本連載では、小売や製造、飲食などさまざまな業界で取り組んでいる「映像データによる“現場DX”」の具体例を現場担当者の声と共にご紹介していきます。各業界にはどのような課題があるのか、そこで映像データを活用し、どのような効果が見られたのか。今回は、飲食店とサービス業の現場です。

“3分提供”を映像で確認し、オペレーションを磨き上げる焼肉ライク

“焼き肉のファストフード” をコンセプトに新規出店数を伸ばし続けている一人焼肉の先駆け「焼肉ライク」。首都圏を中心に国内86店舗 (2022年8月現在)を展開するなど、コロナ禍でも成長著しい同社は、映像データの活用による業務効率化を実現している飲食店です。

焼肉ライクでは1人1台の無煙ロースターが用意されており、自分のペースで自由に一人焼肉を楽しめることを売りにしています。店舗によってはセルフカウンター方式を採用し、会計もセルフレジで行えるため、周囲の目が気にならないというメリットもあります。

  • 平成最後の「焼き肉の日」、2018年8月29日に東京・新橋に1号店をオープン

同社では、クラウド録画カメラをレジや金庫などセキュリティが重要な箇所だけでなく、厨房やホール全体を見渡せる場所にも複数台設置しています。撮影した映像データは音声と共にインターネット経由でクラウドにリアルタイムで保管され、PCやスマホで確認できます。クラウド録画カメラの導入は、2店舗目以降を展開する際に検討し始めたそうです。

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら