「AI」関連記事一覧

57 件中 1~20件目を表示中

有識者はどう見るか? AI社会到来に向けた未来のビジネスモデルを考える(後編)

有識者はどう見るか? AI社会到来に向けた未来のビジネスモデルを考える(後編)

前編に続き、本稿では「新経済サミット 2017」で行われたパネルディスカッション「AIは未来をどう変えるか」の模様をお伝えする。後半では、具体的なAIの活用事例に加え、AI脅威論や、AI活用に求められる倫理観についての各識者の見解が語られた。

ソリューション

有識者はどう見るか? AI社会到来に向けた未来のビジネスモデルを考える(前編)

有識者はどう見るか? AI社会到来に向けた未来のビジネスモデルを考える(前編)

主要インターネット企業で構成する新経済連盟は、4月6日から7日にかけて新経済サミット2017を開催した。本稿では、カンファレンス全体のキーワード「AI(人工知能)」をテーマに据えたパネルディスカッション「AIは未来をどう変えるか」での議論の様子をお伝えする。

ソリューション

クーバー、サッカー指導者向けにAI英会話アプリ「TerraTalk」を導入 [事例]

クーバー、サッカー指導者向けにAI英会話アプリ「TerraTalk」を導入 [事例]

ジョイズは4月24日、クーバー・コーチング・ジャパンがAI英会話アプリ「TerraTalk(テラトーク)」を導入したと発表した。

ソリューション

ディープラーニングについてのまとめとビジネス応用の勘所

【連載】AIでどう変わる? 情シスの「シゴト」 [5] ディープラーニングについてのまとめとビジネス応用の勘所

前回、今日のAIビジネス応用に求められる、重要な評価指標「目標精度」と、その設定の仕方を中心とした仕事の段取りについて、実態と実質に即して説明しました。今回はおさらいを兼ねて、前回紹介した図「AI(特にディープラーニング)応用で極めて重要な精度目標値」の中にあった例3「がん検出(診断支援)」について解説します。

ソリューション

沖縄銀行、AI搭載の「プロテクトキャット」を導入 - 決め手は未知の脅威の検知率 [事例]

沖縄銀行、AI搭載の「プロテクトキャット」を導入 - 決め手は未知の脅威の検知率 [事例]

エムオーテックス(MOTEX)は4月21日、沖縄銀行がAIエンジン搭載のアンチウイルスオプション「プロテクトキャット Powered by Cylance(以下 プロテクトキャット)」を導入した事例を公開した。

セキュリティ

シリコンバレーのベンチャーキャピタルが注目する新技術は? - 新経済サミット2017

シリコンバレーのベンチャーキャピタルが注目する新技術は? - 新経済サミット2017

新経済連盟が主催する年次カンファレンス「新経済サミット2017」が4月6日~7日、ホテルニューオータニで開催された。世界各国のアントレプレナーやイノベーターを招待して繰り広げられるカンファレンスも今年で5回目。本稿では、初日に登壇したシリコンバレーのベンチャーキャピタルAndreessen Horowitzの共同創業者兼ゼネラルパートナー ベン・ホロウィッツ氏の基調講演の模様をダイジェストでお届けする。

ソリューション

三井住友カード、AIを活用したデータ分析基盤「DataRobot」を採用 [事例]

三井住友カード、AIを活用したデータ分析基盤「DataRobot」を採用 [事例]

三井住友カードとDataRobot社、新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は4月7日、三井住友カードが、NSSOLが提供するDataRobot社のデータ分析プラットフォーム「DataRobot」を導入したと発表した。

データ分析

IoTやAIをクラウドが実現! 要件定義から運用まで丸分かりの講演をレポート

【特別企画】IoTやAIをクラウドが実現! 要件定義から運用まで丸分かりの講演をレポート

企業システムにおけるクラウド活用が、近年急速に進んでいる。またクラウドの利用で身近になった、IoTやAIといった最新テクノロジーを用いたビジネスの創出は企業の大きなテーマとなりつつある。本稿では、パブリッククラウドサービス「Microsoft Azure(以下、Azure)」に焦点をあて、最新動向や設計の極意を解説したセミナー「120分でマスター! Azure最新動向、設計の極意からAI/機械学習まで」の模様をまとめた資料を紹介する。

クラウド

電脳化社会も目前!? IT革命が社会構造に与えるインパクトを夏野剛氏が解説

電脳化社会も目前!? IT革命が社会構造に与えるインパクトを夏野剛氏が解説

3月16日~17日に開催された「ガートナーエンタプライズ・アプリケーション戦略&アプリケーション・アーキテクチャサミット 2017」では、基調講演に慶應義塾大学 政策・メディア研究科 特別招聘教授・夏野 剛 氏が登壇。ITがもたらした社会構造の変化を解説すると共に、その変化に追いついていない日本企業の現状を指摘した。

ソリューション

流通・小売を革新する、4つのAI活用分野

流通・小売を革新する、4つのAI活用分野

話題のAIは小売業にどんなインパクトをもたらすのか。現在考えられる活用分野を整理したのが、リテールテックJAPANにおける三菱総合研究所の講演である。「パーソナライズ化」「在庫最適化」「人員・店員配置最適化」「接客高度化・売場力向上」の4つの分野を例に具体策が示されたので、簡単にご紹介しよう。

ソリューション

小売 × AI/VR、3つの成功ストーリー

小売 × AI/VR、3つの成功ストーリー

AI、IoT、VR/ARなどの実用化が進む中、最新ITの活用で小売業はどこまで変わるのか――リテールテックJAPANでは、マイクロソフトとアクセンチュアの合弁会社アバナードが、こうした問いへのヒントを提示した。

ソリューション

モスフードサービス、国内直営の約300店舗のPCに「CylancePROTECT」を導入 [事例]

モスフードサービス、国内直営の約300店舗のPCに「CylancePROTECT」を導入 [事例]

日立ソリューションズは3月31日、モスフードサービスが国内直営の約300店舗のPCに、米Cylanceのエンドポイント向け次世代マルウェア対策製品「CylancePROTECT」を導入し、2016年11月に稼働を開始したと発表した。

セキュリティ

セルフレジを超えた自動レジも! ローソンが展開するAI/ロボット施策

セルフレジを超えた自動レジも! ローソンが展開するAI/ロボット施策

今後数年での対応必須技術として挙がることの多いAI、ビッグデータ。多くの企業は未だ活用シーンを模索する段階にあるが、すでに積極的に活用し、将来象までを明確に描いているのがコンビ二チェーンのローソンである。

ソリューション

正しいAI開発アプローチとは?

【連載】AIでどう変わる? 情シスの「シゴト」 [4] 正しいAI開発アプローチとは?

前回は、AI(人工知能)のビジネス応用で、目標自体の設定の次に重要な、要求精度(適合率と再現率)について解説しました。それを踏まえ、今回は目標精度の異なる3つの例を紹介するとともに、正しいAI開発アプローチについて説明しましょう。

ソリューション

見えてきたAIの課題 - 業種を越えたIoT環境を実現するには何が必要か?

見えてきたAIの課題 - 業種を越えたIoT環境を実現するには何が必要か?

ガートナー ジャパンは3月16~17日、「エンタープライズ・アプリケーション戦略&アプリケーション・アーキテクチャ サミット 2017」を開催。同イベントのソリューション・プロバイダー・セッションでは、NTTデータ ビジネスソリューション事業本部 次世代技術戦略室 室長 谷中一勝氏が登壇。「"NTTDATA Enterprise IoT and AI"進化するIoTとAIのテクノロジーはどんな顧客価値を、いま生み出そうとしているのか」と題した講演を行った。

ソリューション

デジタルによる破壊的創造はピンチか、チャンスか? 鍵を握るのは「AI」

デジタルによる破壊的創造はピンチか、チャンスか? 鍵を握るのは「AI」

アドビ システムズは2月23日、年次カンファレンス「Adobe Marketing Cloud Customer Experience Forum 2017」を開催した。基調講演にはアドビ システムズ 代表取締役社長 佐分利ユージン氏、アドビ システムズ社 デジタルマーケティングBU Marketing Cloud エバンジェリズム統括責任者 マーク・イーマン氏、MGMリゾーツ・インターナショナル メディア担当 バイスプレジデント メーガン・エストラダ氏が登壇。デジタルマーケティングとカスタマーエクスペリエンスに対するAdobeの考え方と提供するツール、さらに具体的な事例が語られた。

マーケティング

ロボット&システムの外販でゲームチェンジャーを目指す「変なホテル」

ロボット&システムの外販でゲームチェンジャーを目指す「変なホテル」

ロボットを活用したホテル「変なホテル」の2号店が3月15日、千葉県浦安市にオープンした。H.I.S.ホテルホールディングスでは、今後もビジネスユースの変なホテルなど、5年間で100軒のホテルを自社で運営する計画。また、システムの外販も予定しており、今後5年で1000件導入という目標を立てている。

ソリューション

AIのリアリティ - AIの精度評価の重要性

【連載】AIでどう変わる? 情シスの「シゴト」 [3] AIのリアリティ - AIの精度評価の重要性

評価指標、特に精度を自ら適切に評価しようとしない分野の研究は衰退します。改善されたか否かが評価できないのですから、当然でしょう。今回は、AIの精度評価について解説します。

ソリューション

大京、IBM Watson 日本語版を活用したチャットボットサービス「hitTO」を導入 [事例]

大京、IBM Watson 日本語版を活用したチャットボットサービス「hitTO」を導入 [事例]

大京は3月14日、「IBM Watson 日本語版」を組み込んだチャットボットサービス「hitTO(ヒット)」を導入すると発表した。

ソリューション

Skyscanner Japan、AI活用の「MIERUCA」を導入 - 検索意図の分析に活用 [事例]

Skyscanner Japan、AI活用の「MIERUCA」を導入 - 検索意図の分析に活用 [事例]

Faber Companyは3月10日、Skyscanner JapanがAI(人工知能)を活用したコンテンツマーケティングツール「MIERUCA(ミエルカ)」を導入したと発表した。

マーケティング

57 件中 1~20件目を表示中

57 件中 1~20件目を表示中

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る