最新の第8世代Intel Core i7を搭載。最大6コア/12スレッドの高い処理能力と12MBへとスケールアップしたキャッシュメモリなど、これまで以上のハイパフォーマンスな処理能力を実現。複雑かつ負荷の高いクリエイティブ作業シーンで実力を発揮するCPUだ。

グラフィックスカードには、ハイエンドモデルの中でも多くのクリエイターから支持を得ているNVIDIA GeForce 1080を採用。GPUを使うソフトウェアとの組み合わせはもちろん、4K動画の出力、高解像度ディスプレイへの描画など、高いビジュアル性能が求められるシーンでその実力をいかんなく発揮する。

  • 正面インタフェース。力強さ、武骨さを表現したデザインが魅力

  • 背面。高速なUSB3.1ポートなど豊富なインタフェース

メインメモリも標準で16GB(PC4-19200/8GB×2デュアルチャネル)と大容量。480GB SSD+3TB HDDによるデュアルストレージ構成によって、OSやソフトウェアのスムーズな動作と大量のデータ保存を1台のマシンで可能にしている。

  • 持ち上げやすいハンドルとキャスターで室内移動を想定した筐体デザイン。オフィスや自宅などの移動もスムーズに行えるだろう

さらにBTOメニューでメモリの追加やより高速なNVMe対応M.2 SSDの採用も可能。CAD、アート、ゲーム開発、4K動画制作などのクリエイターによるニーズを十分満たすハイエンドマシンが構築できる。

標準スペック

メーカー マウスコンピューター
型番 DAIV-DGZ520H3-SH5
CPU Intel Core i7-8700K
メモリ 16GB PC4-19200(8GB×2/デュアルチャネル)
SSD 480GB SerialATAIII
HDD 3TB SerialATAIII 7,200rpm
チップセット Intel Z370 チップセット
光学ドライブ オプション
グラフィックス NVIDIA GeForece GTX1080
OS Windows 10 Home 64ビット
LAN 1 (1000Base-T/100Base-TX/10Base-T対応(RJ-45))
インタフェース ディスプレイ×4 (DVI-D×1、DisplayPort×3) (DVI-HDMI変換コネクタ付属)、キーボード/マウス×1(PS/2 Mini DIN 6PIN)、USB3.0×6(背面×4、前面×2)※USB前面ポートは常時給電対応、USB3.1(背面×2)、サウンド/ラインイン、ラインアウト、ヘッドフォン(前面×1)、マイク入力 (モノラル 前面×1/背面×1)、リアスピーカー、センター・サブウーファー、サイドスピーカー
電源 700W(80PLUS BRONZE)
サイズ W190×D490×H490mm
重量 約11.3kg
価格 219,800円(税別)

上記スペックは、あくまで構成の一例だ。BTOを駆使して、ぜひ自分好みの一台を作ってみてほしい。

価格・構成については、2017/11/30(記事作成日)現在の情報です。最新情報についてはマウスコンピューターのサイトにてご確認ください。

マウスコンピューター/DAIV-DGZ520H3-SH5

[PR]提供: マウスコンピューター