古本の処分する・捨てる方法!無料引き取りや回収センターに出すよりお得なおすすめの方法を紹介!

古本 処分

「不要な古本の処分方法がわからない」

「古本をなるべく手間をかけずに処分できる方法はどれだろう?」

この記事では、上記のような方に向けて以下の内容を解説していきます。

  • 古本の捨て方・処分方法
  • 古本をお得に処分できるおすすめの処分方法
  • 古本をお得かつ手軽に処分できるおすすめの買取業者
  • 古本の処分・廃棄をする際の注意点

上記の内容を把握することで、あなたに最適な方法で古本をお得に処分できるようになります。

なお、今すぐ古本を手軽かつお得に処分したい方におすすめの買取業者として「バリューブックス」があります。

<バリューブックスのおすすめのポイント>

  • 不要な古本を現金化できる場合がある
  • 買取不可の本もそのまま処分してもらえる
  • 実際に査定員出す前に値段が付きそうか「本棚スキャン」でわかる
\買取成約率98%で満足度が高い!/
バリューブックスの公式サイトを見る

【無料でできる?】古本(書籍)の捨て方・処分方法まとめ

古本の処分方法として、以下の7つの方法を紹介します。

上記の内容を知ることで、あなたに合ったお得な処分方法が選べるようになります。

それでは、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

おすすめの処分サービスを今すぐ見る

古本対応の買取専門業者に売る

古本の処分には、買取専門業者に売る方法があります。特徴は以下の通りです。

料金 ・買取額がつけば現金化が可能
・買取額がつかなかった場合は、業者側で処分してもられる場合もある
手間 ・店頭買取の場合は、店舗まで持ち運ぶ手間がかかる
・宅配買取の場合は、梱包と発送の手間がかかる
・出張買取の場合は、業者と日程を調整する必要がある

買取業者には、古本の価値に精通した専門の査定士が在籍しているため、一冊ごとに丁寧に査定してもらえる点がメリットです。

状態が良い本や、希少価値が高い本であれば高額買取してもらえる可能性が高くなります。

また、多くの業者が宅配買取や出張買取、店頭買取といったさまざまな買取方法に対応しているため、あなたの都合に適した方法が見つけられます。

手軽に古本を処分でき、かつ現金化できる可能性が高いため、古本の処分を検討している方は一度買取業者に相談してみることをおすすめします。

古本の買取業者について詳しく知りたい方は「【比較】古本買取業者おすすめ13選!高値売るならどこがいい?」も参考にしてください。

おすすめの処分サービスを今すぐ見る

資源ゴミとして自治体に処分してもらう

古本を処分してもらう方法には、資源ゴミとして自治体に処分してもらう方法もあります。この方法の特徴は以下の通りです。

料金 無料
手間 ・荷造りし、収集場へ持っていく手間がある
・収集場の場所や回収の日時の確認が必要

この方法では、古すぎたり、汚れがひどいなどの理由で買取を断られてしまった古本でも処分してもらえます。回収料金は基本的に無料です。

一方で、古本を自身で紐で括ったり、収集場へ持ち運ぶ手間がかかります。また、回収する曜日などの資源ゴミに関するルールは自治体ごとに異なるため、事前の確認が必要です。

本は資源ゴミとして分類されているため、燃えるゴミとして出してしまうと回収されない場合がある点に注意しましょう。

古紙回収センター(古紙回収ボックス)に持ち込む

古本を処分する方法には、古紙回収センター(ボックス)に持ち込んで処分する方法もあります。この方法の特徴は以下の通りです。

料金 無料
手間 ・古本を運搬する手間がある
・場所を確認する手間がある

古紙回収センターとは、地域に設置されている資源ゴミ回収のためのボックスで、リサイクルボックスとも呼ばれています。

無人のボックスであるため、24時間365日好きな時間帯に利用できる点はメリットと言えるでしょう。自身の都合の良いタイミングで古本を処分できます。

また、大量の古本でもまとめて処分できる点も嬉しいポイントです。買取業者やリサイクルショップに買取を断られてしまった古本を処分する場合におすすめと言えます。

回収センターの設置場所は、自治体の公式サイトに掲載されていることが多いため、事前に確認しておきましょう。

おすすめの処分サービスを今すぐ見る

本を必要とする施設・団体に寄付する

古本を処分する方法として、本を必要とする施設・団体に寄付する方法があります。この方法の特徴は以下の通りです。

料金 無料
手間 ・施設への事前の連絡と確認が必要
・施設へ本を持ち運ぶ手間がかかる

実際に児童施設や図書館、NGOやNPOなど、さまざまな団体が古本の寄付を受け付けています。

また、バリューブックスの「チャリボン」というサービスでは、不要な古本をさまざまな施設に簡単に寄贈することが可能です。

ただし、汚れている本やあまりに酷い状態の本は引き取ってもらえない場合が多いため注意が必要です。

なお寄付する本は、あまり専門性が高くない本の方が望ましいです。例として児童施設の場合は、絵本のような読みやすい本が良いでしょう。

リサイクルショップで売る

古本を処分する方法として、リサイクルショップで売却する方法があります。特徴は以下の通りです。

料金 買取額が付くと現金化が可能
手間 ・お住まいの地域に店舗があるか確認する必要がある
・店舗まで持ち運ぶ手間がかかる

リサイクルショップを利用するメリットは、売りたい古本を現金化できる可能性がある点です。また、持ち込んだ冊数が多い場合でも、問題なく買い取ってもらえます。

一方で、状態が悪すぎる本は買取を断られてしまう可能性があります。

また、専門業者と比べると、買取金額が低くなる可能性が高いと言えます。リサイクルショップではデータベースと状態から買取価格を算出しており、専門の査定士は在籍していない場合が多いためです。

したがって希少性が高いことが予想される古本の場合、リサイクルショップでの買取はおすすめできません。

おすすめの処分サービスを今すぐ見る

近くの古本屋に買取依頼する

古本を処分する方法として、近くの古本屋に買取依頼する方法があります。この方法の特徴は以下の通りです。

料金 買取額が付けば現金化が可能
手間 店舗まで持ち運ぶ手間がかかる

個人経営の古本屋では、本の分野によっては大手のリサイクルショップよりは高額で買い取ってもらえる可能性があります。

しかし、買取額は個々の本屋の知識に左右されるため、得意分野でない場合は安い金額をつけられてしまうこともある点はデメリットと言えるでしょう。

また、規模が小さい古本屋の場合、買取業者のように宅配買取や出張買取をしていないところが多いため注意が必要です。

大量の本を買い取ってもらう際は店舗まで持ち運ぶ手間がかかるため、買取業者に依頼する方法をおすすめします。

ネットオークションやフリマサイトに出品する

ネットオークションやフリマサイトに出品する方法でも古本を処分できます。この方法の特徴は次の通りです。

料金 ・サイトの使用手数料
・梱包や配送の費用
手間 ・商品の写真撮影やサイトへの掲載の手間がかかる
・購入者とのやり取りの手間がある
・商品を梱包や発送する手間がかかる

この方法のメリットは、自身の売りたい値段を設定できるため、通常よりも高く売却できる可能性がある点です。

一方で、出品しても必ず売れるわけではない点や、出品のための準備(写真撮影・梱包・発送)の手間がかかる点がデメリットと言えるでしょう。

また、売れた場合でも送料やシステム手数料が引かれるため、想定よりも利益が残らない場合があります。

さらに、ネットオークションやフリマサイトでの売買は個人間の取引になるため、以下のような問題が起きた場合は自身での処理が必要になります。

  • 届いた本が破損していた
  • 本が届かない
  • しつこい値下げ交渉

おすすめの処分サービスを今すぐ見る

古本のおすすめ処分方法は買取専門業者!

ここまで紹介した古本の処分方法の中でも、買取専門業者の利用がおすすめです。買取専門業者に買取を依頼する方法には、以下のようなメリットがあります。

上記の内容を知ることで、お得に古本を処分できるようになるでしょう。

おすすめの処分サービスを今すぐ見る

売却できれば現金を受け取れる

買取業者への売却が成立した場合は、処分できるのみでなく現金を受け取れます。

買取業者では、本の知識が豊富な査定士が価値を見極めるため、適切な価値で古本を買取してもらえることが多いです。

一方で、本の状態によっては買取額がつかず、返却されてしまう場合があるので注意しましょう。

どのような種類の本の買取に対応しているかをあらかじめ把握しておくことで、スムーズに買取依頼ができます。

古本を処分しながら現金を受け取れることがあるため、お得な処分方法と言えるでしょう。

おすすめの処分サービスを今すぐ見る

費用をかけずに依頼できる場合が多い

多くの買取業者では、古本買取の際に査定料のような手数料を無料にしています。

宅配買取を利用する場合でも、買取業者によっては送料や宅配キットが無料なため、余計な費用を抑えられます。

ただし、宅配買取での査定額に満足いかず、キャンセルになった場合の返送料は利用者負担になることが多いため注意しましょう。

この点において「買取王子」では、送料や郵送用の段ボール代、キャンセル時の返送料まで無料なため、費用を抑えて気軽に利用できます。

依頼するのに手間がかからない

買取業者に依頼する場合は、ほかの処分方法と比べて手間がかからないことが多いです。

資源ゴミとして処分したり、古紙回収センターに持ち込んだりする場合は、古本を紐で縛り持ち運ぶ必要があります。

しかし、買取業者の宅配買取サービスを利用する際は、不要な本を箱に詰めるのみで、あとは宅配業者が集荷に来てくれるため、運搬の手間がかかりません。

実際に「Vaboo」 では、買取申し込みをすると宅配業者を自宅まで手配してくれます。

また、出張買取は自宅にいながら査定や買取をしてもらえるため便利です。ただし、地域によっては対象エリアに含まれない場合があるため注意しましょう。

おすすめの処分サービスを今すぐ見る

即日対応してもらえる場合がある

買取業者によっては、申込みのタイミング次第で即日対応してもらえます。

申し込みをしたその日のうちに自宅にいながら古本の処分を完了できるため、引っ越しの直前など早急に古本を処分したい場合に便利です。

実際の例として「バリューブックス」では15時までに申し込めば、当日集荷に来てもらえます。追加の手数料はかからないため、気軽に依頼できます。

即日の出張買取を依頼する際は、お住まいの地域が対象かどうかを公式サイトで事前に確認しておく必要があります。

古本をお得に処分できるおすすめ買取業者3選!

ここでは、古本をお得に処分できるおすすめの買取業者を3つ紹介します。各買取業者の特徴を知ることで、あなたに適した買取業者を見つけられるでしょう。

それでは、それぞれについて詳しく見ていきます。

バリューブックス

バリューブックス

買取品目 ISBNの記載がある書籍
買取方法 宅配買取
事前査定 ・本棚スキャン
・バーコード検索
・キーワード検索
送料(宅配買取の場合) 500円/1箱
段ボール(宅配買取の場合) 自身で用意
査定期間 到着から2~4日
買取不可の本 週刊誌・百科事典・辞書・コミック雑誌・コンビニコミック・教科書
\買取成約率98%で満足度が高い!/
バリューブックスの公式サイトを見る

バリューブックスは、会員制のオンライン古本買取サービスです。2021年7月現在、111,689人の会員が利用している人気の業者になります。

「チャリボン」という古本を寄付する取り組みを行っており、買取できないような書籍も回収し有効活用してもらえます。

バリューブックスでは、本の輸送費や査定にかかる時間を削減することで、高価買取を実現しています。実際に「僕のヒーローアカデミア」1~32巻セットは7,500円(税込)の買取参考価格で公開中です(2022年3月時点)。

また、買取申し込み後のキャンセル率は2%であることから、ユーザーの買取金額に対する満足度は高いと言えるでしょう。

さらに「本棚スキャン」機能では、携帯電話のカメラで本棚を撮影するだけで、それぞれの本の査定額を手軽に把握することが可能です。

15時までの申し込みであれば当日集荷に来てもらえるため、スピーディーに本を処分できる点も嬉しいポイントです。

バリューブックスは「買取額を手軽に確認した上で、実際に古本を買取依頼したい方」「急いで本を処分したい方」におすすめです。

\買取成約率98%で満足度が高い!/
バリューブックスの公式サイトを見る

バリューブックスの口コミ評判に関して詳しく知りたい方は「【ひどい?】バリューブックスの評判まとめ!本買取の悪い口コミは本当?」も参考にしてください。

買取王子

買取王子 古本

買取品目 漫画・コミック・小説・ビジネス書・医学書・教育書・哲学/人文書・趣味/暮らし本・写真集・絵本など
買取方法 宅配買取
事前査定 なし
送料(宅配買取の場合) 無料
段ボール代(宅配買取の場合) 無料
査定期間 到着から1週間以内
買取不可の本 バーコードもISBNコードもない本・週刊誌・マンガ雑誌・コンビニ専売コミック・パンフレット・カタログ通販・100円ショップの本・教科書
\まとめ売りで最大6万円(税込)買取価格がアップする!/
買取王子の公式サイトを見る

買取王子は、宅配買取に特化した買取業者です。買取のジャンルが幅広く、60種類以上に対応しています。仕分けを必要としない、簡単に買取サービスを利用できる仕組みが強みです。

買取王子は、2021年12月までの累計利用件数が108万件と多いことから、豊富な買取実績を持つ買取業者であることがわかります。

蓄積された知識と経験によって、売りたい古本の価値を適切に評価してもらえるため、高価買取が期待できるでしょう。

実際に「ハイキュー!!」全45巻セットは4,810円(税込)の参考買取価格で公開中です(2022年3月時点)。

また、買取王子ではお得なキャンペーンを多数実施しています。実施しているキャンペーンの例として、以下のようなものがあります。

  • 発売から3ヵ月以内の本であれば、定価の30%以上で買取してもらえる「本好き応援キャンペーン」
  • 古本の買取点数に応じて買取金額が最大60,000円アップする「プラスアップキャンペーン」

さらに、送料や査定料だけでなく、キャンセル時の返送料もすべて無料なため、費用をかけることなく古本を処分できます。

買取王子は「お得なキャンペーンを利用して、古本を高額買取してもらいたい人」「古本だけでなく他の不用品も一緒に処分したい人」におすすめです。

\まとめ売りで最大6万円(税込)買取価格がアップする!/
買取王子の公式サイトを見る

買取王子の口コミ評判に関して詳しく知りたい方は「買取王子の口コミ評判はひどい?実際に利用した評価・レビューをもとに分析!」も参考にしてください。

Vaboo

Vaboo 古本

買取品目 ISBNの記載がある書籍
買取方法 宅配買取
事前査定 不明
送料(宅配買取の場合) 500円/1箱
段ボール(宅配買取の場合) 自身が用意
査定期間 到着から2~4日
買取不可の本 マンガ喫茶/レンタル落ちの書籍・漫画雑誌・コンビニマンガ・同人誌・ISBNがついていない本・百科事典・新聞・個人出版の本
\買取点数430万点突破!/
Vabooの公式サイトを見る

Vabooは、バリューブックスが運営するオンライン古本買取サービスです。バリューブックスが会員制であるのに対し、Vabooは会員登録不要で利用できます。

Vabooでは最新の書籍の買取に力を入れており、強化対象に掲載されている本は比較的高価買取になりやすいです。

また買取金額アップのキャンペーンが充実しており、キャンペーンを利用することでお得に本を買い取ってもらえます。例として、過去には買取金額2,000円(税込)ごとに200円アップするキャンペーンを実施していました。

また、15時までに申し込みをすれば当日集荷してもらえる点も嬉しいポイントです。

Vabooは「本を手軽に、思い立った時にすぐに処分したい方」「最新の人気書籍をお得に処分したい方」におすすめです。

\買取点数430万点突破!/
Vabooの公式サイトを見る

Vabooの口コミ評判に関して詳しく知りたい方は「Vaboo(バブー)の評判はどう?古本・漫画買取の口コミはいい?」も参考にしてください。

古本の処分をネット買取業者に依頼する手順

ここでは、古本の処分をネット買取業者に依頼する手順を「バリューブックス」を例に紹介します。依頼手順は以下の通りです。

  • 1.公式サイトの入力フォーム、電話、またはメールで申し込む
  • 2.売りたい本を箱に詰める
  • 3.必要書類や送付書を用意・同梱する
  • 4.配送会社が回収、または自身で発送する
  • 5.買取業者が品物を査定する
  • 6.買取額に同意した場合は買取成立
  • 7.指定の口座に代金が振り込まれる

本人確認書類と代金振込先の口座の記載が必要になるため、あらかじめ用意しておくとスムーズです。

また、本を梱包する際は輸送中に揺れて傷つかないよう、緩衝材または新聞紙を一緒に詰めることをおすすめします。

おすすめの処分サービスをもう一度見る

古本を捨てるときの注意点

古本を捨てる際の注意点として、以下の3つが挙げられます。

上記の内容を知ることで、古本を処分する際のトラブルを防ぎやすくなるでしょう。

おすすめの処分サービスをもう一度見る

各自治体ごとのルールに従って処分する

古本を処分する際は、各自治体のルールに従って処分しましょう。ルールに反した捨て方をすると回収されずに放置されてしまい、近隣の迷惑になる恐れがあります。

本は資源ゴミに分類されているため、紙とはいえ燃えるゴミとして出せないことが多いです。また、資源ゴミの日時や集積場所もあらかじめ確認しておく必要があります。

なお、古本を処分する際は種類ごとに分別し、ばらけないようにビニールひもなどで十字に縛っておきましょう。

おすすめの処分サービスをもう一度見る

売りたい場合は古本が買取対象か事前に確認する

売りたい古本が買取対象かを事前に確認する必要があります。買取業者によって買取対象の本が決まっていることがあるためです。

例として「バリューブックス」では「ISBNが記載されている本」を買取の対象としています。

弊社ではISBNの記載がある書籍が査定対象となっております。

また、ページが欠けている本や古すぎる本などの状態があまりに悪い本は、買取不可としている買取業者が多いです。

買取対象でない場合は、資源ゴミとして処分することをおすすめします。

寄付をする際は事前に連絡をする

古本を寄付する際は相手方に事前連絡し、承諾してもらう必要があります。児童施設や図書館が必要としていない本をいきなり寄付されても、かえって迷惑になる可能性があります。

中でも図書館は本を収納するスペースに限りがあるため、寄付を受け付けていないことが多いです。また、寄付を受け付けていても本の状態が悪いと断られてしまうことがあります。

寄付を検討している場合は、どのような本の寄付を望んでいるか事前に確認すると良いでしょう。

寄付を断られてしまった古本でも売却できる可能性はあるため、処分する前に一度買取業者に相談してみることをおすすめします。

おすすめの処分サービスをもう一度見る

古本の処分・捨て方に関するよくある質問

【恥ずかしい】見られたくない本の処分におすすめの方法は?

見られたくない本を処分したい場合には、宅配買取がおすすめです。

本を段ボール箱に詰めて送付するため、資源ゴミの集配所のように人の目に触れることがありません。

また、査定士とも対面することがなく、恥ずかしいという気持ちになりにくいでしょう。

買取業者では顧客のプライバシー保護も徹底されていることが多いため、見られたくないような本であっても安心感を持って依頼できます。

おすすめの処分サービスをもう一度見る

ボロボロの本でも買取は可能?

多少状態が悪い程度の本であれば、買取可能な場合があります。

日焼けをしてしまいページが変色していても、読めることの方が重視される場合は、価値が付く可能性があります。

例えば「買取王子」であれば、ページが折れている本や日焼けした本でも買取可能な旨を公式サイトに記載しています。

日焼けしている本や帯のない本、折れのある本、現在発行されていない本でもしっかり買取いたします。ぜひお売りください。

引用:こんな本でも買取OK

ただし、あまりにも状態が悪いと買取不可になることが多いため、注意が必要です。

大量の古本を処分するのにおすすめの方法は?

大量の古本を処分したい場合は、宅配買取の利用がおすすめです。

大量の古本は重い上にかさばるため、資源ゴミ置き場やリサイクルセンターに持ち運ぶだけでも手間がかかります。

この点、宅配買取であれば自宅まで集荷に来てくれるケースも多いため、自宅にいながら大量の古本を手軽に処分できます。

宅配買取専門の「買取王子」では、古本100冊ごとに買取金額が1,000円アップする「本好き応援キャンペーン」を実施しているため、大量の本をさらにお得に売却できるでしょう。

おすすめの処分サービスをもう一度見る

タイトルとURLをコピーしました