「AI」関連記事一覧

394 件中 1~20件目を表示中

Amazon SageMakerの基本的な使い方を理解する(4)

【連載】AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~ [8] Amazon SageMakerの基本的な使い方を理解する(4)

前回は、Amazon SageMakerのチュートリアルをベースに、学習を行って機械学習モデルを構築するところまで説明しました。今回は、構築した機械学習モデルを使って、推論を実行してみましょう。

開発ソフトウェア

Amazon SageMakerの基本的な使い方を理解する(3)

【連載】AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~ [7] Amazon SageMakerの基本的な使い方を理解する(3)

前回は、Amazon SageMakerのチュートリアルをベースにして、学習/推論に利用するデータの準備を行う手順を説明しました。今回は、前回準備したデータを使って学習し、機械学習モデルを構築します。

開発ソフトウェア

Amazon SageMakerの基本的な使い方を理解する(2)

【連載】AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~ [6] Amazon SageMakerの基本的な使い方を理解する(2)

前回は、Amazon SageMakerのチュートリアルをベースにして、ノートブックインスタンスの作成までの手順を説明しました。今回は、学習/推論に利用するデータの準備を行っていきます。

開発ソフトウェア

4年半越しのソニーグループ横断型開発プロジェクトはいかにして実を結んだか? - AIを活用した自動車保険「GOOD DRIVE」

4年半越しのソニーグループ横断型開発プロジェクトはいかにして実を結んだか? - AIを活用した自動車保険「GOOD DRIVE」

今年3月にリリースされた運転特性連動型自動車保険「GOOD DRIVE」は、スマートフォンの専用アプリによって計測された運転特性データをAIが分析し、ドライバーの事故リスクを算出。事故リスクが低いドライバーに対して保険料の最大30%がキャッシュバックされるというサービスだ。ソニー、ソニー損害保険、およびソニーネットワークコミュニケーションズの3社が会社の枠を超えて共同で開発を進めた同サービスの開発秘話を聞いた。

ソリューション

Amazon SageMakerの基本的な使い方を理解する(1)

【連載】AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~ [5] Amazon SageMakerの基本的な使い方を理解する(1)

前回は、MLサービスおよびAmazon SageMakerの概要と利用方法について解説しました。図を用いて「開発」「学習」「推論」の流れを説明しました。今回からは4回にわたり、実際にAmazon SageMakerを使っていきたいと思います。

開発ソフトウェア

小売業におけるAI導入のポイント - 現場で起き得る課題とその解決策

小売業におけるAI導入のポイント - 現場で起き得る課題とその解決策

DataRobot社が7月14日~8月31日に開催している年次イベント「AI Experience 2020」において、野村総合研究所 流通・情報通信ソリューション事業本部 上級システムコンサルタントの山本聡氏が登壇。自身が手掛けた小売業におけるAI導入プロジェクトを例示しながら、AI導入を成功に導くための"勘所"について解説した。

ソリューション

SBIグループが取り組むAI×データ活用の8年の軌跡、その成果

SBIグループが取り組むAI×データ活用の8年の軌跡、その成果

DataRobot社が7月14日~8月31日に開催している年次イベント「AI Experience 2020」では、SBIホールディングスから社長室ビッグデータ担当 次長 佐藤市雄氏とマネージャー・データサイエンティスト 高山寛史氏が登壇。SBIグループにおけるビッグデータ運用とAI活用の8年の軌跡を語った。

ソリューション

地に足のついたAI活用がはじまる――Juniper Mist Cloudが実現する、ネットワーク運用管理の現場改革

【特別企画】地に足のついたAI活用がはじまる――Juniper Mist Cloudが実現する、ネットワーク運用管理の現場改革

AIが一種のバズワードとして広がっている面は否定できない。メディアを中心にAIの壮大な可能性が喧伝され、成果のでないまま事例として紹介されるケースも増えている。また、「PoC疲れ」といった言葉が生まれるなど、AIの導入が検証で終わってしまい、本番稼働まで漕ぎ着けられないケースも少なくない。その結果、AIに対しては「実用段階ではない」「夢物語」「言葉だけが先行している」といった印象を持つIT担当者も増えてきているようだ。しかし、待ってほしい。実はAIが実用化され、すでに利用が進んでいる企業IT分野も確かに存在する。その1つがネットワーク運用管理の分野だ。

ネットワーク機器

「世界一止まらないATM」はいかにして生まれたか? セブン銀行のAI×データ活用

「世界一止まらないATM」はいかにして生まれたか? セブン銀行のAI×データ活用

新世代ATMをはじめとする"破壊的イノベーション"を起こし続けるセブン銀行は、どのようにテクノロジーを活用しているのか。7月9日に開催された「マイナビニュースフォーラム2020 Summer for データ活用」では、セブン銀行 専務執行役員 松橋正明氏が登壇。自らが率いるセブン・ラボにおけるAI×データ活用の全容を語った。

ソリューション

データサイエンスはCOVID-19対策に貢献できるか? - 臨床データをDataRobotで分析

データサイエンスはCOVID-19対策に貢献できるか? - 臨床データをDataRobotで分析

DataRobot社が7月14日~8月31日にオンライン開催している年次イベント「AI Experience」のセッション「DataRobotを用いたCOVID-19臨床データの分析」では、COVID-19チャレンジで公開された臨床データの分析事例について、同社のデータサイエンティストである伊地知晋平氏と菅原功氏が紹介した。

ソリューション

ウィズコロナ時代にどう対応するか? データ×AIで考える「欲しい未来」

ウィズコロナ時代にどう対応するか? データ×AIで考える「欲しい未来」

DataRobotが7月14日~8月31日に開催している年次イベント「AI Experience 2020」に、慶應義塾大学 環境情報学部教授/ヤフー CSO 安宅和人氏が登壇。「Withコロナ時代を考える」と題し、これからのAIやデータとの付き合い方などについて語った。

ソリューション

変化の時代に求められる「AIの力」とは? - AI Experience 2020

変化の時代に求められる「AIの力」とは? - AI Experience 2020

DataRobot社は7月14日~8月31日、オンラインにて年次イベント「AI Experience 2020」を開催している。本稿では、同社のチーフデータサイエンティスト シバタアキラ氏によるキーノートの様子をお届けしよう。

ソリューション

もう失敗させない、機械学習プロジェクト成功のコツ

もう失敗させない、機械学習プロジェクト成功のコツ

日本マイクロソフトが6月17日~7月17日に開催している開発者向けオンラインイベント「de:code 2020」では、同社 デジタルトランスフォーメーション事業本部 クラウドソリューションアーキテクトの望月美由紀氏が「さくっとプチ成功する機械学習プロジェクトのコツ」と題し、機械学習プロジェクトの心得や進め方、必要なチーム体制などについて解説した。

開発ソフトウェア

テレワークにより脆弱化したセキュリティをAIで守る

【特別企画】テレワークにより脆弱化したセキュリティをAIで守る

ハッキングに端を発するサイバー攻撃の被害は日本企業にも拡大しており、後を絶たない状況にある。そして深刻なのは、多くの被害をもたらしている最新の攻撃手法は、従来型のアンチウイルスソフトが用いるシグネチャーファイル(定義ファイル)による検知では防御することはほぼ不可能であるという点だ。

セキュリティ

MLサービスの全体像を把握する

【連載】AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~ [4] MLサービスの全体像を把握する

前回は、AIサービスの全体像についてご説明しました。今回はMLサービスの全体像を見ていきたいと思います。

開発ソフトウェア

AI活用に必要なのは「志」- キユーピーが競合に低価格でAIソリューションを提供するワケ

AI活用に必要なのは「志」- キユーピーが競合に低価格でAIソリューションを提供するワケ

全社のさまざまな業務においてAIの活用を進めるキユーピーが、なかでも重視しているのがAIを活用した食品原料検査装置だ。多くの企業と協働で開発を進め、社内だけでなく競合も含めた他社へも展開する。なぜ、キユーピーはこうした取り組みを進めるのか? 4月21日、マイナビニュース スペシャルセミナーで、キユーピー 生産本部 未来技術推進担当部長 荻野武氏がその真意について語った。

ソリューション

想像力を駆使せよ! AIを導入するなら知っておくべき知識とスキル

想像力を駆使せよ! AIを導入するなら知っておくべき知識とスキル

4月21日にオンラインにて開催されたマイナビニュース スペシャルセミナー「AI Day 2020 Apr.~事例で学ぶAI 実践活用シーン~」では、NTTドコモ R&Dイノベーション本部 サービスイノベーション部 大西可奈子氏が、AIでビジネス課題を解決するために必要な基礎知識からAIを効果的に活用するための発想力の身に付け方まで、事例を用いて解説した。

ソリューション

AIは製造現場に何をもたらしたのか? 武蔵精密工業に学ぶ独創的なものづくり

【特別企画】AIは製造現場に何をもたらしたのか? 武蔵精密工業に学ぶ独創的なものづくり

AI/ディープラーニングが企業の成長のカギを握るといわれるが、二の足を踏んでしまう企業も少なくない。ここでは製造現場にAIを導入した武蔵精密工業の成功事例を紹介。この事例はAI/ディープラーニングを推進したい企業の強い後押しになるはずだ。

サーバ/ストレージ

DMM.comが買収したAI企業・AlgoAgeの戦略から見る、AIビジネスの将来像

DMM.comが買収したAI企業・AlgoAgeの戦略から見る、AIビジネスの将来像

DMM.comは2020年2月、人工知能(AI)ソリューション企業AlgoAgeの発行済み株式51%を取得し、連結子会社化した。創業から2年という若いベンチャー企業は、なぜDMM.comの子会社という道を選んだのか。AlgoAgeの共同創業者でCEOの安田洋介氏と同CTOの大野峻典氏のインタビューから、AIビジネスの将来とともにAlgoAgeの実力に迫っていく。

ソリューション

サードパーティ製ライブラリを使おう(後編)

【連載】対話システムをつくろう! Python超入門 [22] サードパーティ製ライブラリを使おう(後編)

前回、「半角文字を全角文字に変換する」という前処理のために使えそうなライブラリを調べ、「jaconv」というパッケージが見つかったものの、Pythonの標準ライブラリには存在しないことがわかりました。そこで今回は、サードパーティ製のライブラリを公開している「Python Package Index (PyPI)」にjaconvが登録されているかどうかを調べるところから始めたいと思います。

開発ソフトウェア

394 件中 1~20件目を表示中

394 件中 1~20件目を表示中

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る