PCケースのここしばらくのトレンドは、強化ガラスとRGB LEDの採用であるが、2019年のCOMPUTEXでは、その中でも各社が冷却性能を強化する動きが目立っていたのは印象的だった。

PCケースはマシンの外観を大きく印象づけるパーツであり、自由に選べるのは自作PCならではの楽しみである。各社の新製品をここでチェックしておこう。

Cooler Masterは待望のMini-ITX版MasterCase

Cooler Masterは、MasterCaseシリーズ初のMini-ITXモデルとして「H100」を出展していた。フロントとトップはメッシュパネルになっており、フロントにはRGB対応の20cmファンを搭載。Mini-ITXケースながら、冷却性能を重視した設計となっている。第3四半期の発売予定で、価格は8,000円台になりそうとのこと。

  • 「MasterCase H100」は、同社としては久しぶりのMini-ITXケース

  • Mini-ITXケースとしては比較的大きめなので、電源は通常のATXに対応

Thermaltakeは初音ミクのMod PCが注目を集める

Thermaltakeのブースで目立っていたのは、同社の20周年を記念して開発されたフルタワーケース「Level 20」を使ったMod PCの展示。中でも、タイのModderであるIndy Laser氏が製作した初音ミクPCは力作で、来場者の注目を集めていた。

  • Indy Laser氏製作の初音ミクPC。全体をミクカラーに綺麗に塗装している

  • ミク愛が感じられるフィギュア展示。ここは電源スペースだったはずだが……

  • ちょっと見にくいが、ここは透過液晶になっており、動くミクを表示

  • ほかにも多数のMod PCがあった。こんなポケモンをイメージしたものも

Level 20シリーズには、4面に強化ガラスを採用したフルタワー「Level 20 HT」が追加される。マザーボードの配置がかなり変わっており、リア側に置く形となるが、そのおかげで前方と左右から内部が見やすくなっている。さらに、マザーボードのバックパネルは上向きだ。2019年内の発売予定。

  • 「Level 20 HT」。左右も強化ガラスなので、内部が見えやすい

  • インタフェースは全てトップ側にあるので、リアはスッキリしている

面白かったのが、水冷用のオープンフレームケース「Distro Plate」。同社のオープンフレームとしてはすでにCore P3/P5/P7があり、大きなベースプレートにパーツを並べるところは同じだが、Distroのユニークなのは、プレートがリザーバ兼用になっていることだ。かなり完成度は高いように見えたが、参考出品ということで発売は未定。

  • 「Distro Plate」の設置例。一見するとCore P3/P5に似ているが……

  • 裏面を見ると分かりやすい。このように全体がリザーバになっている

Antecは本気度の高いエンジン型Mini-ITXケース

2018年の「Torque」に続き、Antecが展示していたユニークなオープンケースが「GTR」(仮称)だ。エンジン型……というかほぼPCケースには見えないが、microATXマザーボードの設置が可能。凄いのは、ゴツいエンジン部がCNC切削加工のアルミ製なこと。価格もかなり高くなりそうで、販売するとしても数量限定になるのでは、ということだった。

  • 「GTR」のプロトタイプ。なぜここまでエンジンっぽくしたのか……

  • 構造が分からないときはリア側を見よう。確かにPCケースだ(笑)

  • このエンジンケースは水冷対応。側面にはラジエータを搭載できる

  • ベルトが付いていかにも回転しそうなここは、実は水冷ポンプ

もう1つ、オープンケースとして注目したいのがMini-ITX用の「Striker」(仮称)だ。最大の特徴は、グラフィックスカードをフロント側に配置して、アピールできること(ライザーケーブルは付属)。水冷対応ながら、サイズは415(D)×212(W)×405(H)mmと案外コンパクトだ。8月の発売予定で、価格は未定とのこと。

  • Mini-ITX用の「Striker」。33cmまでのグラフィックスカードを搭載可能

  • このケースも水冷対応。裏側には24cmサイズのラジエータを搭載できる

SilverStoneはフラグシップ「Alta」を新投入

SilverStoneは、ブースの中央にRavenシリーズの最新モデル「RV06」を設置、来場者にアピールしていた。Raven伝統の煙突構造を採用しており、マザーボードは90°回転レイアウトを採用。ボトムの18cmファン×2により、強力に冷却する。サイドに強化ガラスを採用するなど、外観も大きく変わっている。2020年の発売予定だ。

  • 「RV06」のプロトタイプ。トップパネルの印象も大きく変わっている

  • 煙突構造は従来通りだが、電源を隠すなど、内部レイアウトも変更

また、同社はラインナップを再編、新たに「Alta」「Seta」「Fara」という3シリーズを投入する模様だ。いずれも発売は来年になる予定。

フラグシップとなる「Alta S1」は、Ravenのような煙突構造を採用。しかもボトムには20cmファンを3つも並べており、冷却性能は非常に高そうだ。折り曲げがある強化ガラスを採用するなど、外観デザインも独特だ。

  • RGB対応の20cmファンをボトム側に3つも配置。見た目も鮮やかだ

ミドルサイズの「Seta A1」は、エレガントなデザインが特徴的。I/Oが一切無い思い切った設計を採用しており、見た目は非常にスッキリしている。電源ボタンまで外付けにするという徹底ぶりは面白い。一方Faraはエントリー向けで、外観の異なる「V1」「B1」が用意されていた。

  • 「Seta A1」はシンプルな外観が特徴的。LEDは間接照明になっている

  • 本体に電源ボタンを付けたくないということで、外付けボタンを使用

  • 左側は強化ガラスで内部が見える。フロントには20cmファンを2つ搭載

  • これは「Fara V1」。フロントにファン3個を搭載するスタンダードな構成

RAIJINTEKは20cmファン搭載のMini-ITXケース

RAIJINTEKで注目したいのは、Mini-ITXケースの「Metis Evo」だ。マザーボードの倒立配置は従来のMetisシリーズと同様だが、冷却性能を大幅に強化。フロントがメッシュパネルになり、20cmの大型ファンを搭載している。大型化したため、CPUクーラーは高さ19cmまで対応。9月の発売予定で、価格は140ドル程度の見込みだ。

  • RAIJINTEKのブース。なぜか宇宙艦隊のような壮大なイメージだった

  • 「Metis Evo」は5色で展開。キューブ型で両サイドが強化ガラスだ

  • マザーボードは倒立配置。その裏側に電源を置くスタイルだ

  • 同社の20cm角ラジエータ「BIA 200 RBW」を使った水冷化のデモ

Lian Liは2つのモードに変形できるケース

Lian Liブースで面白かったのは、2つのモードに変形できるという「Odyssey X」。横長の「Performance」モードと縦長の「Dynamic」モードが用意されており、ユーザーの好みに応じてスタイルを選べるのが特徴だ。

  • 変形ケース「Odyssey X」。左がPerformance、右がDynamicモードだ

Performanceモードはスタンダードなスタイル。フロント側のスペースに、厚みがあるラジエータを設置できるよう考えられている。一方、個性的なのがDynamicモード。内部のマザーボードトレイを外して、シャーシを90°回転させるなど、組み替えはそれなりに手間なものの、個性的な外観を楽しめる。

  • Performanceモードの搭載例。マザーボードの隣にラジエータを置ける

  • Dynamicモードでは、サイドパネルも変形。ユニークな外観になる

Zalmanは水冷対応のゲーミングMini-ITXケース

Zalmanの新製品で注目したいのは、水冷対応のMini-ITXケース「Z-Machine 300」。アルミ製のシャーシとアクリル製のサイドパネルを組み合わせた外観は、スタイリッシュで高級感がある。サイズは160×310×330mm。ライザーカードを使い、最長31cmのグラフィックスカードを垂直配置可能だ。

  • Mini-ITXケース「Z-Machine 300」。アクリルなのでスリットも開けられる

  • 鏡に映っていた反対側。こちらはグラフィックスカードのスペースになる

また、ゲーミング向けの大型オープンケースが「Z-Machine 500」だ。アルミ製のシャーシにポリカーボネート製のカバーが付けられており、スピード感のあるデザインを実現した。水冷にも対応しており、フロントとトップにラジエータを搭載することができる。

  • ポリカーボネート製のカバーで覆われた「Z-Machine 500」

Enermaxがなぜか自転車分野に本格参入

Enermaxは、フロントに20cmファンを2つ搭載する「IcyGems IG50」を展示していた。フロント側は強化ガラスになっており、アドレッサブルRGBファンの鮮やかな発光が楽しめる。グラフィックスカードの垂直配置にも対応し、ライザーカードは付属するそうだ。

  • フロントのデュアル20cmファンが存在感を放つ「IcyGems IG50」

ちなみに同社ブースで一番目立っていたのは、こちらの自転車PC。さすがに販売するものではないそうだが、なぜこれを作ったのかというと、同社が自転車業界に参入したので、そのPRとのことだ。発売するのは折り畳み式の電動アシスト自転車で、台湾では7月末まで、期間限定の記念価格として29,800台湾元(10万円強)で提供中。

  • 自転車PCの展示。電源は床から供給されているので、ONのままでは走れない

  • 中央の円内にPCの設置スペースがある。中にはMini-ITXマザーが入っていた

  • Enermaxの電動アシスト自転車。内蔵バッテリで30~40kmの走行が可能

  • フレームを2つに折ってコンパクトに持ち運べる。重さは19kgほど