新しいタブページはカスタマイズできる。前回、このページをシンプルにカスタマイズする方法を取り上げた。今回は、タブページにある「クイックリンク」という機能を取り上げる。これは、うまく設定すると“アクセスしやすいブックマーク”のように使えるものだ。使いこなせば時短につながるので、その特徴を把握してしまおう。

→連載「意外と知らないMicrosoft Edgeの便利な使い方」の過去回はこちらを参照。

キーボード操作を減らしたい人にオススメ

ビジネスパーソンの中には、タイピングがあまり得意ではない方もいるはずだ。そういう方は、マウスで処理が完結することを好む傾向がある。その方が作業効率が良いからだ。できれば、マウスもそれほど頻繁に動かしたくないということすらある。普段タイピングが苦ではない人でも、キーボードが打ちにくい小型のノート型PCやタブレット型PCを使う際は、同じような気持ちになったことがあるのではないだろうか。

そんなときに、クイックリンクはちょっとばかり便利なのだ。

クイックリンクのデフォルト表示

Microsoft Edgeの初期設定だと、起動時、次のようにMicrosoft Bingの検索フィールドとクイックリンク、ニュースが表示される仕組みになっている。

  • 最初のMicrosoft Edge

    最初のMicrosoft Edge

検索フィールドとニュースの間に、四角いアイコンが並んでいる。これが「クイックリンク」だ。何も設定を変更しなければ、Microsoftが推奨するサイトとユーザーがよく利用するサイトが表示される仕組みになっている。

前回はこのページを次のようにシンプルな表示に変更する方法を取り上げた。

  • シンプルな「新しいタブ」へ設定変更したMicrosoft Edge

    シンプルな「新しいタブ」へ設定変更したMicrosoft Edge

ご覧の通り、クイックリンクも全て表示しない状態になっている。今回はこれをベースに、任意のクイックリックを表示していく。

クイックリンクの表示を切り替える

クイックリンクは、「1行」「2行」「トップ」「オフ」の4つの設定が可能となっている。

  • クイックリンクの設定

    クイックリンクの設定

それぞれ表示は次のように切り替わる。

  • クイックリンク: 1行

    クイックリンク: 1行

  • クイックリンク: 2行

    クイックリンク: 2行

  • クイックリンク: トップ

    クイックリンク: トップ

クイックリンクは、気になるWebサイトをあれこれ登録しておくための機能ではない。あくまでも、よく利用するサイトのみを登録するためのものだ。なお、似たような機能は、ほかの主要Webブラウザにも用意されている。

クイックリンクはカスタマイズできる

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら