米Oracleは今年、3年ぶりに、米国ラスベガスで年次イベント「Oracle CloudWorld 2022」を開催した。同イベントでは毎回、同社の主力製品に関する発表が数多く行われる。

そこで、日本オラクルは11月10日に説明会を開催し、同イベントで発表された、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)とデータベースに関する注目のトピックを紹介した。

冒頭、常務執行役員 クラウド事業統括 竹爪慎治氏は、同イベントの印象について、次のように語った。

「これまでのイベントと比べ、工夫が凝らされていた。背景にブルーを使ったり、他社との協調をうたったりと、これまでとは変わった面が見られた。また今年は、CEOのサフラ・キャッツ、CTOのラリー・エリソン、 Oracle Cloud Infrastructure担当エグゼクティブ・バイスプレジデントのクレイ・マグマイク、Applications Development担当エグゼクティブ・バイスプレジデントのスティーブ・ミランダの4人が一貫した戦略の下で、基調講演を行っていた」(ラリー・エリソン氏は基調講演でクラウドの将来を予想スティーブ・ミランダ氏は基調講演で「Applications Platform」を発表

  • 日本オラクル 常務執行役員 クラウド事業統括 竹爪慎治氏

竹爪氏は、Oracle CloudWorld 2022において、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)の進化が「堅牢堅固なクラウド基盤」「分散クラウド」「データ活用を促進する基盤」という3つの観点から発表が行われたと説明した。

堅牢堅固なクラウド基盤を実現する新機能

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら