レノボ・ジャパンは、ThinkPadブランドの外付けワイヤレスキーボード新モデル「ThinkPad トラックポイント キーボード II」を発表した。2013年に登場して以降、現在も根強い人気を誇っているBluetooth接続のワイヤレスキーボード「ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード」の後継モデルで、従来モデルの魅力を受け継ぎつつ、さらなる進化を遂げている。

新モデルのThinkPad トラックポイント キーボード IIは、日本語配列モデルと英語配列モデルを用意しているが、今回は日本語配列モデルをいち早く試用できたので、使い心地などを紹介する。

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    レノボ・ジャパン 「ThinkPad トラックポイント キーボード II」

Bluetoothと2.4GHzワイヤレスUSBレシーバー接続に対応

ではまず、「ThinkPad トラックポイント キーボード II」(以下、TPKB2)の仕様を見ていこう。

本体サイズは、奥行き164×幅305.5×高さ13.7mmとなっている。従来モデルの「ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード」は奥行き164×幅306×高さ14mmだったので、数字上わずかな違いが見られるが、実際に双方を並べてみてもサイズの違いはほとんど感じない。基本的にはほぼ同等サイズと考えていいだろう。

それに対しTPKB2の重さは516gと、従来モデルの460gから56g重くなった。実際に持ち比べてみると、かなり重くなったと感じる。どうせなら従来同様の重量におさえてもらいたかったようにも思うが、56gほどの差ならそこまで負担が増えるわけではなく、許容範囲内だろう。

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    「ThinkPad トラックポイント キーボード II」の日本語配列モデル。英語配列モデルも用意される

外観は、新たにキーボード面左上に「Lenovo」ロゴが加えられているものの、それ以外は従来モデルから大きく変わっていない。カラーはブラックで、右パームレストにシルバーのThinkPadロゴを配置する点は従来モデルと同じ。

本体の手前が低く、後方がやや高くなり、キーボード面になだらかな角度が付けられている点や、底面後方のスタンドを開くとさらに後方が高くなってキーボード面の角度を2段階に変えられる点も従来モデルと変わらない。ただ、細かく見るとパームレスト部のカーブなどにわずかな違いが見られる。

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    正面から見た様子。キーボード面になだらかな角度が付けられている

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    左側面。手前が薄く、後方が厚くなっていることがわかる

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    背面

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    右側面

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    底面

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    底面後方にはスタンドを用意

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    スタンドを開くと後方が持ち上がり、キーボード面の角度を2段階に調節できる

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    重さは実測で515.5g。従来モデルと比べて56gほど重くなっている

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    下が新モデルのTPKB2、上が従来モデル。わずかなサイズの違いはあるが、見た目はほとんど同じ

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    左が新モデル、右が従来モデル。高さはほぼ同じだが、パームレスト部のカーブなどわずかなデザインの違いが見て取れる

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    キーボード面の右パームレストにはThinkPadロゴを配置

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    キーボード左上には新たにLenovoロゴ

仕様面では大きな変更点が

従来モデルはBluetooth 3.0対応だったが、TPKB2ではBluetoothを5.0対応にアップデート。加えて、新たに2.4GHz帯の独自無線を利用する、ワイヤレスUSBレシーバー接続にも対応している。付属のワイヤレスUSBレシーバーをPCのUSBポートに接続するだけでよいので、Bluetooth非搭載のPC(おもにデスクトップPC)でも手軽に使えるようになったのはうれしい進化だ。

このワイヤレスUSBレシーバーは、使わないときはTPKB2後方のスペースに収納しておけるため、紛失の心配もない。BluetoothとワイヤレスUSBレシーバーの切り替えは、背面の切り替えスイッチで行う。

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    2,4GHz帯の無線を利用するワイヤレスUSBレシーバーが付属。Bluetoothだけでなく、ワイヤレスUSBレシーバーでも利用可能となった

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    背面にBluetoothとワイヤレスUSBレシーバーの切り替えスイッチ。それぞれを切り替えて使う

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    ワイヤレスUSBレシーバーを使わないときは背面に収納できる

また、BluetoothではWindows 10でサポートされている「Microsoft Swift Pair」に対応。TPKB2をペアリングモードにすると、Windows 10が自動認識し、タスクトレイ付近にポップアップを表示。そして、その表示に沿って操作するだけでペアリングが完了する。いちいちBluetooth設定メニューを開かずペアリングできて便利だ。

合わせて、BluetoothとワイヤレスUSBレシーバー双方の無線通信はAES-128bitによる暗号化が施されている。そのため、無線を傍受されてキー入力の内容を盗み取られるといった心配もない。

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    BluetoothはWindows 10の「Microsoft Swift Pair」に対応。Windows 10 PCとの間で簡単にペアリング可能だ

このほかには、内蔵バッテリー充電用のUSBポートがUSB Type-Cになった(従来はmicroUSB)。近年はスマートフォンを含めてUSB Type-C対応機器が増え、従来のmicroUSBよりもUSB Type-Cのほうが利便性が高まっているため、この変更も大きな進化と感じる。なお、USB Type-Cは内蔵バッテリーの充電にのみ利用するもので、PCなどとUSBケーブルで接続しても。キーボードとしては使えない。この点は従来モデルと同様だ。

本体側面のスイッチ類は、先にも紹介したように背面にBluetoothとワイヤレスUSBレシーバーの切り替えスイッチと、WindowsとAndroidの切替スイッチを用意。右側面には電源スイッチがある。従来モデルの電源スイッチは電源オフ時に手前に押すとオン、電源オン時に手前に長押しするとオフになる仕様だったが、TPKB2では奥がオフ、手前がオンとなったことで、電源オンオフがわかりやすくなった。

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    内蔵バッテリー充電用ポートはUSB Type-Cを採用。このUSB Type-Cは充電専用で、有線接続に非対応という点は従来モデル同様だ

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    製品には充電用のUSBケーブルが付属

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    右側面に電源スイッチを用意、奥がオフ、手前がオンとなる

WindowsだけでなくAndroidを正式サポート

対応OSは、Windowsに加えAndroidが正式サポートとなった。本体背面にWindowsとAndroidの切替スイッチが用意され、それぞれのOSに合わせた利用が可能となっている。

従来モデルもHIDプロファイル準拠のため、Android端末に接続しても利用可能だったが、TPKB2では対応OSをAndroidに切り替えると、ファンクションキーのF9からF12にAndroidのBackボタン、Homeボタン、Searchボタン、アプリケーションボタンがそれぞれ割り当てられ、Android特有の操作が可能となった。なお、Androidの対応バージョンは8.0以降となる。

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    Windowsに加えてAndroidを正式サポート。背面の切替スイッチでWindowsとAndroidを切り替える

Windowsの対応バージョンはWindows 7またはWindows 10だ。Windows 8 / 8.1はメインストリームサポートが終了しているためTPKB2でも非対応としたが、Windows 7は企業向けの有償サポートが2023年まで提供されることから対応OSに加えたとのことだ。

また、目の不自由なユーザーに対応するため、S、D、F、J、K、Lという6つのキーを利用した点字の6点入力を新たにサポート。別途点字入力用ソフトが必要となるが、この点も大きな進化だろう。

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    F9からF12にAndroid特有の操作ボタンが割り当てられている

バッテリー駆動時間は約2カ月に延び、堅牢性も申し分なし

TPKB2はワイヤレス接続ということで、本体内にバッテリーを内蔵する。バッテリーはリチウムイオンバッテリーで容量は500mAhだ。バッテリー駆動時間は、満充電で約2カ月となっている。これは1日にキーボード入力3時間、アイドルモード5時間で、1週間で5日利用する場合を想定したものだが、従来モデルと比べて約2倍のバッテリー駆動時間となった。

例えば、キー操作を約1秒以上行わないとアイドルモードに移行し、さらに無操作状態が約6時間以上続くとスリープモードとなる。このような徹底した省電力化によって、約2カ月という長いバッテリー駆動時間を実現したそうだ。

約1秒でアイドルモードに移るということは、通常使っている場面でかなり頻繁にアイドルモード移行と復帰を繰り返すことになる。ただ、実際にTPKB2でキー入力を行っていても、アイドルモードの移行・復帰で入力に違和感を覚える場面はまったくなかった。徹底した省電力機能とはいえ、使い勝手には影響なしと言っていいだろう。

仮にバッテリーが切れても、約15分間の充電で約1週間の利用が可能。バッテリーの持ちがよいため、普段は充電を気にせず使い続けていきなりバッテリー切れ……ということも起こりそうだが、短時間で1週間分を充電できるのはありがたい。

ところで、ワイヤレスキーボードということで、持ち運んで利用する人も多くなるだろう。筆者もそうだ。従来モデルを出張取材などに持っていって使っているが、気になるのは堅牢性だ。簡単に壊れてしまうようでは、やはり気軽に持ち出せない。

その点も心配無用だ。TPKB2は従来モデル同様に、ノートPCのThinkPadシリーズで行われている「拷問テスト」とも呼ばれる試験を行い、優れた堅牢性が確認されている。実際の堅牢性テストは、以下のようなものだ。

  • キーは1,000万回、トラックポイントはXY軸それぞれ800万回の操作テスト
  • 80cmの高さからの6面(上下左右表裏)落下テスト
  • 30分間の振動テスト
  • 防塵テスト
  • 水や炭酸飲料(20cc)をキーボード面にこぼして5分放置し、水を拭き取った後に24時間放置したうえで行うスピルテスト
  • キーボード中央にトルクをかけたり、0.9kgのおもりを乗せたりする剛性テスト
  • キーボード印字面をアルコール類、家庭用石けん、ハンドクリーム、皮脂分泌物、炭酸飲料、オイルなどで拭き取って耐性をチェックする薬品等耐性テスト

試用機を実際に落下させたりはしていないが、やや強い力でひねったり、キーボード後方のスタンドを開いた状態でキーボード面をやや強い力で押してみても、ほぼびくともしない印象。これなら安心して持ち運べるはずだ。

ファンクションキーに4キーずつのすき間ができて操作性向上

キーボード自体は、現世代のThinkPad X1 CarbonなどThinkPadシリーズに搭載されているものとほぼ同等だ。キーの間隔が開いたアイソレーション仕様となっている点や、シザー・リフト・キー・メカニズムの採用といった点は従来モデル同様だ。今回試用したのは日本語キー配列モデルだが、英語キー配列のモデルが用意される点も従来と変わらない。

主要キーのキーピッチは約19.05mm、キーストロークは1.8mmを確保。従来モデルではキーストロークが約2mmだったため、わずかながらストロークが浅くなってはいるが、新旧モデルでタイピングを比べても、その違いは感じなかった。また、キーを押し込んだときの堅さ、クリック感、タイピング時のキー操作音の静かさなども、従来モデルからほとんど変わっていないという印象だ。

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    主要キーのキーピッチは約19.05mm、キーストロークは1.8mmを確保。ストロークは従来モデルからわずかに浅くなっているが、打鍵感はほぼ同等だった

細かく見ると、従来モデルから変更が加えられている部分もいくつかある。

まず、従来モデルでは外装とキーボードユニットがセパレートとなっていて、キーボード周囲に外装部分との間に段差があった。TPKB2は一体構造となり、キーボード周囲の段差がなくなっている。側面やパームレストからキーボード面までシームレスになめらかな形状となったことで、すっきりとした印象だ。

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    従来モデルは外装とキーボードユニットがセパレートとなっており、キーボード周囲に段差があった

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    新モデルでは外装一体構造となったことによって、キーボード優位の段差がなくなり、なめらかですっきりとした印象

ファンクションキーにて、4キーごと(F1~F4、F5~F8、F9~F12)にすき間が設けられた点もポイント。従来モデルはファンクションキーが一直線で、ノートPCもこのタイプが大半だ。一方、デスクトップPC用の外付けキーボードは通常、ファンクションキーが4個ごとに分かれて配置されるのが基本。日本語入力時にはファンクションキーを多用するユーザーは多く、誤入力を防ぐという意味でも、この変更は大いに歓迎できる。

また、カーソルキーの「↑」キーの左右に「PgUp」と「PgDn」ボタンがあるのは従来同様だが、それぞれ下のキーとの間にも間隔を設けた。これによって、PgUp・PgDnキーの縦の長さがやや狭くなっているものの、カーソルキー操作時に指がPgUp・PgDnに触れにくくなり、誤操作が減ったように感じる。

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    ファンクションキーの4キーごとにすき間

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    下が新モデル、上が従来モデル。ファンクションキーにすき間ができたことで、操作性が向上

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    カーソルキー上部のPgUpとPgDnも、下のカーソルキーとの間にすき間が設けられた

ところで、ファンクションキー列は標準でボリュームや輝度調節などの機能が割り当てられており、ファンクションキーはFnキーとの併用だ。これは従来モデルと同様で、標準動作をファンクションキーにしたいときは、Fn+Escキーで切り替えられる。

従来はどちらのモードなのか即座にわからなかったが、TPKB2ではEscキーにLEDが用意され、ファンクションキーモードに切り替えるとLEDが光る。現在のモードが一目でわかるようになった。同様に、Caps LockキーにもLEDが用意され、Caps LockをオンにするとLEDが光る。こういった改善もうれしい進化だ。

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    ファンクションキー列の機能を切り替えると、EscキーのLEDが点灯。同様に、Caps LockをオンにするとCaps LockキーのLEDが点灯し、現在のモードを簡単に判別できる

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    キーボード右上には電源用のLEDも

TrackPointはクリックボタンのデザインを変更

続いて、ポインティングデバイスのTrackPointだ。G、H、Bキーの中心に置かれたTrackPointのスティックによって、キーボードのホームポジションから手を動かさずにカーソルを操作できる点は、マウスやタッチパッドにはない大きな利点だ。

TrackPointの操作性は、従来モデルからまったく変わっていない。スティックを軽く押すとゆっくり、強く押すとすばやくカーソルが移動し、目的の場所で力を緩めると吸い付くようにカーソルが止まる。

このあたりはソフトウェアのチューニングによる部分も大きく、他のスティック型ポインティングデバイスに対する優位点となっているが、実際に使ってみても相変わらず扱いやすく感じる。もちろん、カーソルの細かな操作はマウスのほうが断然有利だが、操作に慣れればタッチパッドと遜色なく使えるだろう。

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    TrackPointの操作性は従来モデルとほぼ同じ。ホームポジションから手を動かさずカーソル操作が可能だ

それに対し、クリックボタンは少々変更されている。従来モデルでは、左右のボタンが奥に、中央のボタンが奥に傾斜していた。それに対しTPKB2では左右のボタンが手前側、中央が奥側が押し込まれる仕様となっている点は変わらないが、全てのボタンがフラットとなった。これは、タイピングなどに指がボタンに引っかからないように配慮したものとのこと。

実際に使ってみると、確かに従来モデルで感じていたタイピング時に親指がクリックボタンに当たるゴツゴツとした感触がなくなっている。筆者はその感触が不快と思ったことはないが、ちょっとした違和感がなくなったという点でこの変更も大きな改善点と言えそうだ。

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    クリックボタンは3ボタンともフラットな形状となり、手に引っかかるなどの違和感がなくなった

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    こちらは従来モデルのクリックボタン、前後に大きな角度が付けられているため、手にゴツゴツと当たる印象を受ける

ワイヤレスキーボードの新定番として広くおすすめしたい

筆者の個人的な印象だが、TPKB2のキーボードとTrackPointの使い勝手は文句の付けどころがなかった。筆者は長年ノートPCを使ってきたこともあって、デスクトップ用キーボードよりもノートPCのキーボードのほうが扱いやすく感じるようになっている。中でもThinkPadシリーズのキーボードは非常に好みで、ノートPCだけでなくデスクトップPCでも使いたいと思い、従来モデルを発売直後から使い続けているが、TPKB2も活躍してくれそうだ。

Androidにも対応したということで、実際にAndroidスマホやタブレットで試してみたが、いずれも問題なく利用できた。BackやHomeといったAndroid固有の機能がきちんと動作するのはもちろん、「半角/全角」キーで日本語入力の切り替えも行えた。10型クラスのタブレットと組み合わせて利用すれば、ノートPC風に入力できる。

  • ThinkPad トラックポイント キーボード II

    Androidタブレットやスマートフォンと接続して、快適な入力を確認。Android固有の機能は問題なく動作し、「半角/全角」キーによる日本語入力の切り替えも可能だった

1つ気になったのは、Bluetooth接続で複数のデバイスとペアリングして使い分けることができないこと。基本的にBluetooth接続では、1台のデバイスとだけしかペアリングできない。そのため、他のデバイスでペアリングした場合、もとのデバイスで使うときに再度ペアリングする必要がある。

ただ、BluetoothとワイヤレスUSBレシーバーなら、背面のスイッチで簡単に切り替えられる。2台のデバイスで使い分ける場合には、1台はBluetooth接続、もう1台はワイヤレスUSBレシーバー接続にするとよい。2台以上のデバイスで使おうとすると面倒かもしれないが、BluetoothとUSBで2台のデバイスを簡単に使い分けられるなら、大きな不満はないだろう。

このようにTPKB2は、従来モデルから多くの進化を果たして完成度が高まり、大きく魅力が増している。文字入力を頻繁に行う人が使うワイヤレスキーボードの新定番として、広くおすすめしたい製品だ。