パナソニックは「忙しい一週間を、おいしい一週間に」をコンセプトとしたキッチン家電製品群「おいしい7days」を提唱し、忙しい共働き家庭や子育て世帯をターゲットとした家電を発売しています。

3月20日には、「おいしい7days」シリーズでも人気なスチームオーブンレンジの新モデル「ビストロ NE-BS1600」(以下、NE-BS1600)を発表しました。NE-BS1600の新機能を使った料理の試食会に参加したので、そのレポートをお届けします。

  • 30Lサイズのビストロ NE-BS1600。価格はオープンで、推定市場価格は170,000円前後(税別)です。大きめのカラータッチ液晶による操作性のよさも魅力。ドア開閉用のハンドル部分がウッド調なのもスタイリッシュでした

レンジでは難しかった「八宝菜」などの中華料理

NE-BS1600は、パナソニックのスチームオーブンレンジ「ビストロ」シリーズのフラッグシップモデルです。最大1000Wの電子レンジ機能に加え、最高300度まで加熱可能なオーブン機能(300度での加熱は5分まで)、過熱水蒸気によるスチーム機能、そして高密度の平面ヒーターを採用したグリル機能が備わった「全部入り」製品。30L容量の製品ながら、高さ45cmのスペースに設置できるコンパクトさも特徴です。

NE-BS1600はフラッグシップモデルということもあり、2品のお惣菜を同時に温める機能や、お惣菜を任意の温度まで温める機能などを搭載しています。

ビストロシリーズの人気機能といえば、やはり「ワンボウルメニュー」の存在。耐熱ボウルに食材を入れ、あとはビストロで加熱するだけで料理が完成するというものです。材料を切って混ぜたあと、ビストロで加熱するだけで料理ができあがる手軽さと、料理後の洗い物が耐熱ボウルひとつで済む手間の少なさがユーザーの人気を集めています。

ワンボウルメニューは、2017年からビストロシリーズに搭載された機能ですが、じつはカレーやパスタといった料理はできても、たとえば八宝菜や麻婆豆腐のように「とろみ」のある炒め物の料理には向いていませんでした。パナソニックによると、とろみのある食材は温度センシングが難しく、表面が適正温度でも、中心部が焦げてしまう、あるいは食材が耐熱ボウルにこびりついてしまうなどの問題があったそうです。

NE-BS1600は温度測定の精度を向上させるため、0.1秒の高速センシング技術を導入。5段階の独自加熱アルゴリズムを組み合わせた「とろみセンシング」を開発することで、ワンボウルで「とろみ」料理も調理できるようになりました。

  • 「とろみ」用に開発されたアルゴリズム。ボウルを上部からセンシングしつつ、食材が60度になるまで一気に加熱して食品の分量を判定します。そこからセンサーの方向を移動させ、「とろみ」があるボウル下部の温度をチェックしながら加熱します

2017年以降のビストロシリーズでも、「片栗粉でとろみをつける料理」を作れたのですが、その多くは加熱途中でかき混ぜるなどの手間が必要でした。今回NE-BS1600での「とろみセンシング」導入で、麻婆豆腐や酢豚といった家庭で人気の料理がボタンひとつで調理できるようになりました。

片栗粉を使う「とろみ」だけでなく、フランス料理のような小麦粉を使用した「とろみ」にも対応しています。専用メニューとして、「ワンボウル中華」と「ワンボウルフレンチ」を選択できます。

試食会では実際に「八宝菜」と「たらのプロバンス風」を調理するデモンストレーションも行われました。「調理」といっても、材料をボウルに入れ、調味料を全体にかけ、軽くラップをしてビストロで加熱するだけ。加熱後に全体をサッと混ぜる作業はありますが、調理全体の作業には3分も必要ありません。

加熱時間は15分ほどありましたが、かき混ぜるなどの作業は必要ないため、NE-BS1600の近くにいる必要はありません。パナソニックによると、本来の八宝菜は「肉を炒めて取り出す」「魚介を炒めて取り出す」「野菜を炒める」「肉と魚介を戻す」「調味料を加える」「水溶き片栗粉をかき混ぜながら加える」と、加熱時に多くの工程が必要で休む暇がない料理。ですがNE-BS1600なら、調理している間にほかの作業ができます。

  • ボウルにカットされた材料を次々と入れて、ビストロで加熱するだけ

  • ワンボウル中華メニューから八宝菜を選択し、「決定」ボタンを押します。食材の分量などはビストロが勝手に量り、最適な時間で加熱してくれます

  • できあがった八宝菜は試食しました。トロリとした餡(あん)が確認できます

  • 「たらのプロバンス風」も食べました。こちらは「たらに小麦粉をまぶしておく」という工程があるものの、あとはボウルに材料と調味液を入れて加熱するだけ。約13分で本格的なフレンチができます

試食して驚いたのは、魚介や肉の食感のよさです。とくに八宝菜は、火が通りにくい白菜もしっかり加熱されているのに、加熱しすぎると固くなるエビはプリッとした食感。加熱しすぎるとパサつく豚肉も、柔らかく調理できています。たらのプロバンス風も、たらをワインで蒸したようにふんわりしていました。食感のよさも「とろみセンシング」による加熱制御で実現しているといいます。

  • 高精度の加熱制御技術により、食材の食感を引き出せるといいます

  • とろみセンシングのほかに、発酵機能の搭載により甘酒やヨーグルトが作れるようになりました。多湿を好むヨーグルトの場合、スチームを出して発酵をサポートします

「はやうま冷凍」で揚げ物もサクサクに

パナソニックは同日、3月20日に発売された冷凍冷蔵庫「WPX」タイプの説明と試食会も実施しました。WPXタイプは、パナソニックの冷凍冷蔵庫フラッグシップモデル。カチカチに凍らない「微凍結パーシャル」や、引き出しタイプの保冷庫が奥まで引き出せる「ワンダフルオープン」など、多くの便利機能を搭載しています。

  • WPXタイプ新モデルの600Lサイズ「NR-F605WPX」。WPXタイプはこのほか、650Lサイズの「NR-F655WPX」と550Lサイズの「NR-F555WPX」があります。価格は650Lサイズで430,000円前後(税別)、600Lサイズで410,000円前後(税別)、550Lサイズで370,000円前後(税別)

  • 「微凍結パーシャル」は、食材が完全には凍らない-3度なので、解凍せずに食材を切れます

  • 引き出しを奥まで出せるワンダフルオープンはかなり便利な機能

WPXタイプで最大の特徴は、製氷室の横に「クーリングアシストルーム」を備えタことです。クーリングアシストルームでは、通常の冷凍庫より5倍の早さで食材を冷凍できる「はやうま冷凍」や、熱い食材を一気に冷やす「はやうま冷蔵」を利用できます。

  • クーリングアシストルームには熱を吸収しやすいアルミプレートを配置

  • 円形部分は、直接冷気を吹き付ける「集中シャワー冷却」機能を備えます。通常の冷凍よりも5倍早く食材を冷凍できるといいます

  • はやうま冷凍の仕組み

共働き世帯のように毎日が忙しい家庭では、休日に下ごしらえした食材をまとめて冷凍保存しておき、料理のたび利用する「ホームフリージング」が人気です。

とはいえ、自宅で冷凍した肉や野菜、作り置きおかずは、スーパーなどで「冷食」として売られているものよりおいしくないことも多くありました。

たとえば、最初から冷凍して売られている肉よりも、家庭用冷凍庫で冷凍した肉のほうが、解凍時にドリップが多く流れることがあります。パナソニックによると、家庭用冷凍庫だとパワーが足りずゆっくりと冷凍されるため、食材の細胞が損傷してしまうための現象だそう。ところがはやうま冷凍なら、すばやく食材を冷凍できるため、市販の冷凍食品なみのおいしさが期待できるといいます。

通常の方法で冷凍したブリフライと、はやうま冷凍したブリフライを再加熱して食べ比べる試食もできました。食べてみるとまったく味が違います。通常の冷凍ブリフライは衣がふにゃふにゃで、ブリもパサパサとしてお箸で切り分けようとするとボロボロに崩れてしまいました。一方、はやうま冷凍のブリフライは噛んだときに衣のサクッとした感じがあり、ブリも比較的ジューシー。お箸で切り分けると、キレイにふたつに割れました。

  • 会場で試食したブリフライ。青いシールが貼ってあるほうが「はやうま冷凍」で冷凍したもの。同じように調理したものなのに色からまったく違います

クーリングアシストルームは、「はやうま冷却」もできます。熱い食材を一気に冷やす「粗熱取り」ができる機能で、たとえば忙しい朝にお弁当をすばやく冷ませます。お弁当箱ひとつならば約5分で冷えるため、食材が腐敗しやすい「25度から45度」の温度帯をサッと抜けられます。

はやうま冷却は、微凍結温度帯で食材を冷やすため、からあげや照り焼きをつくるとき、調味液に浸す必要がある食材を「はやうま冷却」することで、旨みや水分を閉じ込められるそう。たとえば鶏の照り焼きなら、従来は40分~1時間ほど調味液に浸して味を染みこませる必要がありましたが、はやうま冷却で表面を微凍結させれば、約15分で味が染みこむといいます。

  • お弁当などをすばやく冷やせる「はやうま冷却」。クーリングアシストルームは独立庫なので、熱いままの食材を入れられるのが便利

  • 「はやうま冷却」「はやうま冷凍」の切り替えや運転時間は、庫内の操作盤か、無線LANで接続したスマートフォンから設定できます

  • スマートフォンで操作した場合は、運転時間を1分単位で設定可能。スマートフォンアプリではこのほか、冷蔵庫の設定変更やエコナビの確認、製氷完了などのチェックができます

  • 会場では、はやうま冷却で味付けした味玉の試食もありました。通常1時間ほど味を染みこませる味玉を、はやうま冷却で15分だけ味付けしています。さすがに「中までしっかり味が染みこんでいる!」というほどではありませんでしたが、15分でもきちんと甘辛い味が楽しめました