生されている楽曲や、注目アーティストにスポットを当てたメニューです。こちらはユーザーのアプリの使用履歴とは切り離されているため、定期的にチェックすると知らないアーティストや楽曲との出会いを広げられるかもしれません。ホットリストにプッシュされるコンテンツは、国や地域ごとに異なっています。

  • YouTube Music

    YouTube Musicがおすすめするホットなアーティスト、楽曲との出会いが広がる「ホットリスト」

ライブラリには、端末のストレージにキャッシュして、モバイルデータ通信を使わずに聴けるオフライン再生用として保存した楽曲や、プレイリストへの入り口などが設けられています。

  • YouTube Music

    オフライン再生用にキャッシュしたり、お気に入りを記録した楽曲は「ライブラリ」の中に保存されます

便利なのは、ユーザーの再生履歴をベース、自動でオフライン再生用のミックスプレイリストを作成してくれる機能。オフラインミックスの音楽は24時間ごとに、端末をWi-Fiに接続したときに更新されます。デフォルトでは20曲のプレイリストが作られますが、端末の空きストレージに合わせて、トラック数の増減もユーザーが自由に決められます。オフライン再生用に一時保存された楽曲は、インターネット接続を解除してからでも最大30日間まで再生できます。

  • YouTube Music

    ユーザーの再生履歴をもとに、好きそうな楽曲をプレイリスト化して、自動でオフライン再生用に保存してくれる機能が便利です

プレーヤー画面も直感的に使いやすい

プレーヤー画面のデザインも使いやすさが実感できます。気に入った楽曲があればサムアップのアイコンをタップすると、アーティストのチャンネル登録とともに、ユーザーへの音楽・動画のレコメンデーション結果に反映されます。

  • YouTube Music

    楽曲再生中にサムアップ・サムダウンの評価をタップすると、レコメンデーションの結果に反映されます

楽曲タイトルの隣にある「…」がタテに並ぶアイコンをタップすると、オフライン保存やプレイリストへの追加、共有などのメニューリストが表示されます。

動画コンテンツは画面右上のアイコンから、動画再生と「音楽のみ」の再生が切り替えられます。その隣にあるキャストアイコンをタップすると、(筆者宅の場合)ホームネットワークにつながっているGoogle Home miniとAndroid TVが「キャスト先」のデバイスとして出てきました。わが家で家族と一緒に、YouTube Musicのコンテンツをスピーカーで鳴らして楽しみたいときに便利です。

  • YouTube Music

    ミュージックビデオは、右上の印を付けたアイコンをタップすると「音楽のみ」の再生が選べます

  • YouTube Music

    プレーヤー画面の右上に表示されるアイコンをタップすると、スマートスピーカーやスマートテレビへのキャスト再生を選択できます

優秀なAI主体のレコメンデーション

YouTube Musicのレコメンデーションは、国・地域ごとにグーグルの「中の人」がアルゴリズムをチューニングしていますが、基本的にはAIベースの機械学習にもとづいてオススメの楽曲・アーティストをプッシュする仕組みとしています。つまり、Apple MusicのFor Youのように、音楽に詳しい専任エディターが手製のヒューマンレコメンデーションリストを作るような仕組みを、現在は採り入れていません。

機械学習がベースとはいえ、アルゴリズムの精度がとても高いので、自分の好みに合いそうなアーティストや楽曲をうまく引き当ててくれます。YouTube Music内だけでなく、YouTubeの動画検索の履歴も反映されます。特に、楽曲・人名データをフックにした関連アーティスト・作品が見つかる確率とあんばいがとてもよく、使い込むほどに音楽の知見が広がっていくことを実感できると思います。

選べるストリーミングの品質は3段階

アプリの「設定」メニューは、所在が少し入り組んでいます。モバイルアプリ、PCともに、画面右上に表示されるアカウントのアイコンを選択した後のメニュー内にあります。

  • YouTube Music

    YouTube Musicの「設定」メニューは、少し入り組んだところにあります

再生時の音質は設定メニューから選択できます。モバイルネットワークとWi-Fiのそれぞれが選択可能になっていて、音質設定は低音質(48kbps/AAC)、標準(128kbps/AAC)、高音質(256kbps/AAC)の3段階。例えばWi-Fi接続時には高音質を、屋外でモバイルネットワークにつないで流し聴きするときには低音質を選ぶとよいでしょう。

  • YouTube Music
  • YouTube Music
  • 設定メニューから音質を選びます(3段階)。Wi-Fi接続、モバイルネットワーク接続のそれぞれで、クオリティを決め打ちしておけます

ストリーミング再生はWi-Fi接続時のみに限定して、データ消費量を節約することもできます。また、ライブラリのオフラインコンテンツとして保存するものについては、音質と画質を選べるほか、先に触れたオフラインミックスの設定もこちらにあります。

楽曲レコメンデーションのチューニングに関わるところでは、設定の中に好きなアーティストを選ぶメニューもあります。ずらりと並ぶアーティストの画像アイコンをタップしてお気に入り登録していくのですが、その数が多いうえに、マイナーなアーティストがそもそも選択肢になかったりします。このアーティストをいつもレコメンドに加えておきたい……という場合に活用するぐらいの感覚でちょうどよいと思います。

  • YouTube Music
  • YouTube Music
  • ユーザーの好みのアーティストを設定しておくと、レコメンデーションの精度が高くなります

音質を好みに合わせてカスタマイズができるイコライザーが便利

設定メニューの中に、「イコライザー」が設けられていることに注目しましょう。この機能は、YouTube Musicアプリのもっとわかりやすい位置に、ユーザーが見つけやすいように表示するべきと思うほど充実しています。

イコライザーでは、5つの帯域ごとに音のバランスをチューニングしたプリセットが11種類あり、聴く音楽に合わせて選べます。イコライザーの値を自由に設定したユーザーのカスタム値も1つ保存できます。イヤホン接続時は低域強調、サラウンドサウンドの強弱のバランスも変えられるので、かなり楽しめます。

  • YouTube Music
  • YouTube Music
  • 充実のイコライザー機能。再生時に好みの音質にカスタマイズができます

YouTube Musicの標準の音質は、全体にあっさりとした味付けになっています。フラットバランスなので、そのまま聴いてもどんな音楽にもマッチしますが、例えば「クラシックのバイオリンは高域をもっと伸びやかに響かせたい」「ヒップホップの重低音をガツンと響かせたい」という、わがままな期待にも柔軟に答えてくれるイコライザー機能です。

Google Homeスピーカーで無料プランが利用可能

もし自宅にGoogle Homeスピーカー、またはGoogle Nest Hubがあれば、YouTube Musicのストリーミング再生が楽しめるのでおすすめです(無料・有料どちらのプランでも)。無料プランの場合は、音声コマンドでリクエストしたアーティストや楽曲と、その後は雰囲気のよく似た曲をピックアップしてシャッフル再生します。好みのアーティストに絞りこんだプレイリスト、アルバム再生をGoogle Homeスピーカーでも楽しみたいなら、有料版のプレミアムサービスを契約したほうがよいでしょう。

  • YouTube Music

    Google Homeシリーズのスマートスピーカーを使って、無料のYouTube Musicのシャッフル再生をBGM的に楽しめます

なおGoogle Homeスピーカーは現在、Googleアシスタントの設定メニューからデフォルトで使う音楽配信サービスとしてYouTube Music、Google Play Music、Spotifyなどが選べるようになっています。

  • YouTube Music

    Googleアシスタントから、Google Homeスピーカーのデフォルトとする音楽配信サービスを選択できます

Android以外の環境でもベストな環境で楽しめる

YouTubeとYouTube Musicが密接に連携しているので、アップロードされた動画も通じて新鮮な発見を数多く得られるところが、他の音楽配信サービスにない大きな魅力だと思います。筆者もYouTube Musicを使いはじめてから、好きなアーティストの思わぬ音源やライブパフォーマンスと出会うことができて、とても満足しています。

YouTube Music Premiumに登録するとミュージックビデオのオフライン再生もできるので、仕事に出かける電車の移動時間を有意義に過ごせています。ミュージックビデオを見て、改めて好きになった曲やアーティストも次々に増えています。

  • YouTube Music

    YouTube Music Premiumは、ミュージックビデオのオフライン視聴にも対応しています

さて、YouTube Musicは、モバイルアプリとPCのユーザーインタフェースをほぼ同じくそろえているので、Android中心の環境でなくてもベストな環境で楽しめます。色んな音楽との出会いを自由に広げて深めてほしいという、グーグルのオープンなマインドが伝わってくる音楽配信サービスといえるのではないでしょうか。

著者プロフィール
山本敦(やまもとあつし)

山本敦

ジャーナリスト兼ライター。オーディオ・ビジュアル専門誌のWeb編集・記者職を経てフリーに。ハイレゾやAI・IoTに関わるスマートオーディオ、4KやVODまで幅広いカテゴリーに精通する。堪能な英語と仏語を生かし、国内から海外までイベントの取材、開発者へのインタビューを数多くこなす。