ソニーが7月末に売り出したα用の超望遠ズームレンズ「FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS」の描写性能や使い勝手を高く評価している落合カメラマン。200-600mmと組み合わせれば最大1200mmの超望遠撮影が可能になる純正テレコンにも興味津々なのですが、意外な落とし穴が潜んでいたことに不意を突かれていました。

テレコン装着時の意外なワナにハマる

FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSSを所有していてもモーレツに欲しくなってしまうFE 200-600mm F5.6-6.3 G OSSの“想定外の魔力”については、その一端を前編で愚痴っていた(?)ワケなのだけど、ともあれ扱いやすさと写りが一級品であることは間違いない。今回は、梅雨のまっただ中を縫っての撮影だったので、曇り空の下で撮ることが多かった。それゆえに、どんなときにもコントラストがしっかり確保され、悪条件下でもピント面の描写はキリッとシャープであることが黙っていても実感できたのだ。

  • ソニーが7月末に発売した超望遠ズームレンズ「FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS」(SEL200600G)。実売価格は税込み27万円前後だが、主要な量販店では強い品薄の状態が続いている

さて、今回はこのレンズとテレコンバーターの組み合わせでも使用感を確認している。1.4×の「SEL14TC」とのコンビではテレ端で840mm、2×の「SEL20TC」とコンビを組ませると、なんと同1200mmの画角が得られるということで、200-600mmを所有するのならゼヒともテレコンも手に入れておきたいと考えていたからだ。でもね、意外な手応え&使用感に30分ぐらい立ち尽くすことになっちまいましたよ。カタログや取説では伝わりきっていないクセというか宿命というか……。

  • 1.4×テレコンバーター「SEL14TC」。実売価格は税込み5万7000円前後

  • 2×テレコンバーター「SEL20TC」。実売価格は税込み6万円前後

テレコン使用時、焦点距離が伸びるのと引き替えに「レンズが暗くなる」のはご存じの通り。1.4倍のテレコンでは1絞り分、2倍のテレコンでは2絞り分“暗く”なる。で、200-600mmのテレ端開放F値はF6.3。つまり、1.4倍テレコンを装着すると、テレ端の開放F値は「F9」相当に、2倍テレコンでは同「F13」相当になる。

  • 1.4×テレコン「SEL14TC」で撮影(840mm)

  • 2×テレコン「SEL20TC」で撮影(1200mm)

  • 1.4×と2×テレコンで被写体がおおむね同じ大きさになるように撮ってみた。太陽光の強さが少し違い、開放F値の差によりISO感度が異なり、さらにはAFの動作にも遅さを感じながら=このシチュエーションにおける合焦精度に一抹の不安を覚えながらの比較なので厳密なことはいえないのだけど、仕上がりの精細感やコントラストから垣間見られる×1.4と×2の画質差は、いつでもだいたいこんな感じで安定していたように思う

一方、今回使用したボディは自己所有のα7 IIIとα7R IIIなのだけど、ぬぅわんとα7 IIIではF11、α7R IIIではF8より暗いレンズだと位相差AFがお休みしちゃうようなのだ。しかも、AF-C+連写で撮影しているときは、上記条件において人知れずピントと露出が1コマ目に固定されてしまう(連写速度「Lo」時は除く)という超キケンなダブル・パーンチ!! 撮影現場で危うくノックアウトされるところだったわい。

これは、実のところそういう縛りが存在することをすっかり忘れていた私のミス。オウンゴールでずっこけているようなもんですな。αユーザーには常識ともいえるお約束であるハズなのに、かたじけない……。

α7、α7Rともに「II」までの取説には、絞り値と位相差AFの関係についての記述があったハズ。でも、「III」の取説等には記述がない……と思う(AF-C時にピントと露出が1枚目に固定される条件があることについては掲載あり)。あえて伏せているのか、ワケあって書くのをヤメたのか。ピントの最初の食いつきが呆れかえるほど遅くなるし、ふだんは被写体をつかんで離さない、パラパラ動く複数の小さな枠表示が出なくなることでも位相差AFが動作していないことは一目瞭然なので、特にAF-Cで撮っているときには“異変”にすぐ気づくことができるのだけど……。

この状態で動体に対峙するときには、最初に大ざっぱにピントを合わせたあとにゆーっくりピントを追い込むコントラストAFの動作が完了(本当に合焦)するまで「ちゃんと待ってあげる」必要がある。それを意識せず、例えば大ざっぱにピントが合ったところでズバババッと連写を始めちゃうと、微妙にピンぼけしている仕上がりが量産されてしまうことになるから扱いには注意しなければならない。大ざっぱな段階でも、動体相手だとα7 IIIはもちろんα7R IIIレベルのEVFであってもピントが合っているように見えてしまうのがけっこうヤバイね。私は完全にハマりました。しばらくの間、どうしてピントが甘いのか分からず、撮影現場で「もう誰も愛さない」の吉田栄作になってましたもん。

  • 1.4×テレコンは、α7 IIIと組み合わせると「取り回し」「AF」「超高感度画質を含む総合的な仕上がり画質」のどれをとっても大きなストレスを感じることなく使えると思っていい。手ブレ補正の効きが想像以上に良く、動く被写体を追うのに向く手ブレ補正設定ポジション「MODE3」の使用感も良好だ(SEL14TC使用、840mm、ISO500、1/2000秒、F9.0)

  • α7 III+1.4×テレコンでテレ端840mm撮影。このコンビなら位相差AFが使えるので、テレコンなしのときと大きく変わることのない手応えのまま撮影が可能だ。画質の低下も感じられない。個人的には、200-600mmにテレコンを使うのなら×1.4でキマリ(SEL14TC使用、840mm、ISO640、1/2000秒、F9.0)

ファームアップでの改良に期待!

というワケで、もしこのレンズで動体を撮るつもりなら、α7R IIIとテレコンの組み合わせは実質「不可」であると認識しておくべきだろう。α7 IIIも、2×テレコンは実質NGだ。ただし、α7 IIIの場合は、ズームを引けば(画角を拡げれば)実効絞り値F9を境に位相差AFが目覚めるのでまだ救いようがある。ファインダーを覗きながらのズーム操作で、位相差AFが死んだり生き返ったりするのが分かるってのは、けっこう新鮮で楽しかったですヨ(←悪趣味)。

ちなみに、α9はもともとF11にこの境界線を持っていた。しかし、ファームウエアVer5.0以降は「F16以下」に縛りが緩和されている。さすがはα9。差別化があからさま……ではなく、つまり、この縛りってファームアップで何とかなり得る要素ってこと。α7R IIIとα7 IIIにも同様の“進化”を期待したいですな。

そんなこんなで、テレコンを使うなら動体を撮らなきゃいいというハナシに落ち着きそうだけど、レンズのキャラからするとそうはいっていられない気がするし、そもそも私の中では「フルサイズミラーレスαは、動体を撮るためのフルサイズミラーレス機」という位置づけなので、個人的には看過できないものを感じたりはしている。なにせ、200-600mmの扱いやすさには心底ホレているからね。このままだと、テレコンとは縁がないというコトになってしまいそうだけど、どうすべぇかなぁ……。

  • カメラの高い機能があって初めて活きるレンズだと思う。その意味においては、組み合わせるボディの選択が本レンズの満足度を左右することも十分に考えられる。レンズ単体に関しては、予算と大きさ&重さのみの吟味で“買い”の判断を下したとしても後悔はしないはず。コスパは高い(600mm、ISO4000、1/8000秒、F6.3)

  • デカくて重いし、外観はちょっと質素な感じでフードのロック機構もない(その必要性は意見が割れるところですが)のだけど、写りは超のつく一級品。そして「600mmの画角」はやはり頼もしい(600mm、ISO2000、1/1000秒、F6.3)

  • 湧き出る怪しさを身にまとい、ネコにどうしても逃げられてしまうアナタも、600mmならばニャンコに逃げられることなくコッソリ撮れちゃう、かも? 私は幸い動物には逃げられないほうだ(と自分では思っている)けど、ここでは猫さんの邪魔をしないために600mmで物陰からパチリ。しっかり気づかれていましたケドね……(600mm、ISO500、1/1000秒、F6.3、-0.7補正)

  • 何でもない日常の中で何でもないモノを思うままに切り撮る……これがけっこう気持ち良い。やっぱり人間、ワガママなのが一番なのでしょう。他人がワガママなのは許しがたいのですが(600mm、ISO5000、1/1000秒、F6.3、-0.7補正)

  • 明るい曇り空バックでも、ご覧の通りしっかりコントラストを確保している仕上がりが得られた。ともあれこのレンズ、描写に不満を抱くことは皆無だ。ちなみにα7 IIIって、最新のファームでEVFの視認性が少し向上したような気がしているのだけど、気のせい?(600mm、ISO320、1/1000秒、F6.3)

  • 最短撮影距離は2.4m。同0.98mの100-400mmが思いのほか“寄れる”ことを身をもって知っていると、200-600mmでももうちょっと寄りたいなぁ……なんてことを思ったりもする。贅沢ですかね?(600mm、ISO1000、1/1000秒、F6.3、-2補正)

と、ここで立ち止まっていても仕方ないので、とりあえずは前進あるのみ。まずは、そうだな、所有する100-400mmとのテレ端の画角差を、そしてテレコンが扱いにくいところを禁断のトリミング行為で埋めるべく、α7R IVの導入を検討することにしますかぁーー??(そっちに逃げるんかーいっ!?)。

  • テレコン装着時に発生する制約を残念に感じつつも、200-600mmレンズの性能を高く評価している落合カメラマン。ファームウエアの更新による改良に期待を抱きつつ、ココロは早くも8月末発売のα7R IVに動きつつある様子!?

著者プロフィール
落合憲弘(おちあいのりひろ)

落合憲弘

「○○のテーマで原稿の依頼が来たんだよねぇ~」「今度○○社にインタビューにいくからさ……」「やっぱり自分で所有して使ってみないとダメっしょ!」などなどなど、新たなカメラやレンズを購入するための自分に対するイイワケを並べ続けて幾星霜。ふと、自分に騙されやすくなっている自分に気づくが、それも一興とばかりに今日も騙されたフリを続ける牡牛座のB型。2019年カメラグランプリ外部選考委員。