au(KDDI)は9月25日、2020年秋冬スマホやサービスの発表会を開催し、5Gスマホの新製品や5G向け小容量プランの価格改定、各種新サービスを発表した。KDDIの高橋誠社長が強調したのは「みんなの5G」というスローガン。auでは、今後販売するスマートフォンを全機種5Gモデルとする方針を発表。5G向けの料金プランでは、コンテンツサービスを拡充する戦略を示した。

  • au(KDDI)は5Gスマートフォンや5G関連コンテンツサービスの充実を図り、「5Gは一部の人だけのもの」という認識を変えようとしている

スマートフォン6機種を発表、「今後は全機種5G」を宣言

スマートフォンの新モデルは6機種で、すべて5G対応となっている。6機種のうち4機種がGalaxyシリーズ(サムスン電子製)で、折りたたみの「Galaxy Z Fold2 5G」「Galaxy Z Flip 5G」と、Noteシリーズの「Galaxy Note20 Ultra 5G」、低価格モデル「Galaxy A51 5G」という陣容。ほかには、ソニーモバイルの「Xperia 5 II」とシャープの「AQUOS sense5G」をラインナップする。新製品については「【速報】auが新スマホ6機種、すべて5Gモデルで普及に本腰」も参照いただきたい。

  • 今回発表したスマートフォンの新機種は6機種で、すべて5G対応モデルとした

  • すでに販売を開始している製品を含め、auの5Gスマホのラインアップはかなり充実している

発表会の中で、高橋社長は「今後発表するauスマホはすべて5G対応のみとする」と強調した。なお、質疑応答で「iPhoneでの5G対応」について問われた際は「ノーコメント」としたうえで、「auは5Gスマホのみとする方針だ」と繰り返し説明した。

ピタットプラン5Gは4G LTE向けプランと同額に

au 5G向けの料金プランのうち、データ容量をあまり使わないユーザー向けの段階制プラン「ピタットプラン 5G」は、価格改定(値下げ)が発表された。10月1日から月額1,000円の値下げとなり、月間1GB未満の利用で月額3,150円、1GB~4GB未満の利用で4,650円、4GB~7GBまでの利用で6,150円。 4G LTE向けの「ピタットプラン」と同額となる。

同プランでは、条件を満たしたユーザーに割引を提供しており、すべて適用した場合は1GBまでが1,980円、4GBまでが2,980円、7GBまでが4,480円で利用できる。割引の内訳は、2年契約の適用(170円引き)、家族割プラス(家族2回線で各500円引き、3回線以上で各1,000円引き)、auスマートバリュー(固定回線とセットで500円引き、1GB以上利用した月のみ)の4種類。

  • 「ピタットプラン 5G」は月額1,000円の値下げを実施し、4G LTE向けの「ピタットプラン」と同額とした

なお、auは5G向けピタットプランの開始当初から期間限定の割引を用意しており、実際には最安1,980円の料金で利用できた。今回、この割引が通常料金化した格好だ。5Gでは大容量プランでも同様に、4G LTEプランより1,000円高い値付けがなされているが、大容量プランについては値下げは行われていない。

5G大容量プランに民放系の動画見放題サービス「テレビパック」が登場

5Gの新プランでは「データMAX 5Gテレビパック」が発表された。これは、民放テレビ局系の動画見放題サービス「TELASA(テレビ朝日系)」「Paravi(TBS・テレビ東京系)」「FOD(フジテレビ系)」がセットになったデータ通信プランだ。

  • 民放キー局の動画見放題サービス3種類をセットにした新プラン「データMAX 5Gテレビパック」を新たに追加する

データMAX 5Gテレビパックの月額料金は1万350円。月のデータ通信の利用が2GB以下だった場合には、月8,870円に値引きされる。家族割や2年契約、スマホ購入時の割引などを組み合わせた場合、最安で4,460円で利用できる(最大6カ月間)。

  • 5Gスタート割を適用すれば、5G向けも4G向けも同価格で利用できるようにした

  • 3サービスの月額料金の合計は通常2,375円となるが、auのデータ通信サービスとパッケージし、割安感を演出する

KDDIはこれまで、NetflixやApple Music、YouTube Musicなどとのセットプランを提供するなど、コンテンツと携帯電話料金のセットプランを展開してきた。高橋誠社長は「これからはサービスでネットワークを選ぶ時代」と強調。au 5Gを選ぶ理由として、強力なコンテンツサービスを用意していく考えを示した。今回の新プランの投入で、地上波テレビと親和性の高いユーザーへアプローチする狙いだ。

  • 人気コンテンツの充実度を売りに、地上波テレビを日常的に視聴するユーザーに訴求する

縦ショート動画の「smash.」、auなら半年無料に

KDDIが出資するSHOWROOMは、新たな動画見放題サービス「smash.(スマッシュ)」を10月22日に開始する。月額料金は550円。auユーザーは、6カ月間無料で利用できる特典が用意される。

  • スマホ時代に即した新たな動画見放題サービス「smash.(スマッシュ)」を開始する

smash.の特長は「プロが作るスマホ向け動画」。5~10分程度の短さで、スマホの縦画面で視聴することを前提としたオリジナル作品を用意する。きゃりーぱみゅぱみゅのようなアーティストの映像や、ホラー、お笑い、アニメといったジャンルの映像を揃える。2021年3月までに、オリジナルコンテンツ2,600本を用意する方針という。

  • 動画は、スマホの縦画面で視聴する

  • 人気アーティストや人気タレントを起用したコンテンツを充実させる

発表会では、SHOWROOMの前田裕二社長が登壇。スマホ専用の新たな動画サービスの狙いを深く紹介した。smash.は動画見放題サービスだが、スマホ前提の短いコンテンツのため、契約しやすいよう月額550円という割安な価格を設定しているという。

「スマパスプレミアム」も5G向けコンテンツを強化

「au スマートパスプレミアム」はサービスを拡充し、5Gスマホと親和性が高いVRコンテンツなどを強化する。360度映像は、宇宙飛行士やエクストリームスポーツなど、ふだんできない体験を楽しめるコンテンツを用意。スポーツ中継では、フィギュアスケートの「グランプリファイナル2020」などでマルチアングル(多視点映像)で鑑賞できる特典を用意した。

  • 月額499円の「au スマートパスプレミアム」は、5Gスマホと親和性が高いVRコンテンツなどを強化する

auスマートパスプレミアムのサービスの一環として、10月中旬にはクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by au」を配信する。PC向けのゲームをスマホなどで遊べるサービスで、米NVIDIAと提携して提供する。国内ではソフトバンクも同名のサービスを展開している。

  • クラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by au」などの配信を開始する

今年のハロウィーンは「バーチャル渋谷」で

2020年は新型コロナウイルス感染症の影響で、テレビ会議やVRが注目される年となった。KDDIと同社が出資するcluster.は、渋谷区と連携してVR空間上で「バーチャル渋谷」を展開して話題を集めた。KDDIでは「バーチャル渋谷」の秋の取り組みとして、「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス」を2020年10月に開催する。

  • 10月末にオンラインで楽しめる「バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス」を実施する

渋谷では、毎年ハロウィンの時期に若者が集まり、盛り上がりが報道される。それをVR空間上で再現しようという取り組みだ。VRデバイスや、スマホアプリ「cluster.」から無料で参加できる。

  • VRの空間上で渋谷の街を再現する

今回はハロウィーンに向けたイベントを実施。その1つとして「ネトフリシネマ」がある。Netflixの映像コンテンツをVR渋谷内の巨大スクリーンに表示し、みんなで鑑賞するという取り組みだ。10月に4回の上映を予定している。

このほか、KDDIでは横浜ベイスターズの野球をバーチャルで観戦できる取り組みなど、VR・ARを組み合わせたコンテンツを積極的に開発している。

「auはすべて5G」、低価格のニーズはUQで吸収

プレゼンテーションの最後で、「5Gは特別な人達が特別なエリアで使うものではない」と改めて強調した高橋社長。5Gのエリア展開についても、積極的に取り組んでいく意欲を示した。

auは、5G基地局を2021年3月末に1万局、2022年3月末までに5万局展開する予定だ。とはいえ、5Gエリアでは高速な通信が可能になるが、一般に1つの5G基地局でカバーできるエリアは数百メートルにとどまる。

  • auは、5Gの基地局を2022年3月末までに5万局整備するという

総務省の調査によると、auは全国に16万局以上の4G LTE基地局を展開し、人口カバー率99%超に至っている。 5Gのエリア展開は、4G LTEよりも多くの基地局を用意する必要がある点を考慮すると。2022年目標の5万局でも全国でのエリア展開には不十分といえそうだ。

一方でauでは、5Gプランを4G LTE向けプランに比べて1,000円割高に設定している。言い換えれば、エリア展開が不十分な5Gサービスのために月1,000円の追加料金がかかると解釈できる。特に小容量プランのピタットプランでは負担が大きいため、今回の「1,000円値下げ」に踏み切ったものとみられる。

政治の世界では、9月に就任した菅義偉首相が重点施策として「携帯電話料金の値下げ」を強調している。auが打ち出したコンテンツとのセット割引は、携帯料金そのものの値下げを実施しつつ、他の分野で収益を得るためのアプローチといえる。

その際、より低料金のプランを求めるユーザーの受け皿となるのが、KDDIグループ傘下のUQmobile、BIGLOBEモバイル、J:COM Mobileだ。特に、UQmobileは10月にKDDIが吸収合併し、純粋なサブブランドとしての地位を得ている。

  • au本体、UQmobile、BIGLOBEモバイル、J:COM Mobileの4ブランドで、あらゆるユーザーのニーズに応えられるとしている

高橋社長によると、UQmobileは「シンプルな料金を求める人」の需要を汲み、ISPやケーブルテレビという背景を持つBIGLOBEモバイルとJ:COM Mobileについては「安さを求める人」に訴求する存在と位置づけているという。au本体は5Gを積極展開し、幅広いコンテンツを快適に楽しめる携帯キャリアとしてアピールする方針だ。