今回は当連載の第114回で紹介した4つのパターンのうちのパターン3と4を紹介します。チームに招待した参加者がMicrosoft 365ライセンスを使っている場合…つまり有料版Teamsを使っている場合です。

チーム参加者が組織外で有料版Teamsを使っている場合

パターン3…チーム参加者が外部組織で有料版を使っている場合です。ここで外部組織というのはMicrosoft 365のテナントが異なるということです。

たとえば、A社のMicrosoft 365テナントのドメイン名がa.comとa.bizだとします。一方、B社で使用しているMicrosoft 365のテナントのドメイン名はb.jpだとします。

A社の従業員はa.comまたはa.bizのドメイン名のユーザー名でTeamsを使っています。B社の従業員はb.jpのドメイン名のユーザー名でTeamsを使っています。

ここで、A社のTeamsのチームにB社のユーザーをメンバーとして参加させるのが、パターン3になります。

  • パターン3

結論から言えば、チーム内での権能は第115回で紹介したパターン2の場合と同じです。

B社の従業員はB社のチームに際してはTeamsの機能をフル活用できますが、招待されたA社のチームに際してはゲストアカウントとなるので無料のMicrosoftアカウントで参加するときと変わりません。

ただ、どこの組織のチームに参加するのか切り替えながら使えます。

組織外のユーザーをチームに招待する

チームへの招待に関しては連載第115回も参照してください。

Teamsで「メンバーを追加」を実行クリックします。

(1)組織外のユーザーのMicrosoft 365のユーザー名を入力。
(2)「~ゲストとして追加」が表示されたときはクリックして追加。

  • 組織外のユーザーをのメールアドレスを入力

(3)外部ユーザーをゲストとして「追加」する。
(4)ユーザーの追加が終わったら「閉じる」をクリック。

  • 外部ユーザーをゲストユーザーとして追加

追加したユーザーには招待メールを自動送信します。 外部ユーザーを追加したチームの「チームを管理」メニューを開いてください。

(5)「メンバーおよびゲスト」をクリックしてメンバーのリストを展開。

この記事は
Members+会員限定記事です。

ログイン/会員登録する