VAIOは1月23日に、14型ディスプレイを搭載するモバイルノートPC「VAIO SX14」の新モデルを発表しました。

同時に12.5型ディスプレイを搭載する「VAIO SX12」も登場。VAIOのラインアップでは従来からあるSX14とSX12でありますが、「処理能力のSX14、モバイル性のSX12」という棲み分けを想定しているようです。とはいえ、VAIO SX14も本体の重さが1キロを切っており、常時の持ち歩きが十分に可能です。

今回はこの新しくなったVAIO SX14をレビューしてみたいと思います。

性能と美しさを兼ね備えた新しい14型ノートPC

  • 新「VAIO SX14」の特別カラー"RED EDITON"を試してみた

    今回取り上げるのは、鮮やかな赤としまった黒のカラーリングを訴求するVAIO SX14 RED EDITON(試用機)だ

搭載するディスプレイのサイズこそ14型ですが、VAIOは「13型ディスプレイ搭載ノートPCと同等のフットプリントに14型ディスプレイを搭載」と訴求しています。

実際にサイズを比較してみますと、VAIO SX14の本体サイズは約320.4(幅)×222.7(奥行)mm。競合他社の13.3型ディスプレイ搭載モバイルノートPC(例えばASUSのZenBook 13)の310(幅)×216(奥行)mmと比較するとと約1㎝ほど大きいものの、ほぼ同等といえる範囲でしょう。加えて、14型ディスプレイ搭載ノートPCの多くで本体の重さが1.3~1.4キロのモデルが多い中、VAIO SX14は最軽量構成で999グラム、それ以外でも1キロをわずかに超えるだけという軽量化を果たしています。

  • 評価用機材の重さは実測で1018グラムだった

  • 本体に搭載したインタフェースは右側面に電源コネクタ、USB 3.1 Type-C、USB 3.0 Type-A 2基、ヘッドホンマイクコンボジャックを備える

  • 左側面には、SDカードスロット、USB 3.0 Type-A、HDMI出力、そして、有線LAN用のRJ45(ポップアップ式)にアナログRGB出力用のD-sub15まで用意している

  • ディスプレイを開くと本体がチルドアップする。ディスプレイは最大に開いてもここまで

  • 本体搭載カメラでは顔認証用のIRカメラも搭載した。セキュリティ機能ではBluetoothで接続したスマートフォンやUSBで接続したデバイスをセキュリティーキーとして使うBIOS認証にも対応する

塗装を重ねた深みのあるレッド

VAIO SX14(に限らずVAIOの製品はそうなのですが)は、従来モデルで「勝色特別仕様」モデルを用意するなど、デザインも重視。今回登場するVAIO SX14(とVAIO SX12)でもその思想を継承しています。

その典型的なモデルが「RED EDITION」。天板、そしてキーボードフレームとパームレストを明るい赤色として、左右側面と正面(そして底面)の黒と合わせたカラーリングを施しています。天板パネルは四層構造で、最も下層はカーボンファイバーパネルを用い、その上にピンクメタリック塗装を施し、その上にレッド塗装を重ねています。さらに、最上層にはUVコーティングをかぶせることで、光沢のある表面となりました。

  • ベースのカーボンファイバ層の上に3層の塗装を施したつやっつやの天板

光沢のある外装パネルでは、往々にして本体を持った指や手のひらの脂がついて跡を残します。VAIO SX14もその例に漏れず、評価作業中私の脂は天板に容赦なくペタペタと後を残したのですが、拭き取り用のマイクロファイバクリーニングクロスが標準で付属するので、いつなんどきでも見た目を大事にしたいユーザーも、努力次第では天板をきれいな状態に保つことができます(ものぐさな私はそのままで使い続けましたが)。

パームレストも天板と同じカラーリングを施していますが、パネル素材にはアルミを用いています。このアルミに赤い塗料を染めているわけですが、VAIOの説明によると、特別な溶液で長い時間をかけて化学的に研磨することで表面の輝度を上げ、通常の倍の時間をかけて染めることで濃い色で仕上げたとしています。

  • パームレストも通常より長い時間をかけた研磨処理と染色処理で鮮やかな赤を実現した

「隠し刻印」で見た目すっきり

加えて、今回の新モデルから選択できるようになったデザインオプションとして、キーボードの「隠し刻印」が加わりました。開発に2年を要したこの隠し刻印は、キーボードのキートップに記した文字を「目立たなくする」ことで、キーボードの外観をALL BLACK EDITIONにあった「無刻印キーボード」に寄せるとともに、「キーが判別できないと使う自信がない」というユーザーでも使えるようにする工夫といえます。

  • 「隠し刻印」を施したキートップ。印字が目立たないグレーになっており、プロ感が増す

VAIOで採用している通常のキートップでは、使用しているうちに擦れて見えなくなる印刷ではなくレーザー刻印を用いていました。レーザー刻印ではキートップの下に白色塗装の層を設け、レーザー刻印の部分で下の色を透かすことで文字を視認できるようにしています。

新開発の隠し刻印では、下層の色を白ではなく「黒に近いけれどキートップ上層の黒とはコントラストが異なる」色を特別に調合し、かつ、上層と組み合わせたのちに実施するレーザー刻印工程で下層が刻印されても大丈夫なように、もう一層下に重ねた三層構造になりました。

今回評価した機材も「隠し刻印」付き。遠目には無刻印に見える……と言いたいところですが、文字があることは分かります。ただ、コントラストが低いので、薄暗いところで使うと刻印がよく視認できません。中高年の人の中には視力が衰えるとともに「感度」も衰えて暗いところで見えにくくなるケースがあり、何を隠そう私も現在視力とともに感度が年相応にしっかり衰えていて、薄暗いところ、具体的には夕方近い室内でキートップの刻印が見えにくくなりました。

アルファベットキーは“体が覚えている”ので何とかなるのですが、PrintScreenやディスプレイ輝度変更などの機能キーはPCベンダーやモデルによって異なるため、キートップで場所を確認しないと今一つ自信をもってタイプできません。ああ、まさにこれは無刻印キーボード状態。

ということで、アルファベットキーは見ずに打てるけど、特殊キーの位置はやや不安……というユーザーにはぴったりですが、特に加齢に伴う目の感度の衰えを自覚しているユーザーは、通常のキートップ刻印を使うのがよろしいかと思います。

  • 「暗ければバックライトがあるじゃない」と思われるかもしれないが、VAIO SX14のキーボードバックライトでは刻印は透過しない

性能バツグン、排熱効率も高まった

ここまで、外観を中心に紹介してきましたが、新しい「VAIO SX14」では、実は「中身」も大きく変わりました。CPUにインテルで最新の第10世代Coreプロセッサー(開発コード名Comet Lake)を搭載したことが最大の関心事でありますが、それ以上に、ここで評価しているRED EDITIONなどのカスタマイズモデル最上位構成で、「6コア12スレッド」対応のCore i7-10710U(動作クロック1.1GHz/4.7GHz)を搭載したことは特記すべきことでしょう。

大画面ディスプレイを搭載してボディ内部の容量に余裕があり、大型のクーラーユニットと十分なエアフローが確保できる「据え置き利用重視」のドデカノートPCならいざ知らず、厚さ15~17ミリ、重さ1キロ前後という軽量薄型のモバイルノートPCで6コア12スレッド対応のハイエンドCPUを搭載するというのは、依然ならあまりにも無謀な話に聞こえます。

しかし、技術の進化というのは素晴らしいもので、まずCPUそのものがハイエンドモデルなのにTDPが15ワットにとどまっています。さらに、VAIO側も高効率のクーラーユニットを開発して薄いボディ内部に組み込んだ他、CPU以外で発熱する電源レギュレータ回路や底面など、特定の場所に熱が集中しないように、ケーブルの素材や配線などを工夫するなど、ボディ内部のエアフローと排熱効率を高めています。

加えて、新しいVAIO SX14では、従来からVAIOで採用してきた処理能力向上技術「VAIO TurePerformance」にも改良を施しています。VAIO TurePerformanceでは、インテルのTurbo Boost状態において発熱を抑えるために動作クロックを下げる「持続可能パフォーマンス状態」を用意しています。

ベンチマークで性能チェック

今回登場したVAIOでは、この持続可能パフォーマンス状態で設定する動作クロックを従来より高くすることで処理能力の向上を図っています。処理能力の客観的指標を測定するため、各種benchmarkテストを実施してみましょう。

今回評価に用いた機材の構成は次の通りです。

  • 製品名:VAIO SX14 RED EDITION
  • CPU:Intel Core i7-10710U(動作クロック1.1GHz/4.7GHz、キャッシュ容量12MB)
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:256GB M.2(PCIe NVMe) SSD
  • 光学ドライブ:なし
  • グラフィックス:Intel HD Graphics 620(CPU内蔵)
  • ディスプレイ:14型(1920×1080ドット)非光沢
  • ネットワーク:10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T対応有線LAN(アダプターで対応)、IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1
  • サイズ/重量:W320.4×D222.7×H15.0~17.9mm / 約1,018g(実測)
  • OS:Windows 10 Home 64bit

この構成でバッテリー設定をパフォーマンス優先のバランスに設定し、ディスプレイ輝度を10段階あるうちの下から6レベルにして測定したベンチマークテストの結果は次の通りでした

PCMark 10 3909
PCMark 10 Essentials 8159
PCMark 10 Productivity 6015
PCMark 10 Digital Content Creation 3305
3DMark Time Spy 463
ファイナルファンタジーXIV漆黒の反逆者 1828(設定変更を推奨)
CINEBENCH R15 CPU 906 cb
CINEBENCH R15 CPU(Single Core) 184 cb
CrystalDiskMark 7.0.0 x64
Seq Q8T1 Read 3559.22MB/s
Seq Q8T1 Write 1516.0MB/s
RND4K Q32T16 Read 600.87MB/s
RND4K Q32T16 Write 2091.72MB/s
RND4K Q1T1 Read 47.42MB/s
RND4K Q1T1 Write 149.65MB/s

負荷の高いベンチマークテスト「ファイナルファンタジーXIV漆黒の反逆者」を走らせている状況における発生音の大きさとキートップ、パームレスト、底面における表面温度を測定したところ、次のようになりました。

発生音 48.4dBA(暗騒音37.8dBA)
「F」キートップ表面温度 40.9度
「J」キートップ表面温度 37.2度
パームレスト左側表面温度 31.4度
パームレスト右側表面温度 30.6度
底面表面温度 42.4度

いずれも負荷の高い状態における測定ゆえに、高い値となっています。ベンチマークテストを実行していない状態では発生音は小さい(41.4dBA)ですが、電源プランをパフォーマンス重視に設定すると常にファンは回転し続け、その風切り音は小さいものの、比較的高い周波数の音が「キーン」と聞こえ続けます。この音は電源プランを「バランス」以下にするときにならない大きさまで抑えることができますので、図書館のような静かな場所で使うときには留意するといいでしょう。

加えて、VAIOでは、搭載するキーボードを「静音キーボード」としており、確かにキートップそのものはタイプすると静かに「すっ」と押し込まれていきます。ただ、キーボードをタイプした力を受け止める本体がチルドアップで浮き上がっているため、タイプすると本体がまるで太鼓のように「ボムボムッ」と響いてしまいます。これも、静かな場所で使うとなかなか気を使ってしまいそうです。

VAIO SX14では省電力液晶パネルを搭載したことで、フルHDモデルにおいて、バッテリー駆動時間も大幅にアップしたといいます。今回評価したVAIO SX14 RED EDITION(フルHDモデル)の最大駆動時間は約20.5時間(JEITA 2.0測定)。液晶パネルはリフレッシュレートを動的に変更するほか、効率の高いバックライトを組み込むことで従来の液晶パネルより消費電力を抑え、長時間バッテリー駆動を実現したと説明しています。

そこでBBench 1.0.1を用い、ディスプレイ輝度を10段階の下から6レベル、電源プランとパフォーマンス寄りのバランスに設定してバッテリー駆動時間を測定してみました。その結果は9時間21分6秒とVAIOが測定した20時間には及びませんでした(念のため2度測定しましたが結果はほぼ同じ)。ただ今回は試用機のため、本来の駆動時間が出なかった可能性があり、製品版で改めてチェックしたいと思います。

最高の処理能力と最高のモビリティが必要な人に

VAIO SX14は、搭載した第10世代Coreプロセッサーの処理能力はさすが6コア12スレッド、そして、改善したVAIO TurePerformanceによって大変優れたものとなっています。RED EDITIONのカラーリングは見た目に鮮やかで、目にした身内は「持っているだけで元気になれる」という感想でした。

一方で、隠し刻印は感度の衰えた人には使いにくい場面もあり、高い処理能力を引き出す強力なクーラーユニットは設定によってファンの音が気になります。また、静穏性の高いキーボードを搭載しながら、チルドアップする本体の影響でタイプ音が響いてしまう一面もあります。

とはいえいま、最高の処理能力と最高のモビリティが必要というユーザーにとってVAIO SX14は有力な候補となるでしょう。図書館のような静かな環境で使うことが多いユーザーは、まず実物を店頭で試してみて、自分の環境で問題にならないか確かめてから判断するのが賢明と思われます。

  • 標準で付属するACアダプターの重さはコード込みで実測236グラム

  • 一方、オプションの「Type-C 薄型ACアダプター」の重さはコード込みで実測127グラム