【比較】一眼レフカメラ買取おすすめ業者8選!高く売るコツも解説!箱なしでも買い取ってもらえる?

一眼レフカメラ 買取

「一眼レフの買取価格相場はいくらくらい?」

「一眼レフのおすすめ買取業者はどこだろう?」

この記事では、上記のような方に向けて以下の内容を解説していきます。

  • 中古一眼レフの買取価格相場
  • 一眼レフのおすすめ買取業者
  • 一眼レフを高額買取してもらうためのポイント

上記の内容を把握することで、あなたに最適な方法でできるだけ高く買い取ってもらえるようになります。

なお、今すぐ一眼レフを高額買取してもらいたい方におすすめの買取業者として「カメラの買取屋さん」があります。

レンズ 買取 カメラの買取屋さん

<カメラの買取屋さんのおすすめのポイント>

  • カメラ専門の査定員が、一眼レフを適正価格で査定してくれる
  • 専門の査定員がチームで対応してくれるため、査定が速いかつ正確性が高い
  • 傷や汚れがある状態が悪い一眼レフでも買取対応あり
\30万円以上の買取実績あり!/
カメラの買取屋さんの公式サイトを見る

また、カメラ全般に対応しているおすすめの買取店に関して詳しく知りたい方は「カメラ買取店おすすめ11選!高額で売るならどこがいい?」も参考にしてください。

中古一眼レフの買取価格はどのくらい?

中古一眼レフの買取相場に関して「バイセル」「カメラのキタムラ」の2022年2月時点の掲載情報をもとに、種別に紹介していきます。

おすすめの一眼レフ買取業者を今すぐ見る

一眼レフカメラの買取相場に関して詳しく知りたい方は「【価格一覧】中古カメラの買取相場を機種別・メーカー別に解説!」も参考してください。

デジタル一眼レフカメラ

アイテム名 参考価格(税込)
OLYMPUS E-5 ~16,000円
キヤノン EOS 80D ボディ ~23,490円
PENTAX KP ~26,400円
キヤノン OS Kiss X9i ~27,200円
Nikon Df ~48,000円
ソニー α99 ボディ SLT-A99V ~50,940円
PENTAX 645D ~80,000円
ソニー α99II ボディ [ILCA-99M2] ~108,720円
Nikon D5 ~112,000円
キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ ~168,000円

(出典:「バイセル」「カメラのキタムラ」)

デジタル一眼レフカメラおおよその平均価格は、16,000円~168,000円(税込)です。

デジタル一眼レフカメラの買取額は、エントリーモデルかハイアマチュアモデルで異なります。前者の相場は4万円ほどですが、後者は15万円以上の高値がつくこともあります。

ボディのみかレンズキットかどうかで数万円の差がつくため、高額買取を望むならセットで売りに出すのがおすすめです。

おすすめの一眼レフ買取業者を今すぐ見る

ミラーレス一眼カメラ

アイテム名 参考価格(税込)
PENTAX PENTAX Q-S1 ~10,400円
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark Ⅱ ~32,000円
Nikon Z50 ~48,000円
キヤノン EOS R ~60,000円
Sony α6600 ~60,000円
Nikon Z7 ~96,000円
OLYMPUS OM-D E-M1X ~104,000円
キヤノン EOS R6 ~134,400円
Leica SL2 ~268,800円
Sony α1 ~384,000円

(出典:「バイセル」「カメラのキタムラ」)

ミラーレス一眼カメラおおよその平均価格は、10,000円~380,000円(税込)です。

ミラーレス一眼カメラは、他のカメラと比較してコンパクトで利用しやすいのが特徴です。その特徴から、女性やカメラ初心者にも人気が高い傾向にあります。

そのため、次の買い手が見つかりやすく、買取店側でも高価買取をしやすいアイテムとなっています。

中でも、オリンパスやキャノンなどは人気が高く、高価買取になりやすいです。

【比較】一眼レフのおすすめ買取業者8選!

ここからは一眼レフのおすすめ買取業者を8つ厳選して比較していきます。

それぞれの業者の特徴や活用メリットを知ることで、あなたに合った買取業者が見つけやすくなるでしょう。

それでは各業者の詳細を見ていきましょう。

カメラの買取屋さん

レンズ 買取 カメラの買取屋さん

買取品目 ・ボディ(デジタル / フィルム)
・レンズキット
・撮影バッグなど
買取方法 ・出張買取
・店頭買取
・宅配買取
事前査定 LINE相談
送料(宅配買取の場合) 無料
段ボール(宅配買取の場合) 自分で用意
査定期間 不明
\30万円以上の買取実績あり!/
カメラの買取屋さんの公式サイトを見る

「カメラの買取屋さん」は、一眼レフやその周辺機器など、カメラ関連の品物の買取に特化した買取専門業者です。

カメラの買取屋さんは、無店舗化による人件費・店舗運営費などのコスト削減を徹底しています。その分を買取金額に還元しており、一眼レフの高価買取に期待できるでしょう。

一眼レフの高価買取の実績として、CANON EOS-5D Mark3レンズキットは12万円(税込)、Leica X VARIOは10万円(税込)でそれぞれ買取しています。

また、カメラの買取屋さんでは壊れてしまった一眼レフでも対応可能です。気になる傷や汚れ・機能の問題があっても査定依頼できます。

対象エリア内なら、依頼から最短30分という早さで出張買取に来てくれるため、急いで現金化したい方も利用しやすいです。

なお、出張料や査定料、送料など手数料はすべて無料です。全国対応の出張買取のほかにも宅配買取に対応しており、好きな方法で依頼できます。

カメラの買取屋さんがおすすめの方は「専門知識豊富なカメラ専門買取業者に買取を依頼したい方」や「即日対応の出張買取を利用したい方」です。

\30万円以上の買取実績あり!/
カメラの買取屋さんの公式サイトを見る

バイセル

レンズ 買取 バイセル

買取品目 ・フィルム一眼レフカメラ
・デジタル一眼レフカメラ
・ミラーレス一眼レフカメラ
・AF一眼用レンズ
・MF一眼用レンズなど
買取方法 ・出張買取
・店頭買取
・宅配買取
事前査定 なし
送料(宅配買取の場合) 無料
段ボール代(宅配買取の場合) 無料
査定期間 不明
\抽選で買取金額2倍キャンペーン開催中!/
バイセルの公式サイトを見る

「バイセル」は、一眼レフを含む累計買取実績が1,400万点を超える買取専門業者です。

傷や汚れがある一眼レフでも買取可能な場合があるため、状態の悪さが気になっている方でも依頼しやすいでしょう。

バイセルを利用するメリットは、査定スタッフのスキルの高さにあります。バイセルは、買取経験豊富なスタッフとカメラの買取に特化した専門チームが査定を行うため、高価買取に期待できます。

一眼レフの高価買取の実績として、パナソニックのミラーレス一眼カメラ「DC-S1H」が172,000円(税込)、OLYMPUSのミラーレス一眼カメラ「OM-D E-M1X」が104,000円(税込)などを公開中です。

10万円以上の値がつく査定結果がいくつもあり、高価買取が期待できることがうかがえます。

また、三脚やコンバータなどの周辺機器も買取可能であるほか、説明書や外箱がないカメラでも買取依頼可能です。

買取方法は「出張買取」「宅配買取」「店頭買取」の3つに対応しており、利用しやすい買取方法を選べます。24時間365日相談可能であるため、忙しい方でもすぐに気になることを問い合わせ可能です。

バイセルがおすすめなのは「一眼レフやその周辺機器を高価買取してもらいたい方」や「カメラに詳しい査定員に正確な査定をしてほしい方」などです。

\抽選で買取金額2倍キャンペーン開催中!/
バイセルの公式サイトを見る

買取王子

レンズ 買取 買取王子

買取品目 ・ボディ
・レンズ各種
・レンズフィルター
・一脚
・三脚など
買取方法 宅配買取
事前査定 なし
送料(宅配買取の場合) 無料
段ボール代(宅配買取の場合) 無料
査定期間 商品到着から1週間程度
\まとめ売りで最大6万円(税込)買取価格がアップする!/
買取王子の公式サイトを見る

「買取王子」は、一眼レフ含む年間査定点数が600万点を超える、宅配買取に特化した買取専門業者です。

傷ありや起動しなくなった一眼レフカメラでも買取可能で、所有しているカメラを幅広く売りに出せます。

買取王子の買取成約率は94.4%と高く、多くの利用者が買取価格に満足している点から、高価買取を期待できますよ。

さらに、一眼レフカメラを含む対象商品を買取に出すと、査定点数に応じて最大6万円まで買取価格がアップする「プラスアップキャンペーン」を実施しています。

宅配業者が自宅まで集荷に来てくれ、送料や宅配キット代は無料。自宅で取引が完結するため楽です。

買取王子がおすすめの方は「一眼レフカメラやその周辺機器など、複数の品物の買取を自宅にいたまま行いたい方」です。

\まとめ売りで最大6万円(税込)買取価格がアップする!/
買取王子の公式サイトを見る

買取王子の口コミ評判に関して詳しく知りたい方は「買取王子の口コミ評判はひどい?実際に利用した評価・レビューをもとに分析!」も参考にしてください。

カメラ高く売れるドットコム

カメラ高く売れるドットコム カメラ買取

買取品目 ・ボディ
・レンズ
・照明
・ストロボなど
買取方法 ・出張買取
・店頭買取
・宅配買取
事前査定 ・Web査定
・電話査定
送料(宅配買取の場合) 無料
段ボール代(宅配買取の場合) 無料
査定期間 ・通常:最短当日中
・事前査定:概ね1営業日以内

カメラ高く売れるドットコムの公式サイトを見る

「カメラ高く売れるドットコム」は、利用者が100万人を超える人気のカメラ買取業者です。東証一部上場企業が運営しているため、初めての方も安心感を持ってカメラを売却できるでしょう。

フィルム一眼レフやデジタル一眼レフはもちろん、さまざまなタイプのカメラを取り扱っています。

カメラ高く売れるドットコムでは、電話やWebで事前査定を依頼可能です。約1分ほどの簡単入力で、どれくらいの査定額がつくのかおおまかなに把握できます。

そのため、カメラを送ったり持ち込んだりする前に価値を知りたい方にとって便利です。

カメラ高く売れるドットコムがおすすめの方は「大手企業のサービスを利用して一眼レフを売りたい方」や「事前におおまかな査定額を知りたい方」などです。

カメラ高く売れるドットコムの公式サイトを見る

リファン

買取品目 ・ボディ
・レンズ
・ドローン
・ジンバルなど
買取方法 ・出張買取
・店頭買取
・宅配買取
事前査定 ・LINE査定
・メール査定
送料(宅配買取の場合) 無料
段ボール代(宅配買取の場合) 無料
査定期間 商品到着日に査定

リファンの公式サイトを見る

「リファン」は一眼レフカメラを含む映像・AV機器や各種家電製品を買い取ってくれる買取業者です。

新品は買取価格を保証してくれるうえ、中古品でも減額なしの価格を提示してくれます。この点から、大切な一眼レフを納得のいく価格で売れるでしょう。

リファンでは事前査定サービスが充実しており、LINEやメール、電話など幅広い方法で事前に査定額を知ることができます。

また宅配キットや送料、キャンセル時の返送料など手数料一切がかからず、気軽に申し込める点も便利です。

リファンがおすすめなのは「価格保証をしてくれる業者で売りたい方」や「宅配キットやキャンセル時の返送料など少しでも費用をかけたくない方」などです。

リファンの公式サイトを見る

マップカメラ

買取品目 ・ボディ
・レンズ
・バッグなど
買取方法 ・店頭買取
・宅配買取
事前査定 買取情報検索(公式ページ)
送料(宅配買取の場合) 無料
段ボール代(宅配買取の場合) 無料
査定期間 不明

マップカメラの公式サイトを見る

「マップカメラ」は一眼レフカメラを含むさまざまなカメラ商品の買取や販売、下取りなどを行う業者です。プライバシーマーク取得の上場企業で、安心感を持って取引ができるでしょう。

中でも「Canon」や「Nicon」「SONY」「LEICA」などのメーカー製品の買取に力を入れています。

マップカメラでは「ワンプライス買取」と呼ばれる、独自サービスを提供。具体的には、公式サイトで指定のメーカー製品を買取表の値段そのままで買い取ってもらえます。

減額される不安や金額承認手続きの必要がなく、スムーズに売却が完了する仕組みです。

また、現在持っている一眼レフカメラを下取りしてもらえたり、注文商品を先渡ししてもらって商品を買ったりするサービス(下取交換)も利用できます。

マップカメラがおすすめの方は「あらかじめ決まった額で一眼レフカメラの売却依頼をしたい方」や「別の一眼レフの購入を考えている方」などです。

マップカメラの公式サイトを見る

カメラのキタムラ

買取品目 ・ボディ
・レンズ
・三脚など
買取方法 ・出張買取
・店頭買取
・宅配買取
事前査定 ・買取情報検索
・電話査定
送料(宅配買取の場合) 無料
段ボール代(宅配買取の場合) 無料
査定期間 商品受領メールの送付から2~3日

カメラのキタムラの公式サイトを見る

「カメラのキタムラ」は、一眼レフを含むカメラの買取や販売、撮影スタジオなどで有名な大手カメラ専門店です。

知名度が圧倒的に高いため、カメラ売却初心者の方でも安心感を持って利用できるでしょう。

カメラのキタムラでは、カメラ専門店ならではの経験豊富な専門スタッフがいるため、納得のいく高額査定を期待できます。

下取りの場合は査定価格が10%アップや、売るカメラがキタムラの5年間保証品の場合はさらに10%アップするなど、お得感が高い取引が可能です。

カメラのキタムラがおすすめなのは「知名度が高い業者を利用したい方」「近隣にカメラのキタムラの店舗がある方」などです。
カメラのキタムラの公式サイトを見る

カメラのナニワ

買取品目 ・ボディ
・レンズ
・三脚
・バッグ
・ストロボなど
買取方法 ・出張買取
・店頭買取
・宅配買取
事前査定 ・買取査定フォーム
・LINE査定
送料(宅配買取の場合) 無料
段ボール代(宅配買取の場合) 無料
査定期間 商品到着後2日程度

カメラのナニワの公式サイトを見る

「カメラのナニワ」は、創業74年の買取経験と月間10,000点以上の買取実績を持つ老舗カメラ買取業者です。

一眼レフはもちろん、ビンテージカメラやマニアックなカメラも取り扱っているため、カメラ好きな方でも使い勝手の良いサービスです。

カメラのナニワは、どんなに古い一眼レフカメラでもしっかり査定してくれます。何十年も前のカメラや査定が難しいカメラも明朗査定するため、状態の悪い一眼レフカメラを売りたい方も利用しやすいです。

カメラのナニワがおすすめなのは「ベテランの買取スタッフに査定してほしい方」や「状態の悪い一眼レフカメラを売りたい方」などです。

カメラのナニワの公式サイトを見る

一眼レフを売る方法一覧!おすすめはどれ?

一眼レフを売る方法には、以下の4つがあります。

少しでも高く、かつ手軽に一眼レフカメラを売却したい方は「一眼レフ対応の買取専門業者」の利用がおすすめです。

買取専門業者であれば、一眼レフカメラの買取市場やカメラの価値に関して詳しい場合が多く、相場の適正価格で買い取ってもらえる可能性が高いです。

また、周辺機器の価値やリアルタイムの相場も把握しており、この点からも他の売却方法に比べて高価買取を期待できます。

さらに専門業者ではさまざまな買取方法を利用できるため、都合の良い方法を選びやすいです。

一眼レフの売却方法について知ると、あなたに最も合う方法で一眼レフを売れるようになります。

おすすめの一眼レフ買取業者をもう一度見る

一眼レフ対応の買取専門業者を利用する

一眼レフの売却先として、一眼レフ対応の買取専門業者を利用する方法があります。

先述の通り、買取専門業者に買い取ってもらうとさまざまなメリットがあります。

そのため基本的には、後述のリサイクルショップやフリマサイトを利用するよりも買取専門業者がおすすめです。

買取専門業者の買取方法には、以下の3通りの方法がある場合が多いです。

以下では、それぞれの買取方法の特徴を見てみましょう。

出張買取

買取専門業者の買取方法として「出張買取」があります。出張買取を行っている買取店の例として「バイセル」があります。

出張買取とは、買取を行う業者のスタッフが一眼レフカメラを売りたい方の自宅に出張し、そこでカメラの査定や買取、支払いを行う方法です。

出張買取では査定スタッフが家まで来てくれるため自身で動く必要がないほか、一眼レフカメラの梱包や運搬も必要ありません。

運搬中の破損の心配もなく買取依頼できます。また、査定スタッフと実際に会って査定してもらえる分、その場で疑問点や不安な点を直接聞けます。

その場で現金化できるため、早めにお金を受け取りたい方に便利です。

出張買取がおすすめなのは「スタッフと対面で査定を行ってほしい方」や「一眼レフを梱包や運搬するのが面倒、または配送中の破損が心配な方」などです。

おすすめの一眼レフ買取業者をもう一度見る

宅配買取

買取専門業者の買取方法には「宅配買取」もあります。宅配買取を行っている買取店の例に「買取王子」があります。

宅配買取は売りたい一眼レフカメラを買取業者が指定する場所に送り、査定をしてもらう方法です。

宅配買取では店頭への運搬や日程調整が不要のため、あなたの都合の良いタイミングで手軽に利用できます。また、スタッフとやりとりすることなく買取を完了できるため、あまり人と会いたくない方は重宝するでしょう。

宅配買取がおすすめなのは「近くに買取店がなく、出張買取や店舗買取ができない方」や「日頃忙しく、都合の良い時間で買取を利用したい方」などです。

注意点として、一眼レフは高価になる場合が多いため、破損や紛失が心配な方は輸送保険があるサービスを選択するようおすすめします。

例えば「バイセル」や「買取王子」では輸送保険サービスがあり、安心感を持って依頼できます。

店頭買取(店頭持ち込み)

買取専門業者の買取方法には「店頭買取」もあります。

店頭買取は、売りたい一眼レフカメラを業者の店舗に持っていき、そこで査定から買取までしてもらう方法です。

店頭買取では、買取に関するわからない点や疑問点をスタッフに直接聞けるため、買取の手続きが行いやすいでしょう。

その場で現金を受け取れる場合が多いほか、買い物ついでに店頭へ持ち込めるのがメリット。

店頭買取がおすすめなのは「対面での取引の方が安心できる方」や「即日、一眼レフカメラを売りたい方」などです。

ただし、高額の一眼レフや大量の一眼レフを持ち込む場合は、持ち運びの手間や破損のリスクを考えるとおすすめできません。

おすすめの一眼レフ買取業者をもう一度見る

フリマサイトやネットオークションを利用する

「フリマサイト」や「ネットオークション」を利用するのも一眼レフを売る方法の一つです。

これらの方法では自身の好きな価格を設定できるため、高額で売却したい方には利便性が高いです。しかし製品に関する十分な知識がない場合は、安く一眼レフを売ってしまうリスクがあります。

また、買い手との間にトラブルが起こった場合は自身で対応する必要があるため、利用は慎重に行う必要があるでしょう。

以下では、フリマサイトにおけるトラブルの例をご紹介します。

  • 一眼レフカメラを送付後に状態に関してクレームが入る
  • 傷や汚れなど事前に状態を伝えていたにも関わらず返品を要求された
  • 郵送中に破損が発生してしまい、責任の所在が不明瞭になった

このようなトラブルなく高値で一眼レフを売りたい場合は、買取専門業者を利用するのがおすすめです。

リサイクルショップを利用する

一眼レフを売る際は「リサイクルショップ」を利用することもできます。

リサイクルショップは、一眼レフに加えてさまざまな品目の買取に対応している場合が多く、複数の商品をまとめて売れるのがメリットです。

また店舗数が多いため、家の近くにある店を気軽に使える可能性が高いです。

一方リサイクルショップには、一眼レフの買取の知識を持つスタッフがいる場合が少なく、買取価格が低くなりやすい傾向にあります。

少しでも高く一眼レフを買い取ってもらいたい場合は、買取専門業者に依頼するのがおすすめです。

おすすめの一眼レフ買取業者をもう一度見る

下取りに出す

一眼レフを売る方法として、一部店舗では「下取り対応」もあります。

下取りとは、所有している一眼レフの買取金額を新しく購入するカメラの購入金額に充て、安く購入することです。

下取りでは売却と購入が一気にできるため、面倒な手間が少ないです。しかし、買取金額が通常の買取より安くなりやすいほか、新しいカメラの購入が必要になるため、売却の自由度は低いでしょう。

少しでも高く一眼レフを売りたい場合は、下取りではなく、通常の買取を依頼するのがおすすめです。

ただし、同じ店で下取りとカメラの購入を行うことで査定額が大きくアップする場合は、利用するのも一つの手です。

一眼レフを高額買取・査定してもらうためのポイント

ここからは一眼レフを高価買取してもらうためのポイントとして、以下の5つの点をご紹介します。

上記の内容を知ることで、一眼レフの高価買取につながります。それぞれの点を詳しく見ていきましょう。

おすすめの一眼レフ買取業者をもう一度見る

付属品を揃えて査定に出す

一眼レフカメラは、付属品をそろえて買取に出すと高価買取につながります。

付属品の例として、以下のものが挙げられます。

  • 取扱説明書
  • 保証書
  • バッテリー
  • 充電器
  • レンズカバー
  • リモートコントローラー

中でも充電器やバッテリーなど起動に必須のものは、ないと買取不可となることがあります。そのため、付属品も一緒に買取査定に出すようにしましょう。

掃除をして新品の状態に近づける

掃除をして、新品の状態に近付けることも高価買取につながるポイントです。

汚れが少なく新品に近い状態だと、査定時の不要な減額を防げます。買取店のクリーニングコストが省けて印象も良くなるため、査定に有利になるでしょう。

一眼レフの掃除のポイントとして、ブロアーやレンズペン、ブラシなどのお手入れ用製品を用いることが大事です。

具体的には、本体の汚れはブラシを用いて取り除き、その後クリーニングペーパーで拭くようにしましょう。

その他、レンズのような壊れやすい部分のホコリはブロアーを用いて除去し、綿棒やクリーニング用クロスなどで優しくふき取ります。

基本的に外せるパーツは外して掃除しましょう。ただしボディ内部は触らないようにご注意ください。壊れやすい部分や精密な部分は、慎重に取り扱う必要があります。

おすすめの一眼レフ買取業者をもう一度見る

不要に感じたらなるべく早く売る

不要に感じたらなるべく早く売るようにすると、高価買取につながりやすいです。

時間が経って新機種が発売されると、古い機種の価値は下がっていく傾向にあります。また、長期間保管していると経年劣化やカビの発生が起こる可能性が高く、状態が悪くなってしまいやすいです。

型落ちする前や状態が悪くなる前に、不要になった段階で早めに売るのがおすすめです。

周辺機器や複数の商品をまとめて売る

周辺機器や複数の商品をまとめて売ることで、高価買取につながります。

査定点数が多くなると、買取業者としては買取価格を高くする傾向があるためです。また、周辺機器が揃っていると、再販売したときに新たな買い手が見つかりやすいのも理由の一つです。

さらに、買取業者によってはまとめ売りのキャンペーンを行っている場合があります。

例えば「買取王子」では、まとめ売りキャンペーンとして「プラスアップキャンペーン」を実施しています。対象商品の買取点数に応じて、買取金額が最大60,000円もアップ可能です。

一眼レフを買取に出す場合は、活用していない他のカメラや三脚やレンズ、照明などの周辺機器も一緒に買取に出すのがおすすめです。

おすすめの一眼レフ買取業者をもう一度見る

手数料や送料などの費用が発生しないか確認する

手数料や送料などの費用が発生しないか確認するのも重要なポイントです。

手数料や送料などを支払うと、実際に一眼レフカメラを売却して手に入る現金が目減りするためです。

売る製品によっては、買取金額より手数料や送料が高くなり損をしてしまう場合も考えられます。

手数料が発生しない買取業者の例として「バイセル」や「カメラの買取屋さん」などが挙げられます。査定料や送料などがかからないため、気軽に一眼レフカメラの査定を依頼可能です。

失敗しない一眼レフ買取業者の選び方

ここからは、失敗しない一眼レフ買取業者の選び方として、以下の2つのポイントをご紹介します。

上記の内容を知ることで、よりお得に一眼レフの売却ができるようになります。

おすすめの一眼レフ買取業者をもう一度見る

一眼レフの豊富な買取実績があるか

一眼レフカメラの豊富な買取実績があるかを確認することは、失敗しないための重要なポイントです。

豊富な買取実績がある買取業者は、一眼レフの査定に関する知識が豊富で、価値をきちんと見定めてくれます。

また、買取実績が豊富であることは、実際にその業者を利用した方が多いという証であり、安心感を持って一眼レフを買取に出せるでしょう。

一般的に、買取実績は買取業者の公式サイトに掲載されている場合が多いため、買取業者を選ぶ際は参考にすることをおすすめします。

売りたい一眼レフカメラに対応しているか

買取業者が、売りたい一眼レフカメラを取り扱っているかを確認することも必要です。

買取店によっては一眼レフの買取に対応していなかったり、三脚や照明などの周辺機器が買取不可となっていたりする場合があります。

その場合、高価買取どころか買取依頼自体が不可となり、最悪の場合は返送料がかかるケースもあるでしょう。

買取業者を選ぶ際は、事前に買い取り対応品目を調べておくのがおすすめです。

おすすめの一眼レフ買取業者をもう一度見る

一眼レフの買取に関するよくある質問

新品の一眼レフは高額査定が期待できる?

新品の一眼レフカメラは、基本的に高額査定が期待できます。

一眼レフの価格は状態や付属品の有無によって変わりますが、新品のカメラは状態が良いケースが多いためです。

また、中古品よりも新品のほうを好む買い手は多いでしょう。新たな買い手が見つかりやすいため、新品の一眼レフは高額になる傾向があります。

おすすめの一眼レフ買取業者をもう一度見る

箱なしや状態の悪い一眼レフでも買い取ってもらえる?

買取店によりますが、箱なしや状態の悪い一眼レフでも買い取ってもらえる場合が多いです。

状態の悪い一眼レフカメラの例としては、以下のようなケースが挙げられます。

  • レンズにカビが生えている
  • シャッター幕が劣化している
  • 部品が一部なくなっている
  • フードがへこんでいる

このような状態のカメラでも売れるのは、買取店が修理して再販売しているためです。中古のカメラでも一部の愛好家の間では需要があるため、機能がしっかりしている一眼レフカメラには値段が付きます。

ただし、状態が著しく悪いものや大事な部品が欠損しているものは買取を断られることもあります。

なお「バイセル」では、箱なしの一眼レフやどんなに状態の悪いものでも査定可能なため、状態が気になる方は一度相談することをおすすめします。

おすすめの一眼レフ買取業者をもう一度見る

タイトルとURLをコピーしました