グーグル・クラウド・ジャパンは7月20日~21日の期間でオンラインによる「Google Workspace Summit」を開催している。同イベントは基調講演やブレイクアウトセッションを通じてGoogle Workspaceを活用している企業の事例、Google Workspaceの最新機能の情報を発信しており、本稿では基調講演とエイチ・ツー・オー リテイリングの事例を紹介する。

コロナ禍で試行錯誤してきたGoogle

まず、グーグル・クラウド・ジャパン 代表の平手智行氏は「2020年以降、働き方は大きく変わり、出社して1拠点でコミュニケーションを行う日々から多くの時間を自宅などリモート環境でのコミュニケーションや生産現場との連携もオンラインで実施するケースが増加するなど、変化を余儀なくされた」と述べた。

  • グーグル・クラウド・ジャパン 代表の平手智行氏

    グーグル・クラウド・ジャパン 代表の平手智行氏

現在では、日本をはじめ世界各地でGoogleのオフィスは再開しており、過去2年間において新しい方法でつながり、創造し、コラボレートするためにオフィスの再設計に取り組んでいるという。

平手氏は「この2年間にGoogleはGoogle Workspaceを社内で活用することで、対面でなくともコラボレーションを可能にし、ビジネスを前進させてきた。社内でのブレインストーミングや創造的な問題解決のために、さまざまなタイプのコラボレーションスペースを試行錯誤している」と振り返る。

働き方は新たな段階へ

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら