マイナビニュースマイナビ

脱ハンコとペーパレス化を実現する「DocuSign Agreement Cloud」

[2021/03/26 19:00]岩井 健太 ブックマーク ブックマーク

ドキュサイン・ジャパンは3月25日、オンラインで契約ライフサイクル管理製品について記者説明会を開催した。説明会では、昨年12月に同社のカントリーマネージャーに就任した立山東氏がリモートで参加し、契約管理システムの「DocuSign CLM」が紹介された。

「DocuSign Agreement Cloud」とは

現在、DocuSignはグローバル180か国以上で導入されており、75万以上の有償契約の顧客を持ち、40の言語対応、350超のプレビルドインテグレーションを有する。日本法人は2015年に設立し、国内の販売代理店は10社に達する。

立山氏は、昨年について「コロナ禍により”どこでも経済(The Anywhere Economy)”が加速した。人と場所の関係が根本的に変化し、オンラインショッピング、オンデマンドでのエンターテイメント、在宅勤務など、これまでは例外だったものが当たり前になった。農業革命、産業革命と同様に、どこでも経済は不可逆的なものだ」と振り返る。

ドキュサイン・ジャパン カントリーマネージャーの立山東氏

ドキュサイン・ジャパン カントリーマネージャーの立山東氏

同社では2021年に注力分野として、顧客の需要に対応するセキュリティ・可用性・コンプライアンスを備えるとともに、業界ごとの先進的なグローバル事例を紹介するほか、SOA(System of Agreement)で署名だけでなく、準備・実行・管理を含めた契約ライフサイクルを提供。また、購入後のカスタマーサクセスを強化し、継続的な機能強化への投資と日本向けのローカリゼーションに加え、販売パートナー、ソリューションパートナーを含めたパートナー企業との連携、社会貢献に取り組む考えだ。

ドキュサイン・ジャパンの2021年注力エリア

ドキュサイン・ジャパンの2021年注力エリア

同社のプラットフォームである「DocuSign Agreement Cloud」は、合意形成をするために必要なすべてのプロセスをシームレスにデジタル化することを可能とし、多種多様な業種で採用されている。同プラットフォームはDocuSign CLMと電子署名の「DocuSign eSignature」で構成されている。

「DocuSign Agreement Cloud」の概要

「DocuSign Agreement Cloud」の概要

今後の同プラットフォームにおけるビジョンについて、立山氏は「電子署名を利用した署名プロセスの電子化と自動化を実現し、合意形成プロセス全般を網羅した自動化を促進する。さらに、AIやスマートコントラクト技術を活用した次世代の自動化を促進していく」と強調していた。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

サイボウズが説く、非IT人材がDXを実現する「kintone」の実力

サイボウズが説く、非IT人材がDXを実現する「kintone」の実力

サイボウズは2月19日、「非IT人材でもDX(デジタルトランスフォーメーション)できるkintone」をテーマにオンラインによるメディアセミナーを開催した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る