5月下旬に発売予定の5Gスマートフォン「Xperia 1 II」。21:9の有機ELディスプレイや最新の5Gに対応するなどの多彩なスペックを搭載していますが、その中でもソニーのレンズ交換式カメラ「α」シリーズの技術をふんだんに盛り込み、カメラ機能を特に強化している点が特徴です。

発売に先駆け、ソニーモバイルコミニュケーションズは、Xperia 1 IIのカメラ機能について解説するオンライン説明会を開催しました。

  • Xperia 1 IIのレンズに輝く「ZEISS T*」の文字。ツァイスのT*コーティング(ティースターコーティング)が施されている印です

    Xperia 1 IIのレンズに輝く「ZEISS T*」の文字。ツァイスのT*コーティング(ティースターコーティング)が施されている印です

  • Xperia 1 II。この画像はグローバル版ですが、日本ではNTTドコモとauから発売されます

老舗ツァイス搭載、こだわりのトリプルカメラ

Xperia 1 IIに搭載されているカメラは、超広角、メイン、望遠というトリプルカメラ。これに加え、距離を測位するための3D iToFセンサーも備えています。まずはこのカメラのレンズへのこだわりを紹介します。

  • Xperia 1 IIの強みは、本格的なカメラ性能や操作性です

  • カメラはトリプルカメラで、さらに3D iToFセンサーを備えています

レンズはドイツの名門、カール・ツァイスのツァイスレンズを搭載します。もともとソニーはコンパクトデジタルカメラ「サイバーショット」の高級機や、αシリーズ用の交換レンズでツァイスレンズを採用してきた実績があります。Xperia 1 IIでは、3つのカメラ全てでツァイスの基準をクリアした高精度なレンズを搭載。画質を高めています。

  • メインカメラのセンサーは1/1.7インチExmor RS for mobileセンサー。Xperia 1よりも1.5倍の高感度撮影が可能、としています

  • 1/1.7インチ1,200万画素のセンサーのピクセルピッチは1.8μmで受光量が多く、読み出し速度が10msと高速。他社の多画素センサーと比べて高速AFなどのより高速処理ができるメリットがあります

T*コーティングとは? 抜けの良い画質の秘密

ちなみにスマートフォンでツァイスレンズを搭載した例では、「Nokia 9 PureView」がありましたが、この端末にはなかったXperia 1 IIの特徴がT*(ティースター)コーティングです。

カメラ用レンズだけでなく眼鏡用レンズでも、表面に薄い膜を蒸着させるコーティングと呼ばれる処理が一般的に行われます。通常のレンズは、レンズ材料や枚数、形状などの様々な工夫で、レンズ表面から入った光をセンサーまで届けようとしています。その工夫の1つがコーティングです。

  • ツァイスレンズといえば、ハンディカムやサイバーショット、交換レンズの分野でソニーが長らく採用していました。青いZEISSのロゴと、赤い「T*」のロゴが特徴です

コーティングは、AR(Anti-Reflective)コーティングとも呼ばれるとおり、反射の防止が目的。入射した光線がレンズ境界面で反射するのを防ぐことが狙いで、光芒のような反射が生じてしまうゴーストや、画面全体が白くなってコントラストが低下するフレアといった現象を最小限に抑えて透過率を高めるためのもの。

レンズメーカー各社とも、こうしたコーティングには独自技術を盛り込んでいますが、1930年代から研究を続けてきたツァイスのT*コーティングには定評があり、忠実な色再現と抜けの良い描写を実現しているとされています。そうしたツァイスの基準をクリアしたのが、Xperia 1 IIのレンズです。特に太陽光や強い照明が画面内にあるシーンでの画質向上などが期待できそうです。

Xperiaではこれまで「Gレンズ」を採用していましたが、Xperia 1 IIではツァイスレンズになりました。T*コーティングによる逆光耐性などのメリットはありつつ、レンズとしては同列という位置づけだそうです。交換レンズにおけるGレンズとツァイスレンズの関係と同様というところでしょう。

幅広いズーム域をカバー「限界値まで追い込み」

レンズは焦点距離が16mm(35mm判換算時、以下同)、24mm、70mmの3種類という点もこだわり。ズームレンズの定番とも言える16-35mm、24-70mm、70-200mmの大三元、小三元と呼ばれるレンズのズーム域をカバーしています。

それぞれの間はデジタルズームですが、これをレンズ交換するように切り替えて撮影するのがXperia 1 IIのスタイルです。F値はそれぞれF2.2、F1.7、F2.4と、いわゆる「通し」ではありませんが、それぞれのレンズ特性の中で限界値まで追い込んでベストな設定にした、という力の入れようです。

  • 3つの焦点距離のトリプルカメラ。ズームレンズとして定番の画角をカバーします

【動画】レンズ交換するように、3つのカメラをタップで切り替えてズームします(開発時の画面です)

暗い場所の画質が向上、精細感もアップ

各カメラでのセンサーは画素数を揃え、それぞれ約1,200万画素(超広角:約1,200万画素+メイン:約1,200万画素+望遠:約1,200万画素)。メインと超広角カメラはデュアルPD AFセンサーを採用し、望遠カメラは一般的な像面位相差AF。メインと望遠カメラには光学式手ブレ補正を搭載します。すべてのカメラで、人や動物の瞳をオートフォーカス追従する瞳AFに対応するのが特徴です。

センサーの概要を説明したところで、早速作例を見てみましょう。前モデルXperia 1と、Xperia 1 IIで暗所撮影時の四隅の画質を比較したものです。

  • 【写真上・Xperia 1 IIで撮影、写真下・Xperia 1で撮影】こちらは前モデルXperia 1と、Xperia 1 IIで暗所撮影時の四隅の画質を比較したものです。背後のビルの精細感が違って見えます(ソニーモバイル提供)

  • 【写真上・Xperia 1 IIで撮影、写真下・Xperia 1で撮影】拡大してみると、センサーサイズとピクセルピッチの大型化で暗所撮影時の画質が向上していることがわかります(ソニーモバイル提供)

急旋回する馬も撮れる、秒20コマの高速連写

「高速性」も、Xperia 1 IIの特徴のひとつ。αシリーズで培った技術を盛り込んだという高速撮影性能として、「AF/AE追従連写で秒20コマ」、「リアルタイム瞳AFで人物、動物対応」という2つが主な機能として挙げられます。

一般的に最初の1枚目の露出、ピント位置に固定して連写した方がより高速に連写できます。しかし、被写体が動いていると、ピント位置や露出が適正なものにならなくなってしまいます。

これに対して、連写でも1枚ごとにピント合わせや露出合わせを行うのがAF/AE追従連写です。Exmor RSセンサーや画像処理エンジンBIONZ X for mobileによる高速処理で、Xperia 1 IIではαの最上位機種「α9 II」と同じ秒20コマのAF/AE追従連写を可能にしました。

  • 急旋回する馬もバッチリ撮影。秒60回のAF/AE演算を行い、秒20コマのAF/AE追従連写を実現しました

これを実現したのは、1秒あたり60回というAFとAEの演算処理です。普段は秒30回でAF/AEの演算を行っていますが、シャッターボタンを半押しするとこれが60回に倍増。単純計算で1コマあたり3回の演算を行っており、秒20コマでもAF/AEが追従してくれます。ちなみに、この高速処理はメインカメラで、残る2つのカメラでは秒30回の演算になり、AF/AE追従連写は秒10コマとなります。

近距離撮影が得意、動くネコチャンの瞳も追える

この高速演算を生かした機能がリアルタイム瞳AFです。これまでの「顔認識」ではなく、さらにその細かな瞳にAFを合わせることで、さらにピント精度が向上します。

αにも搭載されている機能で、Xpeira 1では人物のみでしたが、Xperia 1 IIでは動物の瞳AFにも対応しました。イヌ科とネコ科の動物に対応しているそうで、αとは学習データを変えていて、スマートフォンでの撮影シーンを想定しているとのことです。

  • 人だけでなく動物にも対応したリアルタイム瞳AF

例えばαでは望遠レンズで遠くの野生動物を撮影することも想定していますが、Xperia 1 IIでは日常でのペット撮影のような、近距離での撮影に重み付けをした学習をしているそうです。子ども、ペットの犬や猫のような不規則に動く被写体も撮影しやすくなります。

【動画】動物に対する瞳AFの動作例(開発時の画面です)

進化したAIが被写体をスムーズに認識

Xperia 1 IIの位相差AFの測距点(そっきょてん。フォーカスポイント)は、Xperia 1比で約4倍となる247点でかなり広くなっており、これはセンサー面に対して70%のカバー率といいます。

  • 幅広いAFエリアを実現

これに加え、被写体までの距離を測位してAF精度を高める3D iToFセンサーを搭載。同社は以前レーザーAFセンサーを搭載して測距を行っていたこともありましたが、その時は中央1点のみの測距でした。Xperia 1 IIでは43,200点という細かい測位が可能で、3次元の深度マップによってAF性能を大幅に向上させています。

  • 3D iToFセンサーのカバーエリアと測距点はさらに広く多い

さらに、ピントを合わせるべき主要被写体をAIによって認識するアルゴリズムを搭載。多くの画像を学習させることで、シーンごとに主要被写体を認識してAF/AEターゲットを設定してくれるそうです。これによって、ピントの中抜けなどの問題が回避できそうです。

  • 主要被写体を適切に認識してくれ、適切なピント合わせが行われる(被写体タップでも認識可能)

【動画】主要被写体をカメラが認識している様子(開発時の画面です)

新機能Photography Proで「カメラとして使うXperia」に

さて、こうしたカメラ機能は、標準のカメラアプリでも一部は使えますが、全てを使うためには、新たに搭載されるPhotography Proアプリが必要となります。

日本ではXperia 1 II発売後のアップデートによって提供される予定(「5月下旬の発売からそう間もない時期に」とのこと)です。Photography Proは、Xperia 1で搭載された「Cinematography Pro」アプリのように、本格的なカメラのUIを採用したアプリ。各種項目をマニュアルで設定して撮影できます。

  • Photography Proの操作画面。物理的なシャッターボタン(半押しにも対応)があるため、画面上にシャッターアイコンがないのも特徴です

  • Photography Proの主な特徴

Photography Proでは、αの画面UIを再現しつつ、スマートフォン画面に合わせて最適化したインタフェースを用意。撮影モード、シャッタースピード、ISO感度、ホワイトバランス、フォーカスモードといった各種の設定変更ができることに加え、AF/AE追従の秒20コマ連写や瞳AFなどの機能も利用可能です。「Xperiaがイメージングプロダクトの1つとして、本格撮影ができるカメラの一翼を担っていきたい」と同社では話しています。

UIに関しては世界中の写真家数十名へのヒアリングを重ねてブラッシュアップしてきたそうで、頻繁に使う機能をファンクションエリアに配置したり、撮影ダイヤルを模したアイコンを置いたり、シャッターボタンを押して撮影されるまでの間隔を調整するなど、改良を続けてきたそうです。

  • プロの写真家とのヒアリングの様子

αユーザーも満足してもらえるカメラ機能を実装したと自信を見せる同社では、Xperia 1 IIのPhotography Proによって、本格的なカメラ撮影にチャレンジすることでカメラ好きになってもらえるチャンスが増え、ステップアップの入口になってほしいと期待を寄せています。