8K放送と聞けば、画素数が大幅に増えたきめ細やかな映像を思い浮かべる人は多いはず。しかし、8K放送は映像の精細化のみにあらず、音声もチャンネル数が最大22.2chと大幅に増えるため、表現の幅が劇的に変化します。8Kテレビで先行するシャープが発売したサウンドバー「8A-C22CX1」(8月29日発売、実売約79,200円)を実際に試し、8K時代のサラウンド/シアターバーについて考えました。

  • 8A-C22CX1

    8K放送の22.2ch音声に対応したシアターバー「8A-C22CX1」

バーチャルサラウンドを本物らしく聞かせる「OPSODIS」

今、自宅で映画を楽しむ人が増えているそうです。このご時世、理由は言わずもがなですが、問題は「音」。薄型テレビはいまや50V型、60V型が売れ筋ですが、画面サイズには満足できても映画館の臨場感ある音にはほど遠い、と感じる人は少なくないはず。しかし住宅の事情により、複数のスピーカーを用いたサラウンド環境を用意できないときは、シアターバー(サウンドバー)の出番です。

  • 8A-C22CX1

    8A-C22CX1

シアターバーでサラウンドというと、リアルのスピーカー位置と両耳との頭部伝達関数(※)をサラウンド信号に畳み込んで実現する「バーチャルサラウンド」が主流ですが、頭の大きさや耳介の形状は人それぞれなため、頭部伝達関数は個人性が高く、期待するような効果が得られないこともあります。

(※注:リスナーの頭部や肩などの三次元形状によって生じる音の変化を表現した関数で、鳴っている音が左右の耳にどのように届くかを表します。測定用音波をさまざまな方向から出力し、耳元で集音して測定することが一般的です)

もうひとつ、バーチャルサラウンドの効果を損なってしまう問題があります。頭部伝達関数の畳み込み処理(バイノーラル化)によって得られたLR各チャンネルのオーディオ信号は、L信号は左耳だけに、R信号は右耳だけに届ける必要があるものの、スピーカーで聴くとどうしても空間で混じり合い、L信号は右耳にも、R信号は左耳にも届いてしまいます。これが左右両耳間の「クロストーク」で、取り除くことがバイノーラル化の次に行われるべき重要な処理となります。

  • 8A-C22CX1

    従来のクロストークキャンセルは、逆相の信号を生成して打ち消す方法。左のスピーカーから左耳に聞かせたい音を出すと、少し遅れて右耳にも届くため、右耳の音を打ち消すように右スピーカーから音を出す。すると右耳の音はキャンセルされるが、これが左耳にも届いてしまう。その結果、図のように多くの音を出すことになり、膨大なロスが発生する
    出典:鹿島建設(株)技術研究所 HP

つまり、バーチャルサラウンドをより本物(リアルサラウンド)らしく聴かせるには、バイノーラル化とクロストークキャンセルの性能が重要ということです。シャープは新シアターバー「8A-C22CX1」で、後者のクロストークキャンセルに新しいアプローチを持ち込みました。それが「OPSODIS(オプソーディス)」です。

OPSODISは、鹿島建設の研究部門・鹿島技術研究所と英国サウサンプトン大学の共同開発による立体音響技術。左右どちらかの耳だけに音を届けたいとき、逆相の信号を生成して打ち消す従来の手法ではなく、周波数ごとに異なる両耳間の位相差を制御する信号(90度位相が異なる)でクロストークキャンセルを行います。8A-C22CX1ではその生成をツイーターとミッドレンジ、ウーファーに分散して担わせ、ユニットの角度を調整するなどして各周波数間の干渉を最小化することにより、クロストークキャンセルの効果アップを狙います。

  • 8A-C22CX1

    OPSODISのクロストークキャンセルの方法(周波数領域)。左スピーカーから0.5の音、右スピーカーから0.5の音を、位相を90度ずらして出すと、左耳では2つの音が加算されて1の音、右耳では互いにキャンセルされて0となる仕組み。「シンプルで効率的なクロストークキャンセルの方法」だという
    出典:鹿島建設(株)技術研究所 HP

この8A-C22CX1、本体は2018年発売の「8A-C31AX1」と同じものを利用しているため、外観はほぼ同じですが、OPSODISの採用など設計が根本から見直されたことで中身は一新されています。

  • 8A-C22CX1

    本体デザインは2018年発売の「8A-C31AX1」と共通だが、中身は一新されている

最大22.2chのMPEG-4 AAC音声入力に対応し、22.2chの音はそのまま再生(前モデルは最大PCM 8ch/3.1.2ch相当)。フロントスピーカーは3ウェイ/計10スピーカーで構成し、計6基の独立したデジタルアンプで駆動しています(従来は2ウェイ/計11スピーカー)。

  • 8A-C22CX1

    フロントスピーカーは3ウェイ/計10スピーカーで構成

  • 8A-C22CX1

    付属の2.4GHzワイヤレス接続のサブウーファー

大瀑布を映像と音で体感。NetflixやBDの音も驚きの立体感に

このように8K放送の音を見据えた設計の8A-C22CX1ですが、8Kテレビ専用というわけではありません。8K放送で採用されている22.2ch MPEG-4 AACのみならず、Dolby AtmosやDolby TrueHDにも対応、5.1chや7.1.2chの音声信号も立体的に再生できます。しかもDolby Visionを含めた4Kパススルーに対応、8Kテレビは言うに及ばず、4Kテレビとの組み合わせもOKです。

  • 8A-C22CX1

    フロントスピーカーの背面。HDMI入出力を各1系統備え、Dolby Vision/4Kパススルーをサポート、eARCにも対応する

実機を使って最初に試聴したコンテンツは、BS8Kの番組『南米イグアス 体感! 絶景! 世界最大の滝』。ゴムボートで滝に近づくシーンで、AQUOS 8Kテレビの70V型「8T-C70CX1」の大画面がもたらす映像は、22.2chの音と相まってまさに大迫力。画面から音が聞こえるというのではなく、画面より広い空間から音が出ている印象です。高さ方向の音場表現ができているからか、上から下へ落ちる水の量を実感します。

  • 8A-C22CX1

    8K番組を8A-C22CX1と70V型 AQUOS 8Kテレビ(8T-C70CX1)の組み合わせで試聴。OPSODISの立体音響効果が加わると、8K映像にもがぜんリアリティが出てくる

銀獅子賞獲得で話題の『スパイの妻(8Kドラマ版)』は、憲兵の隊列が建物へ進むシーンがリアル。敷石を踏む音が左後方から画面中央へ移動し、画面中央の鉄扉を開ける音は少し遠くで聞こえます。イグアスの滝では音場の上下方向への広がりを特に感じましたが、このコンテンツではリスナーの左右と後方の音場もしっかり再現されていることを実感します。

  • 8A-C22CX1

    ヘアライン仕上げの天面は、テレビの光を反射しないようデザインされている

HDMI入力はeARC対応、4K/Dolby Visionパススルーが可能なため、テレビの音も立体音響で楽しめるところがポイント。

試しにNetflixで『攻殻機動隊 SAC_2045』のワンシーンを再生したところ、Dolby AtmosとDolby Visionの入力を示すLED表示が点灯。テレビにつないだAQUOS BDで再生した『マッドマックス 怒りのデス・ロード』冒頭のシーンでは、頭上や背後などさまざまな方向から聞こえる主人公の心の声も、敵のクルマが頭上を飛び越していく様子も、Dolby Atmosらしい立体感で再生されていました。

  • 8A-C22CX1

    前モデルではイネーブルドスピーカーがあった場所には、ウーファーが配置されている

OPSODISをオン/オフしたときの違いも検証してみました。イグアスの滝の映像でOPSODISをオフにすると、音の迫力はあるものの立体感は失われ、音場が狭まる印象です。音場が平板になり、奥行き感も薄くなります。

OPSODISには、野外で視聴しているような横方向の広がりを重視したモード1と、ホールで視聴しているような高さ方向の広がりを重視したモード2があり、コンテンツに応じて自由に選択できますが、イグアスの滝にはモード1がしっくりきました。

  • 8A-C22CX1

    付属のリモコン。中央の3Dボタンを押すと立体音響/OPSODISのモードを変更できる

OPSODISは「22.2ch音場に最適」。サラウンド感のさらなる向上に期待

シアターバーのサラウンドというと、ビームスピーカーを採用した一部製品を除けば、バーチャルが基本。どのメーカーの製品にしても、どれだけリアルサラウンドに近づけられるか、背後に回り込むような音場を再現できるかを目標に開発されてきましたが、前述した頭部伝達関数の特性により“効き”の個人差が大きく、「結局はリアルサラウンドだよね」という評価に落ち着くことが常でした。

シャープ「8A-C22CX1」は、OPSODISの力を借りることでシアターバーによるサラウンドの可能性を追求しています。OPSODISはかつてマランツ製品に採用されたことがありましたが、最近はその名を耳にすることもなく、いわば忘れられていた技術です。

「なぜ再びOPSODISを?」という問いを開発担当者にぶつけたところ、「22.2chの音場を再現しようといろいろ試したなかで、(OPSODISによる音は)もっとも立体感・臨場感があったから」とのこと。確かに従来の「8A-C31AX1」と比べると8Kコンテンツを再生したときの音場の広さ、Dolby Atmosの再現性が改善されています。

そして、この方向性で磨きをかければさらにサラウンドの再現性が増すのでは? とも感じました。理由のひとつは、本体のデザインが従来モデルと同じということ。スピーカーユニットの位置や傾きなど筐体デザインから受ける制約はあるはずで、最適化すればクロストークキャンセルの効果改善につながるかもしれません。

シャープ製品ではOPSODIS初採用ということで、今後ノウハウの蓄積が進むことも期待できます。8K放送に限らず、ストリーミングサービスなどでマルチチャンネルコンテンツに触れる機会は今後ますます増えますから、OPSODIS採用の次モデル、次々モデルにも大いに期待したいところです。

  • 8A-C22CX1