11月2日に発売される、ウォークマンAシリーズの新モデル「NW-A100」。Android OSを採用し、PCを使わずに単体でmoraやe-onkyo musicからハイレゾ音源をダウンロード購入したり、SpotifyやApple Music、YouTube Musicといった有料音楽配信サービスの楽曲をストリーミング再生できるのが特徴です。

  • NW-A100シリーズ

    Android搭載のストリーミングWALKMAN「NW-A105」(ブルー)

価格はオープン。店頭価格(税別)は、内蔵メモリ16GBの「NW-A105」が32,000円前後、32GB「NW-A106」が37,000円前後、64GB「NW-A107」が47,000円前後を見込んでいます。ノイズキャンセルイヤホン付きで16GBの「NW-A105HN」は39,000円前後。国内発表時のニュース記事や、ライター・山本敦氏のレビューも合わせてお読みください。

なお、NW-A105をベースにしたウォークマン40周年記念モデル「NW-A100TPS」も期間限定で販売しています。

本記事では、NW-A105HNの外見の主な特徴や新機能などを、既存の「NW-A50」(2018年発売)との比較も交えて写真で紹介します。

コンパクトなサイズそのままで画面は高精細化、USB-C採用

NW-A100シリーズの本体サイズは97.3×54.8×11mm(縦×横×厚さ)、重さは約103g。Androidを搭載しながらも2018年発売の「NW-A50」シリーズ(97.3×54.8×10.7mm、約99g)とほぼ変わらないサイズ感で、A50よりもやや丸みを抑えたデザインになりました。

画面は3.1型から3.6型に大型化し、解像度は800×480ドットから1,280×720ドットへと高精細化しています。

  • NW-A100シリーズ

    NW-A100シリーズのホーム画面

  • NW-A100シリーズ

    NW-A105

  • NW-A100シリーズ

    NW-A55(上)とNW-A105(下)を比べると、A55のメタリックな仕上げが、A105ではマットな仕上げになったのが分かる。音量調整ボタン(右側)のデザインも変わった

A100の下側面の端子は、既存のA50まで採用されていたWMポートからUSB Type-Cに変わっています。付属のUSBケーブルもUSB-Cケーブルになりました。ゴム製のUSB-Cカバーが付属しますが、新しいイヤホン(IER-NW510N)が付属する「NW-A105HN」では付属イヤホンとUSB-Cカバーが一体になっています。

  • NW-A100シリーズ

    NW-A105の下側面のUSB Type-C

  • NW-A100シリーズ

    NW-A105(上)はUSB Type-Cを採用。下がNW-A55のWMポート

  • NW-A100シリーズ

    イヤホン付きの「NW-A105HN」では付属イヤホンとUSB-Cカバーが一体になっている

本体の内蔵ストレージは16GB / 32GB / 64GBの3種類。microSDカードスロットを1基搭載し、最大128GBまでのmicroSDカード(ソニー製の場合)が利用できます。スロットの位置はA55から変わり、A100の下側面にあります。内蔵ストレージの空き容量(システム領域を除く)は、16GBモデルが約6.29GB、32GBモデルが約20.53GB、64GBモデルが49.04GBで、用途に合わせてmicroSDを選んで追加したいところです。

  • NW-A100シリーズ

    microSDカードスロットは、NW-A55(左)では左側面にあったが、NW-A105(右)では下側面に移った

  • NW-A100シリーズ

    イヤホン付き「NW-A105HN」の付属品

コンパクトなサイズなので、服のポケットなどへの収まりもよく、気軽に連れ出せる印象です。

  • NW-A100シリーズ

    A105とイヤホン(Campfire Audio「POLARIS II」)を組み合わせたところ

  • NW-A100シリーズ

    A105とヘッドホン(フォステクス「T50RP」)を組み合わせたところ。T50RPのような“鳴らしにくい”とされるヘッドホンでも、別途ヘッドホンアンプを用意することなく、A105単体でしっかり聞けた

Android搭載で使いやすく、ストリーミングも高音質に

標準プレーヤーアプリ「W.ミュージック」は、従来のウォークマンAのユーザーインタフェースとほぼ同じで、再生画面などは一見すると見分けがつきません。再生画面を上下左右にフリックして画面を切り替える操作方法も同じで、フリックする方向は楽曲ライブラリートップ画面が上、音質設定画面が下、お気に入り/ブックマーク登録画面が右、再生リスト画面が左になります。

  • NW-A100シリーズ

    「W.ミュージック」アプリの楽曲ライブラリートップ画面

  • NW-A100シリーズ

    「W.ミュージック」アプリの基本的な操作方法

音楽再生の機能面では、フルデジタルアンプの「S-Master HX」を搭載。MP3やAACなどの圧縮音源に加えて、最高384kHz/24bitまでのPCMや、11.2MHzまでのDSD(PCM 192kHz/24bitへの変換再生)をサポートします。

連続再生時間は、FLAC 192kHz/24bit再生時が最大約16時間、MP3再生時は最大約26時間で、同じ条件のA50シリーズの連続再生時間(約30時間/約45時間)と比べて短くなっています。

標準プレーヤーのW.ミュージックには、再生中のアルバムや楽曲のジャケットなどの代わりに、カセットテープが回っているかのようなビジュアルを表示するユニークな機能「カセットテープスクリーンセーバー」を備えています。これはウォークマン登場から40周年を迎えた、2019年モデルのウォークマンを象徴する機能で、再生画面で一定時間操作をしないでいると、カセットテープUIが現れてハブとともにテープが回転。早送りや巻き戻しも、それに準じた回転となります。

  • NW-A100シリーズ

    W.ミュージックの「カセットテープスクリーンセーバー」

再生している音楽ファイルの種類(MP3、AAC、FLACなど)によって表示されるテープの色と種類が変わる仕組みで、詳細はニュース記事で紹介しています。

  • NW-A100シリーズ

    カセットテープスクリーンセーバーの設定画面

A105には、ほぼ「素のAndroid OS」が入っています。初めて起動した際は、Androidスマートフォンとほぼ同じようなセットアップが必要です。単体でインターネット接続する機能は備えておらず、無線LAN環境が必要です。無線LANやGoogleアカウントを登録したあとは、Google Play ストアからSpotifyなどの音楽ストリーミングサービスのアプリを入れられます。

  • NW-A100シリーズ

    SpotifyやAmazon Musicアプリをインストール。ソニーのアプリ「Sony|Headphones Connect」や、オンキヨーのプレーヤーアプリ「HF Player」もインストールして使えた

  • NW-A100シリーズ

    Spotifyの楽曲を再生しているところ

  • NW-A100シリーズ

    高音質ストリーミングのAmazon Music HDの楽曲を再生しているところ。残念ながらA105では最大48kHz/16bitのダウンコンバート再生になる

Androidスマートフォンに標準で入っている、ChromeブラウザやGmailアプリなども使えます。Google Play ストアからは様々なアプリを追加できますが、A100シリーズはカメラは備えていないので、QRコードの読み込みなどカメラ機能を必要とするアプリは使えません。また、本体スピーカーも非搭載で、音楽を聴くにはイヤホンやヘッドホンが必要です。

  • NW-A100シリーズ

    A105でChromeブラウザやGmailアプリなどが使える

  • NW-A100シリーズ

    Chromeブラウザでマイナビニュースの記事をチェック。文字は小さいがなんとか読める

A100シリーズは、買いやすい値頃感のあるスタンダードモデルですが、音楽専用機として音にもしっかりこだわっています。たとえば、音量は通常のAndroid端末よりも細かく、120段階で調整できる「マスターボリューム」を搭載しています。

  • NW-A100シリーズ

    通常のAndroid端末は「メディアの音量」で音量を段階的に調整する(左)が、A100シリーズは「マスターボリューム」で120段階の細かい音量調整が可能

また、従来のウォークマンの高音質機能の設定(DSEE HX、CleraAudio+、バイナルプロセッサーなど)をまとめて単独アプリ化し、新たに「音質設定アプリ」として搭載しました。従来はDSEE HXなどの高音質化技術はウォークマンの中の楽曲ファイル再生時しか設定できませんでしたが、単独アプリになったことで、音楽ストリーミングなどのあらゆるサービス・アプリの音を高音質化できるようになりました。初期設定時は、ホーム画面のW.ミュージックアイコンの右隣に置かれています。

音質設定アプリには、DSEE HXやイコライザーなどすべての音質設定をオフにし、楽曲を生の状態で楽しめる「ソースダイレクト」機能も備えています。音の良いイヤホンやヘッドホンを持っていると、ウォークマンの素の音が楽しめます。

  • NW-A100シリーズ

    音質設定アプリの「ソースダイレクト」をオンにしたところ

Bluetoothによるワイヤレス再生にも対応し、コーデックはSBC / AAC / aptX / aptX HD / LDACをサポート。LDAC対応機器では、ハイレゾ相当のワイヤレス再生が楽しめます。

別売のイヤホン「IER-NW510N」(税別12,000円前後、A105HNには同梱)とA100シリーズを組み合わせると、アクティブノイズキャンセリング(NC)機能や外音取り込み機能が利用できます。画面を上からスワイプしてクイック設定を引き出すと各機能のボタンがあり、IER-NW510NとA100シリーズが連携してNCや外音取り込みが行えます。

  • NW-A100シリーズ

    クイック設定を引き出すと、NC機能や外音取り込み機能のボタンがある

  • NW-A100シリーズ

    NCや外音取り込みの効果は細かく調整できる

A100シリーズをじっくり使い込んだレポートは、ライター・山本敦氏の次回のレビュー記事でお伝えします。お楽しみに。