「BI/BA」関連記事一覧

123 件中 1~20件目を表示中

トップデータサイエンティスト2人が語る! 日本のAI/機械学習の将来展望

トップデータサイエンティスト2人が語る! 日本のAI/機械学習の将来展望

DataRobot Japanは11月27日、年次カンファレンス「AI Experience 2018 Tokyo」を開催した。本稿では、「データサイエンティスト・オブ・ザ・イヤー」受賞経験者であり、元大阪ガスで現在は滋賀大学にてデータサイエンス学部長 教授 兼 データサイエンス教育研究センター副センター長として教鞭をとる河本薫氏と、日本航空 Web販売部1to1マーケティンググループ アシスタントマネージャーの渋谷直正氏によるパネルディスカッションの模様をお届けする。

データ分析

アドビによる買収後も、マルケトが投資強化を明言した領域とは?

アドビによる買収後も、マルケトが投資強化を明言した領域とは?

マーケター向けのテクノロジーを提供するマルケトは11月2日、国内において4回目となる年次カンファレンス「The Marketing Nation Summit 2018」を開催した。本稿では、2時間に及んだ午前中の基調講演の内容からマルケト 製品責任者 新田達也氏と同ソリューションコンサルタント 石野真吾氏が語った製品戦略について紹介する。

マーケティング

「ANAにしてよかった」を実現するためのデジタルマーケティング施策とは?

「ANAにしてよかった」を実現するためのデジタルマーケティング施策とは?

9月4日、5日に開催された「Adobe Symposium 2018」では、ANAから永山 裕氏が登壇。「ANAが考えるデジタルマーケティングから顧客体験向上への変革」と題し、同社が考えるデジタルマーケティングの在り方と顧客体験向上へ向けての施策が語られた。

マーケティング

IoT競争の鍵はデータエコシステムの形成 - 企業は何から着手すべきか?

IoT競争の鍵はデータエコシステムの形成 - 企業は何から着手すべきか?

IDC Japanは9月5日、年次イベント「IDC AI and IoT Vision Japan 2018」を東京コンファレンスセンター・品川にて開催した。本稿では、IDC Japan コミュニケーションズ シニアマーケットアナリストの鳥巣悠太氏による講演「IoT競争の焦点は『データエコシステム/Data as a Service』になる~データマネタイズに関わるエコシステムの現状と展望」の模様をレポートする。

データ分析

最高の顧客体験を提供する企業になるにはどんなDXが必要なのか?

最高の顧客体験を提供する企業になるにはどんなDXが必要なのか?

IDC Japanは9月5日、年次イベント「IDC AI and IoT Vision Japan 2018」を東京コンファレンスセンター・品川にて開催した。本稿では、IDC Japan ソフトウェア&セキュリティ/ITスペンディング グループディレクター、眞鍋敬氏が登壇した基調講演「AIのパーベイシブ化によるデジタルネイティブ企業への変革」の模様をお届けする。

マーケティング

ユーザー企業3社が事例を解説! データマネジメントの「課題」と「解決」

ユーザー企業3社が事例を解説! データマネジメントの「課題」と「解決」

インフォマティカ・ジャパンは8月29日、東京コンファレンスセンター・品川で同社最大の年次イベント「Informatica World Tour 2018」を開催した。 本稿では、「データマネジメント最前線、ユーザー企業による事例リレー!」と題して行われたユーザー事例講演の模様をお届けしよう。

データ分析

ソフトバンク、クラウド型ビジネス最適化プラットフォーム「Domo」を導入 [事例]

ソフトバンク、クラウド型ビジネス最適化プラットフォーム「Domo」を導入 [事例]

ドーモは9月10日、ソフトバンクがクラウド型ビジネス最適化プラットフォーム「Domo」を導入したと発表した。

データ分析

分断した業務システムをデータ連携で刷新! 日本たばこ産業の取り組み

分断した業務システムをデータ連携で刷新! 日本たばこ産業の取り組み

インフォマティカ・ジャパンは8月29日、年次イベント「Informatica World Tour 2018」を東京コンファレンスセンター・品川にて開催した。本稿では、日本たばこ産業によるユーザー基調講演「経営目標実現のために"データ"ができること。そのためにITがすべきこと」の様子をレポートしよう。

データ分析

BIツール「Tableau」の最新バージョンが公開 - 7桁郵便番号の可視化も

BIツール「Tableau」の最新バージョンが公開 - 7桁郵便番号の可視化も

米Tableau Softwareは8月7日、誰もが簡単にあらゆるデータをビジュアル分析できるBIツール「Tableau」の最新バージョン「Tableau 2018.2」をリリースした。これを受けて、日本法人のTableau Japanが新機能に関する記者発表会を開催したので、その様子をお伝えする。

データ分析

進化するBIツール - IoTやAIで未来に向けたひろがり

進化するBIツール - IoTやAIで未来に向けたひろがり

BIツールは、過去のデータを集計・解析して経営に役立てるためだけのものではありません。IoTやAIを活用することで、BIツールは、リアルタイムでの情報把握や、未来に向けた提案も可能になります。ここでは、BIツールの未来に向けたひろがりを紹介します。

BI/BA

BIツール、これまでの発展の歴史

BIツール、これまでの発展の歴史

企業に蓄積された貴重なデータを有効活用するという目的で、BIツールは企業にとって必要不可欠になってきました。ベンダーによってさまざまな機能が開発されるようになりましたが、それまでにはどのような発展の歴史があったのでしょうか。

BI/BA

BIツールの機能 - シミュレーション機能とは? 売上の予測・分析に

BIツールの機能 - シミュレーション機能とは? 売上の予測・分析に

企業にあるマスデータを分析するうえで注目を集めているのがBIツールです。BIツールにはさまざまな機能が備わっていますが、そのなかでも売上予測や収益予測に大変便利なのがシミュレーション機能です。ここでは、シミュレーション機能に焦点を当てて、詳しく見ていきましょう。

BI/BA

BIツールの機能 - データマイニングとは?

BIツールの機能 - データマイニングとは?

BIツールにはさまざまな機能があります。今回焦点を当てて解説するのは、データマイニングです。データマイニングを使うことで、売上向上や業務改善につながるデータを得ることができます。この解説を読んで、BIツールのデータマイニング機能を活用できるようにしましょう。

BI/BA

BIツールの機能 - OLAP分析とは?

BIツールの機能 - OLAP分析とは?

BIツールには複数の機能があります。その中の1つがOLAP分析機能です。しかし、このOLAP分析機能は名前だけ聞いても、なかなかぴんとこないのではないでしょうか。今回は、このOLAP分析を中心にBIツールの機能解説をします。

BI/BA

BIツールの機能 - ダッシュボードとは? 迅速な意思決定を可能に

BIツールの機能 - ダッシュボードとは? 迅速な意思決定を可能に

経営の意思決定を支援してくれるBIツールには、さまざまな機能が備わっています。ここでは、そのなかでも迅速な意思決定に寄与してくれるダッシュボード機能を詳しく見ていきましょう。ダッシュボード機能を有効活用することによって、データが経営にとってより意味のあるものになるかもしれません。

BI/BA

BAツールはBIツールとココが違う! BAツールの特徴を知ろう

BAツールはBIツールとココが違う! BAツールの特徴を知ろう

BI(ビジネス・インテリジェンス)ツールが普及し始めた一方、BA(ビジネス・アナリティクス)ツールも注目を集めています。ここでは、BIツールとBAツールを比較しながら、BAツールの特徴について解説します。どちらもデータ分析に力を発揮するツールです。しっかりと特徴を押さえてビジネスに活かしていきましょう。

BI/BA

BIツールの活用場面! 経営から販売・生産管理までをカバー

BIツールの活用場面! 経営から販売・生産管理までをカバー

BIツールを導入する企業が周りにも増えてきたことから、自社でも導入を考えているというところも多いでしょう。ただ、いざ使うとなったとき、活用のイメージやどのような分野・部署で活躍するのかわからないといった声もよく聞かれます。そこで、ここではBIツールが有効活用できる部署やシチュエーションに特化して解説していきます。

BI/BA

BIツールとDWHツールの違いとは? 紛らわしい用語を解説

BIツールとDWHツールの違いとは? 紛らわしい用語を解説

BI(ビジネス・インテリジェンス)やDWH、ETLという用語を耳にしたことがある方も多いかもしれません。しかし、これらの用語の意味・違いを正確に理解できているでしょうか。この記事ではdwhとETLの概念や機能を中心に解説していきます。紛らわしいBI、DWH、ETLといった用語の意味をしっかりと押さえておきましょう。

BI/BA

データドリブンで改革が進むYahoo! ショッピングの"裏側"

データドリブンで改革が進むYahoo! ショッピングの"裏側"

ヤフーが運営するECサイト「Yahoo! ショッピング」は、データドリブンでユーザー満足度の向上に取り組んでいる。満足度を上げるポイントは、データを活用した1 on 1マーケティングによるパーソナライズだ。「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2018」では、ヤフーのデータディレクター兼CDO-boardを務める宇治野達季氏が登壇。Yahoo! ショッピングのデータプラットフォーム整備から、データ活用のエコシステム構築まで、同社が押し進めた改革の一部始終を語った。

データ分析

アナリティクスの成熟度を高めるには? 着目すべきは「4つのドメイン」

アナリティクスの成熟度を高めるには? 着目すべきは「4つのドメイン」

現在のBI/アナリティクス分野では、多くの洗練されたケイパビリティ(能力)が続々と登場している。6月14日~15日にかけて行われた「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2018」では、ガートナー リサーチ ディレクター カーリー・アイディーン氏が「BIとアナリティクスの動向:洞察の自動生成へ」と題した講演で、企業がアナリティクス能力の成熟度を高めるためのフレームワークについて解説した。

データ分析

123 件中 1~20件目を表示中

123 件中 1~20件目を表示中

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
[解説動画] Googleアナリティクス入門講座
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る