不動産の簡易査定って何?訪問査定との違いやメリットを徹底解説!

不動産売却

不動産会社に査定を依頼する際には、大きく分けて簡易査定と訪問査定の2通りの方法があります。

簡易査定は簡単に短時間で査定できる方法で机上査定とも呼ばれており、詳細な査定を依頼する前にまずは価格の目安を把握するためによく用いられます。

しかし、簡易査定の性質をあまり理解せずに手早く簡単にできるならという理由で依頼をし、査定結果をそのまま鵜呑みにしてしまうと、実際の不動産売却時などに想定とは違う結果になってしまうかもしれません。

この記事では不動産の簡易査定の構造メリット、デメリット、そして訪問査定との違いについてご紹介します。

簡易査定の特徴を正しく理解し、査定結果を誤解なく読み取れるようにしましょう。

不動産の簡易査定とは

不動産の簡易査定、いわゆる机上査定は客観的に不動産を査定する方法です。不動産の情報だけを並べて、簡易的に査定するのが特徴と呼べるでしょう。そのため、不動産の売却を検討している方には、まず売却への第一歩として始めやすい査定方法です。まずはこの査定方法の特徴から見ていき、その上で簡易査定のメリットとデメリットを知っていきましょう。

不動産を見ずに価格を算出する

簡易査定は不動産を見ずに価格を算出するという特徴があります。つまりはデータベース上の情報から計算しているのです。どのような情報から算出しているのかと言うと、類似した情報と市場の動向を合わせて算出しています。

具体的に言えば、周辺の似た物件の売り出し価格、そして似た物件の過去の取引事例を参考にしています。これに市場の動向を合わせて計算し、最終的な査定額を算出しています。つまり、実際に売却したい不動産の情報が元ではなく、あくまでもごく似た物件の事例が元ということになります。

しかし、不動産取引においては類似した不動産案件は多く存在しているため、実際の不動産情報が元ではなくとも、おおよその不動産価値を知ることは可能なのです。そして実際、不動産価格は近しい結果になるからこそ、簡易査定として採用されています。

また、もし複数の不動産会社で簡易査定を受ければ市場の相場を知ることもできます。複数社依頼することができて、相場を知れる上、客観的に情報を見ることもできるのも簡易査定の特徴です。このように簡易査定は不動産を見ずに算出するといっても、事例に基づいて算出されるため、ある程度の情報として役立てられるということがわかります。

手軽に依頼できるのがメリット

簡易査定の大きなメリットはその手軽さです。簡易査定の多くはインターネットを通じて、もしくは電話で簡単に査定をすることができるようになっています。やり方もいたって簡単で、インターネットを通じての場合は簡易査定を行っている不動産会社のサイトにアクセスし、不動産情報をフォームに入力すれば依頼は終了です。電話の場合にも口頭で同じように不動産情報を簡単に伝えるだけで済みます。

簡易査定にかかる時間は不動産会社によりますがインターネットを通じてだと数日、電話であれば30分~1時間程度で査定が終了することもあります。本来、査定となると一ヶ月前後は掛かるので圧倒的に手早く済みます。また、訪問審査や不動産鑑定士の査定では費用や時間もそれなりにかかるので、そこを簡略化できるのもメリットです。

例えば、とりあえず相続協議に持っていくために取り急ぎ、おおよその不動産の時価を知りたいといった際に役立ちます。このように急ぎで査定額を知りたい場合などでは、簡易査定は他の査定と比べると有効であるといえるでしょう。また、査定を依頼する難易度のハードルも低いので、査定が難しいというイメージを持つ方でも簡単に査定額を知ることができるのもメリットといえます。

正確な査定価格ではないことがデメリット

逆に簡易査定のデメリットはあくまでも正確な査定価格は出せないという点です。簡易査定は手軽さとクイックさがある反面、類似事例と市場動向から算出した推定額を提示するものであって、良くも悪くも表面の査定しか行えないのです。

例えば建物が思っていたよりも傷んでいる、逆に管理と修繕が生き届いていて保存状態が良い場合などがあっても査定の計算には含まれません。つまりは査定額を決める詳細な事柄を含めないために、正確な査定結果とは言えないのです。

また、管理しやすいマンションならまだしも、一戸建てなどはそれぞれに状態が違うために簡易査定だけでは、尚更その価値を推し量るのは難しいと言えます。そして査定が正確ではないということは、簡易査定で出た査定額は実際に不動産を売却する際の金額とは異なるものになる可能性も高くなります。簡易査定の査定額で売れると考えてしまっていた場合には落とし穴となってしまうでしょう。

そのため、簡易査定は手軽さがありますが、あくまでも表面上の情報からしか査定できないという認識は必ず頭に入れておく必要があります。より正確な査定額を出すには家の状態や物件の構造、近隣の環境を含めた訪問査定などを行うことになるでしょう。それらを含めた査定がより精度が高いものになります。

不動産簡易査定と訪問査定の違い

ここまで不動産簡易査定の特徴とメリットデメリットをご紹介してきました。簡易査定は手軽でハードルが低いというメリットがある分、精度に欠けるなどのデメリットもあることがわかりました。

そこで、もう一つの査定方法である訪問査定との違いについて見比べてみましょう。不動産査定となると、必ず簡易査定と訪問査定のいずれかの選択肢が提示されます。訪問査定はその名の通り、実際に不動産会社の担当者が見当する物件に訪問して、状態を判断して査定するものです。

また、査定する物件では詳細に査定してもらうために、依頼主も付き添うことも必要になってきます。時間や場所は必要になりますが、専門の担当者が詳細な事情も含めて査定してくれるという大きな特徴があります。簡易査定とはどの程度の違いがあるのか実際に見ていきましょう。

査定額の正確さ

簡易査定と訪問査定の大きな違いは査定の精度でしょう。簡易査定の特徴でも触れましたが、簡易査定はあくまでも類似した不動産情報からの査定額なため正確性に欠けていました。しかし、訪問査定は担当者が不動産物件に赴き、細部まで直接確認します。さらに物件以外にも周辺の道路状況や室内状況、法律面やインフラ設備の状況も確認してくれるのです。そのため、算出する査定額はより正確なものとなります。

例えば簡易査定では施工年が古い物件という表面的な情報しか査定の材料に織り込めなかったとします。しかし、訪問査定をしてみると実際が古い物件ということではなく、リフォームや修繕によって、とても良い状態の物件であることが評価される場合もあるのです。このような詳細な事柄は訪問査定でなければわかりえない点といえます。

このように、より正確な査定額を算出した結果、場合によっては簡易査定より価値があるという査定結果になることもありえます。ただもちろん、逆に簡易査定より価値が低かったという場合もありえます。不動産の物件の状態が思ったよりも良くなかった場合などでは、そういったことも考えられるでしょう。

しかし、どちらにせよ簡易査定よりも訪問査定のほうが正確性は高いということは確かです。正確性が高ければ不動産の売却価格と査定額が乖離するというリスクも低くなります。

査定にかかる期間

簡易査定と訪問査定は査定にかかる期間も変わってきます。簡易査定にかかる所要時間は早ければ30分~1時間、当日中に査定結果がわかることが一般的です。物件に在宅である必要もありません。

しかし、訪問査定の場合には査定時間が1~2時間、さらに査定結果が出るまで1週間ほどかかります。何故なら不動産物件に実際に訪問して状態を確認する分、どうしても時間は多少なりともかかってしまうからです。訪問査定では室内設備や眺望などの物件の中の状態と、道路状況やインフラなどの物件の外の利便性も含めて査定します。実際に担当者が見る時間は約1~2時間程度と言われていますが、査定のために扱う情報量は簡易査定に比べると多くなるのです。

そしてその場合、膨大な情報を踏まえた上で査定するため、おのずと査定結果が出るまでも時間がかかってしまいます。ただ、その分より正確な不動産の査定結果を期待できると言えるでしょう。簡易査定と比べてしまうと時間はかかりますが、相続協議など何か急ぎの要件がない場合には選択肢の一つに入れても損はありません。

不動産簡易査定を依頼するときのポイント

ここからは実際に不動産簡易査定を依頼する際を想定して、気を付けたいポイントをご紹介していきます。

簡易査定は迅速におおよその相場を知ることできる査定方法であることから、不動産売却の初手として利用できます。持っている不動産がいくら程度になるのか、ひとまずの相場を知ることで売却に向けてかかる費用の割り出しなど準備に使う材料になります。そのため、簡易査定といっても侮れません。

簡易査定を行うにあたって簡易といってもその査定結果を最大限使えるものとなるように、正確に不動産情報を入力する必要があります。不動産情報を手元に用意して、必要情報を伝えるようにしましょう。

複数の会社に依頼する

簡易査定はおおよその査定額を知ること以外に、相場を知るという意味でも利用できる方法です。

例えば不動産物件の簡易査定を依頼した時、不動産会社Aが4,500万円という査定結果を出したとします。試しに別の不動産会社Bに簡易査定を依頼すると、査定結果は4,200万円であったということもあるのです。さらにC社、D社といったように、それぞれの査定額がわかれば相場を割り出すこともできます。不動産の査定額は依頼する会社によって異なるため、それを利用した情報集めをすることが重要です。

ただ、稀に契約のために査定額を多く見積もっている不動産会社もあります。だからこそ複数の会社に依頼し、それぞれの査定結果を見ることがポイントとなるのです。見比べれば違和感のある査定や相場も割り出すことは簡単になります。

しかし、もし複数社に簡易査定を依頼するとなると手間がかかってしまうため効率的ではありません。入力情報にテンプレートが出来ていたとしても、別々に2社以上入力や問い合わせがあるとすると負担も大きくなります。そのため、もし複数査定を依頼する場合には、不動産一括査定サイトを利用することが必要になるでしょう。

不動産一括査定サイトを利用する

不動産一括査定サイトとは様々な不動産会社の査定を1回の入力で一括依頼できるというサイトです。一括査定サイトを利用することで、不動産情報を入力と依頼が1回分の手間で済むため、依頼主のリソースも少なく済みます。あくまでも一括査定といっても全ての不動産会社を網羅しているわけではありませんが、提携している不動産会社同士のサービスを比較するといったことも可能です。

そこから最終的に不動産売却をする会社決めもすることができるため、一石二鳥のサイトとして活用して損はないシステムといえるでしょう。不動産一括査定サイトは様々なものがあるため、目当ての不動産会社が提携されているサイトなど使いたいサイトを選択してください。

マイナビ不動産査定では、優良不動産会社を厳選しているすまいステップの一括査定サービスをおすすめしています。

査定が初めての人におすすめの一括査定サイトは「すまいステップ」

■すまいステップはこんな人におすすめ
  • 初めてで不安だから実績のあるエース級の担当者に出会いたい
  • 厳選された優良不動産会社のみに査定を依頼したい
  • 悪徳業者が徹底的に排除された査定サイトを使いたい

\ 厳選した優良会社に査定依頼 /
すまいステップで一括査定する

その他の一括査定サイトや選び方について詳しく知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。

不動産一括査定サイトおすすめ20選比較ランキング!口コミや選び方など解説◆専門家監修記事
おすすめの不動産一括査定サイト20サービスを厳選し、利用者の満足度採点を基にランキングで紹介します。各サービスの特徴・口コミや、自分に合うサイトが分かる診断チャートなど、サイト選びに役立つコンテンツを盛り込み、サービスを徹底比較します。

正確な情報を伝える

簡易査定では厳選された情報から査定するため、正確な情報を伝えるということもポイントになります。

例えば土地の面積や不動産の間取り、物件の状態などできるだけ詳細に伝えると良いでしょう。隣している道路や周辺のインフラなども重要な情報なため、渡す情報に盛り込むようにしてください。電話だと口頭で伝えることになりますが、インターネットなどを使った簡易査定なら基本記入欄以外に自由記入欄があるはずなので、それを利用して不動産の状態を記入すると良いでしょう。

自分でも相場を調べておく

プロの査定とは別に自分で相場を調べておくと良いということも覚えておいてください。

何故ならどれぐらいの価値があるのか、相場はどれほどなのかということは目安の情報として知っていて損はないからです。例えば周辺にある似た物件がどれぐらいの価格で売り出されているか自分で調査してみましょう。相場は国土交通省地価公示・都道府県地価調査から調べることができるため、活用して調べてみるのをおすすめします。

不動産簡易査定に関するQ&A

ここまで簡易査定についての特徴やポイントをご紹介してきました。簡易査定は不動産売却において、侮れない重要な役割があることがわかったはずです。そこで最後に不動産簡易査定に関するよくあるQ&Aをご紹介します。

簡易査定の特色がわかってきたところで、詳しい簡易査定の流れや掛かる費用についても気になってくる頃でしょう。そこで不動産簡易査定に関して、より現実的に気になるポイントを厳選してお答えします。今までの内容を踏まえ、簡易査定を検討中の方はぜひ合わせてご覧ください。

簡易査定を依頼した会社と必ず契約する必要がある?

たとえ簡易査定を依頼した会社でも、必ず契約する必要はありません。

基本的に不動産の査定と呼ばれるものは複数社依頼をして比較し、より良いと思う不動産会社を選ぶことが一般的です。そのため、たとえ査定を依頼した会社だとしても義理立てて契約する必要はないのです。もちろん、契約を強制されるようなマーケティングに乗る必要もないということも覚えておきましょう。

あくまでも先方の不動産会社とその担当者とやり取りをし、最終的に任せたいと思った会社を選ぶようにすることが大事です。流れで契約してしまうことがないように、よく複数の不動産会社を見極めるようにしましょう。

簡易査定にかかる費用は?

簡易査定はほとんどが無料で受けることができるため、費用はかかりません。

不動産売却は何かと費用がかかる事柄なため、査定にかかる費用も不安要素かもしれません。しかし、簡易査定自体は電話でもインターネットからでも無料で受けることができるため費用の心配はする必要はありません。不動産会社側としても自社のサービスを知るきっかけになるため、簡易査定を推奨しています。査定に費用が必要がない分、様々な不動産会社で査定を依頼して見比べたりして不動産売却のための参考にすると良いでしょう。

また、査定は無料ですが、査定後に売却のために契約する場合には税金や仲介手数料、登記費用などの諸費用がかかるので同時に確認しておくことをおすすめします。

簡易査定後の流れは?

もし簡易査定後、好ましい不動産会社が見つかった場合には売却に向けて次の段階に進みます。良いと思った会社の担当者に連絡すれば、次は訪問査定へと移ることになるでしょう。

簡易査定はあくまでもおおよそなため、より詳細な査定のためにはどうしても訪問査定が必要になるのです。実際に不動産売却で価格として出されるのは、この訪問査定によって出された査定額が基本となります。そのため査定のセカンドステージとして必ず行う必要があります。

また、この訪問査定後も必ず契約しないといけないわけではない、ということも覚えておいてください。好ましいと思う各不動産会社から、訪問査定を複数依頼をしても何ら問題はありません。訪問査定の結果も複数社見比べるのは良いことです。最終的に訪問査定を依頼した中から、良い条件とサービスだと思える仲介依頼先を選ぶと良いでしょう。

まとめ

簡易査定は精度に欠けているため、それだけでは売却額などを推し量ることはできません。

しかし、想定額や相場などを知るためには非常に活用することができるので簡易査定は侮れない存在といえます。何故ならその情報を元に下調べしたり、他の不動産会社の査定と見比べることで、不動産売却においてより上手く立ち回れることにつながるからです。さらにはそれぞれの簡易査定を見比べながら併せて各社サービスを確認すれば、どの不動産会社で売却すれば良いのか判断する材料にもなります。

だからこそ不動産売却を検討している方は、多くの不動産会社の簡易査定を受けてみることをおすすめします。不動産売却で損をしないためにもしっかりと下調べをして、納得できる取引につなげてくださいね。
また、ぜひ不動産一括査定サイトなども活用し、不動産売却に役立てましょう。

タイトルとURLをコピーしました