Google初の完全ワイヤレスイヤホン「Google Pixel Buds」がついに日本上陸、8月20日に発売予定です。今回、発売に先駆けて触ったPixel Buds実機のハンズオンレポートをお届けしましょう。

電気的な処理を伴わない、オープン構造によって自然に外音を取り込む設計であることから、同じオープン型イヤホンのアップル製完全ワイヤレスイヤホン「AirPods(第2世代)」との違いにも注目したいと思います。

Pixel Budsの全体像については発表記事でも詳しくまとめていますので、合わせて参考にしてみて下さい。

  • Google初の完全ワイヤレスイヤホン「Pixel Buds」が日本に上陸。実力をレポートします

    Google初の完全ワイヤレスイヤホン「Pixel Buds」が日本に上陸。実力をレポートします

コンパクトで上品なデザイン、マットな質感

Pixel Budsは、本体のハウジングに小さな孔を設けたオープン型イヤホンです。アクティブ・ノイズキャンセリング機能は搭載していません。オンライン直販価格は20,800円(税込)。カラーバリエーションにはホワイト / ブラック / ミントの3色があります。

筆者は今回初めてPixel Budsの実機を手にしましたが、ケースと本体が想像していたよりもずっとコンパクトでした(AirPodsシリーズと並べてみるとよくわかると思います・下の写真)。ケースのデザインも上品でシンプルです。

  • 充電ケースにコンパクトに収まるサイズ感

  • 充電ケースのサイズ感を比較しました。左がAirPods(第2世代/ワイヤレス充電機能付き)の充電ケース、右がAirPods Proの充電ケース。Pixel Budsのケースはマットな質感です

  • イヤホン本体のサイズを比べてみました。右がAirPods Pro、左がAirPods(第2世代)。Pixel Budsのコンパクトさがよくわかると思います

  • AirPods Proとのサイズ比較にクローズアップ

イヤホンは、シリコン製のスタビライザーを外耳のくぼみに掛けて安定させます。スタビライザーは着脱できない固定タイプ。フィッティングは、付属するS / M / Lサイズのイヤーピースで調整でき、小さな耳にも心地よく収まると思います。

筆者の自宅にあったサードパーティ製のイヤーピースと交換もできましたが、ケースに収納できなくなる場合もあったため、イヤーピースの利用はうまく調整したいところです。

  • パッケージの中にS / M / Lサイズのシリコンイヤーチップが付属しています

  • シリコン製のスタビライザーは交換不可。本体に固定されています

Androidスマホとすぐペアリングできる

本機とペアリングして使えるスマホにAndroid / iOSプラットフォームの垣根はありません(両対応ですがiOSでは一部制限あり)。またBluetoothオーディオの機能があれば、ポータブルオーディオプレーヤーやスマートテレビに接続して楽しむこともできます。

接続はBluetooth。Android 6.0以降を搭載するスマホなら、Google独自のワンタッチBluetoothペアリング機能「Google Fast Pair」が使えます。

筆者がGoogle Pixel 4aとのペアリングを試したところ、Bluetoothの機器リストにアイコン付きで並ぶPixel Budsが表示され、これをタップするとすばやくペアリングが完了しました。最初のペアリングの際、例えば「●●のPixel Buds」というように、Googleアカウントのユーザー名を自動的に取得してイヤホンが名付けられます。名前は後から変更可能です。

ちなみに、AirPodsシリーズにも、iPhoneやiPadとの初期ペアリング時は画面に表示されるアニメーションに従ってすぐペアリングが完了する便利機能があります。

  • Pixelシリーズをはじめ、Android 6以降を搭載するAndroidスマホとのスピーディーで簡単なペアリングを可能にする「Google Fast Pair」に対応しています

  • Bluetooth設定を開くと、一番上にアイコン付きでPixel Budsが表示されています。これをタップするだけでペアリング完了

  • イヤホンのセットアップ画面からバッテリー残量などが確認できます

Pixel BudsはiPhoneにもペアリングして楽しめるイヤホンです。iPhoneにつなぐ場合、iOSの側にFast Pairが実装されていないため、ケース背面のボタンを長押ししてペアリングモードに入り、iPhoneの設定からBluetooth機器リストに並ぶPixel Budsを選択する、というオーソドックスな接続方法になります。AirPodsも、iPhone以外の機器をペアリングする際はほぼ同じ方法で接続します。

なお、Pixel Budsのスマート機能である「アダプティブサウンド」や「装着検知」(いずれも詳細は後述)は、Androidスマホの場合、Bluetoothの接続済みデバイス設定からセットアップします。iPhoneでは、本機の日本発売時点ではまだ同じ設定を行うためのアプリなどが用意されていません。

iPhoneと接続すると、音楽を聴いたり、本体のタッチセンサーリモコンで音量をアップダウンしたり、曲送りをしたりといった基本操作はできるのですが、特徴的なスマート機能が無効になります。

なので、現時点ではPixel Budsをフルに楽しむのであればAndroidスマホがおすすめということになります。ウォークマンなどAndroidを搭載するハイレゾプレーヤーでは試せていないので、また別の機会に検証してみたいと思います。

心地よい装着感。正確な「装着検知」が便利

イヤホンの装着感は人それぞれに好みが分かれるところですが、Pixel Budsは設計時に数千人の耳型データをベースを参考にしたといい、筆者はPixel Budsのフィット感は好みに合いました。前述のとおり、イヤーピースを交換すれば装着感のアレンジもでき、イヤーピースを使わないAirPodsよりもフィット感が安定しそうです。

  • サードパーティのイヤーピースが装着できるノズル形状としています

  • SpinFitのイヤーピースに交換。サウンドや装着感のカスタマイズができました。ケースに入れてフタも閉じられます

本体が小さく軽いため、リスニング中は思わず耳にイヤホンを着けていることを忘れてしまいそうになります。IPX4相当の防滴対応としているので、スポーツシーンにも使いやすいでしょう。

Androidスマホとペアリングした場合に使える「装着検知」も、反応が鋭くて正確です。イヤホンの着脱に合わせて音楽再生を一時停止・再生再開する機能で、装着検知をオフにすれば片耳モニタリングもできます。

  • イヤホンの着脱に合わせて音楽再生を一時停止・再生再開ができる装着検知機能を搭載

スマホとのペアリングはBluetoothの左右同時接続方式ではなさそうですが、大勢の人で混み合う場所で短時間ながら試してみたところ、音切れやノイズの混入もほとんどなく、接続性能も安定していました。

バッテリーはフル充電からイヤホン単体で約5時間、ケースによる充電を合わせると約24時間の連続音楽再生が可能です。この仕様はAirPodsと同等。10分のスピードチャージで約2時間の音楽リスニングが楽しめる使い勝手も、AirPodsとほぼ肩を並べる内容です。

ケースはQiによるワイヤレス充電ができるので、Androidスマホは本体をワイヤレス充電器にできる「ワイヤレスパワーシェア」を搭載する最新のGalaxyシリーズとも相性が良いかもしれません。

  • Qiによるワイヤレス充電にも対応するケース。USB Type-Cケーブルで充電します

聴き疲れしないバランスの良いサウンド。低音も十分

Pixel BudsのサウンドをPixel 4aにペアリングして聴きました。BluetoothのオーディオコーデックはAACと、ベーシックなSBCまで対応しているようで、AirPodsと同じスペックということになります。Pixel Budsには音質面でベターと言われるクアルコムのaptXコーデックにも対応して欲しかったところです。

  • BluetoothのオーディオコーデックはAAC/SBCに対応しています

さて、そのサウンドはバランスがとてもフラットで聴きやすく、ボーカルや楽器の音色がすっと腹に落ちるような心地よさがあります。解像度も高く、切れ味豊か。透明で開放的な音場が広がります。余韻の爽やかな抜け味も開放型のイヤホンならではと言える魅力です。

  • Google Pixel 4aにペアリングして再生。男女“ボーカルもの”の楽曲とよく合いました

特に本機と相性が良いと思うのは、男女ボーカルをハイライトした楽曲。ボーカルの温かみが耳にゆっくりと馴染み、声の震える様子や息継ぎの繊細なニュアンスも浮き彫りにします。

しかも芯の部分に力強さが感じられます。ロックやポップス、ダンスミュージック系の楽曲を聴くとリズムの弾力感とインパクトも心地よく、低音再生も十分に力強く感じられます。

開放型のイヤホンは構造上、低音再生の力不足を感じる場合がありますが、Pixel Budsはイヤーピースである程度調整がしやすく、密閉型のイヤホンほど低音の重厚感は出しづらいものの、AirPodsに比べると低音に十分な量感があり、音場の立体感も味わえます。長時間の音楽リスニングや動画鑑賞にも疲れを感じにくいと思いました。

通話品質は? 骨伝導センサーで声を抽出

Pixel BudsとPixel 4aで、ハンズフリー通話の音質も試してみました。マイクは、イヤホン本体の上下にデュアルマイクを搭載しています。

左右の口元側のビームフォーミング対応マイクが、通話音声にフォーカス。周囲のノイズ環境を解析して、通話音声をクリアに届けるGoogle独自のアルゴリズムにより、クリアな通話音声を相手に届けます。

  • 片側2つのマイクで環境騒音をキャンセルしながら通話音声をクリアにピックアップ。骨伝導センサーも併用しながら高品位な通話音質を実現します

加えて、骨伝導センサーにより、あごの骨近辺の振動を検知して音声に変換するため、周囲が賑やかな場所で通話をしても声だけを明瞭にピックアップします。試したところ、小声による通話もきれいに拾ってくれました。ビデオ会議用のワイヤレスイヤホンにも向くと思います。

スムーズなタッチセンサーリモコン

イヤホンの左右側面は、ともにタッチセンサーリモコンになっています。左右側に同じ操作が割り当てられているため、迷わずに使えると思います。

再生中の楽曲の音量アップダウンもイヤホンから操作できるところがAirPodsシリーズよりも使いやすく感じられるでしょう。サイドパネルを左右にスワイプしてするとボリュームのアップダウンになります。面積の狭いパネルですが正確に入力操作を受け付けてくれます。

  • マットな質感のサイドパネルがタッチセンサーリモコンになっています

  • 感度の良いタッチセンサーリモコン。誤動作の発生も少なめです

  • 左右に同じ操作を割り当てています。Googleアシスタントを呼び出してから音声入力でペアリングしたスマホに様々なコマンドを入力できます

スマート機能は実践向き、快適な動作感

Pixel Budsのスマート機能のひとつにアダプティブ サウンドがあります。これは、周囲の騒音を解析して、再生中の音楽のボリュームを最適なレベルに自動調節する機能。Pixel Budsの設定画面でオン・オフを選択します。

実際試すと、アップダウンが穏やかに切り替わるので違和感なく使えます。ただ、一度大きくなったボリュームが静かな場所に移動すると小さくなることが気になる場面もありました(シームレスに調整されすぎる、ということかもしれません)。

Pixel Budsのタッチセンサーリモコンによる音量操作がとても速く正確にできるので、気になるかたはあえてアダプティブ サウンドを使わず、マニュアルで都度変更してもよいかもしれません。

  • 使用環境周辺の騒音に合わせて再生音を自動的に最適化する「アダプティブ サウンド」

このほかのスマート機能として、Androidスマホとペアリング中にリモコンを1~2秒ほど長押しするとチャイムが鳴り、スマホに届いている通知を音声で読み上げてくれる機能があります。

そしてリモコンをさらに押し続けると、Googleアシスタントが起動。そのままボタンを押し続けて音声コマンドを入力できます。

マップアプリによるナビゲーション、リマインダーの登録、Spotifyによる音楽再生などを、音声操作ですばやく的確にこなせるところは、さすがGoogle純正。実践向きの快適な動作感でした。これなら音声操作を毎日使いたくなります。

注目の「リアルタイム通訳/翻訳」を試す

Pixel Budsの特徴のひとつである「通訳」機能も試しました。ペアリングしたスマホのGoogle翻訳アプリを音声操作で起動して、日本語から外国語、または反対方向に翻訳する機能です。今回は製品の発売前に試しているので、発売後に改善が図られている可能性もあることも踏まえて参考にしてみてください。

通訳機能を使うためには「Google翻訳」アプリを入れたAndroidスマホが必要です(iPhoneでは使えませんでした)。基本的には、イヤホンで入力→スマホで翻訳結果を再生、という流れです。

まず、Pixel BudsでGoogleアシスタントを呼び出してから「英語に通訳して」と話しかけると、ペアリングしたスマホのGoogle翻訳アプリが「会話モード」で立ち上がります。

そして、イヤホンのリモコンボタンを長押ししている間、音声による原文の音声入力を受け付けます。1つのフレーズを話し終わると、Googleアシスタントが翻訳をスマートフォンのスピーカーから発声して相手に伝えてくれます。

「日本語から英語」への場合は単語、またはフレーズ単位でのリアルタイム翻訳ができました。わりと長目のフレーズでも、途中で音声認識をしくじらない限りは実用的なレベルで正確な英語訳を返してくれます。

  • 使ってみるとなかなか実用的だったPixel Budsによる「Google翻訳」。会話の相手にはスマホの画面からマイクアイコンをタップして発話してもらいます。翻訳はイヤホンをペアリングしていればPixel Budsから聞こえてきます

外国語を話す相手に答えを返してもらう場合は、スマートフォンのGoogle翻訳画面に表示されるマイクアイコンをタップして発話してもらうと、英語から日本語への翻訳がイヤホンで聞けます。

精度は周囲の騒がしさなどにも影響を受けてしまいますが、翻訳自体の完成度は悪くなく、リアルタイム翻訳に必要な待機時間も短いので十分に実用的だと感じました。現在は海外から日本に訪れる観光客が少ないため、この便利な機能が活かせる場面が少ないことが残念ですが、とっさの外国語会話が必要になる場面のほか、英語学習などにも役立ちそうです。

なお、「通訳して」ではなく「翻訳して」と話しかけてもよいはずですが、「翻訳して」だと日本語から英語への翻訳しかできません。「通訳して」と話しかけると、フランス語やドイツ語、スペイン語、イタリア語などGoogle翻訳が対応しているメジャーな言語が使えます。

欲しくなる魅力満載! Android派は「買い」

Google Pixel Budsはそのコンパクトなサイズによる優れた装着感、バランスの良いサウンド、そして本家ならではの音声入力を含むGoogleアシスタント連携の完成度がとても高く、「Googleらしさが炸裂する完全ワイヤレスイヤホン」です。

高品位なハンズフリー通話は、音声を感知する加速度センサーを搭載するAirPodsシリーズに匹敵する出来映えです。2万円強でこの高い完成度と豊かなオリジナリティが満喫できるのであれば、間違いなく「買い」なイヤホンだと思います。筆者も実機に触れ、購買意欲が一気に高まりました。

ひとつ懸念すべき点があるとすれば、iPhoneとの組み合わせでは翻訳機能などが使えず、本領を100%発揮できないことです。iOS側はアプリによる対応を待ちながら、まずAndroidスマホをお持ちのかたから本機を楽しんでみることをおすすめします。