Ubuntuにおけるセキュリティの基本中の基本が、ファイルやディレクトリのパーミッションだ。前回は、パーミッションを設定する(変更する)コマンドとしてchmodを取り上げた。

今回は、chmodの使い方の応用編をお届けする。実際にはこちらを使う機会が多いので、内容は押さえておきたいところだ。→連載「WindowsでUbuntuをはじめる」のこれまでの回はこちらを参照

Ubuntuを起動

Ubuntuを起動する。スタートメニューから「Ubuntu on Windows」を選択すればよい。

  • スタートメニューから「Ubuntu」を起動

    スタートメニューから「Ubuntu」を起動

  • Ubuntu / Windows Terminal

    Ubuntu / Windows Terminal

「Ubuntu on Windows」を選択すると、上のようなターミナルアプリケーションが起動してくる。ここでUbuntuのコマンドを実行する。

パーミッションを変更するchmodコマンド

この記事は
Members+会員限定記事です。

ログイン/会員登録する