日本HPは6月13日、ワークステーション製品の最新ラインナップを紹介。「VRは当たり前のものになってきている」と、“背負える”ワークステーションをはじめ、ノート型、デスクトップ型、ヘッドマウントディスプレイのラインナップを刷新しました。新製品として発表したのは以下のモデルです(HP Directplusの税別価格と発売時期)。

  • HP ZBook 15 G6 Mobile Workstation(268,000円~、8月中旬)
  • HP ZBook 17 G6 Mobile Workstation(318,000円~、8月中旬)
  • HP Z8 G4 Workstaion(306,000円~、6月下旬)
  • HP Z6 G4 Workstaion(276,000円~、6月下旬)
  • HP Z2 Mini G4 Workstaion(143,000円~、8月下旬)
  • HP Z2 SFF G4 Workstaion(117,000円~、8月下旬)
  • HP Z2 Tower G4 Workstaion(126,000円~、8月下旬)
  • HP VR Backpack G2(360,000円、7月中旬)
  • HP Reverb Virtual Reality Headsetプロフェッショナルエディション(63,500円、7月中旬)
  • 今回発表されたワークステーション関係の新製品

最新のCPUとGPUを搭載、ノート型は新世代のアンチウイルスも提供

ノート型ワークステーションは14インチ製品をすでに発表済みで、今回は15インチと17インチ製品を追加で発表。どちらも第9世代Intel Core i9・i7搭載に加え、15インチ製品では最上位のGPUがNVIDIA Quadro RTX 3000対応(17インチ製品の最上位はNVIDIA Quadro RTX 5000対応)と、VR対応を意識しています。また、液晶パネルは最上位製品で4K UHD・DCI-P3 100%対応と、コンテンツクリエイターにもマッチする内容となっています。

  • 日本HP パーソナルシステムズ事業統括 ワークステーションビジネス本部 本部長 大橋秀樹氏

また、ノート型ワークステーションは、ディープラーニングAIを利用した「まだ見たこともないマルウェア」にも対応できる「HP Sure Sense」をバンドルしているのも特徴です。HP Sure Senseは、過去のマルウェアを学習させたデータを利用することで、シグネチャ更新のいらない新世代セキュリティ技術です(HPでは企業向けプレミアム製品に順次導入するとしています)。

  • ノート型ワークステーションは、CPU、GPU、ディスプレイ、高速LANとといった強力な性能に加えて、深層学習を活用したセキュリティ製品、HP Sure Senseをアピール

  • HP ZBook 15 G6 Mobile Workstation。従来はCore i7までの対応でしたが、第9世代Intel Core i9までの対応に。最上位モデルでは、GPUもNVIDIA Quadro RTX 3000を搭載できます

  • HP ZBook 17 G6 Mobile Workstation。こちらも第9世代Intel Core i7・i9を搭載し、最上位モデルはNVIDIA Quadro RTX 5000に対応

デスクトップ型は、ミニ筐体からタワー型まで幅広いラインナップをそろえます。中でも最上位のZ8 G4は、Intel Xeonスケーラブルプロセッサを搭載。メインメモリソケットに取り付ける不揮発性メモリ「Intel Optane DCパーシステント・メモリー」をサポートし、強力な計算能力と高速ストレージを提供します。GPUは、NVIDIA Quadro RTX 8000の2枚挿しにも対応して、膨大なデータの処理や複雑な3Dレンダリングに活用できる製品でしょう。

  • デスクトップ製品はより高い性能ということで、ハイエンドタワー製品のZ8とZ6はスケーラブルXeonプロセッサに対応。メモリスロットに入る高速不揮発メモリ「インテル Optane DCパーシステント・メモリー」もあわせて、PCでは得られない性能を実現

  • タワー型の製品は大型のGPUボードにも対応でQuadro RTX 8000の装着も可能。リアルタイムレイトレーシングやディープラーニングといった用途に長け、Z8では2枚装着可能

  • デスクトップワークステーションも一新。左から、HP Z6 G4 Workstaion、HP Z2 Tower G4 Workstaion、HP Z2 SFF G4 Workstaion、HP Z2 Mini G4 Workstaion。タワー型の左2製品は大型グラフィックカードを搭載できます

  • ワークステーション最上位となるHP Z8 G4 Workstaionは、CPUにIntel Xeonスケーラブルプロセッサを採用

  • デュアルプロセッサにも対応し、大量のメモリスロットは不揮発のIntel Optane DCパーシステント・メモリーをサポート。GPUも2枚挿しと、超強力スペックを誇ります

ウェアラブル・ワークステーション

ワークステーションは一般的なPCやゲーミングPCとは異なり、NVIDIAのGPUでも設計者向けのQuadroを搭載するケースが多いのですが、VR利用にはおなじみのGeForceシリーズがよく使われます。

日本HPはこれまで、ゲーミングブランド「OMEN By HP」とワークステーションのZシリーズにおいて、GeForceを搭載しつつバックパックで背負えるウェアラブルPCを販売していました。今回、VR分野ではGeForceのニーズが高いということで、ウェアラブルPCはHP VR Backpack G2のZシリーズに一本化されます。

  • 「VRは当たり前の話になった」ということで、バックパック型のHP VR Backpack G2は、GPUがQuadroではなくGeForceに。ヘッドマウントディスプレイにも高解像度の新型「HP Reverb Virtual Reality Headsetプロフェッショナルエディション」が登場

  • HP VR Backpack G2はNVIDIA GeForce RTX2080を搭載。CPUは前世代と変わらずCore i7-8850H

  • ウェアラブルにもなるHP VR Backpack G2は、GPUが前モデルのQuadroから、GeForce RTX 2080になりました

新型で大きく変わったのが、バックパックハーネス部分。従来、PCを取り付ける接続ボードとバックパックハーネスが一体化していたものを、分離可能にしました。これにより、「ハーネスが洗える」ようになっています。

また、外部バッテリ×2個を順次交換することで連続利用が可能という作りでしたが、手を大きく動かすとバッテリに引っかかるということで、バッテリの取り付け位置がより背中側に移動しました。

  • ハーネスと取付プレートの間に空間を作ってエアフローを確保したデザインはそのままに、ハーネスが洗濯可能になり、バッテリ位置が見直されました

  • 特筆の改良点はショルダーハーネス。腰のバッテリ位置がより背中側になり、手を大きく動かしてもバッテリに当たらないようになっています

  • PCを取り付けるボードとハーネスは分離可能。ハーネスが汚れたら洗えるようになりました

ヘッドマウントディスプレイのHP Reverb Virtual Reality Headsetプロフェッショナルエディションは、従来製品と比較して解像度が2,160×2,160ドット(片目)と大きく向上。また、後頭部にドーナツ形のパッドを設け、装着感が向上しました。

  • HP Reverb Virtual Reality Headsetプロフェッショナルエディションは解像度が2倍になっています

  • HP Reverb Virtual Reality Headsetプロフェッショナルエディション。HP Windows Mixed Reality Headsetの後継製品で、解像度が2倍に

  • 後頭部に位置する部分に、ドーナツ型のクッションが入ったことで、安定性が増した印象です

日本HP 代表取締役 社長執行役員の岡隆史氏によると、日本HPは現在、国内PC市場の平均成長率を上回る伸びを4年近く続けており、2019Q1は国内PC市場で初めて「ブランド別シェア」トップの18.7%になりました。テクノロジーシンボルとなるワークステーション市場では、11年連続ナンバーワンシェアで、日本国内のワークステーションの標準機と自負します。

  • 日本HP 代表取締役 社長執行役員 岡隆史氏

  • 市場平均を上回る対前年成長(左)を続けた結果、2019Q1の「ブランド別シェア」で初のトップに

  • 企業向けPCに関しては、Windows 7サポート終了を前にして伸張中。ワークステーションに関しては首位を独走中

今回の発表会に合わせて、HP Inc.ワークステーション事業担当 バイスプレジデント&ゼネラルマネージャーのシャビ・ガルシア氏が来日。今後、ワークステーションの使われ方としてAI分野を挙げ、膨大なデータからAIモデルを構築して価値を創造するデータサイエンティストの仕事を紹介しました。

データサイエンティスト不足に対する生産性向上のために、ローカルのワークステーションを利用するシナリオ。膨大なデータを安全かつ高速に分析し、これによって本来の業務であるAIモデルの作成に力を注ぐことができるとしました。

  • HP Inc.ワークステーション事業担当 バイスプレジデント&ゼネラルマネージャー シャビ・ガルシア氏

  • 近未来に向けての取り組みとして、VR、ML、AIを挙げます。世界中で不足するデータサイエンティストの生産性と安全性向上のために、高性能ワークステーションでワークフローの改善を提言