ドコモ光の月額料金を徹底解説!最安で契約する3つの方法も紹介

ドコモ光安くする方法は? ドコモ光

ドコモ光の料金は戸建てプラン5,200円、マンションプラン4,000円です!

他社と比べて特別安くはありませんが、ドコモスマホとのセット割が唯一適用できる光回線のため、ドコモユーザーならドコモ光一択です。

そして、ドコモ光を最安で契約するためには、キャッシュバックなどの特典が充実したプロバイダを選ぶことがポイントですよ。

今回は、ドコモ光の料金について徹底解説します。

この記事を読めば、月額料金だけでなく、最安で契約する方法やおすすめのプロバイダがわかりますよ。

この記事を書いた人
わたしのネット

月間100万人が閲覧するインターネットの総合情報サイトの「わたしのネット」の運営者。インターネット回線の正しい比較情報を届けるために、マイナビニュースへ出張中。日本で一番わかりやすいインターネット回線の解説記事を目指しています。

わたしのネットをフォローする

ドコモ光の料金内訳

ドコモ光の料金は、以下のような内訳で構成されています。

初期費用と工事費がかかるのは初月だけですが、それ以外の料金を足した金額が月額料金になります。

概算料金としては、以下の金額と考えるとよいでしょう。

  • 戸建てプラン:5,200円~6,000円
  • マンションプラン:4,000円~5,000円

インターネット月額料金

ドコモ光の月額料金を、以下の表にまとめました。

【ドコモ光の月額料金】

契約するプラン 月額料金 プロバイダ料
戸建てプラン 5,200円 0円
マンションプラン 4,000円 0円
※価格はすべて税抜

ドコモ光の特徴は、プロバイダ料が無料で契約できる点です。

たとえばフレッツ光の場合、NTT東日本でフレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプと、GMOとくとくBBのフレッツ光戸建てタイプを利用すると、プロバイダ料は月額760円(税抜き)です。

ドコモ光ならこの料金が毎月0円ですから、フレッツ光の上記プランと比べると年間で8,880円もお得です。

プロバイダは多くの会社から選べますが、契約するドコモ光のプランによって選べるプロバイダが異なります。

【ドコモ光で選べるプロバイダ】

契約するプラン 選べるプロバイダ
1ギガ タイプA ・ドコモnet
・plala
・GMOとくとくBB
・@nifty
・DTI
・andline
・BIGLOBE
・SIS
・hi-ho
・Ic-net
・Tigers-net.com
・エディオンネット
・SYNAPSE
・BB.exite.
・楽天ブロードバンド
・TikiTiki
・@ネスク
・01光コアラ
1ギガ タイプB ・OCN
・@T com
・TNC
・ちゃんぷるネット
・AsahiNet
・wakwak
10ギガ タイプA ・ドコモnet
・@plala
・GMOとくとくBB
・andline
・hi-ho
10ギガ タイプB ・BB.exite.
・AsahiNet

プロバイダとのセットを希望しない場合、「1ギガ 単独タイプ」を契約することもできますが、この場合はフレッツ光に対応するプロバイダと別で契約する必要があります。

初期費用・工事費

ドコモ光の契約には、初期費用として契約事務手数料の3,000円と、回線の工事費用がかかります。

工事費用
  • 戸建て:18,000円
  • マンション:15,000円

オプション料金

ドコモ光にはいくつかのオプションが用意されていますが、利用するためには月額料金が別途かかります。
以下に、ドコモ光で利用できるオプションをまとめてみました。

【ドコモ光で契約できるオプション】

プラン 月額料金 内容
ドコモ光電話 500円~ 電話番号そのままで一般加入電話より基本料が安くなる
ドコモ光テレビオプション 750円~ アンテナ不要でBS・CS放送が見られるようになる
※価格はすべて税抜

通常、この2つのオプションを単体で追加申し込みする場合には、2,000円(税抜き)の契約事務手数料がかかりますが、ドコモ光と同時契約をする場合は手数料が無料です。
フレッツ光からドコモ光へ転用する場合は、ひかり電話やフレッツ・テレビをそのまま利用できるので、今までと変わらずに電話やテレビのサービスを使い続けられます。

【結論】ドコモ光は代理店ネットナビからお得なプロバイダを申し込む

ドコモ光のプロバイダにはたくさんの種類があるので、何を選べばいいのかわからなくなってしまうかもしれません。

そこで、どのプロバイダを選べばもっともお得なのかを調査してみたところ、「GMOとくとくBB」がおすすめです。

GMOとくとくBBには、具体的に以下のメリットがあり、他のどのプロバイダを選ぶよりもお得です。

  • 月額料金が安い
  • v6プラス対応で速度が速い
  • 高性能なWi-Fiルーターを無料でレンタルできる
  • セキュリティソフトを12ヶ月間無料で使える

上記のキャンペーンに加え、代理店ネットナビからの申し込みで有料オプションの加入が不要で20,000円キャッシュバックが翌月末にもらえます。

キャッシュバックを受け取るためには「タイプA」の契約が必須なので、プロバイダはGMOとくとくBBのタイプAを選びましょう!

タイプAのプロバイダについては、後述の「プロバイダはタイプAを選ぶ」で詳しく解説していますので、ご覧ください。

ドコモ光と他社回線の料金を徹底比較!

ドコモ光の実質料金を、代表的な他社の光回線と比較してみましょう。
それぞれのプロバイダで戸建てタイプの契約を結んだ場合を条件に、表で見比べてみましょう。

【ドコモ光と他社回線の料金比較】

プロバイダ データ容量の制限 初期費用 契約期間中の実質料金 実質月額 契約期間
ドコモ光 なし 3,000円 127,800円 5,325円 2年
フレッツ光東日本 なし 800円 128,800円
+プロバイダ料
5,338円
+プロバイダ料
2年
フレッツ光西日本 なし 800円 118,500円
+プロバイダ料
4,936円
+プロバイダ料
2年
ソフトバンク光 なし 3,000円 151,800円 6,325円 2年
NURO光 なし 3,000円 116,832円 4,868円 2年
So-net光プラス なし 3,000円 74,520円 3,105円 3年
※価格はすべて税抜
※フレッツ光東日本・西日本は別途プロバイダ契約が必要

ドコモ光の実質月額は、プロバイダ料が別になっているフレッツ光と比較すると割安です。

お得なキャンペーンを実施している申込窓口を選択すれば、さらにお得に契約できますよ。

ドコモ光を最安で契約する3つの方法

ドコモ光を最安で契約するためには、以下の3つの方法を使いましょう。

プロバイダはタイプAを選ぶ

ドコモ光のプロバイダ一体型プランは、タイプAとタイプBにわかれています。
これらの2つの違いは「契約できるプロバイダの種類」と「月額料金」で、タイプAのほうがタイプBより月額料金が安くなります。

ただし、料金が安いからといってタイプBのプロバイダよりも劣ることはありませんから、安く契約するためには必ずタイプAを選びましょう。

タイプAにはさまざまなプロバイダがそろっていますが、なかでも「GMOとくとくBB」には以下のようなメリットがあるため、特におすすめです。

  • 月額料金が安い
  • v6プラス対応で速度が速い
  • 高性能なWi-Fiルーターを無料でレンタルできる
  • セキュリティソフトを12ヶ月間無料で使える

それでは、ドコモ光で契約できる24社のプロバイダを表で比較してみましょう。 

プロバイダ名 プラン V6プラス Wi-Fiルーター セキュリティソフト
GMOとくとくBB タイプA 12ヶ月無料
ドコモnet タイプA 12ヶ月無料
plala タイプA 24ヶ月無料
@nifty タイプA 12ヶ月無料
DTI タイプA 12ヶ月無料
andline タイプA 12ヶ月無料
BIGLOBE タイプA 12ヶ月無料
SIS タイプA 契約中無料
hi-ho タイプA 12ヶ月無料
Ic-net タイプA 契約中無料
Tigers-net.com タイプA 契約中無料
エディオンネット タイプA × 有料
SYNAPSE タイプA × 12ヶ月無料
BB.exite. タイプA × 36ヶ月無料
楽天ブロードバンド タイプA × 12ヶ月無料
TikiTiki タイプA × 有料
@ネスク タイプA × 有料
01光コアラ タイプA × 有料
OCN タイプB 12ヶ月無料
@T com タイプB 12ヶ月無料
TNC タイプB × 12ヶ月無料
ちゃんぷるネット タイプB 12ヶ月無料
AsahiNet タイプB × 有料
wakwak タイプB × 有料
※価格はすべて税抜

ドコモ光セット割を適用させる

ドコモのスマホを利用している場合には、ドコモ光セット割を適用させられます。
ドコモのスマホ料金から一定の金額が割引されるので、ドコモユーザーの方はドコモ光一択といえます。

割引額はドコモスマホのプランによって変わるので、金額の違いを表にまとめました。

契約プラン ドコモ光セット割の割引額
5Gギガホ
ギガホ
5Gギガライト/ギガライト ステップ3~4
1,000円
5Gギガライト/ギガライト ステップ2 500円
※価格はすべて税抜

簡単にシミュレーションをしてみます。

現在フレッツ光のマンションタイプを利用し、ドコモの「ギガホ」に加入し、そこからドコモ光に乗り換えるとしましょう。

回線料金 プロバイダ料金 スマホ料金 月額料金
フレッツ光 4,700円 1,100円 5,980円 11,780円
ドコモ光 5,200円 0円 4,980円 10,180円
※価格はすべて税抜

フレッツ光のプロバイダ料金は、現時点で最安のOCN、BIGLOBE、楽天ブロードバンドのいずれかを選んだ場合の料金です。
フレッツ光からドコモ光に乗り換えるだけで、毎月かかるコストを1,600円以上カットできますよ!

ドコモ光セット割を適用できる通信サービスは、現時点ではドコモ光しかありません。
ドコモスマホの利用を続ける場合、他社の回線を契約するとドコモのセット割を適用できないので、ドコモユーザーが安く回線の契約を結ぶためには、ドコモ光の契約がおすすめです。

不要なオプションに加入しない

ドコモ光にはいくつかのオプションがありますが、どれも有料プランなので、不要なオプションには加入しないようにしましょう。

ただし、キャッシュバックを受けるためには特定のオプションに加入する必要があるので、以下のオプションは「不要」と言い切れません。

本記事でおすすめしている代理店ネットナビからの申し込みだと、有料オプションへの加入は必要ないので安心してくださいね。

  • ひかりTV for docomo
  • DAZN for docomo
  • スカパー!
  • dTV
  • dアニメストア

コロナウイルスによる自粛期間が終了し、今後はプロ野球や国内外のサッカーなどのスポーツが再開されます。
多数のライブ中継を行うDAZNなどの契約は、スポーツ好きな方には特におすすめです。

ドコモ光の料金が高いと思ったら!確認すべき3つのこと

ドコモ光の契約をしたあと、予想していたよりも料金が高いと感じたときには、まずは以下の3点を確認して、請求が正しいか確認しましょう。

①ドコモ光セット割の割引はドコモスマホの料金に反映される

ドコモスマホを利用中の方は、ドコモ光を契約すると「ドコモ光セット割」が適用され、最大で月額1,000円の割引を受けられます。
ただし、これはドコモ光の料金から差し引かれるのではなく、ドコモスマホの月額料金から差し引かれます。

セット割が適用されているか確認するには、ドコモ光の料金明細ではなく、ドコモスマホの料金明細を「My docomo」にログインして確認しましょう。

②初月は契約事務手数料が追加請求される

初月に限り、契約事務手数料として3000円(税抜き)が追加請求されます。
最初の請求で高額な請求が届いたように感じた場合は、ドコモ光の料金明細をチェックして、契約事務手数料が含まれていないか、確認してみましょう。

ドコモ光に限らず、auひかりやソフトバンク光など他社の回線を契約する際にも、ほとんどのケースで契約事務手数料3,000円(税抜き)は初月に請求されます。
ドコモ光のおすすめの申込窓口GMOとくとくBBだけでなく、どこのプロバイダを選んだとしても同じ契約事務手数料がかかりますから、必須な料金と考えましょう。

③不要なオプションがついていないか確認する

ドコモ光の料金明細を確認して、不要なオプションがついている場合には、解約して月額料金を安くしましょう。
解約したいオプションが見つかったら、以下の3つの方法で解約の手続きを行ってください。

Webからの場合

My docomoからオプション解約の申し込みを行えます。

電話の場合

ドコモインフォメーションセンター
  • 電話番号:0120-800-000(通話料無料)
  • 受付時間:9:00~20:00

ドコモショップで解約する場合

ドコモショップを利用して解約を申し込む場合は、最寄りのドコモショップで解約手続きを直接行えます。
現在はコロナウイルスの影響により、事前に来店予約を入れる必要があるため、ホームページから申し込みを行いましょう。

ドコモ光の料金を確認する方法

ドコモ光の料金は、「My docomo」で確認する方法と、インターネットの「ご利用内訳」から確認する方法があります。

いずれの場合も「dアカウントID」と「パスワード」を入力してログインすると、「料金」タブが表示されるので、「ご利用料金の確認」を選びましょう。
合計金額のほか、オプションを含んだ細かい明細が表示されるので、誤りがないか確認してください。

ドコモ光の解約にかかる料金

ドコモ光は2年契約となっており、2年契約が終了したあとは自動的に2年契約が更新されます。
契約期間内に解約する場合は、解約金(違約金・契約解除料)が請求されますのでご注意ください

ドコモ光の解約金は以下のとおりです。

【ドコモ光の解約金】

タイプ 解約金
戸建てタイプ 13,000円
マンションタイプ 8,000円
※価格はすべて税抜

契約満了月かその翌月、翌々月に設定されている更新月に解約を申し込めば、無料で解約できます。
契約期間をしっかりと確認して、解約するベストなタイミングを逃さないようにしましょう。

まとめ

ドコモ光の料金は戸建てタイプで5,200円マンションタイプでは4,000円ですが、キャッシュバックを受け取ることでさらに安くなります。

ドコモユーザーにとっては、契約しているスマホプランに応じて、さらに月額最大1,000円が割引される「ドコモ光セット割」を利用できる可能性があるため、おすすめです。

タイトルとURLをコピーしました