米Oracleは10月17日~20日、米ラスベガスで開催した「Oracle CloudWorld 2022」で、開発者やパートナーがOracle Fusion Cloud Applicationsを拡張できる「Oracle Applications Platform」を発表した。

米Oracleは10月17日~20日、米国ラスベガスで開催した年次イベント「Oracle CloudWorld 2022」で、開発者やパートナーがOracle Fusion Cloud Applicationsを拡張できる「Oracle Applications Platform」を発表した。本稿では、同製品の特徴をお伝えしたい。

業務アプリケーションにおけるOracleの強みとは

19日、基調講演のステージに立ったアプリケーション製品開発担当エグゼクティブバイスプレジデントのSteve Miranda氏は、コロナ禍、ロシア-ウクライナ情勢、円やポンドなどの為替動向など変化が激しい時代において、対応し、さらにはリードするためにはERP、CXなどを使ってクイックに動く必要がある、と述べる。

  • 米Oracle アプリケーション製品開発担当エグゼクティブバイスプレジデント Steve Miranda氏

「Oracle自身もプロダクトカンパニーからサービスカンパニーに転身を遂げた」とMiranda氏。

業務アプリケーションではさまざまな選択肢がある中、Oracleの強みとして、Miranda氏は「包括性」「テクノロジー土台」を挙げた

包括性については、「サプライチェーンを含むERP、ペイロールやタレント管理・リクルーティングを含むHCM、セールス/サービス/マーケティングなどの顧客体験と、最も包括的なアプリケーションポートフォリオをもつ」とMiranda氏。「テクノロジー土台」に関して、「われわれは、テクノロジー事業も持つ点で唯一のアプリケーションベンダー」という。

Oracle Fusion ApplicationsはOCIによるメリットも享受

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら