次世代移動通信サービス「5G」を3月26日より本格スタートさせるKDDI(au)。5G対応スマートフォンは7機種を投入しますが、他キャリアでも取り扱う人気シリーズももちろんラインナップしています。

そこで、ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia 1 II SOG01」、シャープの「AQUOS R5G SHG01」、サムスン電子の「Galaxy S20 5G SCG01」「Galaxy S20+ 5G SCG02」の4機種をいち早く実機でチェックしていきたいと思います。

Xperia 1 II

「Xperia 1 II SOG01」は、21:9シネマワイド4K HDR対応有機ELディスプレイを搭載したスマートフォン。映画で使われる21:9という比率のディスプレイは、横向きにすれば映画を観るのに最適な画角で、縦持ちにすると2つのアプリを同時に起動しても余裕のある表示が可能です。発売は5月以降で、NTTドコモ版が4月下旬以降というのに比べると少し遅くなる予定です。

  • Xperia 1 II

  • 本体カラーはブラックとホワイトの2色

ディスプレイサイズは6.5インチ3,840×1,644(4K)で、縦長なので持ちやすいサイズになっています。本体サイズは約72(W)×166(H)×7.9(D)mm、約181g。メモリは8GB、ストレージは128GBと、ハイエンドモデルとしてはやや物足りない印象もあります。

  • 大画面ながら細身で持ちやすいサイズ

  • 背面もスッキリとしたデザイン

  • 本体側面

  • 本体側面

  • 本体上部

  • 本体底面

カメラは、深度測定用の3D iToFセンサーを含むクアッドカメラで、メインは有効画素数1,220万画素で35mm判換算24mmのカメラを搭載。超広角は同1,220万画素で16mm、望遠は同1,220万画素で70mmとなっています。ドイツのレンズメーカーであるカール ツァイスのZEISSレンズを採用しており、T*コーティングによってクリアで色彩豊かな描写を実現する、とされています。

  • カメラはクアッドカメラ。赤い「T*」のマークが期待を高めます

AF/AE追従で秒20コマの連写、動物を含むリアルタイム瞳AFといったミラーレスカメラ「α」の技術を盛り込んだカメラ性能が特徴的で、αのUIを模した「Photography Pro」アプリも搭載しています。

縦長画面を生かした「21:9マルチウィンドウ」機能は、ワンタッチであらかじめ設定した2つのアプリを起動できます。マルチウィンドウ使用中に、アプリの画面サイズを切り替える「マルチウィンドウスイッチ」を利用すれば、2つのアプリを入れ替えたりアプリ切り替えができたり、使い勝手も高められています。

  • 2つのアプリを同時起動できるマルチウィンドウ

  • アプリサイズの切り替え部にあるスイッチ

  • 2つのアプリを同時に切り替えられます

縦長画面は想像以上に使いやすく、カメラも新たにブランド力のあるZEISSレンズの採用や瞳AFなどを搭載し、期待感の高いハイエンドスマートフォンに仕上がっている印象です。

Xperia 1 IIのおもな仕様

  • OS: Android 10
  • CPU: Snapdragon 865(オクタコア)
  • 内蔵メモリ: 8GB
  • ストレージ: 128GB
  • 外部ストレージ: microSDXC(最大1TB)
  • サイズ: W72×H166×D7.9~9.1mm
  • 重量:約181g
  • ディスプレイ(解像度): 約6.5インチ 有機EL(3,840×1,644ドット)
  • メインカメラ: 約1,220万画素+約1,200万画素+約1,220万画素+3D iToFセンサー
  • インカメラ: 約800万画素
  • Wi-Fi: IEEE802.11ax
  • Bluetooth: 5.1
  • バッテリー容量: 4,000mAh
  • 連続待受時間: 約420時間(5G)
  • 通信速度(5G): 受信最大3.4Gbps/送信最大183Mbps
  • 防水/防塵: ○(IPX5/8)/○(IP6X)
  • 生体認証: ○(指紋認証)
  • ワンセグ/フルセグ: ○/○
  • おサイフケータイ: ○(NFC/FeliCa搭載)
  • 接続端子: USB Type-C
  • カラーバリエーション: ブラック、ホワイト

AQUOS R5G

サービス開始翌日の3月27日に発売するのが「AQUOS R5G SHG01」です。今回、唯一NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリアから発売されることになりました。

  • AQUOS R5G

  • 本体カラーはアースブルー、オーロラホワイト

約10億色という豊富な色表示が可能なPro IGZOディスプレイを採用したR5G。一般的なスマートフォンディスプレイはフルカラーといわれる1,677万色ですが、それをはるかに超える豊かで鮮やかな色再現が可能です。ディスプレイサイズは約6.5インチ3,168×1,440(QHD+)となっています。

  • 豊富な色彩のディスプレイ。最近は一般的になった画面内指紋センサーがないのは残念な点

  • 背面は光沢処理となっています

  • 本体側面

  • 本体側面

  • 本体上部

  • 本体底面

本体サイズは75(W)×162(H)×8.9(D)mm、約189gで、大型ディスプレイによって豊かな色彩で動画などの視聴が可能です。背面のカメラはAQUOSシリーズとして初めてクアッドカメラを採用。有効画素数4,800万画素の超広角カメラ、同1,220万画素のメインカメラ、同1,220万画素の望遠カメラ、そしてToFカメラを搭載しています。

  • カメラはToFカメラを含めて4つ

  • 8K動画にも対応しています

超広角カメラを使った8K動画撮影機能は、高画素を生かして被写体に自動でズームしたような映像を再生する「フォーカス再生」機能や、動画のダイジェストをAIが自動生成する「AIライブストーリーPro」も備えています。

明るく色彩豊かなディスプレイと8K動画の新しい提案が魅力的な端末です。3キャリアに採用された端末なので、KDDIだけでなく、どのキャリアの人も使えるというのもメリットかもしれません。

AQUOS R5Gのおもな仕様

  • OS: Android 10
  • CPU: Snapdragon 865(オクタコア)
  • 内蔵メモリ: 12GB
  • ストレージ: 256GB
  • 外部ストレージ: microSDXC(最大1TB)
  • サイズ: W75×H162×D8.9mm
  • 重量: 約189g
  • ディスプレイ(解像度): 約6.5インチ Pro IGZO液晶(3,168×1,440ドット)
  • メインカメラ: 約4,800万画素(超広角)+約1,220万画素(標準)+約1,220万画素(望遠)
  • インカメラ: 約1,640万画素
  • Wi-Fi: IEEE802.11ax
  • Bluetooth: 5.1
  • バッテリー容量: 3,730mAh
  • 連続待受時間: 約430時間(5G)
  • 通信速度(5G): 受信最大3.4Gbps/送信最大183Mbps
  • 防水/防塵: ○(IPX5/8)/○(IP6X)
  • 生体認証: ○(指紋認証、顔認証)
  • ワンセグ/フルセグ: ○/○
  • おサイフケータイ: ○(NFC/FeliCa搭載)
  • 接続端子: USB Type-C
  • カラーバリエーション: アースブルー、オーロラホワイト

Galaxy S20 5G、Galaxy S20+ 5G

3月26日のサービス開始に合わせて発売されるのは「Galaxy S20 5G SCG01」で、上位モデルの「Galaxy S20+ 5G SCG02」は5月下旬以降の発売予定です。基本的に両モデルの違いはディスプレイサイズと一部のカメラ機能ぐらいなので、画面サイズで選択するといいでしょう。

  • Galaxy S20 5G(左)とGalaxy S20+ 5G(右)

  • 本体サイズの違いが分かります

S20は、ディスプレイが6.2インチ3,200×1,440(QHD+)Dynamic AMOLEDで、メモリ12GB、ストレージ128GBを搭載します。本体サイズは69(W)×152(H)×7.9(D)mm、約163g。S20+は6.7インチ3,200×1,440(QHD+) Dynamic AMOLEDを採用。メモリは12GB、ストレージは128GB、本体サイズは74(W)×162(H)×7.8(D)mm、約186gとなっています。ディスプレイはどちらも120Hzのリフレッシュレートに対応し、滑らかな映像再生などが可能です。

  • Galaxy S20の本体カラーはクラウドブルー、コスミックグレー、クラウドホワイトの3色

  • 左からクラウドブルー、コスミックグレー、クラウドホワイトとなります

  • Galaxy S20+の本体カラーはコスミックグレー、クラウドブルーの2色

  • 左からコスミックグレー、クラウドブルーとなります

側面までディスプレイがカーブして広がっているため、画面サイズの割には細身のデザインとなっており、S20は比較的持ちやすいサイズです。そのため、扱いやすいS20、画面サイズが大きく動画などの視聴に向いたS20+という使い分けができます。グローバル版では、さらにサイズが大きくカメラ機能を強化したS20 Ultraもありますが、国内では取り扱いされないのが残念なところです。

  • 細身で持ちやすいサイズのS20

  • 背面は光沢処理となっています

  • 本体側面

  • 本体側面

  • 本体上部

  • 本体底面

いずれも、メインカメラには有効1,200万画素のデュアルピクセルセンサーを搭載し、望遠カメラは有効画素数6400万画素の高画素センサーを採用しています。超広角カメラは有効1,200万画素センサーを搭載。さらにS20+のみ、距離測定用のToFカメラを搭載します。インカメラは1,000万画素のセンサーとなっています。それ以外のスペックは同等です。

  • S20のカメラ

  • こちらはS20+のカメラ。S20との違いはToFカメラの有無だけです

8K動画の対応や10秒間の動画から最大14種類の動画像を生成する「シングルテイク」などのカメラ機能に加え、防水防塵、おサイフケータイ、ワイヤレス充電などを搭載します。

発売日が最も早く、5Gサービスをすぐに体験したい人には数少ない選択肢となるでしょう。妥協のないスペックで優れた性能のスマートフォンとして、5Gサービス非対応エリアでも十分満足できそうです。

Galaxy S20+ 5Gのおもな仕様

  • OS:Android 10
  • CPU:Snapdragon 865
  • 内蔵メモリ:12GB
  • ストレージ:128GB
  • 外部ストレージ:microSDXC(最大1TB)
  • サイズ:約W74×H162×D7.8mm
  • 重量:約186g
  • ディスプレイ(解像度):約6.7インチ有機EL(3,200×1,440ドット)
  • アウトカメラ:超広角・1,200万画素(F2.2、視野角約120°)、広角・1,200万画素(F1.8、視野角約79°)、望遠・6,400万画素(F2.0、視野角約76°)、深度測位カメラ(ToF)
  • インカメラ:約1,000万画素(F2.2、視野角約80°)
  • Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(Wi-Fi 6)
  • Bluetooth:5.0
  • バッテリー容量:4,500mAh
  • 連続待受時間:470時間
  • 通信速度(5G):受信最大4.1Gbps/送信最大481Mbps
  • 防水/防塵:IPX5、IPX8、IP6X
  • 生体認証:ディスプレイ指紋認証、顔認証
  • ワンセグ/フルセグ:―/―
  • おサイフケータイ:○
  • 接続端子:USB Type-C
  • カラーバリエーション:コスミック グレー、クラウド ブルー

Galaxy S20 5Gのおもな仕様

  • OS:Android 10
  • CPU:Snapdragon 865
  • 内蔵メモリ:12GB
  • ストレージ:128GB
  • 外部ストレージ:microSDXC(最大1TB)
  • サイズ:約W69×H152×D7.9mm
  • 重量:約163g
  • ディスプレイ(解像度):約6.2インチ有機EL(3,200×1,440ドット)
  • アウトカメラ:超広角・1,200万画素(F2.2、視野角約120°)、広角・1,200万画素(F1.8、視野角約79°、光学式手ブレ補正)、望遠・6,400万画素(F2.0、視野角約76°)
  • インカメラ:約1,000万画素(F2.2、視野角約80°)
  • Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(Wi-Fi 6)
  • Bluetooth:5.0
  • バッテリー容量:4,500mAh
  • 連続待受時間:470時間
  • 通信速度(5G):受信最大4.1Gbps/送信最大481Mbps
  • 防水/防塵:IPX5、IPX8、IP6X
  • 生体認証:ディスプレイ指紋認証、顔認証
  • ワンセグ/フルセグ:―/―
  • おサイフケータイ:○
  • 接続端子:USB Type-C
  • カラーバリエーション:クラウド ブルー、コスミック グレー、クラウド ホワイト