ソニーが5Gに対応する2020年の新しいフラグシップスマホ「Xperia 1 II(エクスペリア ワン マークツー)」を発表しました。普段オーディオ・ビジュアル分野を中心に取材している筆者は、このスマートフォンが「音楽プレーヤー」としても魅力的なところに注目しました。どこがそんなにスゴいのかを解説したいと思います。

  • ソニーの最新フラグシップスマホ「Xperia 1 II(エクスペリア ワン マークツー)」は、音楽プレーヤーとしても最先端のオーディオ技術を満載した魅力的な端末になりそう

最先端機能の紹介に入る前に、ひとつ嬉しいお知らせがあります。Xperia 1 IIに3.5mmアナログイヤホンジャックが復活しました。

  • ウェル・カム・バック! 本体のトップに3.5mmアナログイヤホンジャックが搭載されています

今から2年前の2018年に発売されたXperia XZ2で、いったん廃止になったアナログイヤホンジャックが、内部の設計を見直して最適化したことで再び搭載されました。本体の厚さサイズは現行フラグシップの「Xperia 1」と比べて0.3mmほど、見事に薄型化を果たしています。

これでまた、大事に使っていた3.5mmプラグのイヤホン・ヘッドホンがUSB変換アダプターを使わずに直接つなげられるのはやはり有り難いことです。変換アダプターはバッグやキャリングポーチの中にケーブルから外した状態で入れると、なくしてしまうこともよくありますよね。

  • 本体の厚さサイズはXperia 1よりも少し薄くなりました

ゲーム用にも嬉しいアナログイヤホンジャック

有線接続のイヤホン・ヘッドホンは、Bluetooth接続のワイヤレスで発生する音声の遅延や音切れがないため、モバイルゲームが圧倒的に気持ちよく楽しめます。最近はワイヤレスイヤホンも低遅延性能を高めた製品が多くあるので、動画鑑賞ではほとんど気にならなくなってきましたが、音ゲーやシューティングゲームのように入力操作に対して音がズレると不快なコンテンツの場合は、特に有線イヤホン・ヘッドホンが有利です。

Xperia 1 IIは3.5mmアナログイヤホンジャックからの最大192kHz/24bitまでのハイレゾ出力に対応しています。同じくハイレゾ対応のヘッドホン、イヤホンを組み合わせると高品位なサウンドが楽しめます。

スマートフォンなので、専用のアンプを搭載するポータブルオーディオプレーヤーに比べるとパワーが劣るように感じるという方は、最近はUSB Type-C端子に接続して使えるコンパクトなDAC内蔵ポータブルアンプが様々なメーカーから発売されているので、これらを組み合わせるとよいでしょう。

  • 写真はXperia 5にMaktarのスティック型ハイレゾ対応DAC内蔵アンプ「Spectra X」を装着したところ。USB端子に直結して手軽にパワフルでディティールに富んだハイレゾ再生が楽しめます