マイナビニュースマイナビ

非定型請求書の画像解析を可能にする「SuperStream-NX AI-OCR(請求書明細)」

[2021/05/25 11:00]岩井 健太 ブックマーク ブックマーク

キヤノンマーケティングジャパングループのスーパーストリームは5月24日、請求書の解析に特化したAI搭載の「SuperStream-NX AI-OCR(請求書明細)」を2021年6月1日より提供開始するとオンライン会見で明らかにした。

2021年度末に1万社への導入を目指すスーパーストリーム

冒頭、スーパーストリーム 代表取締役社長の角田聡志氏から経営方針に関する説明があった。SuperStreamは中堅~準大手向けの会計・人事給与システムとして現在では導入社数が9779社(2021年3月末)に達し、2021年度末までに導入社数1万社の達成を目指している。

スーパーストリーム 代表取締役社長の角田聡志氏

スーパーストリーム 代表取締役社長の角田聡志氏

SuperStreamの製品ラインアップ

SuperStreamの製品ラインアップ

目標達成に向けて、角田氏は「今後、ERPはオンプレミスの縮小に伴い、クラウドを主流とした市場に変化していく。そのため『ダントツな製品力』『クラウド変革』『パートナーシップ』を重点戦略として掲げている」と力を込める。

製品力では、競合と比べてダントツな製品を作り上げ、スピード感を持った商品企画と開発力を示していくことに加え、クラウド変革についてはサブスクリプションのビジネスモデルへの変革、オンプレユーザーの離反防止、クラウド専門部隊として「SSクラウド部」を新設。パートナーシップに関しては85社のパートナーとともにソリューションを提案していく。

重点戦略の概要

重点戦略の概要

同氏は「当社のミッションは『日本の会計・人事を変える、もっと優しく、もっと便利に』であるため、今後もよりよい製品を提供していく」と胸を張っていた。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

コニカミノルタの自治体向けDXプラットフォーム「Govchois」で実現する業務改革

コニカミノルタの自治体向けDXプラットフォーム「Govchois」で実現する業務改革

コニカミノルタは5月19日、オンラインで7月に提供開始を予定している自治体DX(デジタルトランスフォーメーション)プラットフォーム「Govchois」(ガバチョス)に関するメディア説明会を開催した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る