ビジネスを着実に進めるためのTIPSの一つに「気が散るようなものを仕事場に置かない」というものがある。これはWebブラウザにおいても同じだ。仕事でPCを使うなら、デスクトップやWebブラウザに「気が散るようなもの」を置かないことで、本来の作業に集中しやすくなる。

Microsoft Edgeの新規タブはちょっとごちゃごちゃしている

Microsoft Edgeはなかなか良い仕上がりを見せている。しかし、新規タブに表示されるコンテンツが少々賑やかな点は、評価が分かれるところだ。表示コンテンツが気に入っているなら良いのだが、常に広告をチェックしたいユーザー以外は、それほど必要性の高いコンテンツが表示されているとは言い難い。

  • Microsoft Edge - 新規タブにはニュースが表示されている

    Microsoft Edge - 新規タブにはニュースが表示されている

しかもこのニュースは、スクロールしていくとどんどん表示されるコンテンツが増える仕組みになっている。つい見てしまい、無駄に時間を使うことになりかねない。まずはシンプルな状態にして、必要に応じてコンテンツを追加すればよい。Microsoft Edgeにそういった設定機能が用意されていることは前回取り上げた通りだ。今回はその設定を使って、まずはシンプルな「新規タブ」ページを設定する方法を紹介する。

→連載「意外と知らないMicrosoft Edgeの便利な使い方」の過去回はこちらを参照。

シンプルな「新規タブ」の設定

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら