Ubuntuのセキュリティの基本はファイルのパーミッションだ。前回までに、ls -lで表示されるファイルパーミッションの読み方と、典型的なパーミッションについて説明した。

今回は自分でこのパーミッションを自分で変更する方法について説明する。連載「WindowsでUbuntuをはじめる」のこれまでの回はこちらを参照

Ubuntuを起動

Ubuntuを起動する。スタートメニューから「Ubuntu on Windows」を選択すればよい。

  • スタートメニューから「Ubuntu」を起動

    スタートメニューから「Ubuntu」を起動

  • Ubuntu / Windows Terminal

    Ubuntu / Windows Terminal

「Ubuntu on Windows」を選択すると、上のようなターミナルアプリケーションが起動してくる。ここでUbuntuのコマンドを実行する。

パーミッションを変更するchmodコマンド

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら