大型で猛烈な強さの台風19号が、10月12~13日に日本列島へ接近するおそれがあると、気象庁が発表しました。いつ、どこで起きるかわからない地震と違って、台風はある程度、事前に対策する時間の猶予があります。この機会に「台風などによる停電に備えて持っておきたいデジタル製品」「インターネットを活用した災害対策」をまとめてみました。防災対策の一助となれば幸いです。(※価格は10月8日時点の編集部調べ)

  • 台風19号

    台風など災害に備えて、持っておきたいデジタル製品・知っておきたいサービス

大容量モバイルバッテリー

日常生活に欠かせない電気。台風などの影響で停電が発生し、電気が使えなくなると、たとえ短時間であっても不安が大きくなるものです。特に、災害が発生した際はスマートフォンや携帯電話が重要な情報源になりますが、バッテリーの持ちには限りがあります。充電用にモバイルバッテリーを買い足すなど、あらかじめ対策しておくと安心です。

多種多様なモバイルバッテリーが様々なメーカーから発売されていますが、今回は災害時や緊急時の予備電源としても使える、ACコンセント付きの大容量モバイルバッテリーを紹介します。電源がない外出先でノートPCを充電するといった使い方もできるので、いざというときのためにひとつ持っておいて損はないでしょう。

また、複数のモバイルバッテリーを持っているなら、あらかじめすべて満充電にして備えることをおすすめします。

マクセルのAC出力付きモバイルバッテリー、USB-Cも

マクセル「MPC-CAC22800」は、22,800mAhの大容量モバイルバッテリーで、ヨドバシ.comの価格(税込)は27,030円。

  • alt

    マクセル「MPC-CAC22800」

USB Type-A出力×2とACコンセント×1を備え、出力はUSBが5V/最大2.4A(2ポート合計)、コンセントは最大65W。主な使用回数(時間)のめやすとして、ノートPCの使用時間を約4時間延長できるほか、タブレットは約2回、スマートフォンは約7.5回、ゲーム機は約8回充電できるとしています。バッテリーのフル充電にかかる時間は約4.5時間。本体サイズはW96×H26×D217mm、重さは約880g。バッテリー充電用の電源アダプターとACケーブルが付属します。

マクセルは、薄型26mmのくさび形デザインを採用した容量12,800mAhのACコンセント付きモバイルバッテリー「MPC-CAC12800」も発売しています。ビックカメラ.comの価格(税込)は16,280円。USB出力×2に加えて、USB PD(Power Delivery)対応のUSB Type-Cポートも1基搭載し、USB充電に対応した3台のデバイスを同時に充電できます。ACコンセントの出力は最大65W。

1万円を切るAC付きモバイルバッテリー、サンワサプライ

サンワサプライ「700-BTL025N」は、容量11,400mAhでACコンセント付きモバイルバッテリーで、直販サイト「サンワダイレクト」の直販価格(税込)は9,980円。

  • alt

    サンワサプライ「700-BTL025N」

最大5V/2.4AのUSB Type-A出力と、最大65WのACコンセントを各1基装備。主な使用回数(時間)のめやすとして、ノートPCの使用時間を約2時間延長できるほか、スマートフォンやタブレットを複数回充電できるとしています。バッテリーのフル充電にかかる時間は約3~4時間。本体サイズはW96×H34×D148mm、重さは約600g。バッテリー充電用のACアダプターが付属します。

アンカー製モバイルバッテリー買い換えキャンペーン

モバイルバッテリーなどで知られるアンカー・ジャパンは、Anker公式オンラインストアで「モバイルバッテリー買い替えキャンペーン」を実施中です。期間は2019年10月15日23時59分まで。

買い換えキャンペーンの対象製品は、2013~2016年に日本で販売されていた「Anker Astroシリーズ」。アンカーの申し込みフォームから申し込んで送られてきた回収キットに、古くなった対象製品を入れて送ると、Anker公式オンラインストアで使える1,000ポイントが付与され、新しいモバイルバッテリーの購入に利用できます。アンカー製品を使っているユーザーは、手持ちのモバイルバッテリーを一度チェックしてみるとよいでしょう。

  • alt

    アンカー・ジャパン「モバイルバッテリー買い替えキャンペーン」

ミニ冷蔵庫も使えるポータブル電源

キャンプや旅行などのレジャー用途を想定したポータブル電源が各社から発売されています。なかでもアンカー・ジャパン「Anker PowerHouse 200」は、57,600mAhのバッテリーを搭載し、ミニ冷蔵庫のような小型の電化製品にも使えるとしています。価格は29,800円(税込)で、アンカー公式ストアやAmazon.co.jpで販売中です。

  • alt

    アンカー・ジャパン[「Anker PowerHouse 200」

最大5V/3A(各ポート最大3A)のUSB Type-A出力×2と、USB PD(Power Delivery)対応のUSB Type-Cポート、110VのACコンセント、12V DCシガーソケットを各1基搭載。主な使用回数(時間)のめやすとして「MacBookを3回以上、スマートフォンを約15回、ミニ冷蔵庫のような小型電化製品であれば連続で4時間以上使用可能」としています。本体充電用のACアダプターと電源ケーブルが付属します。

手回し充電対応・LED搭載ポータブルラジオ

ソニーは、ハンドルを回してスマートフォンや携帯電話を充電できるFM/AMポータブルラジオラジオ「ICF-B99」「ICF-B09」を発売しています。LEDライトを備え、懐中電灯としても使えます。ヨドバシ.comの価格(税込)は、ソーラーパネルを上部に備えたICF-B99が8,120円、ソーラーパネル非搭載のICF-B09が6,710円。

  • alt

    ソニー「ICF-B99」

  • alt

    ソニー「ICF-B09」

ただし、ICF-B99は執筆時点で、ソニー直販サイトを含めて購入にしばらく時間がかかる模様です。どちらも人気商品で一時は生産が追いつかず、注文受付を停止したこともありました。購入を検討している人は在庫状況をチェックしておいたほうがよさそうです。

手回し充電に対応するラジオは他にも各社から発売されており、一例として山善からは、手回し充電ラジオ「YTM-R100」(実売6,450円)と手回し充電テレビ+ラジオ「YTM-RTV200」(実売11,660円)が発売されています

  • alt

    手回し充電ラジオ「YTM-R100」

  • alt

    手回し充電テレビ+ラジオ「YTM-RTV200」

iPhone用テレビチューナー

災害時の情報収集先のひとつとして、インターネットテレビ局「AbemaTV」のニュースチャンネル等で逐次行われる、気象庁会見の中継が役に立ちます。しかし、インターネット回線が通信回線の混雑などで重くなったり、そもそもつながらなくなる可能性も考えると、スマートフォン用のテレビチューナーを用意しておくと安心です。

Androidスマートフォンにはワンセグチューナー内蔵モデルもありますが、国内でユーザーが多いiPhoneはチューナーを搭載していないため、テレビを見るには別売チューナーが必要となります。一例として、ピクセラから発売されているLightning直結型ポータブルテレビチューナー「Xit Stick XIT-STK200」(サイトスティック)のヨドバシ.comの価格(税込)は12,580円。地上デジタル放送を直接受信するため、データ通信料はかかりません。

  • alt

    ピクセラ「Xit Stick XIT-STK200」

iPhoneやiPadのLightningコネクタに、XIT-STK200をさし込み、専用視聴アプリ「Xit」を立ち上げるとテレビが見られます。フルセグ/ワンセグ両対応で、フルセグの電波が入りにくい場所では自動でワンセグに切り替わります。放送番組の録画機能も備えています。Lightning端子から給電されるため、XIT-STK200を充電する必要はありません。本体サイズは約47.8×31×9.1mm(幅×奥行き×高さ)、重さは約15g。

対応OSはiOS 10/11/12、対応機種はiPhone X、iPhone 8 Plus/8/7 Plus/7/6s Plus/6s/6 Plus/6/5s、iPhone SE、iPod touch(第6世代)、iPad Pro、iPad Air 2/Air、iPad mini 4/mini 3/mini 2。iPad(第5世代)。

  • alt

    XIT-STK200の利用イメージ

国内最速級で防災情報を配信「特務機関NERV防災アプリ」

「利用者に最適な防災情報を国内最速レベルで配信する」という、「特務機関NERV 防災アプリ」のiOS版が提供されています。利用料は無料です。

  • alt

    「特務機関NERV 防災アプリ」

2011年の東日本大震災以降、休むことなく防災情報を発信しているTwitterアカウント「特務機関NERV」(@UN_NERV)のスマホアプリ版で、洪水や土砂災害などの防災気象情報を、利用者の現在地や登録地点に基づいて最適化して配信。被害が予想される地域に居住する人や訪問者が状況を的確に認識し、迅速な判断・行動が取れるよう補助する目的で開発されました。

提供する防災気象情報は、気象業務支援センター(気象庁本庁舎および大阪管区気象台内)と接続した専用線からダイレクトに受け取ることで情報の信頼性を担保し、ゲヒルンが独自に開発した技術により「国内最速レベルの情報配信」を実現するとしています。

携帯キャリア「災害用伝言板」、GoogleやFacebookも

大規模な災害が発生した場合、被災した家族と連絡が取りにくくなった場合に活用できる連絡手段が「災害用伝言板」です。NTTドコモとau、ソフトバンク、ワイモバイルは災害発生時に「災害用伝言板」「災害用音声お届けサービス」というサービスを提供。災害時には、各キャリアの公式サイトトップページに大きく表示されます。情報は各キャリアで相互に共有されており、異なるキャリア間でも安否情報を確認できます。

いわゆる格安SIMなど、MVNOサービスを使っている場合は、NTT東日本・西日本が提供するサービス「災害用伝言板(web171)」から、伝言を残したり、確認することができます。こちらも各キャリアの災害用伝言板と連動しています。

Googleでは氏名を使って安否情報を登録するサービス「Googleパーソンファインダー」を提供。また、各社の災害用伝言板やGoogleパーソンファインダーを含めて一括検索できる、NTTレゾナント「J-anpi」もあります。J-anpiは、協定を結んでいる自治体が提供する安否情報も検索できます。

そのほか、Facebookでは「災害支援ハブ」というサービスを提供しています。被災したFacebookユーザーが、自分の安全を友達に知らせたり、支援・サポートの要請や提供を行ったり、最新のニュースや情報を得られる仕組みです。

遠隔地のお年寄りに避難をうながす「逃げなきゃコール」

国土交通省は2019年5月から、NHK・ヤフー・KDDIの協力を得て、「逃げなきゃコール」という取り組みを開始しました。

  • alt

    「逃げなきゃコール」

避難の必要が差し迫っている高齢者の家族にメールで避難情報を知らせ、家族から本人に直接避難を促す電話をかけてもらう、という流れです。豪雨などで避難指示が出ても、避難をするかどうかの判断がしづらいとされる高齢者の逃げ遅れによる被害を減らすことを目的としており、KDDIのニュースリリースによれば「遠隔地域に住む子どもが、両親の住む地域の避難情報をいち早く把握し、避難を勧める連絡を入れるなどの行動を想定している」とのこと。

「NHKニュース防災」アプリや「Yahoo! 災害情報」アプリ、Webサービスの「au 登録エリア災害・避難情報メール」で、実家などの地域をあらかじめ登録しておく必要があります。

災害発生時の無料Wi-Fiスポット「00000JAPAN」

災害発生時は、連絡や情報収集などでインターネット環境が必要になります。NTTドコモやau、ソフトバンクなどは災害時に、共通SSID「00000JAPAN」(ファイブゼロジャパン)でWI-Fiスポットを無料開放します。

家電の浸水被害や「通電火災」に注意

停電への備えや情報収集に役立つモノ・サービスを紹介してきましたが、床上の浸水対策や漏電を防ぐため、家電などのコンセントを抜いて高所や2階に移動させることも大事です。

また、電気配線などが損傷していると、停電の復旧時に「通電火災」が発生する可能性があります。消防庁では「停電中の自宅を離れる際はブレーカーを落とす」、「給電が再開されたら、電気機器が破損していないか、配線やコードが損傷していないか、燃えやすいものが近くにないかなど、十分に安全を確認してからブレーカーを戻す」ことを呼びかけています。(PDF)(※リンク先は、地震後の火災防止について、消防庁 消防大学校 消防研究センターが注意喚起しているPDFファイルです)