イヤホン&ヘッドホンやオーディオ機器の体験イベントとしては、国内最大級の「ポタフェス2019 冬」。発売を目前に控えたAVIOTの新しい完全ワイヤレスイヤホンのほか、ヤマハやソニー、オンキヨーなど注目のブースを紹介します。ポタフェス2019 冬の開催期間は12月15日まで。会場は「ベルサール秋葉原」の地下1階・1階・2階で、入場無料です。

  • alt

    「ポタフェス2019 冬」の会場、ベルサール秋葉原。ビルの周囲には、ポータブルオーディオファンが朝から大勢詰めかけていた

AVIOT(2F-26)

THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)をメインビジュアルに起用した、完全ワイヤレスイヤホン新製品「TE-D01d mk2」のパネルやプロモーションビデオを大々的に展開していたAVIOTブース。

  • AVIOT「TE-D01d mk2」

    AVIOT「TE-D01d mk2」はモックアップ展示のみで試聴はできない

  • AVIOT

    THE YELLOW MONKEYのビジュアルを大々的に展開

製品の展示もありましたが、担当者によると「予約の反響が大きく、生産が在庫分のみとなった。ポタフェスでは試聴機は用意できなかった」とのことで、試聴できないモックアップ展示のみでした。AVIOT完全ワイヤレスの人気ぶりがうかがえます。

  • AVIOT「TE-D01d mk2」

    THE YELLOW MONKEYによる「TE-D01d mk2」のプロモーションビデオ

ほかにも、発売以来高い人気が続いてる、ピエール中野氏(凛として時雨のドラマー)とのコラボモデル「TE-BD21f-pnk」(通称:ピヤホン)などが展示されており、これらは実際に手に取って試せます。

ヤマハ(2F-42)

ヤマハ初の完全ワイヤレスイヤホンを含む、多数の製品を出展。2019年12月発売の完全ワイヤレス「TW-E3A」と、ケーブルがついているタイプの「EP-E30A」、2020年2月発売に延期された「TW-E5A」は実機を使って試聴できます。

  • ヤマハ

    ヤマハ初の完全ワイヤレスイヤホンを含む、多数の製品を出展

ノイズキャンセリング(NC)対応の上位モデル「TW-E7A」と「EP-E50A」は2020年2月発売で、ブースでの試聴はできませんが、ケースに収められた製品を見られます。

  • ヤマハ TW-E7A / EP-E50A

    ケースに収められた「TW-E7A」(左)と「EP-E50A」(右)。どちらも2020年2月発売

いずれも、再生楽曲の音量に応じて音のバランスを最適化し、耳への負担を抑えるというヤマハの独自技術「リスニングケア」機能を搭載しているのが特徴です。この技術の詳細は発表時のレポート記事で紹介していますが、会場ではリスニングケアの効果をPCとヘッドホンを使って視覚的に体験できるコーナーが用意されています。

ソニー(2F-33)

2019年11月に発売したストリーミングWALKMAN「A100」シリーズと「ZX500」シリーズを展示しているソニーブース。A100やZX500の分解モデルが展示されており、音にこだわった本体設計の一端を体感できます。なお、残念ながら2019年12月15日で予約受付が終了となるウォークマン40周年モデルの展示はありませんでした。

  • ソニー ZX500 / A100

    ストリーミングWALKMAN「ZX500」(左)と「A100」(右)

ほか、ノイズキャンセリング(NC)対応のワイヤレス製品「1000Xシリーズ」を展示。2019年12月7日に発売されたばかりのネックバンド型ワイヤレスイヤホン「WI-1000XM2」も体験できます。

  • ソニー WI-1000XM2

    NC対応のネックバンド型ワイヤレスイヤホン「WI-1000XM2」

Signatureシリーズの高級オーディオプレーヤー「DMP-Z1」と、ヘッドホン「MDR-Z1R」やイヤホン「IER-Z1R」の試聴コーナーもあります。担当者はストリーミングWALKMANやDMP-Z1の音質・設計について非常に熱く語っており、ウォークマンやソニー製品のファンにとって貴重なエピソードが聞けそうです。

  • ソニー DMP-Z1 / MDR-Z1R / IER-Z1R

    Signatureシリーズの試聴コーナー

  • ソニー IER-Z1R

    指輪を収めたようなケースは、ソニーのフラッグシップイヤホン「IER-Z1R」のもの

Noble Audio / FiiO(エミライ、2F-53)

音の良さで注目を集めるNoble Audio完全ワイヤレスイヤホン「FALCON」。エミライブースでは、FALCON専用のスマートフォンアプリを先行体験できます。iOS/Android用が用意され、無料で利用可能。2019年中の公開を予定しています。

  • エミライ、Noble Audio FALCON

    Noble Audio「FALCON」。鳥のハヤブサ(FALCON)をあしらった手書きポップが人気だという

  • エミライ、Noble Audio FALCON

    FALCON専用のスマートフォンアプリ

専用アプリでは、FALCONのバッテリー残量や、使用中のオーディオコーデックを確認できるほか、イコライザー機能やイヤホン本体のボタン機能のカスタマイズ、ファームウェアアップデート機能などが搭載される予定です。担当者は「将来的には、TWS+(*)が使えているか、アプリ上で分かるようにしたい」と話していました。

(*)True Wireless Stereo Plus:左右の音をBluetoothで別々に伝送するクアルコムの技術

エミライブースではほかにも、2019年12月20日発売予定のFiiO(フィーオ)製ポータブルプレーヤー「M11 Pro(Black)」や、Bluetoothヘッドホンアンプ「BTR5」の試聴可能な実機が用意されています。

  • エミライ、FiiO M11 Pro

    FiiO「M11 Pro(Black)」は2019年12月20日発売予定。操作感は良好でキビキビ動く印象

  • エミライ、FiiO BTR5

    「BTR5」は2019年11月の「秋のヘッドフォン祭」では展示のみで試聴はできなかったが、今回は試聴可能。本体ステータスを小型ディスプレイに表示でき、手持ちのXperiaと接続すると「LDAC」コーデックが使われていることがわかる

ゼンハイザー(B1-86)

ゼンハイザーは、NC対応ワイヤレスヘッドホンの「MOMENTUM Wireless 第3世代モデル」(2019年9月発売)や、「PXC 550-II」(2019年11月発売、『ゼンハイザー「PXC 550-II」レビュー - 新NCヘッドホンの実力をチェック』)など、多数の製品を展示。いずれも実際に手に取ってNCの効きや装着感を試せます。

  • ゼンハイザー MOMENTUM Wireless

    NC対応ワイヤレスヘッドホン「MOMENTUM Wireless」第3世代モデル

  • ゼンハイザー PXC 550-II

    ビジネスマンの利用を想定したNC対応ワイヤレスヘッドホン「PXC 550-II」

オンキヨー(B1-85)

新たなカスタムインイヤーモニター(IEM)など、オンキヨーブランドの新製品を多数展示。カスタムIEMは、自社開発したマグネシウム振動板を採用したBA搭載の「シリーズM」と、現行モデルを踏襲しながらデザインやコネクタなどのカスタマイズ性を拡大させた「シリーズJ」を紹介しています。いずれも2020年2月発売を予定しており、シリーズMの価格は、最も安価なモデルの「IE-M1」が税別79,800円。

  • オンキヨー カスタムIEM シリーズM

    カスタムIEM「シリーズM」の製品群

オンキヨーが以前販売していたカナル型有線イヤホン「E700」のリニューアルモデル「E700 MkII」と、イヤホン部が共通のネックバンド型ワイヤレスモデル「E720BT」を参考出展。どちらも2020年1月発売を予定しているとのことです。

  • オンキヨー E700 MkII

    有線イヤホン「E700 MkII」

  • オンキヨー E720BT

    ネックバンド型ワイヤレスモデル「E720BT」

プラントロニクス / SteelSeries(ゲート、2F-51)

ヘッドセットのトップメーカー、プラントロニクスの完全ワイヤレスイヤホン「BACKBEAT PRO 5100」がゲートブースで出展されていました。2019年11月29日に発売されており、実売価格は税込25,080円前後です。

Bluetooth 5.0に準拠し、クアルコムチップを搭載して音の途切れを抑えています。加えて、計4つのノイズキャンセルマイクとDSPによって、ノイズキャンセル効果と風切り音キャンセル効果を発揮するテクノロジーを搭載しています。

  • プラントロニクス BACKBEAT PRO 5100

    プラントロニクス「BACKBEAT PRO 5100」

Nintendo Switchに最適なUSB Type-Cのドングル型トランスミッターを同梱した、SteelSeriesブランドのゲーミングヘッドセット「Arctis 1 Wireless」も出展されていました。2019年12月18日発売で、実売価格は税込16,500円前後。2.4GHz帯の電波を使った専用の接続となるため音の遅延が少なく、シビアなシューティングゲームなどでも音と映像のズレを抑えて楽しめるとのこと。

  • SteelSeries Arctis 1 Wireless

    Nintendo Switchに最適なゲーミングヘッドセット、SteelSeries「Arctis 1 Wireless」(左)。右は有線接続でハイレゾ再生も可能な「Arctis Pro」

クアルコム(2F-52)

クアルコムのオーディオSoC「QCC5125」と、フルデジタルアンプを搭載した小型スピーカー「pavé2」が展示されていました。シーイヤーが開発した製品で、2020年1月開催の「CES 2020」に向けて製作した試作品です。価格は未定ですが2万円前後を想定しているそうで、2020年に発売予定としています。

  • クアルコム pavé2

    クアルコムブースで展示されていた小型スピーカー「pavé2」。Bluetoothコーデック「aptX Adaptive」の低遅延デモの様子

  • クアルコム pavé2

    小型スピーカー「pavé2」

pavé2は最新のBluetoothコーデック「aptX Adaptive」をサポートしており、ピアノアプリを入れたスマホとBluetooth接続した状態で、鍵盤をタップしてもほぼ遅延なく音が出ることをアピール。

また、手のひらサイズながら、スピーカー本体のサイズを越えた広い音場再生をこの1台で実現します。新開発の音場制御技術「cear Field ver. 4.0」を採用しているそうで、実際に聴いてみると確かに音が広がりつつも明瞭に聞こえ、ヘッドホンを着けているわけではないのに、まるでヘッドホンから音を聴いているようなステレオ感が楽しめました。

  • クアルコム

    最新Bluetoothコーデック「aptX Adaptive」をサポートした、B&Wのヘッドホン・イヤホンの展示

  • クアルコム

    TWS+に対応した、各社の完全ワイヤレスイヤホンの展示