アンプ買取業者おすすめ7選!中古アンプの買取相場はいくら?

アンプ買取

「アンプを売る際におすすめの買取業者を知りたい」

「アンプの買取相場を知りたい」

「アンプを少しでも高く売るためのコツを知りたい」

この記事では、上記のような方に向けて以下の内容を解説していきます。

  • アンプ買取のおすすめ業者
  • 中古アンプの買取相場
  • アンプを売る方法
  • アンプを高価買取してもらう5つのコツ

上記の内容を把握することで、あなたに最適な方法でアンプをできるだけ高く買い取ってもらえるようになります。

なお、今すぐアンプを高額買取してもらいたい方におすすめの買取業者としてバイセル」があります。

\抽選で買取金額2倍キャンペーン開催中!/
バイセルの公式サイトを見る

なお、アンプ以外を売りたい方は「ギターのおすすめ買取業者」や「楽器のおすすめ買取業者」、「オーディオのおすすめ買取業者」をご覧ください。

【アンプを売るならどこ?】アンプ買取おすすめ業者7選!

アンプを高く売りたい方に向けて、おすすめの買取業者を紹介していきます。

各社の特徴を理解しておくことで、あなたに合った業者を選べる可能性が高くなります。

バイセル

バイセル 楽器

買取品目 アンプ・オーディオアンプ・エフェクター・ギターなど
買取方法 ・店頭買取
・出張買取
・宅配買取
事前査定 なし
送料(宅配買取の場合) 無料
段ボール代(宅配買取の場合) 無料
査定期間 1週間以内(※混雑状況による)
\抽選で買取金額2倍キャンペーン開催中!/
バイセルの公式サイトを見る

バイセルは、アンプやギターのような楽器類やその周辺機器など、約50種類以上の商品を買取している業者です(2022年4月時点)。

有名メーカーかどうかを問わず、アンプの状態を考慮して買取してもらえる可能性が高いです。

バイセルには、楽器買取に関する幅広い知識を持ち合わせた査定員が全国に在籍しています。そのため、アンプの価値をしっかりと見逃さず査定してもらえる可能性が高く、高価買取に期待できます。

例えば「DC-30Matchless」のアンプに関しては、約136,000円(税込)の買取参考価格を公開中です。

バイセルでは純正カスタムではないアンプでも買取してもらえます。また、音の出が悪くなったアンプも、買取相談や査定に対応してもらえます。

クーリングオフ制度が用意されており、買取成立日から8日以内であれば取引をキャンセルすることが可能です。

なお、店頭買取だけでなく出張買取や宅配買取も利用できるため、重いアンプを持ち運ばなくても手軽に買取してもらえます。

以上より、バイセルは「自身でカスタムしたアンプや、音の出が悪いアンプを買取してほしい方」「無料査定やキャンセル可能など、安心感のある買取業者を利用したい方」におすすめです。

\抽選で買取金額2倍キャンペーン開催中!/
バイセルの公式サイトを見る

オーディオの買取屋さん

オーディオの買取屋さん オーディオ買取

買取品目 アンプ・スピーカー・イヤホン・ヘッドホンなど
買取方法 ・店頭買取
・出張買取
・宅配買取
事前査定 あり
送料(宅配買取の場合) 無料
段ボール(宅配買取の場合) 自身で準備
査定期間 不明

オーディオの買取屋さんの公式サイトを見る

オーディオの買取屋さんは、買取年数10年で買取件数は1,000件を超えるオーディオ類専門の買取業者です(2022年4月時点)。

オーディオの買取屋さんには、楽器好きが集まって創業した買取業者であるという特徴があります。

アンプやスピーカーなどのオーディオに関する知識が豊富なだけでなく、修理の技術も持ち合わせているため、減額項目が少なく高価買取に期待することが可能です。

例えば「Mark Levinson NO.332L」のパワーアンプは、20万円(税込)で買取した実績があります。

また、他社だと買取不可になるような故障したアンプも買取してもらえる可能性が高いです。

なお、送料や手数料が無料のため、買取額が減る心配がありません。電話やメールで簡単に査定依頼でき、出張買取であれば最短30分以内に自宅へ来てもらえます。

以上より、オーディオの買取屋さんは「他社では値段がつきにくい壊れたアンプを買取してもらいたい方」「出張買取の依頼時に、なるべく早く買取してほしい方」におすすめです。

オーディオの買取屋さんの公式サイトを見る

買取王子

買取王子

買取品目 アンプ・真空管アンプ・プリメインアンプ・イヤホン・ヘッドホン・ギターなど
買取方法 宅配買取
事前査定 なし
送料(宅配買取の場合) 無料
段ボール代(宅配買取の場合) 無料
査定期間 1週間以内
\まとめ売りで最大6万円(税込)買取価格がアップする!/
買取王子の公式サイトを見る

買取王子は、アンプを含めた60種類以上もの商品を取り扱っている買取業者です。

プリメインアンプの買取に力を入れています。なお、買取強化対象のアンプ一覧は公式サイトで公開されています。

買取王子では、買取点数によって査定額を上乗せする「まとめ売りキャンペーン」を開催しています。アンプも対象に入っているため、複数アイテムを売りたい方におすすめです。

また、正常に動かないものや箱がないアンプでも買取してもらえます。

なお、最大30万円(税込)までの輸送保険もついています。輸送時の故障にもしっかり対応してもらえるため、高価なアンプを売る場合でも安心感があります。

以上より、買取王子は「動作不良・箱なしのアンプを売りたい方」「他の不用品も合わせて売りたい方」におすすめです。

\まとめ売りで最大6万円(税込)買取価格がアップする!/
買取王子の公式サイトを見る

買取王子の口コミ評判に関して詳しく知りたい方は「買取王子の口コミ評判はひどい?実際に利用した評価・レビューをもとに分析!」も参考にしてください。

オーディオサウンド

買取品目 アンプ・スピーカー・プレーヤーなど
買取方法 ・店舗買取
・出張買取
・宅配買取
事前査定 なし
送料(宅配買取の場合) 無料
段ボール代(宅配買取の場合) 無料
査定期間 不明

オーディオサウンド公式HPへ

オーディオサウンドは、アンプやスピーカーなどのオーディオ機器を中心に取り扱う買取専門店です。

オーディオサウンドを利用するメリットは、高額買取を期待できる点です。オーディオ類の買取に精通したスタッフが在籍しており、日々変動する買取市場の最新相場を把握しています。

また、買取に関する手数料がすべて無料であるため、手軽に利用しやすいです。

以上より、オーディオサウンドは「手数料がかからない業者を利用したい方」「アンプをなるべく高く売却したい方」におすすめです。

オーディオサウンド公式HPへ

ハードオフ

買取品目 アンプ・スピーカー・チューナーなど
買取方法 ・店頭買取
・出張買取
・オファー買取(宅配買取)
事前査定 オファー買取の場合あり
送料(宅配買取の場合) 無料
段ボール代(宅配買取の場合) 無料
査定期間 不明

ハードオフ公式HPへ

ハードオフは全国に店舗を展開している、総合リサイクルショップです。

店頭買取・出張買取・オファー買取の3つの買取方法があり、あなたに適した方法でアンプを買取に出せます。

ハードオフは楽器類だけでなく、さまざまなジャンルの商品買取を行っています。そのため、他の不用品と合わせてアンプを売却しやすいです。

以上より、ハードオフは「アンプ以外のものも売りたい方」「自身が使いやすい方法で買取を利用したい方」におすすめです。

ハードオフ公式HPへ

イシバシ楽器

買取品目 アンプ・エフェクター・楽器類全般など
買取方法 ・店頭買取
・出張買取
・宅配買取
事前査定 あり
送料(宅配買取の場合) 無料
段ボール代(宅配買取の場合) 無料
査定期間 不明

イシバシ楽器の公式HPへ

イシバシ楽器は80年以上の歴史を持っており、専門スタッフがアンプの査定を行っている楽器の買取専門店です。

イシバシ楽器では、楽器買取のキャンペーンを頻繁に行っています。例えば、特定のブランドの買取額を最大20%アップするキャンペーンを展開中です。

キャンペーンは頻繁に変更されているため、アンプが買取強化されているタイミングで買取に出すと、査定額アップが期待できます。

以上より、イシバシ楽器は「査定額アップキャンペーンを利用してアンプを売却したい方」「歴史が長い、楽器の買取専門店に査定依頼したい方」におすすめです。

イシバシ楽器の公式HPへ

おいくら

買取品目 アンプ・その他楽器全般など
買取方法 買取業者による
事前査定 あり
送料(宅配買取の場合) 買取業者による
段ボール代(宅配買取の場合) 買取業者による
査定期間 買取業者による

おいくらの公式HPへ

おいくらは、アンプの買取額をネット上の見積もりで比較できる一括査定サービスです。

全国にある1,000店舗以上のリサイクルショップや買取業者の中から、希望する条件に合う業者に査定依頼を出せます。

また、おいくらでは条件に合った見積もりのみでなく、お住まいの地域から買取業者を検索することも可能です。

以上より、おいくらは「複数の買取業者からの見積もりを手軽にもらいたい方」「近所の買取業者を探したい方」におすすめです。

おいくらの公式HPへ

【買取価格はいくら?】中古アンプの買取相場を紹介!

ここでは、アンプの買取価格相場を以下の種類ごとに見ていきます。

アンプの種類ごとの買取相場を知っておくことで、アンプを買取に出す際の参考になります。

今回の記事で紹介する買取相場は、あくまでも参考価格です。アンプの状態や買取に出す時期、買取に出す業者などによって変動します。

なお、買取相場は「イシバシ楽器」の掲載情報(2022年4月時点)を参考にしていきます。

おすすめ買取サービスをもう一度見る

ギターアンプ

ギターアンプの買取価格をいくつか見ていきます。

商品名 買取価格相場(2022年4月時点)
marshall 1959RR Randy Rhoads 43,000〜75,000円(税込)
Fender JAPAN 2011 Limited Edition MG Spider Man 50,000〜62,500円(税込)
Fender USA 57 Champ 17,000〜30,000円(税込)
Hughes&Kettner DUOTONE COMBO 15,000〜28,800円(税込)

(出典:「イシバシ楽器」)

上表より、ギターアンプの平均買取額は15,000〜75,000円(税込)であることがわかります。

ヤマハなどの国内メーカーよりもFenderやMARSHALLのような海外メーカーのギターアンプの方が買取額が高くなっています。

ベースアンプ

次に、ベースアンプの買取価格相場を見ていきましょう。

商品名 買取価格相場(2022年4月時点)
MARSHALL 1962 34,000〜50,000円(税込)
PHIL JONES 16H Bass Horn 16 X 5″ 21,000〜40,000円(税込)
MUSIC MAN 212-HD 130 Combo 復刻 16,000〜25,000円(税込)
Boss eBand js-10 9,000〜13,000円(税込)

(出典:「イシバシ楽器」)

ベースアンプのおよその買取額は、9,000〜50,000円(税込)となっています。

メーカーや型によって変動はありますが、数万円程度で売却できる可能性があります。

おすすめ買取サービスをもう一度見る

真空管アンプ

真空管アンプの買取価格相場を、以表で見ていきましょう。

商品名 買取価格相場(2022年4月時点)
MARSHALL 1962 JTM50 Bluesbreaker Reissue 34,000〜50,000円(税込)
Music Man 212-HD 130 Combo 復刻 16,000〜25,000円(税込)
LEQTIQUE 11/11 6,300〜9,000円(税込)

(出典:「イシバシ楽器」)

上記より、真空管アンプのおおよその買取額は6,000〜50,000円(税込)であることがわかります。

真空管アンプの買取額は数千円の場合が多いですが、海外メーカーのヴィンテージ品だと数万〜数十万円になることもあります。

しかし、真空管アンプは比較的マイナーな種類のアンプであるため、買取対応している業者が多くない傾向にあります。

おすすめ買取サービスをもう一度見る

アンプを売る方法まとめ

不要になったアンプを売る方法は、主に以下の3つです。

上記の買取方法の特徴をそれぞれ知ると、自身に合った方法でアンプを買取に出せるようになります。

以下では3つの買取方法について紹介していきますが、高価買取を重視する方は「買取専門店」に依頼する方法がおすすめです。

その理由を含め、それぞれの特徴を見ていきましょう。

おすすめ買取サービスをもう一度見る

買取専門店

買取専門店は、高価買取を期待できることがメリットです。

買取専門店にはプロの査定員が在籍している場合が多く、細かいところまで査定して買取額を決めてもらえます。

なお、買取専門店を利用する場合は、主に以下のような買取形態があります。買取方法が多いため、自身の都合に合わせて利用できるのも特徴です。

上記の買取形態にはそれぞれ特徴があるため、事前に知っておくと自身に適した方法で買取専門店を利用できます。

以下では、3つの買取形態をそれぞれ紹介していきます。

宅配買取

買取専門店には宅配買取サービスがあり、売りたいアンプを買取専門店に郵送して査定してもらえます。

宅配買取を利用してアンプを売却する場合は、以下のようなメリット・デメリットがあります。

買取方法 宅配買取
メリット(便利な点) ・業者スタッフと直接会わずに買取が完了する
・24時間申し込める業者が多いため、忙しい方でも利用しやすい
・近所に買取店舗がなくても、全国の業者から選択して依頼できる
デメリット(不便な点) ・梱包や書類の準備などの手間がかかる
・査定、買取額の振り込みに数日~数週間かかる
・業者によっては送料や振込手数料などがかかる

以上より、宅配買取は「自宅で買取手続きを済ませたい方」「梱包作業が苦でない方」におすすめです。

出張買取

買取専門店では出張買取も利用できます。この方法では、自宅に査定員が来て、査定から買取までしてもらえます。

出張買取には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

買取方法 出張買取
メリット(便利な点) ・査定士が自宅に来るため、外出する必要がない
・アンプを外へ持ち出す必要がないため、故障や破損の心配がない
・査定完了後、すぐに現金を受け取れる
デメリット(不便な点) ・予約制のため、スケジュールを空ける必要がある
・他人を自宅に招き入れるため、掃除・片付づけの手間がある
・出張対応エリアや出張可能条件に含まれていない可能性がある

以上より、出張買取は「店頭に行くのは面倒だけれど、査定士と直接話したい方」「出張買取を利用できる地域にお住まいの方」におすすめです。

店頭(店舗持ち込み)買取

買取専門店では店頭(店舗持ち込み)買取も利用可能で、アンプを店舗に持ち込んで査定してもらえます。

店頭買取には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

買取方法 店頭(店舗持ち込み)買取
メリット(便利な点) ・査定から買取まで数時間で終了するため、即日現金を受け取れる
・アンプを売りたいと思ったその日に、買取に出せる
・査定士と直接話せるため、価格交渉できる
デメリット(不便な点) ・交通費や店舗まで行く労力がかかる
・店舗が混雑している場合、待ち時間が長くなる可能性がある

以上より、店頭買取は「即日で現金を受け取りたい方」「自宅の近くに買取店舗がある方」におすすめです。

おすすめ買取サービスをもう一度見る

リサイクルショップ

リサイクルショップでも、アンプを買取に出すことが可能です。

リサイクルショップを利用する場合は、以下のようなメリット・デメリットがあります。

買取方法 リサイクルショップ
メリット(便利な点) ・大手リサイクルショップであれば、全国展開しており近場に店舗がある可能性がある
・アンプのほかにも、衣類や家電など幅広いジャンルの買取に対応している
デメリット(不便な点) ・買取業者と比較して、買取額が低くなる傾向がある
・アンプ査定のプロがいない場合が多い

以上より、リサイクルショップの利用は「アンプ以外にも売りたいものがある方」「買取額の高さにこだわらず、早めにアンプを処分したい方」におすすめです。

おすすめ買取サービスをもう一度見る

ネットオークションやフリマアプリ

ネットオークションやフリマアプリも、アンプを売却できる方法の1つです。

ネットオークションやフリマアプリを利用する際のメリット・デメリットは、以下のようになっています。

買取方法 ネットオークション フリマアプリ
メリット(便利な点) ・買取額の相場より高く売れる可能性がある
・入札者が多い場合、金額が競り上がる
・買取額の相場より高く売れる可能性がある
・自身で買取額をあらかじめ指定できる
デメリット(不便な点) ・自身でアンプの画像を撮ったり、商品情報を書き込む必要がある
・買い手が現れるまで待たなければならない
・購入者とのトラブルがあった場合は自身で対応が必要
・販売手数料がかかる

以上より、ネットオークションとフリマアプリの利用は「手間をかけても、買取額の相場より高く売りたい方」「アンプの売却を急いでいない方」におすすめです。

おすすめ買取サービスをもう一度見る

アンプを高価買取してもらう5つのコツ

アンプを高価買取してもらうためには、コツが5つあります。

高価買取してもらうコツを知ることで、大切にしてきたアンプを少しでも高く買取してもらえる可能性が上がります。

おすすめ買取サービスをもう一度見る

売りたいアンプの買取が得意な業者に依頼する

アンプを少しでも高価買取してもらうには、売りたいアンプの買取を得意とする業者に依頼しましょう。

業者によって取り扱うアンプの種類や買取強化を行っているアンプのメーカー・種類が異なるためです。

買取に出す際は複数の業者に査定・見積もりをしてもらい、一番納得できる買取額を提示してくれる業者に依頼するのがおすすめです。

おすすめ買取サービスをもう一度見る

付属品を購入時の状態に揃えておく

アンプを少しでも高く売るには、購入時の付属品を合わせて買取に出すことが大切です。

箱などの付属品が欠けていると、査定額が減額されたり買取不可になったりする可能性があります。

アンプを買取に出す際は、以下のような付属品を揃えておきましょう。

  • 電源ケーブル
  • トランスミッター
  • 取扱説明書
  • 保証書
  • 外箱 など

可能な範囲で綺麗にする

アンプを少しでも高価買取してもらうには、買取に出す前にある程度アンプを綺麗にすることも大切です。

買取後に再販する場合が多く、業者側が清掃する手間が減ると査定時の評価が上がります。そのため、見た目の綺麗さが査定に関与する可能性が高くなります。

汚れているアンプの場合、酷使された劣化品であると判断される可能性もあるため注意しましょう。

自身でアンプを清掃する際は、アンプ表面の汚れを布で拭き取ってください。細かい部分の清掃は、綿棒を使用するのも効果的です。

なお、火災や故障のリスクを減らすために、コンセントを抜いてからアンプを清掃しましょう。

おすすめ買取サービスをもう一度見る

できるだけ早めに売る

アンプを少しでも高価買取してもらうためには、不要であると判断した段階で、できるだけ早めに売りましょう。

自宅で保管しているだけで埃を被ったり色あせたりなど、アンプが経年劣化することが多いためです。

一部のヴィンテージ品を除き、古いアンプは時間が経つにつれて価値が落ちていく傾向にあります。

他のオーディオ関係の機材もまとめて売る

アンプを少しでも高く売却するには、他のオーディオ関係の機材もまとめて売るのがポイントです。

アンプは単体で使用するものではないため、他のオーディオ関係の機材と一緒に買取に出すと買取額が上乗せされる可能性があります。

業者によっては、他のオーディオ関係の機材とまとめて売ると「まとめ売りキャンペーン」などで査定額が高くなる可能性があります。

例えば「買取王子」では、買取点数に応じて500〜60,000円(税込)が買取額にプラスされます。

おすすめ買取サービスをもう一度見る

アンプ買取に関するよくある質問

壊れた・音の出ないアンプでも売れる?

壊れたアンプや音の出ないアンプでも、「オーディオの買取屋さん」であれば、修復可能なものに限り買取してもらえる可能性があります。

環境保全の観点から、徹底したリサイクルによる再販を推進していると公式サイトに記載があります。

また、オーディオの買取屋さんは、壊れた機材を部品として海外に輸出するルートも持っています。

動作に必要な付属品がなくても売れる?

動作に必要な付属品がなくても、宅配買取業者の「買取王子」では買取できる可能性があります。

動作不良品や付属品の欠けたものでも、買取対応している記載が公式サイトにあります。

そのため、アンプ本体のみを買取に出したい場合は「買取王子」がおすすめです。

おすすめ買取サービスをもう一度見る

自作アンプ・改造アンプは売れる?

自作アンプや改造アンプは、買取業者の「オーディオサウンド」なら買取してもらえる可能性があります。

公式サイトには、自作の真空管アンプを買取した実績が掲載されています。

自作アンプや改造アンプを買取に出したい場合は、価値を正当に判断してもらうために、自作や改造の内容の詳細をメモした上で問い合わせるのがおすすめです。

箱がないアンプでも売れる?

箱がないアンプでも「買取王子」であれば、買取可能です。

買取王子の公式サイトには、箱がないアンプでも買取可能という記載があります。

なお、箱がないアンプを買取に出す際は、故障や破損をしないよう注意して梱包・発送してください。

おすすめ買取サービスをもう一度見る

タイトルとURLをコピーしました