米Oracleは今年、3年ぶりに、米国ラスベガスで年次イベント「Oracle CloudWorld 2022」を開催した。同イベントでは毎回、同社の主力製品に関する発表が数多く行われる。

そこで、日本オラクルは11月14日に説明会を開催し、同イベントで発表された、Oracle Fusion Cloud Applicationsに関する注目のトピックを紹介した。

常務執行役員 クラウド・アプリケーション事業統括の善浪広行氏は、「Oracle CloudWorld 2022」について、「名称が刷新され、開催地もサンフランシスコからラスベガスに変わった。オラクルの戦略が整理された年になり、第2の創業期を迎えていると感じた」と、大きな変化が見られたことをアピールした。

  • 日本オラクル 常務執行役員 クラウド・アプリケーション事業統括 善浪広行氏

CEOのサフラ・キャッツ氏をはじめとする経営陣が、基調講演でパートナーとのエコシステムを強調していた点もこれまでとは異なるスタンスだったという。

先に開催されたOCIに関する説明会でも、常務執行役員 クラウド事業統括 竹爪慎治氏が同様の内容を語っており、「Oracle CloudWorld 2022」は日本オラクル幹部にインパクトを与えたようだ。

顧客の成功のために開発を進める「Oracle Fusion Cloud Applications」

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら