主催者のみMicrosoft 365ライセンスのTeamsを使う

当連載の第114回で紹介した4つのパターンのうちのパターン2を紹介します。

組織外とコラボレーションするとき、もっとも利用されやすいのがパターン2でしょう。パターン2では、組織外のユーザーに関しては無料ライセンスを使用してもらいます。 メリット、デメリットは以下のようになります。

メリット:
・組織外のユーザーに費用負担をかけない。
・チームとして管理できる。

デメリット:
・Microsoft Teamsの全機能を利用できるわけではない。

チームへの組織外ユーザーの追加

チームに組織外のユーザーを追加する方法を紹介します。

(1)ユーザーを追加するチームの「…」(その他のオプション)をクリック。
(2)「メンバーを追加」メニューをクリック。
(3)「ユーザーを追加」ボタンが表示されているときは「ユーザーを追加」をクリックでもかまわない。

  • 「メンバーを追加」メニューをクリック

(4)外部ユーザーのメールアドレスを入力。
(5)「~をゲストとして追加」が表示されたときはクリック。

  • 外部メンバーのメールアドレスを追加

一度ゲストとして追加したことのある外部ユーザーのアカウントは、Teamsにアカウント情報として記録されます。

(6)外部ユーザーがゲストユーザーとして表示。

この記事は
Members+会員限定記事です。

ログイン/会員登録する