ファーウェイ・ジャパンのAndroidタブレット「HUAWEI MatePad Pro」が発表されました。優れたハードウェアでiPadのライバルともなりえる製品でありながら、Googleサービスを搭載しないという弱点を抱えたタブレットをチェックしてみました。

Google Play(からのアプリのインストール)や、Google系のアプリは使えませんが、Webブラウザを使ってGmailやYouTube、Google検索を利用することは可能です。各種アプリは、ファーウェイのアプリストア「AppGallery」から入手します。また、アマゾン公式の「Amazon App Store」アプリにも対応していて、アマゾンのプライム会員であれば、アマゾンプライムビデオのアプリやKindleのアプリを利用可能です。Amazon App Storeアプリは、MatePad Proの標準ブラウザでアマゾン公式サイトにアクセスしてダウンロードします。

  • ペンやキーボードが使えるタブレット「HUAWEI MatePad Pro」

MatePadシリーズには、今回取り上げるMatePad Proのほか、ミドルレンジの「MatePad」、エントリーの「MatePad T8」という全3モデルがあります。MatePad ProとMatePadは6月12日発売、MatePad T 8は7月初旬の発売予定です。推定市場価格(税別)は、MatePad Proが59,800円、MatePadのWi-Fiモデルが29,800円、LTEモデルが36,182円、MatePad T 8が13,900円となっています。各モデルの概要は、別記事『ファーウェイ、Androidタブレット新シリーズ「MatePad」を3モデル』をご覧ください。

強力なハードウェア

MatePad Proは、一般的なタブレットよりもやや大型の10.8インチというディスプレイを搭載。解像度は2,560×1,600ドットと高精細で、明るくメリハリのきいたディスプレイです。このサイズ感を実現したのは、ベゼル幅を極限まで細くしたから。最小幅は4.9mmで、画面占有率は90%に達しています。

  • 大画面と狭ベゼルのMatePad Pro。10.8インチと微妙なサイズですが、ベゼル幅が狭いのもあって没入感が高くなっています

「ほとんど画面」という見た目ですが、外観はモダンな印象。通常はベゼルに埋め込まれるインカメラは、スマートフォンで一般的なパンチホール型となっていて、画面内に配置しています。好き嫌いの分かれるデザインでしょうが、上部の通知バー付近にあるため、それほどジャマには感じません。

  • パンチホール型のインカメラを搭載

  • こちらは背面のメインカメラ。スマートフォンで一般的なデュアルカメラではありませんが、AF機能は搭載しています

  • フラットでシンプルなデザイン。生体認証として顔認証機能を搭載しています

  • 本体背面はロゴとカメラだけというシンプルさ

  • 本体側面

大画面のメリットは、なんといってもコンテンツの閲覧能力です。画面のアスペクト比は16:10で、一般的な横長動画では上下に黒帯が残りますが、基本的には扱いやすいアスペクト比です。そして10.8インチと大きく、ベゼル幅が細いので没入感があります。

  • 動画用のビデオアプリ。ローカルの動画ファイルに加えて、Netflixのプロモーション動画なども視聴できます

高解像度なので電子書籍も読みやすく、写真も高画質で細部までよく確認できます。こういった点はハードウェア能力がカギを握っていますので、その点でMatePad Proは十分以上の性能といえます。

  • 手塚治虫『ブラックジャック』の目次ですが、高解像度・大画面で小説からマンガまで快適に読めます

サウンド面は、4つのスピーカーとHarman Kardon監修のチューニング。タブレットとしては音質も音圧も十分で、映画にも音楽にも適しています。

個人的には、Qi準拠のワイヤレス充電に対応しているのはポイントです。ワイヤレス充電対応スマートフォンが増え、筆者の自宅にはワイヤレス充電器がたくさん転がっています。Pixel StandやGalaxy向けのワイヤレスチャージャーのような、スマートフォンを立てかけて充電できるタイプの場合、MatePad Proをそのまま置けば充電できます。手に持って動画を見ていて、バッテリーが減ったら充電器に置いて映像を見続けるといった使い方も便利。わざわざ充電ケーブルをつなげる必要はありません。

  • MatePad Proのワイヤレス給電機能をオンにすれば、Qi対応機器を充電できます。バッテリー容量が大きいので、スマートフォンも十分充電できます

スタイラス「M-Pencil」も注目ポイント

オプションのM-Pencilも見逃せません。MatePad Proとの組み合わせでは、4,096段階の筆圧検知とパームリジェクションを備えており、安定した手書きやお絵かきが可能です。メモ取りにもとても使いやすく、画面オフ時にM-Pencilでダブルタッチをすると、すぐにメモアプリが起動してメモを取れます。

  • M-Pencilを使って快適な手書き入力。M-Pencilは6角錐の鉛筆に似たデザイン。価格は税別9,990円です

【動画】画面が消えているときにM-Pencilでダブルタップすると、メモアプリが起動。すばやく手書きメモを取れます。M-Pencilの動きに対する、画面描画の追従性もスムーズ

手書きメモは、メモ帳アプリに保存されます。メモ帳アプリはキーボード入力と手書き入力に対応し、手書きではペン先や色を変えることもでき、使い勝手のよいアプリです。

MatePad Proを横持ちにしたときの本体上部と、M-Pencilには磁石が内蔵されており、お互いにくっつけておけます。磁石は超強力というほどではありませんが、使っている間に落ちるようなことはありませんでした。また、M-PencilとMatePad Proをくっつけると、BluetoothペアリングとM-Pencilの充電が自動で行われます。ライバルのiPad Proと同じ仕組みですが、便利な機能です。

  • MatePad ProとM-Pencilを磁石で貼り付けると、自動的にBluetoothペアリングとM-Pencilの充電が行われます

「Nebo for Huawei」アプリ

手書き対応アプリとしては、定評ある「Nebo for Huawei」が存在しており、様々な手書き入力が可能です。Nebo for Huaweiアプリは手書き文字をテキスト化するOCR機能を備えており、精度もなかなか優秀。もちろん日本語にも対応しており、かなり実用的です。手書きメモに関しては、十分な機能を備えています。

  • 手書きメモアプリのNebo。テキスト化した文字を再変換する、といったことができないのは残念ですが、認識精度はかなり高く実用的

【動画】Neboを使っている様子。ジェスチャー機能によって、文字の削除や改行などの操作もできます

「MyScript Calculator」アプリ

「MyScript Calculator」アプリは、手書きした数式をテキスト化するというもの。計算もやってくれますので、手書きで少々複雑な数式を書いても、答えが簡単にわかります。

  • 数式を手書きして計算までする「MyScript Calculator」アプリ。複雑な計算も可能で、式を次々と追加していっても順次計算してくれます

「ibisPaint X」アプリ

「ibisPaint X」アプリは、本格的なお絵かきアプリ。レイヤーを使った様々なお絵かきができます。筆者は絵心がないので正直用途がありませんが……、絵を描く人にとってはぜひ使ってみてほしいアプリです。

  • お絵かきアプリのibisPaint X

今回は試用できませんでしたが、ワイヤレスキーボードもオプションで用意されています(税別14,900円)。日本語キーボードがなく英語キーボードのみということですが、文字入力やショートカットキーによって各種アプリを使いこなしたい人にとっては、有効なオプションでしょう。

パソコンのように使えるデスクトップモード

デスクトップモードも搭載しており、このモードにするとMatePad ProをまるでPCのように使えます。デスクトップモードはWindows 10のデスクトップ風の表示で、デスクトップ上にファイルを保存したりできます。アプリを起動すると、独立したウィンドウとして表示されるので、複数のアプリを同時に使うことができます。通常のタブレットモードで同時起動できるのアプリは3つまでですが、デスクトップモードではさらに多くのアプリを同時に起動しておけます。

  • Windowsスタートメニューのようにアプリを起動するデスクトップモード

  • 複数のアプリをウィンドウ状態で起動できます

デスクトップモードは横持ちが前提となり、縦表示はできません。基本的にオプションキーボードを接続してPCのように使うということなので、あまり問題はないでしょう。

使いやすいマルチウィンドウ機能

デスクトップモードを使わなくても、マルチウィンドウ機能は利用できます。ベゼル部分からディスプレイ内側に向けてスワイプしてそのまま固定すると、側面からランチャーのようなマルチウィンドウドックが現れるので、そこからアプリを起動します。このとき、アプリは自動的にウィンドウモードで起動。ほかのアプリを使用していても、別のアプリに切り替えて使えます。

  • マルチウィンドウドックは、側面から内側に向けてスワイプして1秒ほどキープすると表示されます。あらかじめいくつかのアプリが登録されていますが、任意のアプリを登録することも可能です

たとえば、メモアプリを利用中に「写真」アプリをウィンドウ状態で起動して、写真アプリで選んだ画像をドラッグ&ドロップして、メモアプリ内に貼り付けるといった操作が可能です。

  • そのままアプリを起動するとウィンドウモードで起動

マルチウィンドウドックのアプリをロングタップすると、画面分割モードになります。ロングタップ後、アプリのアイコンをデスクトップへドラッグ&ドロップすると画面が左右分割され、もともと表示していたアプリとドラッグ&ドロップしたアプリを左右同時に表示できます。MatePad Proを横持ちしているときは左右分割ですが、縦持ちにすると上下の分割になります。

  • アプリを通常起動した状態から、マルチウィンドウドックのアプリをロングタップ、デスクトップへドラッグ&ドロップします。すると分割画面になって、2つのアプリが並んで表示されます

  • 画像などをドラッグ&ドロップすれば、アプリ間のやりとりも可能です

  • 3つ目のアプリはウィンドウモードで起動します

画面分割モードでも、それぞれのアプリ間でドラッグ&ドロップでファイルの貼り付けなどが可能です。画面分割は2つのアプリまでとなり、さらにマルチウィンドウドックからアプリを起動すると、3つ目のアプリはウィンドウモードになります。いずれにしても最大で3つのアプリを同時に起動できるわけです。ウィンドウモードのアプリと分割表示のアプリは、相互にファイルの貼り付けなどの操作に対応します。タブレットの大画面なので、アプリを並べて内容を確認しながら効率的に作業を進められます。

限られたアプリ

ハードウェアやデスクトップモードが強力なMatePad Proですが、問題はアプリです。MatePad ProはOSにAndroid 10.1をベースにしたEMUI 10.1.0を搭載しています。米中の経済摩擦の影響を受けて、ファーウェイはGoogleのGMS(Google Mobile Serivices)を搭載できないため、Google Play、Gmail、GoogleマップといったGoogle純正アプリをプリインストールしていません(後からインストールもできません)。

  • 通常のAndroid製品でおなじみのGoogleアプリが見当たりません

特に問題となるのがGoogle Playです。Android向けアプリをインストールするフロントとなるGoogle Playがないため、多くのアプリをインストールできないのです。動画であればYouTubeやNetflix、Huluに加え、日本のTVerもありません。電子書籍ではKindleなど各種電子書籍アプリ、写真ではアドビ系のLightroomなど、動画編集アプリも多くはありません。

代わりにアプリストアとして搭載されているのが「AppGallery」です。アプリ開発者がAppGallery対応を行う必要があるため、すべてのAndroidアプリがそのまま移行できるわけではありません。現状、アプリ数は限られています。

覚えておきたいのは、Webブラウザベースのサービスなら問題なく使えること。Googleサービスの多くはWebブラウザでも利用できるので、Gmail、Googleマップ、YouTubeなどは大きな問題はないでしょう。電子書籍のGoogleブックスもある程度は利用できますし、Kindleやebook japanもWebブラウザをサポートしています。ただし、完全にアプリと同レベルではないというのが残念な点です(アプリ版とWeb版は、機能やUIが異なる場合があります)。

  • Googleサービスの多くはWebブラウザから利用できます。これはGoogleマップです

画像編集はGoogleフォトのWeb版が快適に動作しますし、こうしたWebブラウザベースのサービスをメインにすれば、それなりに使いこなせそうです。ただ、付属のWebブラウザ自体が全画面表示にならないなど、「アプリ代わり」として使うにはやや実力不足が気になりました。Webブラウザアプリとしては、Opera Browserなどいくつか候補はあるようです。

  • ファーウェイのAppGallery

さて、AppGalleryを検索すると、日本のアプリも増えてきています。LINEやMicrosoft Officeアプリがあるのは助かりますが、Twitter、Facebook、Instagramといった米国発のサービス(アプリ)は少ないようです。一方で、TikTokのような中国発のサービスのアプリはそろっている印象です。

  • 初回起動時におすすめアプリとして提案されたアプリ。LINEがあるのは大きなポイントです

今であれば、Zoom用クライアントをダウンロードできるのは大きなメリットかもしれません。MicrosoftのTeamsはありませんが、Zoom会議を大画面タブレットで実施できるのは便利です。日本語入力システムは、ATOK for Androidはありませんが、Simejiはダウンロードできます。

AppGalleryでアプリを検索すると、「Google PlayにはあるけどAppGalleryにはない」というアプリが表示されます。もちろんインストールはできませんが、「追加」ボタンをタップしてウィッシュリストに登録できるようです。数が多いものから、ファーウェイが開発者に交渉して、AppGalleryへ提供を推進していく、ということかもしれません。

  • AppGalleryを検索してみると、実際はインストールできないアプリもリストアップされます。「追加」するとウィッシュリストに登録されるので、要望が多ければファーウェイも力を入れてくれるかもしれません

気になるのは、タブレット用UIのないアプリがいくつかあることです。たとえば、LINEとNAVITIMEが該当します。タブレット用UIのないアプリは縦画面しか使えないことがあり、LINEの場合、トップ画面とトーク画面を切り替えるたびに縦横がくるくると切り替わってしまいます。

先述のデスクトップモードであれば、横持ちが前提かつウィンドウモードで表示されるので、スマートフォンのような表示になって使いやすくなります。このように使い分けができなくはないのですが、完全なタブレット用UIがあったほうが使いやすいのは間違いありません。ファーウェイやアプリ開発者に期待したいところです。

AppGalleryは着実にアプリ数を増やしています。現時点では、Google Playと比べて圧倒的にアプリ数が少ないのは確かです。そうした中、タブレットで使いやすいアプリをどれだけそろえられるかも、大きなカギになるのではないでしょうか。

ファーウェイ製スマホとの連携も便利

ほか、便利機能としてHuawei Shareをサポート。ファーウェイ製スマホとWi-Fi Directで簡単にファイルをやりとりでき、いわゆるiPhoneのAirDropと同様の機能です。

「マルチスクリーンコラボレーション」は、クイック設定パネルから選択して周囲のファーウェイ製スマホを検索、通知を送信する機能。お互いで接続を許可すれば、スマホの画面がMatePad Pro上に表示されます。

  • マルチスクリーンコラボレーション機能を使えば、ファーウェイ製スマホの画面をMatePad Proに表示できます

  • スマホ側で接続を許可

  • スマホ画面が表示されました

接続操作が必要のため、カバンに入れているスマホの画面を確認する、といった操作はできませんが、スマホ画面を見るだけなく操作も可能です。MatePad Pro上では表示の最小化もできるので、接続していてもスマホ画面がジャマになりません。

スマホ画面に表示した画像などのファイルを、ドラッグ&ドロップでMatePad Proに転送することもできます(MatePad Proからスマホへの転送も可能)。スマホで写真を撮ってタブレットのプレゼン資料に挿入する――といった操作も簡単です。スマートフォンの各種通知をMatePad Proの画面で見られるのも、場面によっては重宝しますね。

MatePad Proは、快適なハードウェアや高性能なM-Pencil、ソフトウェア面で使い勝手のよい機能を満載にしたハイエンドタブレット。GMSを搭載しないことによるアプリの弱さが課題で、ややユーザーを選ぶタブレットです。今後、AppGalleryのアプリが増えていけば、より魅力が増していくでしょう。