ソニーからAndroid OSを搭載したハイレゾ対応ウォークマンが11月2日に発売されます。値頃感も魅力的なスタンダードモデル「NW-A100」シリーズと、音質を徹底的に磨き抜いた上位モデル「NW-ZX500」シリーズです。

  • alt

    新ウォークマン「NW-A105」(左)と「NW-ZX507」(右)。ハイレゾ音源だけでなく、Wi-Fi接続でインターネットの音楽配信サービスのストリーミング再生もできます

どちらもCDから取り込んだ音楽ファイルだけでなく、Wi-Fi経由で音楽をダウンロード購入したり、SpotifyやApple Musicなどの有料音楽配信サービスの楽曲をストリーミング再生できる点に注目です。

今回はふたつの新製品「NW-A105」と「NW-ZX507」を試したハンズオンレポートを2回に分けてお届けしたいと思います。初回は新しいウォークマンの「音質」に迫ります。

歴代ウォークマンが築いた高音質化ノウハウを踏襲

NW-A100シリーズは、2018年に発売された「NW-A50」シリーズから音質をブラッシュアップした、ハイレゾ対応ウォークマンのスタンダードモデルです。ラインナップは内蔵メモリ16GBの「NW-A105」(実売税別32,000円前後)、32GB「NW-A106」(同37,000円前後)、64GB「NW-A107」(同47,000円前後)があります。

  • alt

    NW-A105(ブルー)

本体シャーシにはアルミの押し出し材から切削加工した剛性の高いパーツを使用。既存のZXシリーズや、フラッグシップのWM1シリーズに使われた実績のある高音質パーツも惜しみなく投入されています。本体カラーは、ヘッドホン「h.ear」シリーズの新機種「WH-H910N / H810」と同じ、ブラック、レッド、オレンジ、ブルー、アッシュグリーンの5色が用意されています。

  • alt

    NW-A100シリーズは(左から)ブラック、レッド、オレンジ、ブルー、アッシュグリーンの5色展開

NW-ZX500シリーズの「NW-ZX507」(実売税別80,000円前後)は、2017年に発売された「NW-ZX300」シリーズの後継機種。ZX507にはソニーのウォークマンとして初めて採り入れた高音質化技術があります。ひとつは、アルミ削り出しのシャーシと回路基板の間に厚い銅ブロック材を配置して、電気回路の基準となるグラウンドを安定化させたこと。その成果が、ノイズを徹底的に抑えたクリアなサウンドに結びついています。

  • alt

    NW-ZX507(ブラック)。カラーバリエーションはブラックの他にシルバーもあります

  • alt

    NW-ZX507に採用された高音質部材・パーツ

通常の3.5mmアンバランス出力のほか、音楽のステレオイメージと立体感、パワーの向上を引き出す4.4mm 5極端子によるバランス出力に対応していることも、NW-ZX507の特徴です。アナログ電源まわりと部品を接合するために新しい高音質はんだを採用するなど、高品位なパーツや材料を使っており、バランスとアンバランスのどちらから出力しても音楽再生のスケール感を高める効果を狙ったそうです。

  • alt

    NW-ZX507の3.5mmアンバランス出力(左)と、4.4mm 5極端子によるバランス出力(右)

ストレージはmicroSDで拡張。ついにUSB-C対応に!

本体の内蔵ストレージは、A100シリーズは上記の通り16GB / 32GB / 64GBの3種類があり、ZX507は64GBです。どちらも外部ストレージとしてmicroSDカードを1枚追加して容量を拡張でき、最大128GBまでのmicroSDカード(ソニー製の場合)が利用可能です。

Androidウォークマンのセットアップとアプリのダウンロード、音楽配信サービスの利用にはWi-Fiネットワークが必要です。最初に電源を起動した後にGoogleアカウントの登録を行います。手順はAndroidスマートフォンとほぼ変わりません。セットアップ完了後にGoogle Play ストアからSpotifyなど音楽配信サービスが提供するアプリをダウンロードして、アクティブなユーザーアカウントにログインすると、スマホやタブレットと同じ感覚で音楽ストリーミング再生が楽しめます。なお、標準プレーヤーアプリとして「W.ミュージック」がプリインストールされています。

充電/データ転送用の端子は、従来のWMポートに代わってUSB type-C端子が採用されました。USB-C対応のスマホやワイヤレスヘッドホンと充電用USBケーブルを共用できて便利です。

  • alt

    本体の電源ボタンを長押しすると「電源を切る」「再起動」「スクリーンショット」の表示が出ます

  • alt

    A100のUSB type-C端子は本体の下側面に搭載しています

  • alt

    ZX500のUSB type-C端子は本体左側面に搭載。USB-C対応デバイスの充電ケーブルが共用できて便利です

スタンダード機とは思えない「A105」の高音質さ

新しいウォークマンの音質はゼンハイザーのイヤホン「IE 800 S」(実売約12万円)をリファレンスにして、W.ミュージックアプリでハイレゾの楽曲ファイルと、Spotifyの音楽ストリーミングを聴いて確かめてみました。

  • alt

    「NW-A105」にゼンハイザーのイヤホン「IE 800 S」を組み合わせたところ

最初は「NW-A105」によるハイレゾ再生から聴いてみます。A100シリーズはウォークマンAシリーズで初めて、アップスケーリング機能やイコライザーなどすべての音質設定を無効にして、楽曲を生の状態で楽しめる「ソースダイレクト」機能が搭載されました。ハイレゾ再生をピュアに楽しみたいときにおすすめです。

  • alt

    ウォークマンAシリーズで初めて「ソースダイレクト」機能に対応。音源そのままのクオリティを引き出します

A100シリーズの音は、A50シリーズよりも低音の重心が下がり、音楽の立体感が向上しています。ボーカルやピアノなどメロディの鳴りっぷりがとても心地よく感じられました。マイケル・ジャクソンの楽曲『Off The Wall』はボーカルのハイトーンがとても伸びやかで、余韻の響きは濃厚なのに切れ味は爽やか。上原ひろみのピアノアルバム「Spectrum」から、タイトル曲の『Spectrum』は躍動感あふれるメロディが疾走します。

  • alt

    A100シリーズの標準プレーヤー「W.ミュージック」アプリで、カセットテープをイメージした再生画面(スクリーンセーバー)を表示したところ。楽曲のタイトルとアーティスト名がインデックスに表示されます

続いてSpotifyを聴きます。再生を始める前に本体の「音」設定から「音質調整」に入り、ソースダイレクトをオフにして、圧縮音源やCD品質の音源を最大192kHz/32bit相当のハイレゾ相当にアップスケーリングする「DSEE HX」をオン、Spotifyアプリの設定で「ストリーミング」の音質設定を「最高音質」にしました。

柴田淳のアルバム「COVER 70's」から『スカイレストラン』を聴いてみます。シルキータッチな声のきめ細かさは、スマホで聴く場合と比べものにならないほどで、ボーカリストの口元の繊細な表情がリアルに浮かび上がって目に見えるようです。力強い低音のインパクトに耳を刺激されて、音楽を聴きながら思わず「さすがウォークマン!」と歓声をあげたくなりました。

A100シリーズには、既存のA50シリーズに引き続き、AI技術を投入した新しいDSEE HXが搭載されています。このDSEE HXは、ソニーミュージックが蓄積してきた膨大な楽曲データベースを土台に“AI化”されました。楽曲の再生を始めると、機械学習によって作成されたアップスケーリングのアルゴリズムのデータベースと自動的にマッチング処理をかけて、その楽曲に最も適したアップスケーリング処理をかけてくれます。

従来のDSEE HXは、高域の補完処理を固定パターンとしてアップスケーリングをかけていましたが、最新のDSEE HXは楽曲に含まれるボーカルや楽器の構成をリアルタイムに解析しながら、曲調や楽器の音色に最適なアップスケーリング処理をかけるように強化されています。

  • alt

    圧縮音源や音楽配信サービスのコンテンツを再生するときは、DSEE HXをオンにすると、曲調や楽器の音色に最適なアップスケーリング処理が行われます

DSEE HXをオンにすると、音場の見晴らしが一段と晴れやかになり、ボーカルと楽器の前後の位置関係や、奥行き方向への音場の描き込みに深みを与える情報量がグンと増してきます。声の質感がしっとりとした潤いを帯びてきて、音楽がより生っぽくつながるように感じられます。お気に入りの楽曲を聴きながらDSEE HXのオン/オフを切り替えてみると効果の違いがよくわかります。ぜひ試してみてください。

ウォークマンAシリーズは、中高域の解像感ときめ細かな表現力において、同価格帯のハイレゾプレーヤーを寄せ付けないハイパフォーマンスを誇っています。最新機種のA100シリーズでは、さらにバランス良く様々なジャンルの音楽再生をこなせるようになり、もはやその音の出来映えは他を圧倒する領域にまで到達していました。

背伸びしてでも買いたくなる、「ZX507」の上質なサウンド

続いて「NW-ZX507」を聴いてみます。最初はIE 800 Sを3.5mmアンバランス接続でつなぎ、その後で4.4mm 5極のバランス接続に切り替えています。

  • alt

    「NW-ZX507」に「IE 800 S」を組み合わせたところ。アンバランス・バランス接続の両方で試しました

はじめにソースダイレクトをオンにして、上原ひろみ『Spectrum』をハイレゾで聴きました。ピアノのアタックがA100シリーズよりも柔らかく、音の芯がとてもしなやか。筋肉質で、無駄を絞った低音がスピード感にあふれています。空間再現は縦横、そして奥行き方向にも限界を感じさせません。音のつながりと余韻のきめ細かさは、ZXシリーズが対応するDSD音源のネイティブ再生時に輝きを放ちます(Aシリーズでは、DSD音源はPCM 192kHz/24bitへの変換再生となります)。柔らかくて暖かな毛布にくるまれているようなZXシリーズの上質なサウンドを一度でも味わってしまうと、やはり背伸びをしてでも本機を手に入れたくなってしまいます。

ボーカルはTofubeatsの「クラシカロイド モーツァルト ムジーク」から『アイネクライネ・夜のムジーク』(ボーカル:星咲花那)を試聴しました。艶っぽい声の質感と、広々としたホールで演奏を聴いているような開放感に満ちた音場の再現力。細かい打ち込みの効果音もディティールまでていねいにフォーカスを合わせてきます。

バランス接続のイヤホンケーブルにつなぎ替えて同じ楽曲を聴いてみると、音像の定位が一段と明瞭になって、ボーカルも自然と前に張り出してきました。まるで目の前でアーティストが歌っているようなリアリティに息を吞んでしまいます。Spotifyの音をA100シリーズと比べてみても、やはりZX507で聴くサウンドの音色は一枚ベールをはがしたように鮮やかで、低音の起伏と躍動感にもスゴみが感じられました。

  • alt

    ZX507の「W.ミュージック」アプリも、カセットテープ画面(スクリーンセーバー)を表示する機能を搭載しています

新ウォークマンは完成度の高い音質が魅力!

通常のAndroid端末は、音楽再生時のボリュームは設定の中にある「メディアの音量」から段階的に調整できます。新しいAndoridウォークマンのA100とZX500は、Android標準のメディアの音量よりも後ろに位置する内部回路に「マスターボリューム」を別途設けているため、最大120段階できめ細かく、そしてパワフルな音を再生できることも大きな特徴です。

  • alt

    A100シリーズのマスターボリュームの画面

ウォークマンにプリセットされている「W.ミュージック」アプリには、音楽再生中に懐かしのカセットテープが回る様子をスクリーンセーバーとして画面表示できる新機能が備わっており、A100シリーズとZX507のどちらでも楽しめます。カセットテープのインデックスに楽曲タイトルとアーティスト名が表示されるギミックも、カセットテープの頃からウォークマンに親しんできたファンの愛着をくすぐります。

  • alt

    W.ミュージックアプリの右上からメニューを開き、「再生画面にカセットテープを表示」にチェックマークを入れて再生画面のまま一定時間待つと、カセットテープ画面が表示されます

最新ウォークマンは、音質の面ではこれまでのAシリーズ、ZXシリーズの完成度を軽々と超えてきました。特にA100シリーズはコンパクトで軽く、Spotifyなどの音楽配信サービスのコンテンツをストレージにキャッシュして聴けるので、スマホと2台持ちをしてでも使う価値のある音楽プレーヤーだと思います。

次回はAndroidウォークマンならではの多彩な機能や、ハイレゾ以外の音ものコンテンツも楽しみながら、最新機種の使い勝手をより深いところまで検証してみたいと思います。