【2021年最新】楽器買取おすすめ10選!高く売るならどこがいい?重い楽器は店舗買取より出張買取が楽!

「もう使う機会がない楽器を売りたいけれど、とても持ち運びできない…」

「古い楽器を売って、高いランクの楽器に買い換えるための資金を作りたい」

利用頻度が減った楽器に関して、このように考えている方や悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

この記事では、おすすめの楽器買取サービス10個を紹介します。さらに、サービスを利用する際に押さえておきたい以下3つのポイントも解説します。

  • 楽器を売る3つの方法
  • 買取サービスの選び方
  • できるだけ高値で買い取ってもらうためのコツ

この記事を読むと、もう使わない楽器を手軽にかつ高く買い取ってもらえるようになるので、ぜひ参考にしてください。

おすすめ楽器買取サービスを今すぐ見る

楽器を売る方法は3種類!おすすめの買取方法はどれ?

ここからは楽器買取の方法を紹介していきます。

楽器を買取に出すには、「店舗持ち込み」「ネット宅配買取」「出張買取」の3種類の方法があります。

店頭買取(店舗持ち込み) 自ら店舗に楽器を持ち込み、その場で査定・買取してもらう
出張買取 店舗スタッフに自宅まで来てもらい、その場で査定・買取をしてもらう
ネット宅配買取 ゆうパックや佐川急便などを利用して買取業者に楽器を郵送し、査定・買取してもらう

どの買取方法を選んでも、買取価格に大きな影響はありません。それでは、それぞれの買取方法について特徴やメリット、デメリットを見ていきましょう。

すぐに現金化したいなら「店頭買取(店舗持ち込み)」

店頭買取とは、売りたい楽器を店舗に持ち込んで査定してもらう買取方法を言います。

店頭買取のデメリットは、店舗まで行くのに時間と負担がかかる点です。例えば大型楽器を車で持っていく場合、出し入れするだけでもかなりの重労働になります。

また買取不成立になった場合は、持ち帰る必要があるため負担は倍になってしまいます。

反対に店頭買取のメリットは査定スピードがはやく、その場ですぐに現金を受け取れる点です。また、愛着のある楽器を目の前で見送ることもできます。

店頭買取は「すぐに現金化したい人」におすすめです。

大型楽器や複数楽器を売りたいならなら「出張買取」

出張買取とは、自宅にスタッフが来て査定してくれる買取方法を言います。

出張買取のデメリットは、対応エリアが限られて利用できない可能性がある点です。また日程調整が必要になり、人を家に上げるため準備の手間もかかります。

自宅で対面して査定するため、キャンセルしづらい点も大きなデメリットとして挙げられます。

一方で出張買取のメリットは、運搬や梱包の必要がなく手軽な点です。時間指定ができるため、店舗買取のような待ち時間もありません。

また業者によっては、楽器以外にCDや家電などの買取もまとめてできます。

出張買取は「大型楽器や複数の楽器を売りたい人」「楽器を持ち運ぶことが困難である人」におすすめです。

自宅で完結させたいなら「ネット宅配買取」

ネット宅配買取とは、宅配便で業者に楽器を送り、査定してもらう買取方法を言います。

ネット宅配買取のデメリットは、現金化までの時間が3つのうち最も長い点です。さらに、業者によっては送料が必要になることもあります。

反対にネット宅配買取のメリットは、持ち運びや日程調整、待ち時間がなく最も気軽に利用できる点です。楽器専門の買取店舗が近場になくても、安心できる業者に買い取ってもらえます。

また、買取金額に納得いかない場合でも、直接やり取りすることがないため断るのが簡単です。

ネット宅配買取は「営業時間に関係なく自身の時間があるときに依頼したい人」「対面で買取を断ることに抵抗がある人」におすすめと言えます。

楽器買取サービスの選び方

ここでは楽器買取サービスの選び方のポイントを解説します。

大切な楽器を売るためには、業者選びが最も重要です。それでは順番にチェックしていきましょう。

買取価格表の金額は高いか

高額買取してくれる業者を探したいときは、複数の買取価格を比較することで分かります。参考買取価格は、公式サイトの買取価格表で確認できます。

例えばギブソンのエレキギターは「楽器買取ネット」だと参考買取価格80,000円(税込)とあります。一方「イシバシ楽器」だとモデルによって100,000円(税込)前後で買い取ってもらえます。

なお、実際に依頼して査定してもらう場合は、楽器の保存状態やキャンペーンなどにより買取価格は変動するため注意してください。

例えば「楽器買取ネット」では、対象メーカーの管楽器を売ると買取価格が10%アップします。他には「楽器買取アローズ」では、楽器の種類やブランドを問わず全品30%アップキャンペーンを期間限定で開催中です。

また、逆に楽器に傷がある場合などは買取価格が低くなるケースもあるため、確認しておきましょう。

事前査定で高額を提示してくれるか

実際に高額買取してもらえるか知るには、事前査定で高額提示してくれる業者を探すのがおすすめです。事前査定とは、実物を見て本査定する前に、画像や品番をもとに買取価格の目安を出すものです。

事前査定の種類には、以下のような査定方法があります。

  • Web査定
  • メール査定
  • LINE査定

事前査定を利用すると、本査定をする前にある程度買取金額を把握できるのがメリットです。実際の楽器を撮影した画像を送るため、傷や保存状態も考慮に入れて買取価格を教えてもらえます。

特に長年使い込んだ楽器は、複数の業者に事前査定を依頼して、それぞれの買取金額を比較すると良いでしょう。

しかし、実際の査定で買取価格が下がることもあるため、あくまで目安として利用してください。

輸送保険に対応しているか

ネット宅配買取を検討している場合、輸送保険に対応しているか事前に確認して業者を選びましょう。輸送保険とは、万が一輸送中に事故があった際に、運送業者から保険金を受け取れるものです。

楽器は非常にデリケートなため、輸送中に破損してしまう可能性があります。輸送保険に対応していない業者の場合、輸送中に破損しても補償がありません。

破損が軽度だったとしても買取不可になる可能性があるため、輸送保険がないと損をしてしまいます。高価な楽器をネット宅配で売る場合は、輸送保険の保証額の確認は必須です。

楽器周辺機材の買取対応はあるか

業者を選ぶ際は、楽器周辺機材も買取してもらえるか確認しましょう。楽器周辺機材とはアンプや譜面台、ケースなどを指します。

例えば「コメ兵」や「楽器買取ネット」などでは買取対応しています。また、公式サイトの買取一覧表に記載がなくても、買取対応している場合もあるため、一度業者へ問い合わせるのがおすすめです。

楽器周辺機材も受け付けている業者だと、まとめて効率的に売れます。さらにまとめ売りのキャンペーンが適用される場合があるため、買取金額をアップできる場合もあります。

口コミや評判は悪くないか

気になる業者があった場合、対応の良し悪しについて知るには口コミや評判が参考になります。

例えば、以下のような口コミがある場合は注意してください。

  • 返品の際の梱包が雑だった
  • 査定金額の説明を丁寧にしてくれなかった

実際に利用した人の声を見ると、公式サイトでは分からないことも知れるため、安心して利用できます。なるべく多くの口コミや評判を見ると、良い判断材料になります。

業者選びに後悔しないように、事前に情報収集することが大切です。

楽器を売るならどこがいい?楽器買取サービスおすすめ10選

それでは、おすすめの楽器買取サービス10個をご紹介します。

それぞれの業者について、買取対象品・買取形態・送料などスペックを詳しく調べました。

10選のあとには、1円でも高く売るコツや比較表もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

奏屋

買取対象 ・弦楽器
・管楽器
・鍵盤楽器
・打楽器
・和楽器
・録音機器
・DJ機器
買取不可 不明
買取方法 ・店頭買取
・出張買取
・宅配買取
電話対応 あり
キャンペーン なし
送料 無料
査定期間 不明
キャンセル対応 あり
対応エリア(出張) 全国(一部なし)

奏屋で無料査定してほしい方はこちら

奏屋は「株式会社リサイクルマスター」が運営しており、2020年のインターネット調査において顧客満足度6項目で1位を獲得しています。買取実績も20万件以上で、信頼できる買取店と言えるでしょう。

奏屋で楽器を買い取ってもらうメリットは、オーダーメイドの楽器でも高価買取してもらえる点です。オーダーメイドの楽器は相場がないため安くなりがちです。

しかし、奏屋ではその楽器の歴史や楽器への思いも汲み取って値段をつけてくれます。

また、奏屋では査定はすべて楽器に詳しいプロのスタッフが行います。そのため、正しく価値を判断して、適正な価格をつけてもらえる可能性が高いです。査定も無料で行ってくれるため、まずは電話で相談してみましょう。

これらを踏まえると奏屋は「初めて楽器買取をしてもらうにあたり不安がある人」や「オーダーメイドの楽器を適正価格で売りたい人」におすすめです。

過去開催キャンペーン ・なし

奏屋で無料査定してほしい方はこちら

楽器の買取屋さん

買取対象 ・弦楽器
・管楽器
・吹奏楽器
・鍵盤楽器
・ドラム
・音楽機材
・パーカッション
・DJ機材
・レコーディング
・音響機材
・和楽器
買取不可 音楽制作ソフト
買取方法 ・店頭買取
・出張買取
・宅配買取
電話対応 あり
キャンペーン あり
送料 無料
査定期間 不明
キャンセル対応 あり
対応エリア(出張) 関東 / 関西 / 九州 / 広島 / 静岡 / 山梨 / 長野 / 愛知 / 岐阜

楽器の買取屋さんで無料査定したい方はこちら

楽器の買取屋さんは、楽器買取以外にリユース事業なども行っている株式会社GRACEが運営しています。店舗は横浜に1店のみで、宅配買取と出張買取をメインに買取を行う買取専門業者です。

他社の買取価格をリサーチすることで、高価買取を実現しています。また、店舗数を最小限に押さえて人件費や店舗運営費を削減することで、その分を買取金額に還元しています。

楽器の買取屋さんで楽器を買い取ってもらうメリットは、壊れた楽器も買い取ってもらえる可能性がある点です。リペア業務にも力を入れているため、修理可能な楽器であれば買い取ってもらえます。

また、ユーザーの声を参考にして、毎月定期的にキャンペーン内容を更新している点もメリットです。公式のFacebookなどで情報が公開されているため、買取依頼をする前には必ず確認しておきましょう。

これらの点から楽器の買取屋さんは「できるだけ高額で楽器を買い取ってほしい人」や「壊れた楽器も売りたい人」におすすめです。

過去開催キャンペーン ・春のまとめ売りキャンペーン
・大量買取で買取価格アップ

楽器の買取屋さんで無料査定したい方はこちら

タカミツ楽器

買取対象 ・弦楽器
・管楽器
・吹奏楽器
・鍵盤楽器
・打楽器
・和楽器
・電子楽器
買取不可 不明
買取方法 ・店頭買取
・出張買取
・宅配買取
電話対応 あり
キャンペーン あり
送料 無料
査定期間 不明
キャンセル対応 あり
対応エリア(出張) 不明

タカミツ楽器の公式ページへ

タカミツ楽器は、テレビ東京「突撃!しあわせ買取隊」に出演したことがある楽器専門の買取業者です。店舗は、東京の西池袋と埼玉の中富町にあります。

無料の事前査定があり、キャンセル時の返送料も無料です。

タカミツ楽器のデメリットは、宅配買取を利用する際に梱包材をもらえない点です。そのため、自身で梱包材を用意できない方は「楽器買取アローズ」や「島村楽器」などの利用をおすすめします。

一方メリットは、モデルによっては壊れていても買取してもらえる場合がある点です。部品の入れ替えによって1つの楽器として完成できる可能性があるため、一度相談してみるのが良いでしょう。

タカミツ楽器は「壊れている楽器の査定を依頼したい人」におすすめです。

過去開催キャンペーン ・ギブソンやフェンダーのギター、ベース類の買取成約で買取価格1,000円プラス

タカミツ楽器の公式ページへ

楽器買取アローズ

買取対象 ・弦楽器
・管楽器
・吹奏楽器
・鍵盤楽器
・打楽器
・電子楽器
・楽器関連の書籍
買取不可 ・大型楽器
・和楽器
・故障している楽器
・破損や部品不足
・国内で流通していない楽器
買取方法 宅配買取
電話対応 あり
キャンペーン あり
送料 無料
査定期間 当日〜2営業日以内
キャンセル対応 あり
対応エリア(出張) なし

楽器買取アローズの公式ページへ

楽器買取アローズは本やゲーム、DVDなどの買取も扱っている「株式会社GlobalArrows」が運営しています。

特徴として12時半までに買取申し込みすると、当日集荷が可能です。大型楽器や和楽器は宅配買取できないため、店頭買取のみになります。

楽器買取アローズのデメリットは、故障しているものやジャンク品、電源が入らないなど作動に問題がある場合は買取不可になる点です。

壊れている楽器も売りたい人は、他の楽器買取店に依頼するのをおすすめします。

一方でメリットは、楽器関連の書籍も買取している点です。楽器関連の書籍を受け付けている楽器専門買取業者は他にないため、楽器と一緒に手放せて便利です。

楽器買取アローズは「楽器に加えて関連の書籍も売りたい人」におすすめします。

過去開催キャンペーン ・全品買取価格30%アップ
・大口査定で買取価格アップ
・査定金額5,000円(税込)以上の品が5点以上で買取価格最大10%アップ

楽器買取アローズの公式ページへ

コメ兵

買取対象 ・弦楽器
・管楽器
・打楽器
・三味線(細棹除く)
・アンプ
・故障している楽器
・改造されている楽器
買取不可 ・アコースティックピアノ
・オルガン
・エレクトーン
・ドラムセット
・DTMソフト関連
・琴
・大正琴
・三味線(細棹)
買取方法 ・店頭買取
・宅配買取
電話対応 あり
キャンペーン なし
送料 無料
査定期間 不明
キャンセル対応 3営業日以内
対応エリア(出張) なし

コメ兵の公式ページへ

コメ兵は創業70年で、楽器の他にカメラやブランド服、時計なども取り扱っている買取業者です。

コメ兵はブランド品の買取に強く、国内外の定番ブランド楽器も得意としています。なお店舗は、関東・中部・関西・中国・九州にあります。

コメ兵のデメリットは、和楽器の買取品目が少ない点です。唯一三味線の場合は、細棹以外のものは買い取ってもらえます。

また出張買取を行っていないため、大型楽器を依頼する際はかなりの労力が必要になります。

反対にメリットは、左利き用モデルの高価買取を強化している点です。在庫数日本一の中古レフティーモデルの専門コーナーを設けており、右利き用モデルと同様の基準で査定してもらえます。

また、軽度の故障や改造済みの楽器も買い取ってもらえるため、手放しにくい楽器も一度相談してみる価値ありです。

コメ兵は「左利き用の楽器を売りたい人」「少し改造している楽器も買い取ってほしい人」におすすめです。

過去開催キャンペーン なし

コメ兵の公式ページへ

楽器買取ネット

買取対象 ・ギター
・ベース
・管楽器
・弦楽器
・鍵盤楽器
・打楽器
・アンプ
・エフェクター
・DJ機器
・デジタル機器
買取不可 ・音楽系のソフトウェア
・配送できない大きさ
・ビンテージ以外の商品で修理や部品交換出来ないもの
買取方法 ・出張買取
・宅配買取
電話対応 あり
キャンペーン あり
送料 無料
査定期間 48時間以内
キャンセル対応 あり
対応エリア(出張) 関西

楽器買取ネットの公式ページへ

楽器買取ネットは、楽器の査定歴10年以上の熟練査定者や現役バンドマンが査定している楽器専門の買取業者です。

楽器買取ネットのデメリットは、一部のみのキャンセルができない点です。そのため、査定価格に納得できないものが1点でもある場合は、他の楽器買取もキャンセルする必要があります。

一方でメリットは、宅配買取の査定・入金のスピードがはやい点です。査定が48時間以内に終了し、さらに24時間以内に入金されるため、業者に商品が到着してから最短3日以内で入金まで完了します。

楽器買取ネットは「宅配買取でスピード査定の業者を探している人」におすすめです。

過去開催キャンペーン ・エフェクター5点以上で買取価格10%アップ
・対象メーカーの管楽器で買取価格10%アップ
・大口査定で買取価格アップ

楽器買取ネットの公式ページへ

トイズキング

買取対象 ・弦楽器
・管楽器
・吹奏楽器
・鍵盤楽器
・打楽器
・和楽器
・電子楽器
・音楽機材
・アンプ
・エフェクター
・オーディオ機器
買取不可 象牙を使用した楽器
買取方法 ・店頭買取
・出張買取
・宅配買取
電話対応 あり
キャンペーン あり
送料 無料
査定期間 不明
キャンセル対応 あり
対応エリア(出張) 全国

トイズキングの公式ページへ

トイズキングは楽器以外にもフィギュアやプラモデル、ゲームなどに強い買取業者です。楽器の買取も対応していて、公式サイトには壊れてボロボロの楽器でも対応すると明記されています。

トイズキングのデメリットは、象牙を使用した楽器の買取ができない点です。1975〜1976年に象牙の輸出入が禁止されたため、トイズキングでは買取不可の対応をしています。

しかし、規制以前に生産されたものは希少価値が高まっているため、売りたい人は対応してくれるサービスを利用すると良いでしょう。

トイズキングのメリットは、全国で出張買取に対応している点です。要望に応じて玄関先で査定したり、自宅まで引き取りに来てもらって査定は店舗で行ったりなどもできます。

トイズキングは「大量の楽器を売りたい人」「自身が売りやすい方法で買い取ってもらいたい人」におすすめです。

過去開催キャンペーン ・買取価格30%アップ
・平日に店頭・出張買取利用でTポイント2倍

トイズキングの公式ページへ

イシバシ楽器

買取対象 ・弦楽器
・管楽器
・電子楽器
・PA
・録音機器
買取不可 ・据え置き型電子ピアノ
・アコースティックピアノ
・クラシックギター
・ウッドベース
・ファミリーキーボード
・エレクトーン
・オルガン
・オープンデッキMTR
・その他大型商品
買取方法 ・店頭買取
・出張買取
・宅配買取
電話対応 あり
キャンペーン あり
送料 無料
査定期間 当日
キャンセル対応 あり
対応エリア(出張) 関東 / 中部 / 関西 / 中国 / 九州

イシバシ楽器の公式ページへ

イシバシ楽器は1938年創業の楽器専門店で、販売と買取を行っています。LINE査定の他に、zoomでの査定も可能です。宅配買取では、輸送保険が完備されています。

イシバシ楽器のデメリットは、買取不可の種類が多い点です。大型楽器以外にも、クラシックギターやウッドベースなども受け付けていないため、これらを売りたい人は「楽器の買取屋さん」などの利用をおすすめします。

イシバシ楽器のメリットは、ギブソンとフェンダーの定番モデルであれば、最低価格保証がついている点です。適用条件を満たしていると、公式サイトにあるモデル別の保証価格を下回ることがありません。

イシバシ楽器は「輸送保険完備で安心のサービスを利用したい人」「ギブソンやフェンダーの楽器を高額で売りたい人」におすすめです。

過去開催キャンペーン ・ヤマハ、ヤナギサワ、セルマーのサックスを高価買取

イシバシ楽器の公式ページへ

島村楽器

買取対象 ・弦楽器
・管楽器
・吹奏楽器
・鍵盤楽器
・打楽器
・和楽器
・電子楽器
・デジタル機器
買取不可 楽器としての使用が困難な状態や、著しく破損が大きく修理が難しい楽器
買取方法 ・店頭買取
・出張買取
・宅配買取
電話対応 あり
キャンペーン あり
送料 無料
査定期間 不明
キャンセル対応 あり
対応エリア(出張) 東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、長野県、愛知県、岐阜県、三重県

島村楽器の公式ページへ

島村楽器は創業50年以上で、音楽事業を幅広く手掛けている会社です。ヤマト運輸の輸送保険があり、キャンセルの際の返送料は無料。

島村楽器のデメリットは、WebやLINE査定での金額が1点あたり5,000円(税込)未満の場合は、店頭買取しか利用できない点です。この条件に達しなかった場合は、店舗まで行く手間がかかってしまいます。

一方でメリットは、楽器の種類やブランドによって、買取や下取りの強化キャンペーンを頻繁に実施している点です。

例えば過去には、ポール・リード・スミスのエレキギターやムラマツフルート、セルマーサックスなどが対象になっていました。現在の対象商品は、公式サイトから確認できます。

島村楽器は「安心の輸送保険を利用したい人」「買取や下取り強化キャンペーンを利用して高く売りたい人」におすすめです。

過去開催キャンペーン ・店頭持ち込みで下取り買取すると、買取価格20%アップ
・エフェクター購入時に下取り買取すると最大30%アップ
・エフェクター3台以上で買取価格5%アップ

島村楽器の公式ページへ

TC楽器

買取対象 ・弦楽器
・アンプ
・エフェクター
・ドラム
・キーボード
・PA機材
・管楽器
・和楽器
・民族楽器
・ウクレレ
・ブルーグラス
買取不可 不明
買取方法 ・店頭買取
・出張買取
・宅配買取
電話対応 あり
キャンペーン なし
送料 無料
査定期間 不明
キャンセル対応 あり
対応エリア(出張) 北海道 / 関東 / 沖縄など

TC楽器の公式ページへ

TC楽器は創業30年以上で、都内最大級の規模を持つ中古楽器専門店です。実績ある老舗店のためヴィンテージ楽器の取り扱いに強く、専用リペアマンも常駐しています。

TC楽器のデメリットは、出張買取の対応エリアが少ない点です。店舗は東京都の新大久保のみのため、大きい楽器や大量の楽器がある人には向いていません。

一方でメリットとして、対象楽器店から購入したものは買取価格が10%アップする点があります。「イケベ楽器」や「全国ヤマハ特約店」などが対象のため、事前に公式サイトを確認してみてください。

TC楽器は「売りたい楽器が買取価格アップキャンペーンに該当している人」におすすめです。

過去開催キャンペーン ・対象楽器店から購入したものは買取価格10%アップ
・購入後1か月以内であれば、購入価格(税抜)の80%で下取り
・対象メーカーの楽器の買取強化

TC楽器の公式ページへ

楽器を少しでも高値で売るには?高価買取してもらうコツ

ここでは楽器を少しでも高額で買取してもらうコツをご紹介します。

高額で買取をしてもらうには、上記5つがポイントになります。それでは詳しくチェックしていきましょう。

使用していない楽器はすぐに売る

現在使用していない楽器は、すぐに売ると高価買取されやすくなります。

新しい楽器ほど次の買い手が見つかりやすく、買取業者に高値をつけてもらえるためです。

すぐに売らずに先延ばしにしていると、経年劣化して修理が必要になり、結果的に買取価格が下がってしまう恐れがあります。

また、ニューモデルが登場すると現在持っている楽器の市場価値が下がり、大幅に安くなることもあります。

楽器の汚れはできる限り落としておく

楽器の見た目や保存状態は、査定結果に大きく影響を与えます。そのため、査定前に楽器の汚れをできる限り落としておくと良いでしょう。

なお楽器によってお手入れ方法は異なるため、自己流ではなく事前に調べてから行ってください。ステッカーなどを貼っている場合も、はがしてきれいに拭きましょう。

しかし、無理に汚れを落とそうとして傷つけてしまうと、かえって査定価格に響くため注意してください。

購入時の付属品や保証書は欠品がない状態で売る

購入時の付属品や保証書を揃えておくと、査定額がアップしやすくなります。

楽器を使用する際に必要なものがすべて揃っていると、買い手がすぐにつきやすくなるため、高額買取してもらえます。

付属品とは具体的には、以下のようなものです。

  • 楽器のケース
  • 取扱説明書
  • ケーブル
  • ピック
  • 予備の弦
  • トラスロッド調整用の六角レンチ

付属品も含めて購入時と近い状態で売ることで、高額買取につながります。

実際に音を出してチューニングした状態で売る

買取に出す前に、実際に音を出してチューニングしてから売ると、高価買取につながる場合があります。

査定時に正確な音が出ないなどの不具合があると、減額または買取不可になる可能性が高いためです。楽器の故障と間違えられないようにするために、自身で音を合わせておきましょう。

また、事前にチューニングすることで、店舗側が売りに出す際にメンテナンスする手間も省け買い取ってもらいやすいです。さらに弦を張り替えておくと、本来の良い音が出て好印象を与えられます。

査定してもらう際に、できるだけ悪い印象を与えないようにするのがポイントです。

型番は正確に把握しておく

楽器の型番を正確に把握しておくと、査定がスムーズに進み買取価格がアップしやすくなります。型番は、楽器本体か保証書で確認可能です。

中には、型番が分からなくても事前査定を受け付けている業者もありますが、実際に買取申し込みする際は買取不可になることもあります。

買取業者にしっかり型番を伝えて、正確な査定をしてもらいましょう。

楽器買取サービス比較一覧表

ここまで紹介した楽器買取サービスを、以下で一覧表としてまとめました。各サービスを比較する際の参考にしてみてください。

【 こちらの表は横にスクロールできます 】

サービス名 奏屋 楽器の買取屋さん タカミツ楽器 楽器買取アローズ コメ兵 楽器買取ネット トイズキング イシバシ楽器 島村楽器 TC楽器
業者情報 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
買取対象 ・弦楽器
・管楽器
・鍵盤楽器
・打楽器
・和楽器
・録音機器
・DJ機器
・弦楽器
・管楽器
・吹奏楽器
・鍵盤楽器
・ドラム
・音楽機材
・パーカッション
・DJ機材
・レコーディング
・音響機材
・和楽器
・弦楽器
・管楽器
・吹奏楽器
・鍵盤楽器
・打楽器
・和楽器
・電子楽器
・弦楽器
・管楽器
・吹奏楽器
・鍵盤楽器
・打楽器
・電子楽器
・楽器関連の書籍
・弦楽器
・管楽器
・打楽器
・三味線(細棹除く)
・アンプ
・故障している楽器
・改造されている楽器
・ギター
・ベース
・管楽器
・弦楽器
・鍵盤楽器
・打楽器
・アンプ
・エフェクター
・DJ機器
・デジタル機器
・弦楽器
・管楽器
・吹奏楽器
・鍵盤楽器
・打楽器
・和楽器
・電子楽器
・音楽機材
・アンプ
・エフェクター
・オーディオ機器
・弦楽器
・管楽器
・電子楽器
・PA
・録音機器
・弦楽器
・管楽器
・吹奏楽器
・鍵盤楽器
・打楽器
・和楽器
・電子楽器
・デジタル機器
・弦楽器
・アンプ
・エフェクター
・ドラム
・キーボード
・PA機材
・管楽器
・和楽器
・民族楽器
・ウクレレ
・ブルーグラス
買取不可 不明 音楽制作ソフト 不明 ・大型楽器
・和楽器
・故障している楽器
・破損や部品不足
・国内で流通していない楽器
・アコースティックピアノ
・オルガン
・エレクトーン
・ドラムセット
・DTMソフト関連
・琴
・大正琴
・三味線(細棹)
・音楽系のソフトウェア
・配送できない大きさ
・ビンテージ以外の商品で修理や部品交換出来ないもの
象牙を使用した楽器 ・据え置き型電子ピアノ
・アコースティックピアノ
・クラシックギター
・ウッドベース
・ファミリーキーボード
・エレクトーン
・オルガン
・オープンデッキMTR
・その他大型商品
楽器としての使用が困難な状態や
著しく破損が大きく修理が難しい楽器
不明
買取方法 ・店頭買取
・出張買取
・宅配買取
・店頭買取
・出張買取
・宅配買取
・店頭買取
・出張買取
・宅配買取
宅配買取 ・店頭買取
・宅配買取
・出張買取
・宅配買取
・店頭買取
・出張買取
・宅配買取
・店頭買取
・出張買取
・宅配買取
・店頭買取
・出張買取
・宅配買取
・店頭買取
・出張買取
・宅配買取
電話対応 あり あり あり あり あり あり あり あり あり あり
キャンペーン なし あり あり あり なし あり あり あり あり なし
送料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
査定期間 不明 不明 不明 当日〜2営業日以内 不明 48時間以内 不明 当日 不明 不明
キャンセル対応 あり あり あり あり 3営業日以内 あり あり あり あり あり
対応エリア(出張) 全国(一部なし) 関東 / 中部 / 関西 / 広島 / 九州 不明 なし なし 関西 全国 関東 / 中部 / 関西 / 中国 / 九州 なし 北海道 / 関東 / 沖縄など
サービスリンク 公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ 公式ページ

まとめ

ここまで楽器買取の方法やおすすめサービス、少しでも高く買い取ってもらうコツを紹介しました。

改めて以下で、買取サービスを選ぶ際のポイントをまとめたので、ぜひチェックしてみてください。

なお、これらを確認後もう一度おすすめサービスを検討したい方は「楽器を売るならどこがいい?楽器買取サービスおすすめ10選」をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました