12月14日、レノボ・ジャパンから2in1 PC「Yoga Book C930」(以下、C930)が発売されました。「全世界で予測を大幅に上回る注文」が入るほどの人気で、当初の予定よりも遅れての出荷開始となります。

  • Yoga Book C930。キーボードが表示されている部分にE Inkを採用しています

  • ペン入力にも対応し、E Inkにメモ書きも可能です。またPDFリーダーとしてドキュメントを表示させることもできます

Yoga Bookといえば、タッチスクリーンによるキーボードが特徴ですが、新モデルである「C930」では、E Inkを採用しています。また、初代となる従来モデルからさらにタイピングのしやすさ、精度を向上させる仕組みがいくつも取り入れられているといいます。レノボがメディア向けに開催した説明会でその一端が紹介されました。

  • Lenovo Resarch Principal Researcherの河野誠一氏

  • Lenovo Resarch Advisory Researcherの戸田良太氏

Lenovo Resarchが開発のキーマン

Yoga Bookシリーズのキーボードを開発するにあたって、重要な役割を果たしているのが、横浜にあるレノボ・ジャパン 大和研究所の「Lenovo Resarch」です。「Lenovo Resarch」は、IBMの研究部門とPC部門を前進とした組織で「3~5年先」を見据えて、テクノロジーの研究や調査、製品開発に対する技術提案を行っているといいます。

  • Lenovo Resarchの研究エリア

例えば、ThinkPadの「オウルファン」(ふくろうファン)や、「ThinkVantage Rescue & Recovery」、HDDを保護する「APS」(Active Protection System)などもLenovo Resarchの成果です。

  • Lenovo Resarchの成果

初代のYoga Bookに搭載された「Haloキーボード」もLenovo Resarchが技術提案を行っていますが、新モデルのC930でも引き続き、製品開発に深くかかわっています。

前述の通り、C930では通常のディスプレイに加えて、E Inkを採用している点が大きな特徴です。実はこれもLenovo Resarchの提案が基になっています。E InkとE Ink上でアニメーションする「仮想3Dキーボード」のプロトタイプを作成し、次世代製品の開発に向けて開発チームに「売り込み」をかけていたといいます。

  • 初代Yoga Bookが発表される前から、次世代製品に向けてプロトタイプを作成し、開発部隊に提案していたそうです

  • LCD+E Inkのプロトタイプ。2016年6月の時点で提案していたとのこと

  • E Ink上でのアニメーションを試すプロトタイプ。上層部にプレゼンしたところ、かなり好評だったそうです

「初代Yoga Bookではキーボード周りが中心だったが、C930では製品コンセプトにかかわる深い部分でも貢献できた」(戸田氏)とアピールします。

何が変わった? Yoga Book C930新キーボード

初代の時点で、普通のスクリーンキーボードよりも優れた点が多いYoga Bookのキーボードですが、C930では反応速度の改善や、ユーザーに実際のキーを入力しているかのように思わせるフィードバックなど、手が加わっています。

  • 初代Yoga BookとC930での改善点。C930では幅広い項目で強化や改善が図られています

従来モデルでは、キーボード周りの処理はCPUで行っていましたが、C930は新たに専用ハードウェアとして「Keyboard Engine」を実装。CPUやOSではなく、ここで処理をさせることでキーを入力した際の表示や、キー入力音がなるまでの速度が高速化したほか、さらなる安定動作、キートップ上で指を休ませる「フィンガーレスト」を検出する精度、E Ink上での高速アニメーションを実現したといいます。

  • 「Keyboard Engine」によって高速化や安定稼働を実現

C930は1分間あたり490語までのタイピングが検出できるそうで、世界記録の1分間あたり256語と比べても、十分に余裕がある数字です。

電子書籍リーダーで、E Ink採用の製品がありますが、ページ送りなど表示の更新にちょっと時間がかかりますが、C930のキーボードはキーの領域にタッチすると同時に押下のアニメーションが表示されます。これは「Keyboard Engine」が寄与しています。とはいえ、実現に向けて開発パートナーとかなり調整を繰り返したそうです。

さらに賢くユーザーに最適化

Yoga Bookのキーボードは、使う人のくせを学習して、キーが反応する領域のサイズや位置を動的に変える「エルゴノミック。ヴァーチャル・レイアウト」(E-VL)という仕組みを採用します。これによって、普通のキーボードと比べて、タイピングの生産性が向上しています。

C930はE-VLも進化。学習機能を基にしたキー領域の調整は引き続き行いますが、さらに「1本指でのタイピング」「タッチタイピング」といったユーザーのタイピングスタイルを検出して、それに合わせた位置やサイズの変更が可能となっています。

  • 「エルゴノミック。ヴァーチャル・レイアウト」(E-VL)も機能追加

さらに個別のキーを都度調整するだけではなく、キーボード全体のレイアウトもリアルタイムで切り替えられるようになりました。C930では通常のキーボードと比べて22%のタイピング生産性向上を実現しました。

なお、初代と同様にE-VLではキーの入力履歴を保持していないので「キーロガーのような問題は一切発生しない」とセキュアなことを強くアピールしています。

実際にキーを押しているような錯覚で打ちやすく

また、打ちやすさを向上させる工夫として「クロスモーダル・フィードバック」を活用しています。ある知覚が別の知覚に作用して、実際には起きていないことを体験したように錯覚することを「クロスモーダル現象」といい、VR業界などで注目されています。

  • クロスモーダル・フィードバックで、本物のキーを押しているかのようにユーザーに錯覚させる

例えば、チョコクッキーの映像を見て、チョコの香りをかぎながら、プレーンクッキーを食べると、まるでチョコクッキーを食べているかのように感じるそうです。

C930も「クロスモーダル現象」を活用し、キーが押されているようなアニメーション(視覚)、キーを押したときのタイプ音を鳴らす(聴覚)、キーを押したときの振動(触覚)を組み合わせて「普通のキーを押している」感覚を得られるとしています。

アニメーションでは、タイピング時の姿勢を基に、キーを押しているように見える位置を割り出しています。これによって5.8%生産性が向上したといいます。さらに入力時にキーを見ていないタッチタイプユーザーでも、なぜか入力速度が向上。「仮説としては、音や振動から実際にキーを押しているように感じられるので、キーボードを信頼して速度が上がるのではないかと考えられる」とのこと。

タイプ音もキー入力時±1msの低遅延や、快適な音色、どのくらいの長さで音を鳴らすかなどの最適化を図り、7.3%の生産性向上を実現しました。

複数言語への対応など、レイアウトの変更も改善

C930は、従来のYoga Bookに近いキーレイアウトである「クラシック」と、テストで得られた最適なキーピッチに近付けた「モダン」という2つのレイアウトを選べます。また、28言語のキー配列、仮想アニメーションの有無も切り替え可能です。

  • クラシックとモダンのレイアウトを選択できます。モダンの方ではタッチパッド部分の大型化も実現しています

  • 28の言語に対応。言語とクラシックとモダン、アニメーションの有無を組み合わせると100通り以上のレイアウトを選択できることになります

各キーボードに対して、電子署名と暗号化で保護しており、レイアウトや言語を切り替える際は、署名を確認して復元処理が入るため、10秒前後の時間を要します。

Caps Lockや機内モードのオン/オフなどが分かるようにアクティブインジケータを実装。便利な機能ですが、それぞれの状態をOSとやりとりしたり、エンジンリソースの最適化など苦労したそうです。

また、レノボが「世界初」とアピールするのが、タッチスクリーン上での「Windows高精度タッチパッド」です。3本指や4本指でのジェスチャ操作に対応しています。「高精度タッチパッド」というには反応速度など厳しい条件があり、実現に向けて開発パートナーやMicrosoftと緊密な連携が必要だったといいます。

  • タッチパッドはWindows高精度タッチパッドに対応。レノボでも「これはかなり大きな特徴の1つ」とアピールします

タッチパッド部分の境界に指が近付くと振動で知らせる「バーチャルボーダー」や、単純なタッチと指の押し込みを識別する「仮想プレス」といった機能もあります。特に「仮想プレス」を利用すると、1本指でのドラッグ&ドロップが可能で、「ちょっと慣れが必要だが、非常に便利な機能」としています。

C930のキーボードは、単にE Ink採用というだけでなく、思った以上に手が入っているという印象です。発表会では、従来モデルのユーザーから「かなり打ちやすくなった」という声も聞かれました。

ThinkPadを代表とする「キーボード」へのこだわりを感じさせるとともに、それをサポートするLenovo Resarchという縁の下の強力な力持ちの存在をうかがわせる説明会でした。