ソニーが7月末に売り出したα用の超望遠ズームレンズ「FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS」、200~600mmの広い範囲をカバーしていること、このクラスでは珍しくインナーズーム機構としたこと、比較的手ごろな価格設定としたことなどが写真ファンに注目されています。落合カメラマンも当然ながら目をつけていましたが、氏は日ごろから100-400mmのG Master超望遠ズームを愛用していることもあり、ズームレンジがかぶる200-600mmの登場にいささか戸惑いを隠せないご様子……。

100-400mmとはキャラクターが異なる

ここは、まず自らの立ち位置を明示しておくべきだろう。ええと、契約書はありませんね。闇営業に関しては……フリーカメラマンなんで日常の活動ほぼすべてがそんなようなもんです、ハイ。で、原稿料が1円だったことは幸いにしてありませんけれど、愛車の下取り査定欄に記入された金額が100円だったことはあります(涙)……って、そんな話をしにきたんじゃなーい! ソニー「FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS(以下、200-600mm)」に対して抱くこととなった「参ったね、こりゃ」「どうすべぇ」「こいつはいっそのこと……」などなどの思いをここで吐露するつもりなら、まずはどんな立ち位置からこのレンズを見ているのかをハッキリさせておくべきだと思ったっつうハナシである。

  • ソニーが7月末に発売した超望遠ズームレンズ「FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS」(SEL200600G)。実売価格は税込み27万円前後だが、主要な量販店では強い品薄の状態が続いている

というワケで、ここで最初に明確にしておかなければならないのは、「私はFE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS(以下、100-400mm)を所有している」という事実。しかも相当、気に入っている。

  • FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

  • FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

すなわち「200-600mmと100-400mmのどちらを買うべきか」で悩むことはないのだ。目の前にあるのは「買い足し」「買い替え」「静観」3つの選択肢だけ。そこが、ひょっとしたら皆さんとはちょっと違うかもしれない。でも、もしアナタが100-400mmを所有していて、しかもけっこうちゃんと200-600mmを使う機会に恵まれたとするならば、たぶんドラマ「もう誰も愛さない」の吉田栄作のごとく「うぉぉぉーーーっ!!」と叫びながら頭を抱えることになるはずだ。

なにゆえそんな事態に陥るのか? 実は両レンズ、キャラクターの作り分けが実に見事であり、どちらかを所有していればソレで十分な満足が得られるのかといえば、幸か不幸かそんなコトはナイからである。100-400mmを持っていても200-600mmが欲しくなるし、200-600mmだけで話を済ませられるのかといえば、それもムリ。ぶっちゃけ、両方欲しくなっちゃうのだ。

もちろん、おもに撮る被写体や撮り方にもよるので一概にはいえない。でも、200-600mmを使っていると短焦点側にもう少しの広がりが欲しくなることがけっこうある。200mmの画角って本格的望遠の世界だからねぇ。

  • FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS(200mm)

  • FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS(600mm)

  • FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS(100mm)

  • FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS(400mm)

  • FE 200-600mm F5.6-6.3G OSSとFE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSSの画角比較。好みによって見方が違ってくると思うけれど、個人的にはテレ端の画角差もさることながら短焦点側の「広さ」の違いが相当にデカいと感じている。つまり、汎用性に優れるのは、圧倒的に100-400mmなのだ。だからこそ、どちらを選ぶのかが悩ましい。100-400mmではなく70-200mmクラスを所有しているなら話は簡単なのだが……

大きさ重さに関しても、「テレ端600mm」にふさわしい「ドンと長くてズシリと重い」仕上がりには相応の覚悟が必要だ。ボディシルエットはどちらかといえばヒョロ長系だし、製品写真ではなぜかずいぶん小さく見えることが多いのだけど、200-600mmは100-400mmよりも明らかに「デカ&重」であり携帯性は大きく劣る。これも、まぁ、仕方のないところだけれど。

  • 何はなくとも超望遠600mm。開放F値が暗いとはいえ、寄って撮れば大きなボケを得ることはまったく難しくない。また、玉ボケの変形にさえ気を配っておけば、ボケは総じて柔らかく素直であるとの判断も十分に可能だ(600mm、ISO3200、1/2000秒、F7.1、-1補正)

  • 使い方は人それぞれだし好みもイロイロ。なので、レンズの使い方に最適解みたいなものはナイも同然だと思っているのだけど、個人的にはこのレンズ、基本は「600mmレンズ」であり、それに加え「必要に応じチョイと引ける(画角を広くして撮れる)」機能が備わっていると捉えるのがもっともしっくりきた(600mm、ISO2000、1/2000秒、F6.3)

  • シチュエーションによっては、これよりもさらに玉ボケ部分の口径食が目立つことがある。しかし、玉ボケに頼る絵柄でなければさほど気にはならず、このレンズの高い機動力と描写力に惚れているのであればアバタもエクボに追い込むことにも造作はない(600mm、ISO2500、1/1000秒、F6.3)

  • 都会にある小さな自然の片隅で遭遇した黒と白の口喧嘩。青鷺の文字通りの怒髪天を突く姿は初めて見た。曇り空をバックに+1.3EVの露出補正を加えても十分なコントラストが確保されていることからもわかるとおり、かなりデキるレンズである(600mm、ISO1250、1/1000秒、F6.3、+1.3補正)

指一本で軽快にズーミングできる200-600mm

一方、100-400mmの使い心地を知ったうえで200-600mmを使うと、テレ端の超望遠画角はさておき、まずは撮影時の良好な操作性に多大なる羨ましさを感じることになった。これ、実際に使ってみるまでは思いもしなかった心の揺れである。正直、私はその一点のみで「200-600mmが欲しい!」と思ってしまったぐらいだ。

具体的には「ズーミング(焦点距離変更の操作)がしやすい」ところに惚れた。このレンズ、焦点距離の移動に伴う全長の変化がない。この点を機械的に評価すると、「どの焦点距離においてもホールドバランスに変化がない」なんてことを口にすることになるのだけど、私がグラッときたのは直接的にはそこじゃなかった。結果的にはインナーズーム機構に関連するところはあるのだろうけれど、とにかくまずはズームリングの操作感がきわめて軽いところにズキューン! 指一本で、苦もなく焦点距離の変更ができるのである。

で、トドメを刺したのは、同リングの回転角が「きわめて適切に“小さく”設定されている」ところ。要するに、指をズームリングの一定位置に当てたまま、その指一本で200mmと600mmの間をストレスなく素速く確実に行き来できる作りになっているところにシてヤラれてしまったのである。

ちなみに100-400mmの場合、ズームリングの重さは「スムーズ」から「タイト」の間で調整できる。このうち「タイト」設定は、まずは携帯時にレンズが自重で伸びきってしまうことを防止するためのポジションだろう。一方「スムーズ」設定では、確かにスムーズな操作が可能になるのだけど、光学系が外装もろとも移動するカタチであるがゆえ、指1本で操作するのは残念ながら現実的ではない(操作がそれなりに重い)。また、だからこそ、例えば連写しながら画角を変える場合など、水平のズレが生じてしまったり、動体のフレーム内への収まりが乱れるなど、フレーミングに係る二次的な被害みたいなものが生じがちでもある。200-600mmにはそれらがないということだ。大きくて重いけど、本当に扱いやすい。そういう見方をすると、100-400mmを所有しているからこそ欲しくなる200-600mmなのかも? いやはや、困ったもんだね……。

手持ちで動体に対峙するなど、機動力優先の撮影現場では、200-600mmの方が圧倒的に使いやすい。これは断言できる。でも、機動力を優先すべき現場では、短焦点側200mmの「望遠画角」が狭すぎると感じられることも少なくはなく……。100mmと200mmじゃ「画角の広さ(ここではあえて「狭さ」ではなく「広さ」といいます)」が段違いなんだよねぇ。

  • 注意! デカい蛇が写ってるので苦手な人は等倍表示しないよーに!! というワケで、これは600mmでよかったーの場面だといえましょう。だって、これ以上、近寄らなくて済んだから(けっこう切実)。引けば(画角を拡げれば)別の画作りもできるわけで、やっぱりズームレンズは便利だと実感した場面でもある(600mm、ISO5000、1/2000秒、F6.3)

  • 風景写真的な撮り方でも重宝するレンズなのだけど、そういうときはさすがに短焦点側が狭すぎ!!ってことになりがちでもある。やはりここは70-200mmクラスとの併用が望ましいのか……。でも、大きく重いレンズなので、フィールドでのレンズ交換はちょっと大変だし、けっこう気を遣う(362mm、ISO8000、1/800秒、F6.3、-2補正)

  • 超望遠レンズの楽しみはドアップで撮ることのみに非ず。例えば、遠方の被写体を絵画を描くように"切り撮る"のもなかなか面白かったりする。大切なのは構図をしっかり意識すること。ただ撮るだけでは絵になりづらいところがちょっとだけ難しい(600mm、ISO200、1/1000秒、F6.3)

  • ズームリングの操作感がきわめて軽快なので、まず200mm側で被写体を大ざっぱに捉え、それから600mm側にグーンとズーミングしてシャッターレリーズ!!なんていう効率的な撮り方が何の苦もなくできちゃう。微妙な画角調整を加えながら撮るというズームレンズならではの使い方がストレスなくできる点においては、100-400mmよりも200-600mmの方が適応力ははるかに上だ(600mm、ISO1600、1/1600秒、F6.3、-1補正)

  • 街中スナップだってバッチリできちゃう。傍目にはアヤシイかもしれないケド、仕上がりはご覧の通りかなり繊細。けっこうクセになります(600mm、ISO800、1/1000秒、F6.3)

  • スナップ的な使い方では、被写体を寄りの状態でワガママに切り撮る感覚が強調されることになるのだけど、これがかなり楽しい。画角の面では縛りがキツいのに、撮影者の立場としては、どこか解き放たれた気持ちになれるのだ。わかるかなぁ? わっかんねぇだろうなぁ……(600mm、ISO1600、1/1000秒、F6.3、-1.7補正)

なんだかんだと文句をいわず、素直にFE 70-200mm F2.8 GM OSSを一緒に使いなさいというコトであるような気もする。そうすりゃ、すべて丸く収まる。でも、すでに手元に100-400mmがあると気軽にそういう態勢に移行するワケにもいかず、しかもそもそも100-400mmを手放せるかというと、利便性の高さに加えスゲーよく写るレンズなんで、現実にはそれもムリ……。

ってな感じで悩みは尽きず、尽きぬ悩みを引きずったまま続きは後編でっ!!

  • お気に入りの100-400mmにはない魅力を持つ200-600mmを手に、心がグラグラと揺れ動いている落合カメラマン。100-400mmを200-600mmに買い替えるか、200-600mmはあきらめて100-400mmを使い続けるか、200-600mmをそのまま買い増すか、悩みは尽きないという

著者プロフィール
落合憲弘(おちあいのりひろ)

落合憲弘

「○○のテーマで原稿の依頼が来たんだよねぇ~」「今度○○社にインタビューにいくからさ……」「やっぱり自分で所有して使ってみないとダメっしょ!」などなどなど、新たなカメラやレンズを購入するための自分に対するイイワケを並べ続けて幾星霜。ふと、自分に騙されやすくなっている自分に気づくが、それも一興とばかりに今日も騙されたフリを続ける牡牛座のB型。2019年カメラグランプリ外部選考委員。